ここから本文です

投稿コメント一覧 (1709コメント)

  • いつの間にか5月も半ば過ぎてしまいました。

    本日の富士山 くっきりした姿に白い残雪
    青空に映えとても美しいです。


    読書 
    文藝春秋 2018 3 芥川賞発表 受賞作全文掲載 
    「百年泥」「おらおらでひとりいぐも」
    借りてきました。
    2作品いっぺんに読めるのはお得!?

    ドロシーさん
    >二冊続けてはずれでして
    なんだか読み切れない相性のあわない作品
    ありますよね^^;

    「キラキラ共和国」ラジオドラマ始まりますね♪

  • 「雪の鉄樹」読めました~
    『泣いて血を吐く』もそうなのですが、過去のことがだんだんわかっていくという
    ストーリー 怖いドキドキしながらも読み進んでしまいました。

    辛い境遇の中 自分の存在を認め受け入れてくれる人との出会い
    また その人に対する思いの深さは両作品共通しているように感じました。
    どちらも育った背景が理不尽に満ちている
    その中でも生きることで救われる人との出会いもある・・・

    雅雪さん 大切な人達と一緒に食事楽しめますように。

    整体師さんの人生ストーリー本も読みたいですね。

  • こんにちは

    西城秀樹さん 
    リハビリを乗り越え再びコンサートの姿をなどというニュースをTVで
    観られるのではと思っていたので驚きと寂しさを感じました。
    朝丘雪路さんも先月亡くなられていたのですね
    昭和の有名な方々が亡くなられいきます・・・。

  • こんばんは

    夏の様な暑さが…気温下がってしまいました。
    寒いです。

    海月さん バラ綺麗
    海月お父さんは頼りになるお父さんですね♪
    忘れ物届けに行けるくらいの距離だと安心!?

    てんてんさんはGW息子さんに会えて&観光
    良いお休みでしたね。

    ドロシーさん家はいかがでしたか?

    我が家は子がバイトで帰省しないかもと言っていたのですが
    帰省しました。いろいろ辛いよ~と^^;
    施設のお義父さんのところに行こうと思っていたのですが
    お義母さんも行かないようなので主人実家のみ行って・・・
    お義母さん 我が子に抱き着いていました(笑 
    大きくなっても孫はかわいいのかな^^

  • こんばんは

    海月さんてんてんさんエリア 本日は雨でしたか

    こちらエリアは雲は多いものの富士山の姿は
    しっかり見えていました。
    遠方からこちらに観光で来た方は富士山が見えて良かったと
    思います。

    ドロシーさん
    >ツバキ文具店2NHKラジオ5月20日から6月24日毎週日曜PM7時20分~50分
    ツバキ文具店 本が借りられずドラマで観ました。
    ラジオの朗読魅力的です。情報ありがとうございます。

    明日はこちらエリア大雨になるそうな
    5月病の子や人が増えそう^^;

  • >>No. 17874

    >「困ってるひと」「シャバはつらいよ」 大野更紗
    私も以前読ませていただきました。

    シャバで先天性の難病の彼とデート
    今難病と闘っている彼女が
    彼の今まで経験してきたことを思い描き
    「死にたいと思ったことある?」と問うシーンや
    医療関係者のこころない言葉
    印象に残っています。

    一時期テレビに出演されていました。
    上手く表現できませんが 
    病気前からボランティア活動をされていた彼女は
    自分より他者を思いやることを優先
    本当に生きるを体現されている・・・

  • 『泣いて血を吐く』遠田潤子著

    小さな閉鎖的な村 栄えていた斧屋と藤屋 斧屋は没落し
    藤屋はなんとかまだ村での地位を保っていた

    藤屋に没落した斧屋の母子が一緒に住むようになる
    娘をないがしろに扱う母鏡子と美しい娘実菓子
    藤屋の息子 母に溺愛され父には過剰に厳しくされる
    病弱な兄不動と両親におまえは関係ない存在のように言われる弟多聞

