ここから本文です

投稿コメント一覧 (667コメント)

  • ★★★【ビジョン:理想・夢望・念志】を<大確信:必勝・必決・必現>に導く【神の愛=主イエス】!

    ■<信者の祈祷>(内村鑑三)
     わが祈祷が聞かるるのではない。
     神がわれをもって祈りたもう祈祷が聞かるるのである。
     信者にありて祈祷は祈願(ねがい)ではない。預言である。
     神が神に求めたもう祈祷であれば、必ず遂行せらるるべきものである。
     信者の祈祷は必ず聞かるというはこの事である。
     神がなさんと欲したもう事を、あらかじめ、
     われをして彼に求めしめたもう、その事が祈祷である。
     ゆえに言う、
     「われらは祈るべきところを知らず、
      されども聖霊みずから言いがたきの嘆き(熱心)をもて、
      われらのために祈る(ロマ書 8-26)」と。

    ●真の祈りはただの祈りではない、一種の預言である、
     すなわち必ず成就すべきことを前もって語に表現することである(内村鑑三)
    ●もうあなたは泣くことはない。あなたの叫び声に応じて、主は必ずあなたに恵み、
     それを聞かれるとすぐ、あなたに答えて下さる(イザヤ書30‐19)

    ★★★

    【神の愛=主イエス】への【神助道:神助精神:神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】で
    【信仰:信愛・信頼・信従】の【礼拝:★讃美★祈求★感謝】<相思相愛の主従関係>で結ばれると、
    <最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>として
    <大確信:必勝・必決・必現>【大希望:聖望!聖願!聖欲!】に導いてくれます!

    ●祈りの時、信じて求めるものは、みな与えられるであろう(マタイ伝21‐22)
    ●私たちが何事でも神の御旨に従って願い求めるならば、神はそれを聞き入れて下さる。
     私たちが願い求めることは、何でも聞き入れて下さるとわかれば、
     神に願い求めたことは既にかなえられたことを知るのである(ヨハネ第一書5‐14~15)
    ●何でも祈り求めることは既にかなえられたと信じなさい。
     そうすれば、そのとおりになるであろう
     (マルコ伝11‐24)
    ●求めよ、さらば与えられん。
     捜せよ、さらば見出さん。
     叩けよ門を、さらば開かれん(マタイ伝7‐7、ルカ伝11‐9)
    ●求めよさらば与えられん、そしてあなた方の喜びが満ち溢れるであろう
    (ヨハネ伝16-24)
    ●我らは信仰の行為によってのみ聖霊の獲得を確実にすることができる。
    (聖書)研究によって霊欲を起こし、祈祷によってこれを呼び求め、
     実行によってこれを獲得するのである。
     実行はまことに最も有力なる祈祷である(内村鑑三)
    ●近代人が運動に頼るに対して、クリスチャンは祈祷に頼る(内村鑑三)
    ●絶えず祈るべし、祈祷をもって生命となすべし(内村鑑三)
    ●仕事は、すなわち祈祷(礼拝)なり(内村鑑三)
    ●理想を語るは夢を語るにあらず、未来の事実を語るなり(内村鑑三)
    ●聖書は祈りの歴史であり、祈りが答えられた記録(賀川豊彦)
    ●わが祈祷が聴かれないと言う時に、祈祷以上が聴かるるのである。
     祈祷が聴かれないのではない。
     我等が祈求むるところ、
     思惟うところよりもいたく過(マサ)りて聴かるるのである(内村鑑三)
    ●達成への4つのステップ:目的を持って計画する、祈るように準備する、
     前向きに実行する、執念深く追求する(ウィリアム・アーサー・ワード)
    ●心からの祈りによって、成し遂げられないものは、この世には無い(ガンジー)
    ●真心からの感謝を神にささげよ。あなたの誓いをいと高き方に果たせ。
     苦難の日には私を呼び求めよ。私はあなたを助け出そう。
     あなたは私をあがめ、私の栄光を輝かすであろう
    (詩篇50-15)<ロビンソン・クルーソー救霊の聖句>
    ●私はあなた方を思うたびごとに、私の神に感謝し、
     あなた方一同のために祈るとき、いつも喜びをもって祈り、
     あなた方が最初の日から今日に至るまで、
     福音を広めることにあずかって来たことに感謝している。
     そして、あなた方のうちに善い業を始められた方が、
     キリスト・イエスの日までに、その業を完成して下さるにちがいないと、確信している。
     (ピリピ書1-3~6)

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

  • ★★【ビジョン:理想・夢望・念志】を<大確信:必勝・必決・必現>に導く【神の愛=主イエス】!

