ここから本文です

投稿コメント一覧 (1469コメント)

  • 錦織選手、怒りをラケットにぶつける事が多過ぎる!
    イチロー選手とは全く違います。
    先日も少しだけ言いましたが、分身でもある道具に八つ当たりは
    スポーツマンとしても、また人としても完全に異質の性癖です。
    私は、今後は彼の試合もニュースも直ぐに切り替えてみない事に
    しました。

  • >>No. 5385

    長井生様、おはようございます。
    空梅雨だとか言っていましたが、激しい豪雨に被害情報続出ですね。
    本当に世界中でその地域の過去のデータを塗り替える気候が続いて
    います。 私の家も低地ですが、家族皆でまたご近所とも覚悟せねば
    と話し合っています。(^_^;)

  • 国会閉会後に次は萩生田副官房長官の名前の文書が
    新たに出たようです。
    安倍総理、しっかりと説明をして片付けるべきでしょう。

    次の内閣改造を待ちますが、一昨日の記者発表でも触れていた
    上記の件に関する言葉もありました。

  • >>No. 2143

    ー 続き -
    ティラーソン国務長官、マティス国防長官達の発言も気になります。
    また、中国の立ち位置も少しづつ変化が感じられます。
    今度の米学生達の北朝鮮旅行の世話は中国の旅行社の関与もあったのでしょうか、
    中国では、中国国内の旅行社が米国人の訪朝旅行の勧誘を中止したなどの話も
    有ったようです。 そして米政府は、中国政府当局に釈放の為の尽力を要請して
    いた話も有ったようだが、いったい実際のところどうなってたのでしょうか。

    本日、北には核実験の動きがまたありそうだとニュースが流れました。
    ニュースに注意するしか出来ない私達は、次の報道を待つしかないようです。

  • 北朝鮮から解放された米国人学生、とうとう死去のニュースが流れました。
    哀れでもありますし両親の怒り悲しむ姿も痛ましい思いにもなりました。
    そんな国を訪れる以上はそんな事も有り得る可能性は他の国の訪問の百倍
    の可能性を覚悟して置かねば。 恐らくそんな意識無しの訪朝だったのでしょう。

    トランプ大統領も厳しい言葉を発しております。
    北もさることながら南の文政権も前大統領以上に方向が見えない、イヤむしろ
    今迄の約束事がある事などの意識は外交の全てにおいて感じられない非常に
    危険な感じさえしています。
    何も日米に対してだけではなくて世界に対してそんな傾向が見えて、「とてもじゃ
    ない」という感じです。

    トランプ大統領の次の一手も気になります。 北の米国学生の植物人間化した状態
    で米国に送り返した真意も気になります。 金正恩の読み違えとばかりは言い切れ
    ないものも感じられます。

  • >>No. 5382

    man***** 様、おはようございます。
    若輩の私に取りましては勉強になるお話が沢山聞ける事に感謝しております。

    私達はやっと少しづつWGIPの洗脳から解放されつつあるのかも知れません。
    安倍総理にはまだまだ乗り越えねばならぬ障壁があるのかも知れませんが、
    私は彼に今後の日本の道筋を託したいと思います。
    その分自分で感じるなりの苦情も、舌足らずながらも言葉にしたいと思って
    おります。 
    国会審議に人員として参加するだけで54億円のおこぼれが回って来るとは
    羨ましいですね。(笑) しかし国税が必要以上に飛び去るようで少し気には
    なります。審議参加単価の減額などを口にする議員もいませんし・・・。

  • >>No. 2141

    >海自「いずも」にASEAN10カ国の士官が乗艦、南シナ海を航行
     6/19(月) 16:23配信  [東京 19日 ロイター]
     最新鋭艦「いずも」は19日から、東南アジア諸国連合(ASEAN)
     10カ国の士官を乗せて南シナ海を航行する。日本は中国が軍事拠点化を
     進める南シナ海への関与を強める方針で、艦上で勉強会を開き、この海域
     で起きている情勢の認識や国際法を順守することの重要性をASEAN各国
     と共有したい考え。
     南シナ海への関与を強める日本は、ASEANとの関係強化を進めている。
     15日にはフィリピンやインドネシアなど5カ国の国防当局者を幕張(千葉市)
     に集めて防衛装備輸出に関する会議を開催した。
     20日から自衛隊が国内で行う大規模災害演習にも、ASEAN10カ国の士官
     を招待する。

