ここから本文です

投稿コメント一覧 (657コメント)

  • >>No. 400

    たしかに異常な信用買いの増加、株主総会まで何とか7~800円を保持したいという経営側の思惑かもね。
    しかしあと1週間、どうなるか。

  • >>No. 166

    四季報夏号を読んだけど、会社の業績見通しはかなり保守的とのこと。
    とりわけ自動車産業のEV化に呼応して大きな業績向上が見込めそうなコメントをつけている。
    1株純資産も3000円レベルと半端ではない。いずれ大きく吹き上がる。

  • 会社が正常な利益を生み、株主に配当を払い、預金者から信用されて預金が確保されればのタラレバの話です。
    万一、この前提が崩れれば現物といえども紙切れ、恥ずかしながら今でも山一の株券10万株を後生大事に保持しています。そうならないことを祈ります。

  • 最新投稿の中で安値は600円だとか800円、その時が来たら買うなどと云われる方がいるが本気なのだろうか。この会社の将来株価に数字が出るのさえ理解できない。
    株価は将来を期待し、見越して値段が決まる。今日のメルカリのように海外事業が赤字でも将来性ありと見れば大きく評価される。
    ところでここにどんな将来展望があるのか。預金者離れが起き、優良債務者は他行の引き剥しに遭い、残るは返済リスク過多の債務者中心となればどうやって利益を確保するのか。しかも債務リスクが2兆~3兆という話もあり、過去の純資産3000億円もカボチャ以来どこまで減少しているかわかったものではない。
    しかも会長の年収は銀行界NO.1の2億円とか、行員の給料も銀行界で3位という。
    ここは上から下まで甘い経費感覚にどっぷりつかっている。
    拠点や行員の削減などリストラ手段もあるが、それは預金量の減少に繋がり諸刃の剣だ。
    利益減、経費増、融資資金減少となればどんな先行きを見通すのか。
    倒産リスクさえ織り込む株価形成に入れば200~300円程度でもすむとは思えない。

  • 申しわけないが「そうは思わない」に1票です。
    理由はスルガの1株利益予想は全くあてにならない。場合によると損失かもしれないので・・・

  • 同意です。合併のうまみの第一は拠点の拡大ですが、今は、メガバンクさえ拠点の大胆整理を行うご時世です。
    なんのうまみもメリットもなく、かえってお荷物になるだけでしょう。
    次に顧客の拡大、しかしここの顧客はほとんどが個人、それもかなり財力的に乏しい顧客が多いとなればここにも
    うまみがない。オーバーバンキング時代です。合併も在るでしょうが、どこかの週刊誌に出ていたように数年後には
    100行が20行に減っているかもしれません。

  • 1000万株を超える大量玉、簡単には売り抜けられないでしょうね。しかしこれを見た他の大株主、内心穏やかでは無いでしょう。折を見て売却機会を狙っていたのに強力なライバル出現ですからね。整理が加速されるケースもありそうです。

  • 15日には四季報とか会社情報が刷新されます。コンセンサスとかアナリストと同じような文言が並ぶのか。
    こちらのほうは有料、個人投資家中心に信用度の鼎の軽重にかかわるので興味深い。

  • マッコリも格付け2000円が少し下がって1750円ですか、まだ買い玉の処分が進んでいないようです。
    お気の毒なことです。なお金融庁の処分が予想より軽いと上がるとの観測もあるようですがどうでしょう。
    この会社の利益スキーム完全に破綻、しかも利益の源泉の預金もいつまで保持できるか、預金者も怒っていますよ。

  • 買い玉を高く売らんがためのレーティングでしょう。全く参考にはならないでしょう。気をつけましょう。

  • 買い方の投資家は逃げる余地があるが、スルガ本体はどうだろう。
    どこかと合併、吸収などの方策もないではないが、純資産が残っている場合の話。
    債務超過リスクがある限り、いまから手を差し伸べるような同業者がいるとは思えない。

  • >>No. 612

    読売新聞のこの記事、参考にしてください。
    h ttp://www.yomiuri.co.jp/feature/quarterly/20180426-OYT8T50034.html

  • 電線地中化はこれからが本番、新潟知事選も終わり、消費増税対策としての景気浮揚にも貢献大とみています。

  • アナリストと格好つけても実際は会社に飼われたサラリーマン、彼らの目的は会社の利益を最優先で守ることです。
    平均1900円という市場を逸脱した価格をつけているのは、自らの持ち株をできるだけ高く処分しようとしているだけ。それだけ持ち株の処理に困っているという証でしょう。

  • 今後預金が集まるかどうかが問題ではなく、今まで集まっていた預金が引き出されるかどうかが問題です。
    世間でスルガ口座取引を避けたいとの動きが本格化すれば、返却用の資金手当てが必要になってくるでしょう。

  • 銀行の根幹はノンバンクと異なり、預金者からの資金を預かって運用する組織です。
    社長が従業員の不始末をお詫びする?誰に?どのように?、世間は預金者含め不始末の元凶はトップと思っている人が大多数です。それだけにそのような対応だけで信用が回復できるとは思えません。
    スルガの周りには同業他社が、それも不始末をしていないガリバーが多数、日夜厳しい預金獲得競争、生存競争に動いています。
    スルガ無責任体制への預金者の反乱、ひいては優良債務者の他行引きはがしなどどのように止めるのか、止まるのか。
    さらに、預金の減少に歯止めがかからなければ、皮肉にもその資金手当てにも無駄な工数を割くことになるでしょう。しかも高利で。
    有効な解がなければ日一日と蟻地獄のように沈んでいくことでしょう。

  • オリンパス、東芝、三菱と同列に扱っての今後の予測は厳しい。
    この三社は問題があっても日本の産業界に特定分野でなくてはならない貢献をしている。
    他方、スルガは統合、淘汰を叫ばれているオーバーバンキング101社の中の1社でしかない。
    5年後には20行になっているとの予測記事も出ている。
    銀行業として生残るには預金者の信認が必須だが会長が逃げ回るだけ。3兆円ともいわれる個人向け融資の焦げ付きがどれだけになるか、日を追って増えていて一説には純資産を超えるとの暗い憶測もでている。
    「スルガが無くては日本経済が困る」というような、誰もが解る決定的な理由なくしては生き残りは難しそうだ。
    h ttps://dot.asahi.com/wa/2016101900214.html

  • 統合や買収のケースもあるだろうが、個人向け融資3兆円といわれる会社、10%が不良化しても債務超過の恐れがある。はたして債務超過にならずに生き残れる道があるのだろうか。
    預金者が逃げ、行員が退職するようなリスク大きい現在、生半可な対応ではかなり厳しい。

  • (続)あるいは外資の持ち株処理の手助けだとしたらなお許せない。まことに汚い連中だ。

  • しかし同じ外人さんでも昨日のUBS証券の格付け、BUY目標株価2130円は何だったんだろう。
    これでも証券会社といえるのか、またこの会社を使って同社を信じて取引している投資家が居るのか、笑える。

本文はここまでです このページの先頭へ