    ■<信者の祈祷>(内村鑑三)
     わが祈祷が聞かるるのではない。
     神がわれをもって祈りたもう祈祷が聞かるるのである。
     信者にありて祈祷は祈願(ねがい)ではない。預言である。
     神が神に求めたもう祈祷であれば、必ず遂行せらるるべきものである。
     信者の祈祷は必ず聞かるというはこの事である。
     神がなさんと欲したもう事を、あらかじめ、
     われをして彼に求めしめたもう、その事が祈祷である。
     ゆえに言う、
     「われらは祈るべきところを知らず、
      されども聖霊みずから言いがたきの嘆き(熱心)をもて、
      われらのために祈る(ロマ書 8-26)」と。

    ●真の祈りはただの祈りではない、一種の預言である、
     すなわち必ず成就すべきことを前もって語に表現することである(内村鑑三)
    ●もうあなたは泣くことはない。あなたの叫び声に応じて、主は必ずあなたに恵み、
     それを聞かれるとすぐ、あなたに答えて下さる(イザヤ書30‐19)

    ★★★

    【神の愛=主イエス】への【神助道:神助精神:神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】で
    【信仰:信愛・信頼・信従】の【礼拝:★讃美★祈求★感謝】<相思相愛の主従関係>で結ばれると、
    <最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>として
    <大確信:必勝・必決・必現>【大希望:聖望!聖願!聖欲!】に導いてくれます!

    ●祈りの時、信じて求めるものは、みな与えられるであろう(マタイ伝21‐22)
    ●私たちが何事でも神の御旨に従って願い求めるならば、神はそれを聞き入れて下さる。
     私たちが願い求めることは、何でも聞き入れて下さるとわかれば、
     神に願い求めたことは既にかなえられたことを知るのである(ヨハネ第一書5‐14~15)
    ●何でも祈り求めることは既にかなえられたと信じなさい。
     そうすれば、そのとおりになるであろう
     (マルコ伝11‐24)
    ●求めよ、さらば与えられん。
     捜せよ、さらば見出さん。
     叩けよ門を、さらば開かれん(マタイ伝7‐7、ルカ伝11‐9)
    ●求めよさらば与えられん、そしてあなた方の喜びが満ち溢れるであろう
    (ヨハネ伝16-24)
    ●我らは信仰の行為によってのみ聖霊の獲得を確実にすることができる。
    (聖書)研究によって霊欲を起こし、祈祷によってこれを呼び求め、
     実行によってこれを獲得するのである。
     実行はまことに最も有力なる祈祷である(内村鑑三)
    ●近代人が運動に頼るに対して、クリスチャンは祈祷に頼る(内村鑑三)
    ●絶えず祈るべし、祈祷をもって生命となすべし(内村鑑三)
    ●仕事は、すなわち祈祷(礼拝)なり(内村鑑三)
    ●理想を語るは夢を語るにあらず、未来の事実を語るなり(内村鑑三)
    ●聖書は祈りの歴史であり、祈りが答えられた記録(賀川豊彦)
    ●わが祈祷が聴かれないと言う時に、祈祷以上が聴かるるのである。
     祈祷が聴かれないのではない。
     我等が祈求むるところ、
     思惟うところよりもいたく過(マサ)りて聴かるるのである(内村鑑三)
    ●達成への4つのステップ:目的を持って計画する、祈るように準備する、
     前向きに実行する、執念深く追求する(ウィリアム・アーサー・ワード)
    ●心からの祈りによって、成し遂げられないものは、この世には無い(ガンジー)
    ●真心からの感謝を神にささげよ。あなたの誓いをいと高き方に果たせ。
     苦難の日には私を呼び求めよ。私はあなたを助け出そう。
     あなたは私をあがめ、私の栄光を輝かすであろう
    (詩篇50-15)<ロビンソン・クルーソー救霊の聖句>
    ●私はあなた方を思うたびごとに、私の神に感謝し、
     あなた方一同のために祈るとき、いつも喜びをもって祈り、
     あなた方が最初の日から今日に至るまで、
     福音を広めることにあずかって来たことに感謝している。
     そして、あなた方のうちに善い業を始められた方が、
     キリスト・イエスの日までに、その業を完成して下さるにちがいないと、確信している。
     (ピリピ書1-3~6)

