ここから本文です

投稿コメント一覧 (1853コメント)

  • 中林美恵子さん、旧民主党の小沢一郎グループで当時小沢ガールズの一人と
    言われた人だったのですね。
    知らぬこととは言え失礼しました。
    また政治の世界に返り咲いて外務大臣、総理大臣を目指して欲しい。♪

  • >>No. 2408

    そう言えば今日の昼の番組「昼おび」にて早稲田大学教授の中林美恵子さんの発言に
    素晴らしい感性というか感受性を感じました。
    それは、北朝鮮の金正恩の人物像への評価について、彼は鋭い頭の切れるものが有り、
    油断禁物の人物像を感じ取ったみたいな話からです。
    番組の流れの38度線板門店の軍事境界線での文大統領とのやり取りや大統領への仕草
    の様子の直ぐ後の彼女が感じ取った言葉でした。
    確かに、金正恩委員長の方が文大統領をリードするかの様なイメージの部分が映像には
    見て取れる部分が有ったと私も思います。
    またこの場面に、そう思われた方は他にも多いのではと思います。
    さすがは米国共和党の元アメリカ連邦議会上院予算委員会補佐官の地位にあった人の
    言葉には一種の鋭いだけでない凄味を感じさせられました。

    間違いなく凄い人だと思いました。 我が国の政府からもいづれ声が掛かるのも早い
    のかも知れませんね。

  • 今日はネット上では軍事境界線上の板門店での南北会談の話ばかりです。
    私も、帰宅後のニュース、報道などを中心に追うと思います。
    今度の南北会談を前にして、安倍首相は文大統領に核やミサイル開発の可視可能な方法
    での中止と拉致被害者の解放に付いてしっかり話をして欲しいと要請したようです。

    拉致被害者は韓国でも400人以上いると言われていて韓国の被害者家族は日本政府の
    対応が羨ましいなどと言っているようです。 つまり、文大統領にそのような感覚が
    見られないと嘆いているようです。

    この会談には世界中の関心が非常に高く3000人前後の報道陣が世界から集結して
    東西ドイツの合併に次ぐ世紀の話題となっています。
    そんな世界の眼が集中している中で、ある意味世界の監視の中で行われる当事者代表同士
    の話である以上は必ずや成功裏に集結して欲しいと願うばかりです。

  • >>No. 6158

    こんにちは。 今夕、夜のニュースの中心は38度線の板門店会議に集中しての
    報道ばかりでしょう。 安倍首相は電話にて核やミサイルの開発の中止と拉致家族
    の解放についても南北会談では取り上げる事を文大統領に要請した模様。
    拉致家族については、韓国も400人超の拉致被害者の家族も大統領に嘆願している
    との情報も有ります。 トランプー金正恩会談では必ず拉致問題は取り上げられると
    思うが、文大統領はどの程度話してくれるかと不安ながら期待しています。

  • >>No. 6156

    おはようございます。
    「R.カポネ」風でも心は「ゴルゴ13」の気持ちかも。(^_^;)
    あともう少し年を取ったらステッキを持って戦前の欧州紳士風に
    なるかも知れませんね。

  • >>No. 6154

    おはようございます。
    大阪に住む息子にメール、生後7か月、4歳の二人の孫達にも注意するようにと
    までは伝えました。 しかし対応策は私には判らない。 不特定多数が訪れる
    病院、看護師さんも感染した話も有るので相談に行くのではなく、電話で
    問い合わせがベストとしか言えませんね。

  • こんにちは、今日は久しぶりの本格的な雨。 冷たい雨の一日、ここ数日が暑かっただけに
    雨の冷たさを余計に感じます。 今の我が国の国会もお寒い限り、官僚国家で責任を取らない
    のは他の省庁でも沢山あるような気がしてならない。

  • さてさて、麻生太郎財務大臣はG20中央銀行総裁会議に出席という事ででワシントンへ。
    この事でも野党が文句を言ってます。
    2,3日国会審議が遅れたりすると日本が大変な事になってしまうという事でしょうか。
    とにかく動けない様にしたいようです。
    この事は、小野寺防衛大臣についてもそうだが、日米防衛大臣、外務大臣による2プラス2
    会談へ。 2プラス2には河野太郎外相、小野寺五典防衛相、ティラーソン国務長官、
    マティス国防長官が参加する。日米2プラス2は米トランプ政権発足後は初めてとなる。
    そして、河野、小野寺両氏は16日午前(同16日夜)にワシントン入りした。
    安倍総理もトランプ大統領と会談を成功裏と思える形で終えた。
    日本の重鎮たちが次々と打合せの為に米国へ訪れた。
    その成果も安倍総理においては、首相として仕事を終えて、帰国後は総理としての務めに
    励まねばならない。

