ここから本文です

投稿コメント一覧 (1332コメント)

  • >>No. 5103

    man***** 様にとっての20代後半?が波乱の時代だったことに
    思いを巡らせております。
    私が卒業後に世話になった最初の会社には、以前にもお話したか
    と思いますが台湾出身の方が3人いらっしゃいました。入社前には
    もう一人おいででした。
    年代的にはman***** 様や長井生様達とほぼ同世代だと思います。
    文京区にあった中日友好善隣会館にて学生時代を過ごした方もおいで
    でした。

    大先輩の一人についてはここでも話をしました。
    あとの二人については、一人は娘さんがピアニストで台湾で凱旋演奏会
    などを開いた話もありました。
    この先輩にもいつも声掛け頂いて世話になりました。
    もう一人の東大出の方で、私が独立後に私の商売の大いなる後押しを頂き
    ました。

    彼らには別々の事情かも知れませんが、蒋介石時代や息子の蒋経国総統の
    頃の話などもありました。
    いづれ思い出話として少しは話してみたいと思います。
    man***** 様のお話に引き込まれております。♪

  • >>No. 5102

    長井生様、おはようございます。
    裸眼で0.7で眼鏡使用では更に物が良く見えています。♪

    眼の手術の正式名などを読み直してみました。
    正確には右目の「網膜前膜(+白内障)」と何だかよく
    判らない診断でした。
    手術の対象:黄斑上膜(網膜の一番重要なところ(黄斑)
    に幕がはって、網膜にしわがよるため、物が歪んで見えたり、
    ものの中心が見えにくくなる病気だそうです。
    この後にも長い説明文が有りました。(^_^;)

    いづれにしても、術後1ヶ月半~2ヶ月後には眼鏡屋さんに
    行ってレンズの交換の相談を予定しています。
    8月までにはより良い状態を期待しております。
    ありがとうございました。

  • WBCは4回目にして米国チームが初優勝。 野球の本場の米国
    がやっと勝ちました。
    我が日本「侍ジャパン」は準決勝で惜しくも散りました。

    日刊スポーツの記事によると「また準決の壁 日本野球の限界
    教えられた」との表現も有りました。
    でも、私には「日本野球の限界」ではないと思う試合だったの
    ではと思いました。

    そうです。 本当に惜しい試合であったと感じました。
    侍ジャパンらしい戦い方でここまで進んで来たが惜しくも敗れた
    が侍ジャパンらしい素晴らしい戦いだったと思います。

    米国ープエルトリコの結果からは準決勝で敗れたとはいえ、日本の
    侍ジャパンの内容は米国、プエルトリコ、オランダの各チーム共に
    素晴らしいチームとの対戦を繰り広げる事が出来たと誇りに思って
    います。

    たまたま、米国が今回は優勝を勝ち取ったのだ、来期もこれらを中心
    にした好ゲームが期待できるのではと思わざるを得ない内容でした。
    侍ジャパンの監督、選手の皆様ご苦労様。♪ 本当に楽しかったヨ。♪

  • >>No. 5078

    man***** 様、おはようございます。
    3月12日(日曜日)は私の入院日でした。(^_^;)  
    失礼しました。

    この新聞社の記事ならいつもの口調と思う事にしています。

    あれだけ米国民でさえ、しかも軍人だった方々でさえ将来の
    日米関係に重きを置いた言葉の数々よりも、この新聞社は
    過去にこだわり続ける事にしか意義を見いだせず、「謝罪が
    無かったのは意義が無い」という貧弱な発想しか持てない
    様です。

    悲劇を繰り返さない為の提案こそが大事であっても、この新聞社
    はそれよりも大事なのは謝罪を繰り返し続ける事を願っているの
    だなと見て取れます。 

    安倍総理は米国新政権での訪問の折、アーリントン墓地も訪れ、
    祈りを捧げました。
    米国民の琴線に触れる安倍総理の祈りなどは、きっとこの新聞社に
    取っては記事にもしたくない事かも知れませんね。
    この事も米国民にはの日本人の心を歓迎してくれていて、私には
    嬉しく思えました。

  • >>No. 5097

    免許証更新おめでとうございます♪

    私は8月73歳での更新予定、左目は0.7前後です。
    右目は先月末に黄斑なんとやらと白内障の手術を終えて
    ますが、方眼紙などを見つめると縦線横線の歪みは残っ
    たままです。
    医者曰く、歪みは70%位は回復するとは言われてます。
    そんなに回復しないかも知れないと気にしています。(笑)

