ここから本文です

投稿コメント一覧 (2008コメント)

  • 現在は、↑にも↓にも ある程度まとまった板が出ていますが、それは輩の成せる業。

    ↓の買い物にぶつける個人は皆無であり、又 核心を知らない個人は↑の売り物を取りに行く事も出来ず、ジレンマの膠着状態に陥っています。

    最大の救いは、商いが薄く、輩達の買い戻しが進んでいない事でしょうね。

  • 今日も、何時ものクセ玉が出ていますね。

  • カラ売機関グループの関連投資信託では、逆に4月27日現在 買増しいていますね。(ノムラ と モルガンMUFG)

    買戻しと並行して、隠れてドデン買いも 執行されているかも知れませんね。

    性急すぎるので、4月に発生した核心が何なのかを知りたいですね。

  • 原油先物 WTI 67.48$   -3.23$   -4.57%   05:59

    原油大暴落

    ADR 1053円  月曜日 ↑↑

  • >>No. 183

    毎日遊びたいので、今 3070円に訂正して、現物 2枚追加買えました。

    あと、8枚だしている注文思案中。

  • >>No. 181

    格言に「相場師の最大の敵は自分であって相手ではない」(自分に勝てない人間が、相手に勝てるわけがない)

  • 寄り付きより、3000円 現物買い注文、出していますが、紙一重で買えていませんww

    今日も買いたいので、どこかで価格変更します。

  • 私が最初、唐澤氏を知った時、知的すぎる大きなオデコ、エビスに似た福耳、鋭い目、堪能な英語、、、特別なオーラを感じましたね。

    間違いなく、当社のキーマンです。

    次期 GMOクラウドの顔にしたいですね、いや、なるでしょうな。

    ----------------------------------------

    今日のカラ売機関の開示も、先を急いで買い戻していますね。

    何が有ったのですか?、、、、gam君、教えてよ。w

    美味しい話を隠しても、自然とチャートに表れていますがね。

    相場の格言に「相場のことは相場に聞け」がありますよね。

  • これだけ賑わい上昇しても出来高少なすぎ、

    昨年の上昇期なら、現時点でも50万株程度は出来ている筈。

    もう何もかも、ナイナイですよ。

    「珍品出世せず」と言われますが、「希少品」は間違いなく値上りします。

  • おはようございます。

    ↓が、連休明けの今月に入ってから昨日まで公表されたカラ売機関の動向です。

    各社が情報を共有しているかの如く、申し合わせた様に買い急いでいます。

    この様な返済方法は、手の内を明かすので通常は避けるのですが、「背に腹は代えられぬ」何か強力な「核心」を知った可能性が大です。

    それでも最高時の70万株より、未だ43万5千株の残があり、この調子で減り続ける残り少ない浮動株から返済買いを続けるなら、かなりの無理と、日にちを要し、その間は、日経大幅下落の様な 外的要因を省き、上昇し続けるでしょう。

    よって小生、この状況下でのサイコロジカルや各指数の過熱感は全く気にしておりません。

    クセ玉を投げて来るかも知れませんが、この流れが変わらない限り、今日も小生、昨日に続き 連日の買いスタンスで臨でみます。

    そして、機関のカラが完済され、流れが止った時に、核心が表面化し、大きな火柱が立つと予想しています。

    05/21 UBS     141,000株 -500
    05/21 ノムラ    86,400株 -16,900
    05/18 UBS     141,500株 -1,300
    05/18 モルガン   114,800株 -34,500
    05/17 UBS     142,800株 -2,100
    05/17 GOLDMAN  92,400株 -1,800
    05/16 UBS144,    900株 -900
    05/16 モルガン  149,300株  -3,900
    05/15 UBS    145,800株  -2,100
    05/15 ノムラ   103,300株  -7,400
    05/15 モルガン  153,200株 -31,000
    05/14 UBS    147,900株  -1,000
    05/14 ノムラ   110,700株 +7,800
    05/11 UBS    148,900株  -1,800
    05/11 ノムラ   102,900株  -9,900
    05/11 モルガン  184,200株 -13,100
    05/08 ノムラ   112,800株  -13,800
    05/07 モルガン  197,300株  -2,100

