ここから本文です

投稿コメント一覧 (59コメント)

  • Citigroup Global Markets Limited
    Credit Suisse Securities (Europe) Limited の2社が空売りで株価を不当に下げて
    来たことが判明した。問題は誰がこの連中に株券を貸し、こんなひどい事をさせて
    来たのか、ということだ。業績悪化とか下方修正した株ならともかく、いみじくも
    通期上方修正した会社の株価が、PER16倍台まで売られ、年初来安値近傍まで
    下げるのは納得がいかない。会社に誠意と良心があるのならば、自社株買いでもして
    防戦して欲しいのに、防戦はおろか会社の大株主様が上記の連中に株券を貸して
    どうぞお好きなように、、、とさせていると思われても仕方がない状況だ。
    中間決算と同時に出されたネガティブな中期計画は空売り筋にとって余りにも
    タイミングが良過ぎる。今回の株価下げ誘導は、あらかじめ仕組まれていた悪質な
    行為と思われても仕方がないのではないか。
    株価操作もはなはだしい。絶対に許されない行為だ。

  • このやり方はもはや犯罪に近いね。これを許している会社幹部の方々は
    何も感じていないのか? むしろ売り本尊と結託していると思われても仕方のない
    動きに見えるのだが。。。

  • この執拗なまでの売り方は何か怨念がこもっているようにも思える。
    個人とは思えない売り方だ。外資がつけ込んで空売りでも始めたのだろうか?
    いずれにしても、この会社の幹部は自分たちの会社の株がもてあそばれている
    現実に対して何も感じないのだろうか?本当に不思議な会社だ。

  • 上方修正した株が修正前の株価よりも低い、などと言うことは異常としか言いようがない。
    誰かと誰かが結託して株価操作まがいのことをしているように思えてならない。
    現に安いところでは大きな買い板が見られ、玉を集めている感じがする。
    Q3で上方修正でもしたら、もはやこれは事件だ。

  • EPS=100円と一応は上方修正をした株をここまで叩き売る理由があるのかね?
    皆さん狼狽売りしたら後で後悔しますよ。PER=20倍で2000円の価値は
    あるのですから。

  • 下期の業績に自信のない会社が中期計画どころではないだろう。
    もっとやるべきことが沢山あるはず。仕事の優先順位を間違えていないだろうか。
    為替は平均113円はあるのに、この分の考慮はしているのか?日経
    のマイナスにはしっかり連動しプラスには連動しないどころか逆行している
    状況で東証一部など夢の話。もっと株主のことを真剣に考える経営を切に
    お願いする。役員もストックオプションの形で株式を付与されているのに
    この動きは余りにも不自然すぎる。Q3で再度、通期の上方修正があっても
    おかしくないと個人的には考えているが。。。。

  • この会社には悪意を感じる。何故、今、来期が減益になるというような中期計画を出す必要が
    あるのだ。中間決算で大幅上方修正したまでは良かったが、その後の通期業績予想がひどすぎる。単に、中間決算で上ぶれた分を修正しただけで下期の上方修正分は殆どない。まして
    通期予想EPS=99.79円とは余りにも経営センスなさ過ぎだ。上期の上方修正分だけでも
    通期EPS=107円になり、これが最低線と考えていたが、わざわざ100円を切って印象の
    悪い数字を出している。いまの株価の動きは下方修正した会社よりひどい。誰かが言っているように株価操作をしているように思えてならない。誰かに安くで大量に仕込ませているのではないだろうか。

  • 先週の金曜日3月3日に”来週からは2000円以上での活躍が期待できるだろう”と投稿したが
    今週月曜から下げてばかりで、一体全体投資家は何を考えているのだろう、と不思議に思っていた。
    今後の為替状況、半導体市況、IoT分野の拡大、等から考えて、Torexには明らかに追い風
    が吹いているのに、いつまでもこのような株価状態が続くはずがない、と自分に言い聞かせていた。

    そこへ、昨日の日経からの援護射撃。年初来高値を更新し本日、週足でやっと2000円を越えることが出来た。
    日経でTorex来期営業利益が今期の3割前後の増益になりそう、と報じられたが、企業努力次第では
    これ以上の可能性は十分にあり得る。今後、紆余曲折があるかもしれないが、上場来高値3187円を越えることがあっても何ら不思議ではないだろう。