    ☆本文の最初と最後の部分だけを抜粋しております。
     投稿No.2141 でも触れている様に、この海自のアクションについてもそう
     ですが、我が国の判断だけ行動するのではなく参加国にも協調しあう事によって
     独立国の立場で行動出来る意識を持ってもらい海洋侵略、経済侵略、領土着脱
     からそれぞれ参加した国々が自衛する心を持って貰う、その自信を確保して貰う
     事を願っているのだと思っています。
     私は、我が国が戦前も含め敗戦直後の日本軍人がアジアの開放に尽力した話を
     沢山聞いております。
     東南アジア諸国の多くで、多くの政治家、軍人へ影響を与え独立国への道を進み
     今日を迎えている事について色々な話を聞いております。
     今、当時を思い起こさせる国が新たにアジアの自立心を抑え込むかの動きがこの
     時代に起きております。
     そのために当時を思い起こすような立ち向かわなければならないものを東南アジア
     諸国は思い出す必要が有り、その手伝いを兼ねた日本の動きが今の状況ではない
     でしょうか。
     私には、この時にかなった動きとなった海自の活躍のニュースだったと思えます。

  • >>No. 2140

    英国の今の状況と我が日本を比べてみると、明らかな差が感じられます。
    日本は次々と海上自衛隊の増強を図っています。 英国は軍事力にこれ以上
    財政を割く訳にはいかない厳しい環境になってしまいました。

    日本も出来る事ならば、防衛力増強への財政負担を少しでも抑制して内政へ
    国税を投入し日本の将来に備えたいところじゃないでしょうか。
    残念ながら、東アジアの情勢は日本がそれを許して放置出来る状況ではあり
    ませんし、また、我が国一国だけの問題では済まない地域全体の問題でもある
    為に防衛費を抑えることは大変難しいと言えます。

    中国の軍備状況や北朝鮮の核やミサイルと、これらとは別の意味ですが、それに
    韓国の不安定な方向性の状況から見ても我が国の防衛力を網羅、拡充して置く
    必要に置かれてしまっているのでは仕方が有りません。

    特に中国政府は色々な言葉、あらゆる政策の裏には鎧に隠された刃がちゃんと隠して
    おけば良いのだが露骨に見せて弱いと見た国々を虐げようとしている様が強く
    感じられますね。
    そして、少しでも弱みを見せたらそこを必ず突いてきます。
    直近の面白い話では、トランプ大統領のパリ協定離脱発表に対して、すかさず中国は
    環境問題は大切だと以前から中国は努力を傾注してきたし、今後はリーダーシップを
    取っていきたいなどと正逆の言葉を途端に使い始める事が出来るのです。
    では、WHOのWHA会議についてはどうなのか、余り言葉にするのもバカバカしいので
    言いませんが、世界が知っている通りです。
    鎧の下の刃はCIIB(=AIIB)でも同じです。 中華覇権思想そのものです。

  • 今日、一時代を風靡した大英帝国の凋落振りを想起させられる話題が
    報道されていました。
    最後の1隻となっていた空母が売却されて英国の軍事力が世界でも一段と
    下位の軍事力へ落ち込む見通しとなってしまいました。
    想えば元々は海賊行為からから始まったのかも知れませんが、1世紀前は
    世界で屈指の軍事力を誇っていてこの頃までに世界の6分の1が英国の植民地
    や統治領と云われていた帝国でした。 そう、大英帝国と呼ばれていました。

    この空母、南米アルゼンチンのそばのフォークランド問題でアルゼンチンとの
    領土問題で彼の鉄人と呼ばれたサッチャー首相の命令一下一気にアルゼンチンを
    降伏させる戦果を挙げて話題になった事もありましたが、その時に空母の不備、
    不足を知って造船されたものだそうです。

    ブラジルへの売却の話になっているようですが、ブラジルは仏国の払い下げ空母
    を持っているが古くて修理代も膨大になると言われ、廃船を見込まれているとの
    事です。 今回の英国空母はフォークランド戦争以降の造船で船齢も仏国から
    払い下げられた空母よりは遥かに若く有効だそうです。

    英国は、完全に財政状態がこれら軍備を削らざるを得ない状況まで逼迫してしまい、
    これでは、世界から、EU諸国から置いてけぼりを喰う事になる可能性が高くなり
    ました。  時の流れとは・・・、と思わざるを得ません。