    ■■■

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

  • ◆◆◆【ビジョン:理想・夢望・念志】を<大確信:必勝・必決・必現>に導く【神の愛=主イエス】!

    ■<信者の祈祷>(内村鑑三)
     わが祈祷が聞かるるのではない。
     神がわれをもって祈りたもう祈祷が聞かるるのである。
     信者にありて祈祷は祈願(ねがい)ではない。預言である。
     神が神に求めたもう祈祷であれば、必ず遂行せらるるべきものである。
     信者の祈祷は必ず聞かるというはこの事である。
     神がなさんと欲したもう事を、あらかじめ、
     われをして彼に求めしめたもう、その事が祈祷である。
     ゆえに言う、
     「われらは祈るべきところを知らず、
      されども聖霊みずから言いがたきの嘆き(熱心)をもて、
      われらのために祈る(ロマ書 8-26)」と。

    ●真の祈りはただの祈りではない、一種の預言である、
     すなわち必ず成就すべきことを前もって語に表現することである(内村鑑三)
    ●もうあなたは泣くことはない。あなたの叫び声に応じて、主は必ずあなたに恵み、
     それを聞かれるとすぐ、あなたに答えて下さる(イザヤ書30‐19)

    ★★★

    【神の愛=主イエス】への【神助道:神助精神:神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】で
    【信仰:信愛・信頼・信従】の【礼拝:★讃美★祈求★感謝】<相思相愛の主従関係>で結ばれると、
    <最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>として
    <大確信:必勝・必決・必現>【大希望:聖望!聖願!聖欲!】に導いてくれます!

    ●祈りの時、信じて求めるものは、みな与えられるであろう(マタイ伝21‐22)
    ●私たちが何事でも神の御旨に従って願い求めるならば、神はそれを聞き入れて下さる。
     私たちが願い求めることは、何でも聞き入れて下さるとわかれば、
     神に願い求めたことは既にかなえられたことを知るのである(ヨハネ第一書5‐14~15)
    ●何でも祈り求めることは既にかなえられたと信じなさい。
     そうすれば、そのとおりになるであろう
     (マルコ伝11‐24)
    ●求めよ、さらば与えられん。
     捜せよ、さらば見出さん。
     叩けよ門を、さらば開かれん(マタイ伝7‐7、ルカ伝11‐9)
    ●求めよさらば与えられん、そしてあなた方の喜びが満ち溢れるであろう
    (ヨハネ伝16-24)
    ●我らは信仰の行為によってのみ聖霊の獲得を確実にすることができる。
    (聖書)研究によって霊欲を起こし、祈祷によってこれを呼び求め、
     実行によってこれを獲得するのである。
     実行はまことに最も有力なる祈祷である(内村鑑三)
    ●近代人が運動に頼るに対して、クリスチャンは祈祷に頼る(内村鑑三)
    ●絶えず祈るべし、祈祷をもって生命となすべし(内村鑑三)
    ●仕事は、すなわち祈祷(礼拝)なり(内村鑑三)
    ●理想を語るは夢を語るにあらず、未来の事実を語るなり(内村鑑三)
    ●聖書は祈りの歴史であり、祈りが答えられた記録(賀川豊彦)
    ●わが祈祷が聴かれないと言う時に、祈祷以上が聴かるるのである。
     祈祷が聴かれないのではない。
     我等が祈求むるところ、
     思惟うところよりもいたく過(マサ)りて聴かるるのである(内村鑑三)
    ●達成への4つのステップ:目的を持って計画する、祈るように準備する、
     前向きに実行する、執念深く追求する(ウィリアム・アーサー・ワード)
    ●心からの祈りによって、成し遂げられないものは、この世には無い(ガンジー)
    ●真心からの感謝を神にささげよ。あなたの誓いをいと高き方に果たせ。
     苦難の日には私を呼び求めよ。私はあなたを助け出そう。
     あなたは私をあがめ、私の栄光を輝かすであろう
    (詩篇50-15)<ロビンソン・クルーソー救霊の聖句>
    ●私はあなた方を思うたびごとに、私の神に感謝し、
     あなた方一同のために祈るとき、いつも喜びをもって祈り、
     あなた方が最初の日から今日に至るまで、
     福音を広めることにあずかって来たことに感謝している。
     そして、あなた方のうちに善い業を始められた方が、
     キリスト・イエスの日までに、その業を完成して下さるにちがいないと、確信している。
     (ピリピ書1-3~6)

