ここから本文です

投稿コメント一覧 (377コメント)

  • IRが出ると度々下がる不思議な会社?

  • 切除不能/転移性メラノーマを対象とした腫瘍溶解性ウイルスC-REVの国内第Ⅱ相臨床試験の主要結果を発表 2018年10月19日

    【有効性】(有効性評価可能症例:27例)

       24週最良総合効果(Best Overall Response):7%

       病勢コントロール率(Clinical Benefit):56%

    【まとめ】
    抗PD-1抗体を含む既存治療が無効又は再発の日本人メラノーマ患者において、C-REVとイピリムマブ併用療法は良好な治療成績であった。この結果から、本併用療法はメラノーマ二次治療の新たな治療選択肢になりえる。

  • 100分の1人でも2人でも治った人がいれば未来に希望がもてる。

  • 松茸風しめじでも良いよ。

  • 特許・実用新案検索
    特開2018-145205(43)
    【公開日】平成30年9月20日(2018.9.20)
    (54)【発明の名称】T細胞の機能増強方法
    (71)【出願人】
    【識別番号】304026696
    【氏名又は名称】国立大学法人三重大学
    (71)【出願人】
    【識別番号】302019245
    【氏名又は名称】タカラバイオ株式会社

  • 次世代シーケンサー向け超微量DNA解析キットの販売を開始
    2018年09月07日

  • 今週中に3.000円にいきそう。

  • 京大、たんぱく質利用しドーパミン細胞死防ぐ パーキンソン治療に道
                           (2018/8/31 05:00)
    京都大学霊長類研究所の井上謙一助教と高田昌彦教授らは、遺伝子によってパーキンソン病の発症や進行を抑える治療法の可能性を示した。サルでの実験で、たんぱく質「カルビンディン」を人工的に発現させて、運動機能にかかわる脳のドーパミン神経細胞の死を防ぐことに成功した。
                          日刊工業新聞より

  • 含み益あるけど今売ると後悔しそう。

  • がんゲノム登録義務化 厚労省 最適治療へ一元管理、医薬品開発を促進
    8/19(日) 7:55配信 産経新聞

     がんの原因遺伝子の情報に基づき最適な治療を行う「ゲノム(遺伝情報)医療」をめぐり、厚生労働省が各医療機関に対し、原因遺伝子や臨床情報について、国立がん研究センター(東京都中央区)内に設置されている「がんゲノム情報管理センター」(C-CAT)への登録を義務付ける方針を固めたことが18日、分かった。原因遺伝子を調べる遺伝子検査などは来年度から保険適用される予定で、適用後、登録が義務化される。ゲノム情報を1カ所に集約・保管し解析することで、ゲノム医療の加速が期待される。

     具体的には医療機関は一度に多数のがん関連遺伝子を調べることができる「遺伝子パネル検査」のデータや、臨床情報などの患者情報をC-CATに集約する。どの遺伝子変異にどの薬を投与すれば効果が出たかなどの情報を収集・解析し、病院との間で情報を共有したり、医薬品の開発に生かしたりする。

     パネル検査は現在、国立がん研究センター中央病院が実施しているほか、今月中に東京大医学部付属病院も開始する。パネル検査に対しては、保険診療と保険外の自費診療を併用する「先進医療」が適用されており、来年4月から保険適用となる。今後、検査を実施する医療機関は増えるとみられる。

     がんゲノム医療は臓器別ではなく、遺伝子変異に対応して治療するのが最大の特徴だ。例えば、同じ肺がんでも原因の遺伝子はさまざまで、対応する薬も異なる。だが、薬が未開発の現状では、使える薬は少なく有効な治療に結びつくケースは1割程度にとどまるとされる。このため、ゲノム医療によって開発された医薬品は、審査期間を短縮して、保険適用を前倒しする条件付き早期承認制度を活用する方針だ。
    厚労省はがんゲノム医療に関し、北海道大や東大、大阪大、九州大の各病院など11カ所を中核拠点病院に、100カ所を連携病院に指定している。
    日本の「がんゲノム医療」をめぐっては、欧米に比べ立ち遅れているとされる。厚労省はゲノム医療を国民皆保険制度のもとで提供し、「オールジャパン体制」でがん研究を進めることでデータを蓄積し、この分野で世界をリードしたい考えだ。