  • >>No. 5380

    man***** 様、こんにちは。
    マッカーサー元帥の草案として1946年に成立した憲法です。
    仰るように米国の為に米国が定めたものです。
    戦勝国として土壇場で加わったソ連や中国、英国とで分割統治
    の話も有ったが矢張り発言力が一番大きかったのは米国でその
    責任者のマッカーサーの意向が一番反映された気がします。
    つまり、米国による米国の為に日本国憲法が作成されましたが、
    全てはマッカーサーによってと言っても言い過ぎではなかったと
    いう事です。
    彼が昭和天皇に敬服していた話もあり、憲法について天皇の存在が
    日本国民には有益な存在を意識していた様でこれにまつわる話も聞いて
    おります。
    しかし、当時の環境と今の日本の置かれている環境は大きく変化して
    いて、時代に合わなくなってきている事はハッキリしています。
    今は瞬時に世界の情報が伝わる時代です。 また、日本の世界における
    責任ある立場も大きくなってきている事も影響していると思いますが、
    憲法改正の時期になって来た事は認識すべき時です。
    安倍総理が積年の考えを実行に移す時期に掛かってきた筈と思います。
    しっかりと国民の総意を取り纏める作業に向かって欲しいと、私も
    願っております。

  • >>No. 2138

    報道機関の中ではサンケイニュースが最も進行状況の中身の詳細に
    は触れている事を申し上げて置きますが、各国の実質的な払込現況
    や比率などは出ていません。
    裏を返せばCIIB当局が発表していない、発表出来ないのだとすれば
    話は通じるのでしょうが・・・。
    あとはネットでYOUTUBEなどでは信用度は少し落ちるものもあります
    が、この件に多数触れられています。
    真面目にYOUTUBEにアップされている方もいらっしゃると思ってます。
    <(_ _)>

  • 中国のCIIB(=公称AIIB)は当初スタートの話から随分時も過ぎました。
    参加表明国だけでも80カ国に達しています。
    我が国の報道機関から参加表明した国の出資金に関するその予定、或いは
    払込実行状況に関するニュースは有りません。
    確かに、当初に相対的な融資枠や組織について当局も触れていた様でした
    が全て不透明な感じだけが未だに消える事もない様です。
    この件についての麻生太郎副総理兼財務大臣がこのCIIB設立計画から相当
    回数、何度も触れて来た透明性や信頼性に関しての解決方法などは一切出て
    来ていない事を報道機関はしっかりと調査すべき筈です。
    ところがそうではなくて、やれ乗り遅れる、参加すべきだなどの論調のみで
    今日に至っています。
    私は、鳩ポッポをCIIBの顧問だか役員などに迎えた時点でこの計画は消える
    運命だと・・・、しかも短期間の内にうやむや状態で消えると見ました。

    私は、我が国の報道機関はこの件の日米の現状が何故なのかを追及するのも
    よいが、是非とも各国の出資予定金額と実質払込まれた金額を調査して、達成
    比率なども加えて報道して欲しいと願っています。 
    私のいう事は、無茶苦茶で無理な事を言ってるのでしょうか?

  • >>No. 5376

    長井生様、こんばんは。
    夕方のニュースで、安倍総理の反省の弁を語るニュースを
    見ました。 当然の事ながら丁寧な答弁を心掛けると反省の
    気持ちを伝えていました。 しかし、国会は既に終了しました。

    内閣改造の意向を発表しましたが、これからどう国民の信頼を
    取り戻せるかどうかを私達は見ています。
    他のトピでいつも申し上げている事ですが、外交ではいつも
    安倍総理を評価しつつも、内政は50点前後から40点以下へ
    下落の評価をしています。
    野党は更に低いのが安倍政権には幸いしてると考えてきました。

  • >>No. 5370

    man***** 様、こんにちは。
    若人達には行動する前に、自分が多方面からの情報、特に自分と違った意見には
    何故自分とは別の意見が出ているのかにも目を向けて欲しいですね。
    色々な意見をしっかり咀嚼してから後にどう行動するのかを決めて欲しいと願います。
    SEALDsの行動には行動の後で辻褄の合わなくなった話も有ったようでしたが、確かに
    ゲバ棒などを振り回す様な活動ではないのかも知れませんが、違った意見を吸収する
    ことも試みて欲しいですね。 逆に老獪な政治絡みに巻き込まれているのではないだ
    ろうかと見受けられる事もありましたから・・・。

  • >>No. 5373

    長井生様、おはようございます。
    国民の反応にも消化不良が表れています。 その結果は支持率の急落へ・・・。
    安倍総理、能弁と云うよりも多弁に過ぎますね。
    これが人々に与える影響としては言い繕う事にだけ一生懸命だという印象を
    与えてしまいました。
    我が国には、代り得る野党が全く頼りにならない為に国民の支持率は不満ながら
    も安倍政権を支持するという選択をしてきましたね。
    自民党内においても党内野党が産まれつつあるのかも知れません。

  • 韓国の潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長(73)が16日までに、
    国際オリンピック委員会(IOC)から倫理委員会の次期委員長に指名された。
    と仰天ニュースが流れています。

    IOCは潘氏を倫理委員長に指名した理由について、公式サイト上で「2007年
    から2016年まで国連事務総長を務め、国連で最高水準の倫理や透明性を具現した」
    と説明しています。