    ◆◆◆

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

  • ◆◆【ビジョン:理想・夢望・念志】を<大確信:必勝・必決・必現>に導く【神の愛=主イエス】!

    ■<信者の祈祷>(内村鑑三)
     わが祈祷が聞かるるのではない。
     神がわれをもって祈りたもう祈祷が聞かるるのである。
     信者にありて祈祷は祈願(ねがい)ではない。預言である。
     神が神に求めたもう祈祷であれば、必ず遂行せらるるべきものである。
     信者の祈祷は必ず聞かるというはこの事である。
     神がなさんと欲したもう事を、あらかじめ、
     われをして彼に求めしめたもう、その事が祈祷である。
     ゆえに言う、
     「われらは祈るべきところを知らず、
      されども聖霊みずから言いがたきの嘆き(熱心)をもて、
      われらのために祈る(ロマ書 8-26)」と。

    ●真の祈りはただの祈りではない、一種の預言である、
     すなわち必ず成就すべきことを前もって語に表現することである(内村鑑三)
    ●もうあなたは泣くことはない。あなたの叫び声に応じて、主は必ずあなたに恵み、
     それを聞かれるとすぐ、あなたに答えて下さる(イザヤ書30‐19)

    ★★★

    【神の愛=主イエス】への【神助道:神助精神:神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】で
    【信仰:信愛・信頼・信従】の【礼拝:★讃美★祈求★感謝】<相思相愛の主従関係>で結ばれると、
    <最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>として
    <大確信:必勝・必決・必現>【大希望:聖望!聖願!聖欲!】に導いてくれます!