    2日前には鼠径ヘルニアの再手術を終えて退院しましたが、
    術後の状況は芳しくありません。
    昨日は2年半前の心臓手術後の診察、先生からこの鼠径ヘルニア
    の再手術は感染症の心配もあったが、外科手術担当医にその事を
    しっかり伝えたかを聞かれたりしました。

    ま、何とかなるでしょう。 
    私の車の免許証のことも少し気になります。(^_^;)

  • 台湾で潜水艦製造が決定したそうだ。
    10年以内の就航を目指しているとのこと。
    米国の技術供与? これは断られている様だし、ドイツや
    フランスなどは中国に配慮して動けなかった様だ。

    完全に台湾独自の設計製造なのか?
    気になる
    日本は何をしている。 

    口にする必要もないことだが、技術指導など必要とし望む
    事があれば深く静かに潜航しつつ指導するのが日本の立場
    なのかも・・・。
    なにせ、日本人も台湾人も心中にあるのは兄弟国だものネ。

    互いに思いやり育まれてきた切れないもの、親近感が双方に
    ある。 そう言えば、そんな国が他にも有りますね。

  • 午前中に退院、しかし体調は今一つという感じ・・・。(-_-;)

    気になるニュースが多かったですね。
    WBCはこれから米国、それに終盤の大相撲なども面白くなって
    きたところでしょうか。♪

    正恩坊ちゃまのやりたい放題の危険性は大変気になります。
    米国ティラーソン国務長官はこれまでの20年間の北対策には
    反省の念を表しています。

    全ての選択肢がテーブルには載っていると彼は言ってます。
    坊ちゃまの言葉では「今日の巨大な成功がどんな意義を持つ
    のかを、全世界はすぐに目の当たりにすることになる」と
    まァー何かを予感させる言葉を吐いています。

  • >>No. 5072

    man***** 様、有難う御座います。

    今は、せめて心の中でだけでもこれらの地を訪れたいと
    思います。 
    幸い我が国では昭和においては裕仁天皇、そして平成に
    おいては明仁天皇が人の心、国民の心に常に思いを寄せ
    られて、裕仁天皇から明仁天皇に引き継がれ今日を迎えて
    いると思っております。

    安倍総理におかれましては、真珠湾アリゾナ記念館の訪問、
    アーリントン墓地での慰霊など米国人、日本人の心には
    強いインパクトというか、イメージを残したと思いました。

    未来に一歩でも進むためにお互いの古老の軍歴者の方々の
    許す心と未来に気持ちを寄せておいでの心には本当に感動を
    覚えて涙する気持ちになってしまいました。

    また、軍人としては武士道とヤンキー精神あるいはナイトの
    スピリットみたいな共通性も有るのでしょうか。

    しかし、日本では少しづつこのような大事な精神が薄れつつ
    あるのが感じられ、少し悲しくも有ります。

  • 王毅外相、相変わらずですね。
    「日本は歴史に逆行しようとする動きもある」と歴史問題を
    強調し、関係改善には日本が中国の発展を理性的に受け止め、
    「「心の病」を治す事が必要だ」と主張した。

    この言葉は、そっくりそのまま王毅外相にお返しせねばならない。

    完全に上から目線であるし、相変わらず自己中心的な考え方のみ
    で発言し、しかも未だに過去から脱却出来ずこれからの未来に
    重きを置く気などは全く見えて来ない。

    思うに、外相は自己暗示を掛けていて周囲を見る、世界を見る眼が
    次第に消えて行ったのだろうとしか見えない。
    昔の彼の言動には、特に日本には親日的でさえあった筈である。

    ま、この国では日本時代の感覚を一瞬でも見せたら、政治生命も
    生活もあっという間に消えてしまう事を熟知しているのだと思う。

    一言忠告できることが有るとすれば、北朝鮮に対して何も効果的な
    対策を打ち出せずにいるが、国連対策上では北への制裁に同意しつつ
    実質はなにもやっていない事が続いていると、その内に世界からも
    叩かれ、習近平にも裏切られる気がするだろうと云って置きたい。

    可哀相に笑顔も全く見せなくなったが、昔の笑顔は大変人々に親しみ
    も与えていた時代もあった。 本当にロボトミー化して気の毒だ。

  • >>No. 5070

    そう言えば私の先輩、台中豊原出身の先輩は大の
    巨人フアンでした。 残業中、私は書類作成中で
    したが、先輩はラジオ中継に夢中でした。

    巨人が勝った夜は残業後に日銀の近くの中華料理の
    店にシャッターが降りた時間でも電話して置いて
    遅い時間でしたが、一杯飲んで帰りました。

    このお店の店主も台中豊原の人で、NHKの料理番組
    で教えていた事もあったそうですヨ。
    楽しい人でした。 まだ元気でいらっしゃれば良いが
    ・・・。