  • どうでも良い話ですが、、、

    私がガキだった4~50年程前の頃、地場の証券会社で目を光らせていると、北浜から放送されるラジオの実況中継で、ピー!と鳴る笛の音が今でも忘れられません。俗に言う笛吹き銘柄です。売りと買いの注文が殺到して中断する合図です。

    あの頃は、株式なんてやる人間は、大旦那か 胡散臭い人間かで、若造が来る処では有りませんでしたね。

    当時は外資なんて全く無く、何でも有りのインサイダーのオンパレードでした。

    現在では、情報開示が義務付けられ、当時とは比べ物にはなりません。

    開示される情報を分析すれば、先が透けて視えます。

    細かい分析は個々人が調べ、判断すれば良いだけの話です。

    判らない場合は、相場の格言を研究して下さい。

    人間の心理状態の凝縮です。現在のアルゴAIです。

    これを理解出来なければ、先ず大成は出来ません。

  • 今日は退屈なんで、先のSB決算の動画配信を見ていました。
    https://www.softbank.jp/corp/news/webcast/

    ARM社に関しては、以前と同じ内容で、セキュリティまで語られていませんでしたが、既に制覇した様な発言でしたね。

    その次の、10兆円ファンドに付いて熱く語られています。

    現在は三十数社の組み入れですが、今後に付いても、先ず 急激に伸びる会社で、それが世界 №1になれる事が必須条件である事。出資比率は51%以上に拘らず、むしろ20~30%を望んでいるとの事。

    手前味噌で 厚かましい話ですが、ひょっとして レオちゃんの10%と、あと何処かが拠出すれば、、、なんてね。

    もう既に浮動株が無く最終局面だったらいいな、、

  • >>No. 142

    今日も目立たず2950円 2枚 現物買い注文だしています。

    場中も目立たず戴きます。

    上場当初から惰性で保有していましたが、株価 700台の2年程前から、10倍はおろか、100倍も1000倍も夢ではないとひらめき、以降 初志貫徹。

    夢が だんだん現実のものに成りつつあります。

  • こんばんわ。

    連日の異常な戻り新高値更新となっており、常識では考えられない不思議な力学が働いております。

    何を急いで買い上がっているのか?

    買えば買うほど、浮動株が減少し、少しの買でも大きく↑に動く現象となっています。

    よって定石に反して出来高が少なく、又 過熱感も全く感じられないのは、無謀に買い上がれない ジレンマが存在しているからです。

    サイダー空売輩にとって何よりの救いは、私の様な無謀な変人を省き、新規の買い方が少ない事かな。

    もう、短期と短気のホルダー、及び 新規カラ売輩の売りに頼るしかなく、誰も放しません。

    そのうち為五郎?、その後 二郎さん?、そして↑↑に ドカン!と火柱、、

    それも想定内です。

  • >>No. 132

    御忠告、ありがとうございます。

    それと、アイビーシーは、悪名高い田中投資企画(旧名)が推奨しているので、充分気を付けて下さい。

    あれには、20年程前 随分泣かされ、いい勉強になりました。

    御武運を祈ります。

  • ↓何ですか、これ!?? この慌てふためいた退散の様(ザマ)は、、、

    貸株の期限が迫っているとしたら、後発のUBS(12月)の16万株を省き、6月末日が期限じゃないのかな、、、ジャンプ(延長)はダメだった様だし、、、

    特にモル癌には、随分痛め付けられたなぁ~、、

    それとも、目前に大材料?、、、何も知らない俺たち平民は成り行きに任せるしか仕方がないのかな。

    日証金速報も、融資返済が至って不自然で大きいな、、、

    何もかも、不自然だらけです。

    05/18 モルガン  114,800株 -34,500
    05/17 UBS    142,800株 -2,100
    05/17 GOLDMAN  92,400株 -1,800
    05/16 UBS    144,900株 -900
    05/16 モルガン  149,300株 -3,900
    05/15 UBS    145,800株 -2,100
    05/15 Nomura  103,300株 -7,400
    05/15 モルガン  153,200株 -31,000
    05/14 UBS    147,900株 -1,000
    05/14 Nomura  110,700株 +7,800
    05/11 UBS    148,900株 -1,800
    05/11 Nomura  102,900株 -9,900
    05/11 モルガン  184,200株 -13,100
    05/08 Nomura  112,800株 -13,800
    05/07 モルガン  197,300株 -2,100