    ●祈りの時、信じて求めるものは、みな与えられるであろう(マタイ伝21‐22)
    ●私たちが何事でも神の御旨に従って願い求めるならば、神はそれを聞き入れて下さる。
     私たちが願い求めることは、何でも聞き入れて下さるとわかれば、
     神に願い求めたことは既にかなえられたことを知るのである(ヨハネ第一書5‐14~15)
    ●何でも祈り求めることは既にかなえられたと信じなさい。
     そうすれば、そのとおりになるであろう
     (マルコ伝11‐24)
    ●求めよ、さらば与えられん。
     捜せよ、さらば見出さん。
     叩けよ門を、さらば開かれん(マタイ伝7‐7、ルカ伝11‐9)
    ●求めよさらば与えられん、そしてあなた方の喜びが満ち溢れるであろう
    (ヨハネ伝16-24)
    ●我らは信仰の行為によってのみ聖霊の獲得を確実にすることができる。
    (聖書)研究によって霊欲を起こし、祈祷によってこれを呼び求め、
     実行によってこれを獲得するのである。
     実行はまことに最も有力なる祈祷である(内村鑑三)
    ●近代人が運動に頼るに対して、クリスチャンは祈祷に頼る(内村鑑三)
    ●絶えず祈るべし、祈祷をもって生命となすべし(内村鑑三)
    ●仕事は、すなわち祈祷(礼拝)なり(内村鑑三)
    ●理想を語るは夢を語るにあらず、未来の事実を語るなり(内村鑑三)
    ●聖書は祈りの歴史であり、祈りが答えられた記録(賀川豊彦)
    ●わが祈祷が聴かれないと言う時に、祈祷以上が聴かるるのである。
     祈祷が聴かれないのではない。
     我等が祈求むるところ、
     思惟うところよりもいたく過(マサ)りて聴かるるのである(内村鑑三)
    ●達成への4つのステップ:目的を持って計画する、祈るように準備する、
     前向きに実行する、執念深く追求する(ウィリアム・アーサー・ワード)
    ●心からの祈りによって、成し遂げられないものは、この世には無い(ガンジー)
    ●真心からの感謝を神にささげよ。あなたの誓いをいと高き方に果たせ。
     苦難の日には私を呼び求めよ。私はあなたを助け出そう。
     あなたは私をあがめ、私の栄光を輝かすであろう
    (詩篇50-15)<ロビンソン・クルーソー救霊の聖句>
    ●私はあなた方を思うたびごとに、私の神に感謝し、
     あなた方一同のために祈るとき、いつも喜びをもって祈り、
     あなた方が最初の日から今日に至るまで、
     福音を広めることにあずかって来たことに感謝している。
     そして、あなた方のうちに善い業を始められた方が、
     キリスト・イエスの日までに、その業を完成して下さるにちがいないと、確信している。
     (ピリピ書1-3~6)

    ★★★★

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

  • ■■■【ビジョン:理想・夢望・念志】を<大確信:必勝・必決・必現>に導く【神の愛=主イエス】!

    ■<信者の祈祷>(内村鑑三)
     わが祈祷が聞かるるのではない。
     神がわれをもって祈りたもう祈祷が聞かるるのである。
     信者にありて祈祷は祈願(ねがい)ではない。預言である。
     神が神に求めたもう祈祷であれば、必ず遂行せらるるべきものである。
     信者の祈祷は必ず聞かるというはこの事である。
     神がなさんと欲したもう事を、あらかじめ、
     われをして彼に求めしめたもう、その事が祈祷である。
     ゆえに言う、
     「われらは祈るべきところを知らず、
      されども聖霊みずから言いがたきの嘆き(熱心)をもて、
      われらのために祈る(ロマ書 8-26)」と。

    ●真の祈りはただの祈りではない、一種の預言である、
     すなわち必ず成就すべきことを前もって語に表現することである(内村鑑三)
    ●もうあなたは泣くことはない。あなたの叫び声に応じて、主は必ずあなたに恵み、
     それを聞かれるとすぐ、あなたに答えて下さる(イザヤ書30‐19)

    ★★★

    【神の愛=主イエス】への【神助道:神助精神:神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】で
    【信仰:信愛・信頼・信従】の【礼拝:★讃美★祈求★感謝】<相思相愛の主従関係>で結ばれると、
    <最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>として
    <大確信:必勝・必決・必現>【大希望:聖望!聖願!聖欲!】に導いてくれます!