    小野寺氏、麻生氏も海外での仕事が済めば帰国して国内の問題に勤しまなければならない。
    野党は、海外での動きや流れなどには全く興味を示していない事が良く見える、またそんな
    海外の事などに眼を向ける余裕さえ見受ける事が出来ないのはどういう事かと思う。
    今、緊迫感のある世界の動きに対応する能力などは微塵も感じられない野党の姿に、私は
    とっくにあきらめムードに浸っております。
    野党は留守中に対応策を練り上げる感覚も有ってもよいのではと思ったりしますが・・・。

    与党内での次期政権対策ならば日本としてまだ救いはあると思いますがどうなる事やらです。

  • >>No. 2405

    これも安倍首相の人柄や努力の成果だと思えます。
    トランプ大統領に拉致問題の最後の手段を託し、トランプ大統領もハッキリと
    その事を口にしてくれた事は大きな成果であり、世界の認識を強めることにも
    なりました。 北としても、世界が注視する中でこれからの北朝鮮の運命を保持、
    各個たる地位を築くためにも日本の期待と世界の視線に答えなければならなくなった
    事と感じています。

    しかし、内政に於いての加計学園や森友学園でいつも私が言ってきた事で、脇の甘さから
    国民の不信感を買う事になってしまったと申し上げます。
    防衛省の日誌の問題、財務省の記録の改ざんなどまで安倍総理の責任とは私は言いません。
    しかし、森友、加計については国民の信頼の回復には安倍総理が解決の為にもっと動く
    べきだと感じています。
    財務省を始め官僚組織は「忖度」するまえに入省時の心構えが告知されていた筈だが、
    昇進していく毎に「忖度」への心が芽生えて入省時の心構えが消えて行く場所なのだと
    思い込んでおります。

    各野党は、麻生太郎財務大臣に辞任を迫る前に財務省を始めとした各省庁の体質を攻めて
    見たらと思うが、それはやらないのだろうか。

  • >>No. 6147

    長井生様、野党には今の財務官僚の昇進してきた人物を時の大臣として承認したもので
    しかない筈です。 いきなりその下の人物を引き上げて登用するなどはないと思えます。
    良し悪しは別として省内を順送りで昇進した人物をその時の大臣が追認=承認しただけ
    と見ます。
    野党連中からは今の厳しい国際情勢に対する発言、見解は全く出て来ない事に対して
    もしこの野党が政権を取ったらどんな日本になるかと私は危惧します。(^_^;)

  • >>No. 6146

    おはようございます。
    続報です。 スワジランド→「エスワティニ王国(Kingdom of eSwatini)」が
    正式な国名としたようです。

  • >>No. 6145

    長井生様、おはようございます。
    それは貴重な長い国交期間が有ったという事ですね。
    訪問先とした意味が理解できます。♪

  • 日米会談において、トランプ大統領の口からハッキリと拉致問題の解決を
    米朝会談が行われた場合は取り上げてくれるとのニュース、拉致家族の
    方々も最後の一番期待が持てそうなラストチャンス、絶好の機会だという
    予感を持たれた事と嬉しく思います。
    皆様の心に思いを寄せる時、トランプ大統領に期待するより他に先への
    進展の見込みが見当たりません。
    日本人の我々としては北のミサイルや核開発の中止も非常に大切であると
    同時に、拉致問題の解決は絶対に必要な国交回復の為の切っ掛けでもあります。

    これまでの時空を考える時、本当に解決できるのかという疑いも有りますが、
    何よりも事前に米CIA長官のポンペオ氏を密使として派遣していたとの事で、
    それらを踏まえてのトランプ大統領の言葉とすれば、大いに期待したいと
    思います。
    私も、散々大統領を非難していてごめんなさいと先ずは申し上げます。(^_^;)

    国会の野党連中はこの事は全く放置の、日本そのものを潰す事のみに精を出して
    いるばかり、野党も何か海外に少しでも良いから働きかけをして見たらどうか?