  • 年内1万円の可能性120%と予想。

  • タカラバイオ、初の医薬品申請へ ウイルスでがん退治
    2018/8/11 20:44日本経済新聞 電子版

    宝ホールディングス子会社で製薬会社に試薬を提供しているタカラバイオは年内に、生物の力を借りてがんを治療するバイオ医薬品の製造・販売ができるよう、厚生労働省に承認申請する。認められれば、約40年にわたりバイオ研究の支援にたずさわってきた同社の初の薬となり、製薬会社への脱皮がかなう。

     タカラバイオはまず、皮膚の色素をつくる細胞やほくろががんに変化した悪性黒色腫(メラノーマ)の薬として申請する。

  • 必死になって抑え込んでいる?

  • パーキンソン病にiPS 京大、世界初の治験あす開始 (2018/7/31 05:00)

    京都大学は30日、世界初となるiPS細胞(人工多能性幹細胞)を活用したパーキンソン病治療の医師主導治験を8月1日に始めると発表した。患者の選定や事前観察を進め、年内にも最初の手術を行う。

  • マンネリ化の振るい落としのつもり馬鹿みたい!

  • 2018/07/23 15:10

    第24回日本遺伝子細胞治療学会学術集会にて研究成果を発表
    2018年07月23日

    タカラバイオ株式会社は、下記の演題について、第24回日本遺伝子細胞治療学会学術集会(本年7月26日~28日、於・虎の門ヒルズフォーラム)にて研究成果を発表します。

    演題名 (参考)日本語演題名 発表日時・演題番号
    Quality management of gene engineered cells 遺伝子導入細胞の品質確保 ※会期前日
    7月25日 13:30~14:00
    遺伝子治療臨床試験ワークショップ
    Current clinical development of gene and cellular therapy in Japan 日本における遺伝子細胞療法の臨床開発の現状 7月27日 18:20~18:50
    イブニングセミナー
    Manufacturing of cellular and tissue-based products 再生医療等製品の製造 7月28日 8:30~10:15
    シンポジウム
    演題番号:S8-2
    Clinical evaluation of a novel oncolytic viral immunotherapy agent, Canerpaturev(HF10) 実用化を見据えた新規腫瘍溶解性ウイルスCanerpaturev(HF10)の臨床評価 7月28日 10:15~12:00
    シンポジウム
    演題番号:S10-4
    Newly developed xeno-free expansion medium for human mesenchymal stem cells 間葉系幹細胞用新規Xeno-Free培地の開発 7月26日 16:58~17:25
    一般口演
    演題番号:OR-18
    Development of novel differentiation procedure and expansion medium for iPSC-derived endothelial cells ヒトiPS細胞からの高効率な血管内皮細胞分化誘導技術の開発 7月26日 17:52

  • 体内に“シール貼る”新がん治療 早大など、マウス腫瘍消失
                            (2018/7/17 05:00)
    早稲田大学の藤枝俊宣准教授と山岸健人博士、防衛医科大学校の守本祐司教授らは、体内組織にシールのように貼るがん治療用の無線給電式発光デバイスを開発した。マウスに使用したところデバイスは2週間以上生体に固定することができ、腫瘍を消失させた。新しい光がん治療システムとして活用が期待され...

  • iPSから血小板1千億個 京大、輸血用に作製 2018年7月13日 00時16分

    血液成分の一つで止血作用がある血小板を、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を利用して、5日間で1千億個以上作れる技術を開発したと、京都大の江藤浩之教授らのチームが12日付の米科学誌セル電子版に発表した。
     1回の輸血には1千億個以上が必要で、江藤教授は「輸血用の高い品質の血小板を大量に作製できるようになった」としている。
     血小板は手術時の輸血やけがの止血などに使われる。献血で集められるが、保存期間が短く慢性的に不足し、安定供給が課題になっている。
    (共同)

  • 前回は3分の1を4,000円で売ったが、今回は5,000円になったら3分の1売る予定。

本文はここまでです このページの先頭へ