    オリンピックが今や金食い虫のレガシーを築き上げて問題となっている。
    世界的にオリンピックとはとその意義に疑問が見え始めている中で、あの公明正大だった
    (?)前国連事務総長潘基文氏の再就職先として推薦された。

    あっ終わった・・・、と思える推薦でしかない。
    潘氏は、「候補に選ばれたことは非常に光栄だ。IOCの責任感と透明化を強化するため
    に全力を尽くす」とコメントした。
    国連では、責任感も見えなかったし透明化も逆行する結果と世界が受けて来た事実だけ
    しかなかったと思っているのは私だけ?

    どこまでオリンピックの倫理観が落ちて行くのかとても気になります。

  • >2017.6.16 11:14更新  【痛快!テキサス親父】サンケイニュース
     「パリ協定」離脱は素晴らしい トランプ大統領いい仕事したぜ!

    ☆我らが親愛なる「テキサス親父」事、トニーマラーノ氏から発信された話です。
     私は一般人として、米国がこの「パリ協定」から離脱発表には先ず即刻反対と
     考えを述べております。
     トランプ大統領の離脱表明の発表には、中国の二酸化炭素排出量で世界1位で
     中国とインドには2030年ごろまで、規制が免除されているとの話である。
     この規制の免除の話が起きていた事は以前に知っていたが、まさかそのままの
     状態でパリ協定がここまで進んで来ていたとは思ってもいなかった。
     「パリ協定」がそのままで有れば大問題であるのは確かでしょう。 中国は今や
     世界のリーダー1,2位の大国でありながらこれらの免除を甘んじてい享有出来る
     事があるなんて、そんな事は認められません。
     
     テキサス親父殿の話の通りであれば、私は彼の話には大変感謝するものです。
     翻って、日本の報道機関はこの免除の事に触れているものは皆無と思うと、私達は
     矢張り色んな角度からの情報を取る事を勉強せねばならないとつくづく思いました。

     以前にあった中国、インドなどが発展途上国として免除の対象として話題になった事
     まではどこぞの報道では聞いていましたが相当に時間が経っています。
     ならば、トランプ大統領の舌足らずもあるかも知れないが、各報道機関も何故米国が
     そんな判断をしたかについての補足をしっかり国民に伝えるべきだと考えます。

     テキサス親父殿、感謝です。<(_ _)>

  • >>No. 5364

    man***** 様、こんにちは。
    民進党など野党はじめ、報道機関から感じる事は何だか野放し状態を
    求めているのかと見えたりします。
    これで国際的には日本とこの分野での情報の共有に支障をきたすと
    いう事になると、日本が真に必要な対策を講じる為の情報にも制限が
    出て来るようですね。
    いづれにしても、徹夜の作業の後無事終了、通過しました。TOC加盟国
    として今後は情報共有に参加出来る仲間となれた様ですので良かったと
    思う事にしています。

  • >>No. 5366

    この台湾での国際会議の話のついでになりますが、
    我が国のコンビニ各店の期限切れ、時間切れの弁当など食料品
    関係の廃棄の量も結構大きい様で馬鹿にする事が出来ない事ですね。
    日本人に培われてきた「節約」、「勿体ない」などの有るべき質実剛健
    の心が失われてきている事は悲しい気もします。
    コンビニの良さも判っています。 しかし、商売とは言えど少し考えさせ
    られるもの有りです。

  • >>No. 5361

    長井生 様、こんにちは
    じれったい気持ちもよく分かります。
    そんな環境に置かれている台湾が続けている地道な積み重ねもあります。

    行政院農業委員会(日本の農林水産省に相当)は12日と13日、国立台湾大学
    (台湾北部・台北市)にてAPEC(アジア太平洋経済協力)「食料ロスと食料
    廃棄の削減に向けた専門家諮問会議(APEC Expert Consultation on Food
    Losses and Waste Reduction)」を開催した。台湾のほか、米国、日本、
    中国大陸、オーストラリア、タイ、ベトナムなどAPECに参加する17のメンバー・
    エコノミー(会員国・地域)を代表する専門家約60名が出席した。

    このニュースの様に台湾は大人の対応で中国大陸も含む会議を開催しました。
    片や大陸側のなんと大人げない台湾ボイコットばかりが続いています。
    台湾の独自の地位の向上には、大陸の色々な妨害がある中で一生懸命世界への
    貢献する姿を世界が見ていると信じます。

    どうか、長井様達の故郷に幸多かれと祈っている私みたいな日本人がいる事を
    お見知りおき下さいませ。

本文はここまでです このページの先頭へ