ここから本文です

投稿コメント一覧 (70コメント)

  • それにしてもひどいね。
    3度もの上方修正をしながら、最初の修正時前の株価よりも
    低いとは。これはもはや犯罪ではないか。
    カラ売り屋も悪いが、彼らをのさばらせている会社も悪い。
    何故、通期予想でEPS160円が出せない? あまりにも予想が保守的だ。
    だから彼らに馬鹿にされて売り込まれるのではないか。
    この会社はカラ売り屋に対して好意的な態度が感じられて仕方がない。
    例えば、以前、業績予想でEPS=99.9円というのがあった。なぜ、100円と
    発表出来ないのか? 本当に情けない。やる気が見えない。

  • 10月31日の中間期での上方修正は出なかったが、やや遅れて11月6日に
    修正の発表があった。誰かが通期は据え置き、とのコメントがあったが
    それはあり得ないと確信している。
    中間期予想に対するQ1での営業利益進捗率は64%であったが、
    今回発表された中間期の増額予想1350M円は、仮に通期上方修正を
    しないで据え置くと、進捗率は67.5%となる。上記64%よりも高い
    数値である。また、経常利益ベースでの進捗率は何と78%にもなり
    既にQ3での利益を確保したも同然だ。本来、上期よりも下期に利益の
    出る会社であり、通期上方修正をしない方が不自然だ。
    このような会社の株をCitigroup Global Markets Limitedは10月30日時点で
    133,700株も空売りしている。2回もの上方修正がありながら未だに1500円台
    をウロウロしているのも値を上げたくない彼らの仕業であろう。ましてや、10月30日に
    付けた安値1318円などは論外であり、呆れてものが言えない。
    11月12日の中間決算発表では1株利益は最低で119+24.6(中間上方分)=143.6円
    下期も上期と同額の利益を確保するなら88.6×2=177.2円となる。
    保守的な発表をする会社ではあるが、少なくともEPS160円は出して欲しいところだ。
    3度目の上方修正で彼等を焼き尽くし、株式市場で正当な株価評価のされる会社に
    成長して欲しい。まずはPER15で2400円、近い将来PER20で3200円
    を期待しても良いのではないか。

  • 期待していたIRが出なかったですね。
    昨年は10月31日に上方修正IRを出して株価が急騰したが、その後の
    中間決算時に発表した通期の予想内容が冴えず、結局、株価は長期低迷した。
    今回は同じ轍を踏みたくない,と言う学習効果が働けば11月12日の
    中間決算発表時に計画との差異の説明と通期の上方修正を出してくれるはず。
    上場して以来、一部に昇格しても株主は何ら報われなかった。
    未だに公募価格を100円以上も下回っている現実を経営陣の方々は
    真摯に受け止めて欲しい。

  • トレンドが取りあえず好転し、空売り屋が値を抑えるのに
    必死だ。昨日の引けには成り行きの売りではなく、板で見えにくい1300円付近で
    合計5万株ほどの売り仕掛けをしていた。昨日の引けの急落がそれだ。
    今日も同じ仕掛けが起こるのであればもはやアガキに見える。
    ところで、昨年の今日はTorexから中間期の上方修正が発表された日。
    今期のQ1は営業利益の中間期に対する進捗率が64%、通期に対する
    それが33.7%と大幅な超過だ。当然、本日の引け後に上方修正を
    期待したい。ただし、通期の修正は中間発表となるだろう。
    PBP=1倍、PER=11倍まで売り込んだ空売り屋へのツケが
    回るはずだ。

  • 銘柄コード6616を入力してください。
    10月16日時点で何と126800株もの空売り残があります。
    これはこの銘柄の1日の出来高相当です。
    板を見たら分かりますが、少しでも上がると、100株単位で
    すぐさま売りを出すアルゴが働いています。
    日経の上げには連動しませんが下げには必要以上に連動しますね。
    既にPBR=1を切っています。異常ですよ。

  • Citigroup Global Markets Limitedによる執拗な空売りを
    止めさせるべき。
    やり方が余りにもえげつない。ここまで売り込む必要があるのか?
    これは会社が馬鹿にされているということ。
    彼らを駆逐するには大幅な上方修正しかない。
    Q1の進捗率と為替からみて少なくとも中間期は上方修正は
    十分に可能と見ているが。

  • 最も重要な事は開発品が順調に進んでいる事が確認出来た、と言う事だ。
    これがコケればPTSで売られても仕方がない。だが、事は上手く行っているのだから
    喜ばしい事ではないか。
    そして、海外オプション権については、この場に及んで行使しないなどと逃げる
    ような、卑怯な、名前も出せない契約不履行国内某会社とは、早く手が切れて正解、と考えるべき。
    糞パートナーから離れもっと良いパートナーと組める、と言うチャンスが巡って来た、と考える
    べき。ダブルで良いIRが出たと言うのに、何を悲観して騒いでいるのか、、、
    良い商品なら、必ず良いパートナーが現れるはずだ。

  • 既存の株主に対してはともかく、今回の公募に新たに応じた
    新規の株主に対する株価の結果がこれでは、浮かばれない。
    公募価格割れを、もし、会社経営幹部が経済環境や証券会社の責任にしている
    ようならば、即刻辞めるべきであろう。全ての責任が自らにあることを
    自覚すべきであろう。