  • 需給相場に於いて、今までの様に個人を恫喝して欺き、カラ売機関の思うままの株価操縦が うまく機能しなくなりました。

    なぜなら、買い戻す浮動株が不足している処に、今春より国内外から新たに機関投資家や年金基金のマネーが少しずつ入り始め、その傾向がだんだん顕著になってきました。
    https://quotes.wsj.com/JP/3788/company-people

    一番多く保有しているのは、ノルウエー中央銀行直属の政府年金基金の207.500株です。

  • GMO クラウドと日栄インテック、中国 O-film グループの 3 社が IoT 技術を活用してスマートホームに参入しており、その走りが3社で共同開発したスマートミラーを、伊藤忠都市開発株式会社が大阪市住之江区に建設中の 新築分譲マンション『クレヴィア住之江公園』(総戸数65戸)のモデルルームに日本初として取り付けた事です。

    スマートホームの確立と機器販売は容易でも、利用者の生命と財産を守る観点から、セキュリティーは絶対的に必要不可欠です。

    第三者に家中が見え見えでは、逆効果です。

    スマートホームのセキュリティーが万全であってこそ、不法侵入者や、火災等、家中の見える化で安心して外出も出来るのです。

    スマートホームは、避けて通れない常識となる筈です。

    そこで又、GSの出番が各方面から求められるのです。

  • 今晩は、少し辛口のコメントで御容赦下さい。

    昨年は、私が兼ねてより進言していた、時代遅れのスピード翻訳を売却して安堵していた矢先、中古車屋に数億円をかけて本格的に営業しました。

    今期1Qでは、新システムと人件費及び諸経費に概ね1憶円程以上 投下している感じです。

    その出費がなければ、1Qの決算はスゴイ事になっていたのです。

    毎日 クルモのHPをチェックしていますが、システムそのモノが オンボロで不具合の連続で見るに及ばないです。その様な状況下で クルモが成功する筈がありません。見切り千両、投げ万両です。

    当社は、IT企業であり、経営資源はIT関係に集中投下すべきです。

    餅屋は餅屋に任せ、本業に徹すべしです。

    アイル時代の創業当初のサバ屋役員達が、今もノウノウと居座っているのも、経営の妨げとなっている感じがします。

    いくらGSの快進撃があっても、それに甘えて足を引っ張ってはなりません。

    ぼちぼち熊谷会長が、鉄槌を下す時期に到達した感じがします。

    ---------------------------------------------------------

    しかし、当社にはGSを中心に大きなホローの風が吹いています。

    年末には為替100円切るぞ!と輩機関に恫喝されましたが、なんと110円を超えました。GSは、海外で 飛ぶ鳥を落とす勢いで稼いでいる為、まして円安は追風です。

    ARMの件は、ICチップが出回りデバイスが稼働すれば、おそらく独断場となります。その時に、株価に最も敏感な資本関係に於いて大きなサプライズが有る筈です。

    関係者各位には暴言投稿、御容赦下さい。

  • 先ほど、グローバルサインより リリース


    JIPDECがCBPR認証事業者としてGMOグローバルサインを認証


    一般財団法人日本情報経済社会推進協会(以下JIPDEC、東京都港区:会長 牧野 力)は、2018年5月18日にGMOグローバルサイン株式会社(東京都渋谷区:代表取締役社長 中條 一郎)をCBPRシステム(注1)の認証事業者として認証しました。




    注1)CBPRシステムとは

    CBPR(Cross Border Privacy Rules/APEC越境プライバシールールシステム)は、2011年にAPEC電子商取引運営グループ(ECSG:Electronic Commerce Steering Group)で策定された、APEC域内において国境を越えて流通する個人情報に対する消費者や事業者、行政機関における信用を構築するシステムで、CBPR認証を受けた事業者は、APECのプライバシー原則を遵守していることが認められたことになります。

本文はここまでです このページの先頭へ