  • 昨日、新高値を更新し今日は個人中心による利益確定売りに押されているが、来週からは
    2000円以上での活躍が期待できるだろう。
    現状レベルで為替が推移すれば、Q4の利益は上ぶれし再度の
    通期上方修正があってもおかしくはない。恐らく、大口機関投資家さんはこの事を
    知っているからこそ、昨日のような爆買い的な買い方が出来たのではないか。

  • いよいよ、景色が変わる時が来たようです。

  • この相場は簡単には終わらない。何故なら以前より明確な夢が先に沢山待っているからね。

  • 今期の赤字は再来期が黒字化する為の良性の赤字と考えるべきだろう。お先真っ暗なバイオ銘柄でも
    ここより高い株価の会社はいくらでもあることを考えれば、ここは少なくとも黒字化の可能性が見えて来ただけでもマシ。PTSがS安にならないのはド短期の連中だけではない、と言う事だろう。
    そもそもバイオ銘柄は今の業績ではなく将来の夢を買うもの。

  • これくらいで興奮したらいけない。今やっと上場時の公募価格1250円を回復したばかりだ。
    今までが余りにも安く放置され過ぎだ。やっとこの会社の良さに気が付いてきた方々が注目
    し始めたようだ。為替は100円を切りそうにない。米国12月利上げに向かってドル/円は
    底堅いだろう。となれば一番売り上げが期待できるQ3で大幅な上方修正が期待できるだろう。
    こんな安値で売るべきではなかろう。

  • 何が心配で何が怖くてこんなに安く売ってくるのかね。最初から買わなければ良かったのに。

  • とにかく、このまま株価が上がりだせばトレックスにとって、せっかく安価で取得出来る
    自己株の含み益はどんどん減少してしまうはず。
    BPS=1157円だから1000円で取得しても176万株で2億7600万円
    の含み益をもたらす。勿論、株価がこれを超えて上げて行けば更に含み益は増大する。
    為替もFOMC利上げ接近に伴って円安方向となってきた。Q2,Q3の上方修正も濃厚だ。
    自己株取得に関する開示と寄生虫GSの早期撤退を希望する。

  • 目だけでなく頭を治せる薬の可能性を見出した、と言うだけで先ずは評価しようではないか。
    日本マイクロニクスのインチキ量子電池の話を記憶されていますか?
    あの材料で株価がどれだけ化けましたか?

  • 現在までに認可されている認知症治療薬は、低下した脳機能を補助する対症療法を目的としている。しかしながらβアミロイドの除去及び生産抑制、若しくはそれに起因する神経細胞の障害を解決するのに有効な治療薬は未だ開発されていない。 と説明があり、本発明は本格的な治療を目的とする画期的な薬剤のようだ。
    緑内障も深刻な病気だがアルツハイマーは本人だけでなく回りへの影響が計り知れない。
    すごいことになりそうだ。

  • 今の意図的なこの株価下げ誘導を見ていると、GSだけでなくトレックス自体も関わっているのではないか
    と言う疑念を持たざるを得ない。まず、株のプロであるGSがBPS価格以下で空売りを入れているのが
    解せない。これはこれから株価が下がっていくと言う確たる情報と自信がなければアホでない限りこんな
    無謀なことはするまい。
    一方、トレックスはフェニテックの所有するトレックス株176万について
    ”子会社化完了後の相当の時期に当社が自己
    株式として取得する予定であり、決定次第開示いたします。” と発表している。
    問題はトレックスはこの株を出来るだけ安くで買い取りたい為に基準となる市場価格を出来るだけ低くしたい、
    と考えていないだろうか?自分で操作出来なくても誰かに頼んで株価を下げさせたいはずだ。 この策略をGSが知っているからこんな流動性のない株に空売りを仕掛けて
    いるのではないか。両社はウハウハかも知れないが、ここを信じて株を買った人々はたまったもんではない。
    私や株主がこのような疑念を持たないように、自己株式取得に関する開示を早急に実施して欲しい。
    少なくとも開示の日程だけでもして欲しいものだ。

  • 本日の日経に”想定レート 株価を左右”とある。
    100円設定のアドバンテスト、トヨタは値上がり、105円以上の設定で三菱マテリアル、アマダは
    値下がり。トレックスの100円設定は評価したい。

  • 殆どの企業がレート$=102~105円の設定であるのに対して100円は素晴らしい。

本文はここまでです このページの先頭へ