  • >>No. 5068

    長井生様、こんにちは♪
    最近のTV番組は、この頃何となくつまらないと思う時が
    今頃なのでしょうか。
    幸い、今はWBCが楽しいです。 しかし、台湾は残念
    ながら厳しくなりましたネ。 お見舞い申し上げます。

    でも、事前の3試合は日本に勝ち越しています。 時の
    運に恵まれなかったのでしょう。

    もし、WBCが無ければ酒を飲んですぐ寝ているところです。
    興味半減かも知れませんが、是非日本チームを応援して
    下さい。♪

  • >>No. 5067

    man***** 様こんにちは。
    日本の武士道が読み取れる話ですね。♪

    駆逐艦「雷」の工藤館長が漂流中の多くの英海軍兵士
    全員を、しかも「雷」乗組員を上回る漂流兵士を救助
    した話、戦後も工藤艦長は家族にも一切話をしなかった。
    英国の生存者が亡き工藤艦長を訪ねて、初めて家族も
    知り得た話でした。

    太平洋戦争時のパラオでの一緒に共に戦いたいと願う島民達
    を侮辱的な言葉で一喝して船に乗せて島外へ送り出し、その時
    全日本兵が海岸に一斉に飛び出し、手を振り別れの歌を歌い
    送り出した。 島民たちはその時に初めて何故自分たちを一喝し
    船に乗せて送り出したのか、涙を流しながら日本兵たちの心を
    知った彼らも浜辺の日本兵と一緒になって歌った。

    私も多くのこれらの話を知っています。
    とても南京事件や慰安婦問題が信じられない原因の一つなのかも
    知れませんね。^_^;

  • >>No. 5064

    man***** 様、今晩は♪
    John F. Kennedy 大統領のキューバ海上封鎖実行と
    ソビエト連邦政府に決然と対決姿勢を示した大統領
    の姿勢には今にも戦争が起きるのではと思いました。

    私の高校時代でしたが、その日は先生とこの事件の
    話題で授業中止状態で討論会になってしまった事が
    思い出されます。 しっかりと記憶しています。

    当時の世界の2大強国の争い、世界大戦が起きるのか
    と困惑する意見が大勢を占めていました。
    幸い、フルシチョフ書記長が降りて、キューバへの
    ミサイル配備が阻止され、海上封鎖解除が決まった
    ニュースに安堵したものでした。♪

    この件は周囲が海でしたが、北は陸続きに「血の同胞」
    の日成、正一、消えかかっている正恩との友好国が控え
    ています。
    役に立たない国連決議ばかりで事は一切進まず、増々
    増長する北の姿を日本や世界は見るだけですね。

  • マレーシアは北の外交官を国外追放とした。
    北は反対で、マレーシア外交官の出国禁止措置。
    それを知ったマレーシア、今度は北と同じ措置に
    踏み切りました。

    北は人質を取った感じがします。
    マレーシアには同じ出国禁止までは出来ても、人質
    というやり方は出来まないでしょう。
    北と同じような人質感覚は無理な事はハッキリして
    いますが対抗すべきとの判断はしているのでしょう。

    無法者国家と同じ事をマレーシアがやれるはずもないが、
    北の更なるエスカレートにも対策が打ち出せるのでしょうか。

    世界にも稀な No Visa 往来まで認める甘い国際感覚を持った
    マレーシア政府にもたらされた結末は気の毒とばかりは言え
    ません。
    これから起きる事はマレーシアでは追随出来ないような
    非人道的な事柄を見る事になる気がします。

    日本も不法侵入された上でに多くの人々が拉致され、未だに
    解決の兆しは見えませんし、対抗措置も実質的にはほとんど
    何も出来ないと言える状態が続いているので参考にして
    欲しいと願います。

  • >ミサイル発射成功と報道=「在日米軍攻撃用」―北朝鮮
     時事通信 3/7(火) 6:59配信

    ☆我が日本が外交ルートを通じて北朝鮮へ早速抗議、遺憾の意を
     表明した菅官房長官の報道を見ました。
     思うに、今回もここまでは毎回の如しの日本の姿としか言いよう
     が有りません。

     私が感じた事は、北は南はいつでも吹き飛ばせるとのだとの印象
     を持っていると見ました。
     次に叩きたいのが米国であり、日本なのでしょうか。
     在日米軍攻撃用のミサイル発射実験は成功したと、あいも変わらず
     の表現です。 非常に挑発的である事は今回も同じですが、今回は
     在日米軍攻撃用として成功と口にしています。