    過去に話が遡り少しずつ 憎悪 嫉妬 情念 不条理さ等々
    ドロドロとホラーよりぞっとするようなその過去

    帯に”読み終えた時には相当な熱量を消費していた”との文がありましたが
    本当にその通りでした

    新見南吉の「ごんぎつね」をストーリーに
    取り入れているところが印象的でした
    そこで読後少し救われた感があったかな・・・

  • こんにちは
    初夏の様な暑さです。

    図書館に行って来ました。
    遠田潤子さんの本「鳴いて血を吐く」しか
    本棚に残っていませんでした。
    人気作家さんなんですね。
    怖いタイトルですが借りてみました。
    本予約枠空いたら『雪の鉄樹』予約してみます。

    図書館でこの暑さの為か・・・
    本日の空のようなスカイブルーの上下ウェアを着たおじさんが
    職員及び新聞を読んでいる人に大声でクレーム
    静かな中みんなきっと心臓がぎゅっとしたことでしょう(T_T)
    あと駐輪場自転車に洗濯ものが干してありました。
    全部下着だったので飛んできたわけではなさそうです(^_^;)

    みなさま 良い週末を~

  • こんばんは
    豪雨の後は気温上昇 なんだかへろへろ・・・

    自然界 ツツジが綺麗な季節ですね
    人間界も美しいニュースが増えるといいなぁ~

  • >>No. 17855

    「雪の鉄樹」 遠田潤子
    みなさん読了され
    更にてんてんさん 折り紙つきですね♪

    借りてみます~

  • 『主婦 悦子さんの予期せぬ日々』久田恵著

    ノンフィクション作家というイメージの作家さんだったので
    借りてみました。

    夫定年延期業務も終了65歳 今年は還暦主婦悦子さん
    3年前娘は悦子の反対を押し切り年下で収入?の男性と結婚
    この度妊娠と共に離婚~との話が夫から告げられる
    大学卒業した息子は就職できずにアルバイト
    悦子の弟は熟年離婚
    夫を見送り一人暮らしの悦子母妙には恋人!?が

    予期せぬというタイトルだけど
    きっとこんなこと世間ではあるあるエピソード
    人生はどうせ放っておいてもずんずん
    想定外の方向に展開していってしまうものよ~ということかな

    妙さんみたいなお母さんいいな^^

  • 「こちらあみ子」今村夏子著
    15歳で引っ越すまであみ子は田中家の長女として
    育てられた・・・回顧しながら話ははじまる

    みんなが生まれるのを楽しみにしていた
    お母さん(お継母さん)の赤ちゃんは亡くなってしまった
    屈託なくあみ子はペット同様にお墓を作りそれを見せる

    小学校の登下校あみ子に付き添っていた兄は不良になった
    母はすべてにやる気を失いあみ子から姿を隠して生きた
    よく叱られていたあみ子もう叱られなくなった
    食事も入浴も日時の感覚もなくたまに学校に行って耳にするのは「きもい」
    見覚えのある坊主頭に 自由の象徴じゃのう ま いじめの象徴でもあるけどのと

    あみ子はずっと好きだった子に「好きじゃ」と言うと彼は「殺す」そして…
    なんともヒリヒリと胸が痛むシーン
    坊主頭に問う
    「何が気持ち悪かったかね どこが 気持ち悪かったかね 教えてほしい」
    彼は「そりゃ おれだけのひみつじゃ」と


    丁度「怪物はささやく」も読んでいたので
    大切な母の命が危ういという状況
    自分が他者にどのように思われ見られているか
    大人のそれぞれの事情もわかりつつも その不条理さ苦しさ
    善悪の不明確な存在自分自身の中に受け入れ大きな愛を感じていく