  • >>No. 6143

    こんにちは。
    スワジランド、地図で見ると南アの北方で日本の四国よりも少し小さな内陸部の
    王国の様です。 ここの国王の無駄遣いは一度ニュースになった事を想いだしました。
    蔡英文総統の訪問地が別にありそうな気さえしました。

  • >>No. 2396

    今回のシリアへのミサイル攻撃終了後にマティス国防長官は「次の計画は
    今は考えていない」と言っていた。
    トランプ大統領は相変わらずの舌足らずの幼稚な表現で「新型のミサイルだ!」
    「ロシアは準備しろよ。(ミサイルが)やってくるぞ。素晴らしくて新しくて
    『スマート』などとロシア、シリアに向けて発信していたが、早速相手の言葉に
    挑発されたかのごとくロシアもターゲットにしそうな口振りも示している。

    対して、マティス国防長官は攻撃終了までの一連の検証を先ずする必要がある
    と一呼吸置いた言葉を使っている。 直ぐの反応を控えている様子だ。
    私は最近、この人を米国の大統領にしたら良いのではとさえ思い始めています。

    やる時はしっかりやるだろうが、しかし、しっかりその為の説得力のあるプロセス
    は踏む人物でトランプ大統領との違いが多々感じられる。 静かな闘う修道士と
    7000冊を超える蔵書の話題など魅力ある人物像を私は感じている。

  • >>No. 2401

    >OPCW、18日に現地調査 シリア疑惑でロシア表明
     05:51
     OPCWによると、調査チームは14日にダマスカスに到着した。
     シリアとロシアの当局者から「安全上の問題」でドゥーマにはまだ入れない
     と説明されたが、シリア当局からは目撃者22人をダマスカスに連れてきて
     聞き取り調査をさせるとの提案を受けたという。

    ☆どういう事だ?
     まだ多くの証拠が散乱していてシリアとしては都合が悪いので代わりに22人
     どシリア当局が連れてきて聞き取り調査などと言い出したのか?

     このニュースによる世界の心証は、矢張りシリア側が化学兵器を使用したの
     ではないかということでしょう。
     少し猿芝居が過ぎやしないかと思ってしまった。

     トランプープーチン間の疑惑もなんだかしっくりこないものを感じる。
     米FBI前コーミー長官の話も気になるが・・・。

  • >>No. 6141

    しかし台湾の場合、現総統の蔡英文がしっかり頑張っているので
    マレーシアとは大きく違いますね。

  • こんにちは。
    マレーシアでは次の選挙にあのマハティール元首相が参戦との事です。
    92歳とか・・・、一時健康を崩したニュースが出ていたが選挙に出れる
    程の健康状態の様です。 思うに李登輝元総統の健康と年齢が直ぐに脳裏に
    浮かんで来ました。♪

  • あの懐かしいマレーシアの元首相で自由主義と有名な言葉「Look East!」という
    言葉と共にマレーシアを発展させて来た人物だが、再度、マレーシアの首相選に
    立候補を決めた様だ。
    日本の安倍首相が内政の甘さで危機に瀕しており国際的な外交どころではなくなり
    つつある中で、マハティール首相は東南アジアの重鎮として日本に代って正鵠を得た
    発言と行動で東南アジアを引っ張っていける人物と見ています。

    久し振りに聞いた彼の名前に喜びを禁じ得ませんね。(笑)
    余談ですが、彼が出て来なくてはならない状況を作ってくれた今のマレーシアの首相は
    ある意味での功労者だと言えるかも知れません。
    習近平総書記としても矛盾の多いこれまでの言葉は、彼の前では使えなくなるのでは
    ないかと思う。

  • 長井生様、おはようございます。
    昨日の午後、名古屋付近で少し揺れたようでしたが
    大丈夫でしたか? ちょっぴり強い地震かと思われたのでは・・・?
    台湾も含め環太平洋地震帯に位置する日本、近いと言われ続けている
    南海トラフ大地震の想定も有ります。
    私には、何に気をつけたら良いか全くわかりませんが・・・。^_^;

本文はここまでです このページの先頭へ