     オバマ政権末期には北の空爆を検討していた話も最近の報道で眼に
     していますが、それほどにもはや手の打ちようがないことの表れだ
     と思います。 
     にも拘らず、我が日本政府の公表された発言はいつもの通りでした。

     私は、水面下で「これでは駄目だ!」と公表できない対応策を我が
     日本政府は練っていると思いたい気持ちです。
     勿論、百戦錬磨のマティス国防長官などと日本の制服組としっかりと
     北に対抗出来る対策が組み上がっていると思いたい。

     平和が遠くなる我が国を取り巻く環境なのだろうか・・・。

  • >>No. 5060

    man***** 様、こんばんは。
    「核心」へのご回答、有難うございます。♪

    1949年毛沢東率いる中華人民共和国の独立宣言の発信の
    頃でしょうか。 今の大陸の共産党国家の建国の年と解釈
    しています。

    China Destinationの本来の目的が、古来からの日本制覇の
    運命論とはショックも覚えます。^_^;
    鄧小平の資本主義的感覚は、彼の経済政策に日本はすっかり
    取り込まれた感覚は私にも有ります。 反省の意味も含めて
    ですが・・・。

    色々参考にさせて頂きます。 有難う御座います。♪

  • >>No. 5059

    長井生様、こんばんわ♪
    ご教示有難う御座います。

    なるほど「独大」も同じ意味合いとすれば、
    独人(一人)だけの思い込みが大きくなってしまう」
    そして「他への強要までと行き過ぎてしまう」という
    イメージなのでしょうか。
    異常な神格化は本来の人間性もいつしか失うという、
    自分を見失いやがては人の地獄へ向かってしまうと
    いう事でしょうか・・・。
    私は胸に手を当てて自分自身にも言い聞かせる事にします。
    有難う御座いました。♪ 
    今後ともよろしく。

  • 前回2月26日は距離が短かったが今回はしっかり1000キロだ
    そうだが、トンチャンリとやらから日本のEEZまで真東に飛翔
    して来たそうだ。
    これは、中国の反応がどうなのかと思った。
    今は、中国と北朝鮮の関係は以前とは違っている事も頭の片隅
    に置いている人は気になる筈だ。
    そんな中、地図を見ていて気付いた事ですが、この飛距離を真西
    に向けると北京がピッタシ照準に入ってるのです。

    今、北朝鮮は日本全土の何処へでも打ち込めるミサイルを確保して
    いると言われてきた。
    しかし、円を描いて見るとこれまでの飛距離には何度も北京までが
    入っていた事にも気付きます。

    何をしでかすか分からない刈り上げ坊ちゃまの事です。
    中国がこの距離に関心を持ち、かつ不安と警戒心を持ったとしても
    不思議ではない筈でしょう。

    イエイエ、私は決して煽っているわけでは有りませんが、ふとそんな
    思いで前回も地図を見たりしてたものですから・・・。(^_^;)

    韓国のTHAAD、台湾のTHAAD、そして北のミサイルそして今は防衛力
    増強に頑張る我が日本の姿など、いつしか中国が発狂しそうな状況も
    段々と深まって来つつ有るような気がしますね。

  • 今朝はまたまた北の正恩が日本海を汚しています。
    ミサイル4発中3発は我が国のEEZ圏内に着弾したとの事だが
    北朝鮮の北西部からなので、射程1千キロと報じられている。

    台湾もTHAAD配備計画があるようで、中国の反応は配備が
    あれば直ちに動くと台湾政府に宣言している。

    米国議会では日本の憲法改正に言及、日米安保で尖閣がその
    範疇に含まれるが、一方的に日本防衛の義務を負う事のない
    様に日本も憲法を改正すべきと議会提案の動きも出て来た。

    大きく変化しつつある米国、中国、日本の国防費、防衛費の
    増強や北の核ミサイルへの警戒などには、それぞれが言いたい
    放題の様相も露骨に見え始めた気がしている。

    日本の今の憲法は無理矢理にこじつけ解釈なので繕って来たが、
    最早限界に達しているのは明白である。
    であれば、安倍政権は日本国内世論喚起にもっと強い表現も
    国民に示すべきではないだろうか。

    近隣諸国の差し迫った状況を国民に認識して貰う為には、より
    一層の国民が判りやすい表現を示し、積極的になるべき時を
    迎えていると思う。

  • THAAD配備が有れば直ちに行動に移すとの言が
    飛び出しました。
    今後も厳しい表現は続くでしょう。
    表現だけで有って欲しいと願ってはおりますが・・・。

本文はここまでです このページの先頭へ