    あみ子とコナー対照的にも思えたりしました 
    どちらもあたたかく見守ってくれるものの存在を感じられ
    読後は安堵を覚えるが共に心を揺さぶられるストーリーで
    疲労さえ感じてしまいました
    あぁ気持ちが文章にまとめられません^^;

  • こんばんは

    てんてんさん お風邪ひいてしまったのですね。
    回復されてきたとのこと 良かったです。
    はやく完全復活しますように。

    息子さん ご就職おめでとうございます。
    でも関西から関東へ…なんだか寂しいですよね。

    ドロシーさん
    空気清浄器効果ありそうですね
    購入してみようと思います♪

    明日からお天気下り坂
    気温も下がるようです。
    みなさま お体気を付けてお過ごしください。

  • >>No. 17828

    こんばんは
    受診したのは土曜日の午前中だけの日だったので
    特に混んだのかもしれません。
    大人が多いかと思ったのですが
    若いパパと幼児の姿も多かったです。

    ステロイド点鼻薬も抗ヒスタミン剤もあまり
    効果を感じません…残念^^;

    花粉症 ドロシーさんも辛そうですね。
    お互い あと1ケ月くらい乗り切りましょう~

    空気清浄器 使っていますか?
    購入しようかと考えています。
    今更なんですけど…

    読書の記録ではなくて
    花粉症録

  • 4月になりました。

    花粉症 薬を使わないでなんとかシーズンを乗り越えたいと
    思っていたのですが、耐え切れず昨日耳鼻科受診しました。

    7時からWEB予約ができるのですが
    7時5分で既に100人を超える予約者数!
    176人でWEB予約ストップ…

    多分先生は半日で200人程の患者を診たでしょう。

    普段はちゃんと鼻腔も喉もみて吸入もさせられるのですが
    問診のみで薬出されました。

    集中して本も読めない^^;
    はやく良い季節になるといいなぁ

  • あたたかくなりましたね。
    今年初蚊退治してしまいました。
    どこで冬を越していたんでしょう!?

    スギ花粉に続きヒノキ花粉飛んでいます。
    ヒノキの方が何故か症状が重いです^^;
    あと1ケ月この調子かなぁ~

    富士山 霞んで姿が見え難いです
    私の目も痒みでこすって霞んでいます・・・

    では みなさま体調に気を付けてお過ごしください。

  • >>No. 17811

    >真夜中のパン屋さんシリーズ完結

    本の中のことながらあぁ良かったと
    私も安心して読み終えることができました。

    ブランジェリークレバヤシの営業時間と
    ニューヨークの時間
    美和子さんと暮林さん物理的には離れていたけど
    きっと一緒の時間帯で働いていたんでしょうね…

  • 「まだなにかある」上下 パトリック・ネス著

    話は主人公の少年ネスがリアルな冷たい荒れる海で溺れるシーンではじまる
    海で溺死したはずのネスは目が覚めると知らない町にいる
    自分の体には金属片が付いた包帯の様なもので全身巻かれ痛みと
    喉の渇きめまいが襲う
    ここは地獄なのか 人の姿はなく 人が住んでいた形跡はあるが
    電気ガスも使えず室内は厚い埃が積もっている・・・
    今体験している世界 棺桶の様なカプセルで体験する世界
    タイトル通り「まだなにかある」その先は~

    ジェンダー 人種 DV 虐待 様々な問題が根底にあると感じる

    ストーリーの不思議な構成と世界感

    映像化すると面白いかな

  • >>No. 17799

    クラゲさん
    あたたかい春の日
    今日もブックカフェで読書会でしょうか♪

    桜の下で読書会も素敵

    楽しい時間を(*^_^*)

  • >>No. 17805

    >おらおらでひとりいぐも

    芥川賞受賞作品
    作家さんの年齢も話題になっていましたね

    >容赦ない老いと孤独に向き合う怖さと寂しさが
    胸に迫ります
    長生きすればだれでも通る道なんでしょう…ね
    読みたい作品です。

本文はここまでです このページの先頭へ