  • 払い込み前日で募集価格割れ、公募に応じる人がいるか?証券会社は買い支えも
    していない。手数料さえ稼げばあとは知らぬふり。ひどい話だ。

  • こんなひどい株価で公募が成功するのか? 募集価格1537円と先週終値1562円で
    たったの25円差。先日は1540円台という値段もあったが、これで公募に応じる価値
    があるのか?発行価格の算定に用いた価格1585円でさえ維持できていない。こんな
    盛り上がりのない東証一部への移行なんて、初めて見る気がする。何かが間違っている。

  • 上方修正が出来るのに、何故しないか?分かりますか?
    貸し株している連中に株が上がると迷惑をかけることになるから、と
    勝手に邪推しているが。
    経常利益ベースで90%も進捗しているのに、何か狂っていないか?
    以前、悪意を感じる、と述べたことがあるが、まさしくその通り。
    技術は一流でも経営は三流以下としか思えない。

  • Citigroup Global Markets Limited
    Credit Suisse Securities (Europe) Limited の2社が空売りで株価を不当に下げて
    来たことが判明した。問題は誰がこの連中に株券を貸し、こんなひどい事をさせて
    来たのか、ということだ。業績悪化とか下方修正した株ならともかく、いみじくも
    通期上方修正した会社の株価が、PER16倍台まで売られ、年初来安値近傍まで
    下げるのは納得がいかない。会社に誠意と良心があるのならば、自社株買いでもして
    防戦して欲しいのに、防戦はおろか会社の大株主様が上記の連中に株券を貸して
    どうぞお好きなように、、、とさせていると思われても仕方がない状況だ。
    中間決算と同時に出されたネガティブな中期計画は空売り筋にとって余りにも
    タイミングが良過ぎる。今回の株価下げ誘導は、あらかじめ仕組まれていた悪質な
    行為と思われても仕方がないのではないか。
    株価操作もはなはだしい。絶対に許されない行為だ。

  • このやり方はもはや犯罪に近いね。これを許している会社幹部の方々は
    何も感じていないのか? むしろ売り本尊と結託していると思われても仕方のない
    動きに見えるのだが。。。

  • この執拗なまでの売り方は何か怨念がこもっているようにも思える。
    個人とは思えない売り方だ。外資がつけ込んで空売りでも始めたのだろうか?
    いずれにしても、この会社の幹部は自分たちの会社の株がもてあそばれている
    現実に対して何も感じないのだろうか?本当に不思議な会社だ。

  • 上方修正した株が修正前の株価よりも低い、などと言うことは異常としか言いようがない。
    誰かと誰かが結託して株価操作まがいのことをしているように思えてならない。
    現に安いところでは大きな買い板が見られ、玉を集めている感じがする。
    Q3で上方修正でもしたら、もはやこれは事件だ。

  • EPS=100円と一応は上方修正をした株をここまで叩き売る理由があるのかね?
    皆さん狼狽売りしたら後で後悔しますよ。PER=20倍で2000円の価値は
    あるのですから。

  • 下期の業績に自信のない会社が中期計画どころではないだろう。
    もっとやるべきことが沢山あるはず。仕事の優先順位を間違えていないだろうか。
    為替は平均113円はあるのに、この分の考慮はしているのか?日経
    のマイナスにはしっかり連動しプラスには連動しないどころか逆行している
    状況で東証一部など夢の話。もっと株主のことを真剣に考える経営を切に
    お願いする。役員もストックオプションの形で株式を付与されているのに
    この動きは余りにも不自然すぎる。Q3で再度、通期の上方修正があっても
    おかしくないと個人的には考えているが。。。。

  • この会社には悪意を感じる。何故、今、来期が減益になるというような中期計画を出す必要が
    あるのだ。中間決算で大幅上方修正したまでは良かったが、その後の通期業績予想がひどすぎる。単に、中間決算で上ぶれた分を修正しただけで下期の上方修正分は殆どない。まして
    通期予想EPS=99.79円とは余りにも経営センスなさ過ぎだ。上期の上方修正分だけでも
    通期EPS=107円になり、これが最低線と考えていたが、わざわざ100円を切って印象の
    悪い数字を出している。いまの株価の動きは下方修正した会社よりひどい。誰かが言っているように株価操作をしているように思えてならない。誰かに安くで大量に仕込ませているのではないだろうか。

  • 先週の金曜日3月3日に”来週からは2000円以上での活躍が期待できるだろう”と投稿したが
    今週月曜から下げてばかりで、一体全体投資家は何を考えているのだろう、と不思議に思っていた。
    今後の為替状況、半導体市況、IoT分野の拡大、等から考えて、Torexには明らかに追い風
    が吹いているのに、いつまでもこのような株価状態が続くはずがない、と自分に言い聞かせていた。

    そこへ、昨日の日経からの援護射撃。年初来高値を更新し本日、週足でやっと2000円を越えることが出来た。
    日経でTorex来期営業利益が今期の3割前後の増益になりそう、と報じられたが、企業努力次第では
    これ以上の可能性は十分にあり得る。今後、紆余曲折があるかもしれないが、上場来高値3187円を越えることがあっても何ら不思議ではないだろう。

  • 昨日、新高値を更新し今日は個人中心による利益確定売りに押されているが、来週からは
    2000円以上での活躍が期待できるだろう。
    現状レベルで為替が推移すれば、Q4の利益は上ぶれし再度の
    通期上方修正があってもおかしくはない。恐らく、大口機関投資家さんはこの事を
    知っているからこそ、昨日のような爆買い的な買い方が出来たのではないか。

本文はここまでです このページの先頭へ