    ●祈りの時、信じて求めるものは、みな与えられるであろう(マタイ伝21‐22)
    ●私たちが何事でも神の御旨に従って願い求めるならば、神はそれを聞き入れて下さる。
     私たちが願い求めることは、何でも聞き入れて下さるとわかれば、
     神に願い求めたことは既にかなえられたことを知るのである(ヨハネ第一書5‐14~15)
    ●何でも祈り求めることは既にかなえられたと信じなさい。
     そうすれば、そのとおりになるであろう
     (マルコ伝11‐24)
    ●求めよ、さらば与えられん。
     捜せよ、さらば見出さん。
     叩けよ門を、さらば開かれん(マタイ伝7‐7、ルカ伝11‐9)
    ●求めよさらば与えられん、そしてあなた方の喜びが満ち溢れるであろう
    (ヨハネ伝16-24)
    ●我らは信仰の行為によってのみ聖霊の獲得を確実にすることができる。
    (聖書)研究によって霊欲を起こし、祈祷によってこれを呼び求め、
     実行によってこれを獲得するのである。
     実行はまことに最も有力なる祈祷である(内村鑑三)
    ●近代人が運動に頼るに対して、クリスチャンは祈祷に頼る(内村鑑三)
    ●絶えず祈るべし、祈祷をもって生命となすべし(内村鑑三)
    ●仕事は、すなわち祈祷(礼拝)なり(内村鑑三)
    ●理想を語るは夢を語るにあらず、未来の事実を語るなり(内村鑑三)
    ●聖書は祈りの歴史であり、祈りが答えられた記録(賀川豊彦)
    ●わが祈祷が聴かれないと言う時に、祈祷以上が聴かるるのである。
     祈祷が聴かれないのではない。
     我等が祈求むるところ、
     思惟うところよりもいたく過(マサ)りて聴かるるのである(内村鑑三)
    ●達成への4つのステップ:目的を持って計画する、祈るように準備する、
     前向きに実行する、執念深く追求する(ウィリアム・アーサー・ワード)
    ●心からの祈りによって、成し遂げられないものは、この世には無い(ガンジー)
    ●真心からの感謝を神にささげよ。あなたの誓いをいと高き方に果たせ。
     苦難の日には私を呼び求めよ。私はあなたを助け出そう。
     あなたは私をあがめ、私の栄光を輝かすであろう
    (詩篇50-15)<ロビンソン・クルーソー救霊の聖句>
    ●私はあなた方を思うたびごとに、私の神に感謝し、
     あなた方一同のために祈るとき、いつも喜びをもって祈り、
     あなた方が最初の日から今日に至るまで、
     福音を広めることにあずかって来たことに感謝している。
     そして、あなた方のうちに善い業を始められた方が、
     キリスト・イエスの日までに、その業を完成して下さるにちがいないと、確信している。
     (ピリピ書1-3~6)

    ★★★

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

  • 【ビジョン:理想・夢望・念志】を<大確信:必勝・必決・必現>に導く【神の愛=主イエス】!

    ■<信者の祈祷>(内村鑑三)
     わが祈祷が聞かるるのではない。
     神がわれをもって祈りたもう祈祷が聞かるるのである。
     信者にありて祈祷は祈願(ねがい)ではない。預言である。
     神が神に求めたもう祈祷であれば、必ず遂行せらるるべきものである。
     信者の祈祷は必ず聞かるというはこの事である。
     神がなさんと欲したもう事を、あらかじめ、
     われをして彼に求めしめたもう、その事が祈祷である。
     ゆえに言う、
     「われらは祈るべきところを知らず、
      されども聖霊みずから言いがたきの嘆き(熱心)をもて、
      われらのために祈る(ロマ書 8-26)」と。

    ●真の祈りはただの祈りではない、一種の預言である、
     すなわち必ず成就すべきことを前もって語に表現することである(内村鑑三)
    ●もうあなたは泣くことはない。あなたの叫び声に応じて、主は必ずあなたに恵み、
     それを聞かれるとすぐ、あなたに答えて下さる(イザヤ書30‐19)

    ★★★

    【神の愛=主イエス】への【神助道:神助精神:神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】で
    【信仰:信愛・信頼・信従】の【礼拝:★讃美★祈求★感謝】<相思相愛の主従関係>で結ばれると、
    <最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>として
    <大確信:必勝・必決・必現>【大希望:聖望!聖願!聖欲!】に導いてくれます!

    ●祈りの時、信じて求めるものは、みな与えられるであろう(マタイ伝21‐22)
    ●私たちが何事でも神の御旨に従って願い求めるならば、神はそれを聞き入れて下さる。
     私たちが願い求めることは、何でも聞き入れて下さるとわかれば、
     神に願い求めたことは既にかなえられたことを知るのである(ヨハネ第一書5‐14~15)
    ●何でも祈り求めることは既にかなえられたと信じなさい。
     そうすれば、そのとおりになるであろう
     (マルコ伝11‐24)
    ●求めよ、さらば与えられん。
     捜せよ、さらば見出さん。
     叩けよ門を、さらば開かれん(マタイ伝7‐7、ルカ伝11‐9)
    ●求めよさらば与えられん、そしてあなた方の喜びが満ち溢れるであろう
    (ヨハネ伝16-24)
    ●我らは信仰の行為によってのみ聖霊の獲得を確実にすることができる。
    (聖書)研究によって霊欲を起こし、祈祷によってこれを呼び求め、
     実行によってこれを獲得するのである。
     実行はまことに最も有力なる祈祷である(内村鑑三)
    ●近代人が運動に頼るに対して、クリスチャンは祈祷に頼る(内村鑑三)
    ●絶えず祈るべし、祈祷をもって生命となすべし(内村鑑三)
    ●仕事は、すなわち祈祷(礼拝)なり(内村鑑三)
    ●理想を語るは夢を語るにあらず、未来の事実を語るなり(内村鑑三)
    ●聖書は祈りの歴史であり、祈りが答えられた記録(賀川豊彦)
    ●わが祈祷が聴かれないと言う時に、祈祷以上が聴かるるのである。
     祈祷が聴かれないのではない。
     我等が祈求むるところ、
     思惟うところよりもいたく過(マサ)りて聴かるるのである(内村鑑三)
    ●達成への4つのステップ:目的を持って計画する、祈るように準備する、
     前向きに実行する、執念深く追求する(ウィリアム・アーサー・ワード)
    ●心からの祈りによって、成し遂げられないものは、この世には無い(ガンジー)
    ●真心からの感謝を神にささげよ。あなたの誓いをいと高き方に果たせ。
     苦難の日には私を呼び求めよ。私はあなたを助け出そう。
     あなたは私をあがめ、私の栄光を輝かすであろう
    (詩篇50-15)<ロビンソン・クルーソー救霊の聖句>
    ●私はあなた方を思うたびごとに、私の神に感謝し、
     あなた方一同のために祈るとき、いつも喜びをもって祈り、
     あなた方が最初の日から今日に至るまで、
     福音を広めることにあずかって来たことに感謝している。
     そして、あなた方のうちに善い業を始められた方が、
     キリスト・イエスの日までに、その業を完成して下さるにちがいないと、確信している。
     (ピリピ書1-3~6)

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

  • ◇◇◇<最悪>で<最善>に導く【神の愛=主イエス】!

    ■<一日一生:12月5日>(内村鑑三)

    ●わたしたちは四方から患難を受けても 窮しない。
     途方にくれても 行き詰まらない。
     迫害に会っても 見捨てられない。
     倒されても 滅びない。
     いつもイエスの死をこの身に負うている。
     それはまたイエスのいのちが、この身に現れるためである。
     わたしたち生きている者はイエスのために絶えず死に渡されているのである。
     それはイエスのいのちが、わたしたちの死ぬべき肉体に現れるためである
    (コリント後書4-8~11)

     恐るべかざるものの第一は失敗である。
     失敗は、方針を転ぜよとの神の命令である。
     われらは失敗を重ねて、神の定めたまいしわが天職につくのである。
     恐るべかざるものの第二は患難である。
     患難は、われらを神のふところに追いやるための彼のむちである。
     われらは患難に会うて、
     神のわれらのために設けたまいし
     休息(いこい)の牧場(まきば)入るのである。
     恐るべかざるものの第三は死である。
     死は、聖められし霊魂の純金を、
     肉の汚物より分離するための最後の手術である。
     われらは死を経過して、
     神の、聖者のために備えたまいにし
     光栄(みさかえ)の聖国(みくに)に行くのである。

    ★★★

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

    ●<患難の解釈>(内村鑑三)
     患難はこれを消極的に解すべからず、積極的に解すべし。
     これを神の刑罰として解すべからず、神の恩恵として解すべし。
     神の憤怒の表彰として解すべからず、その自愛の示顕として解すべし。
     恩恵はすべて身の患難にして、麗の幸福なり。
     麗の幸福と解してすべての患難は患難たらざるにいたる。
    ●すべてのことは、あなたがたの益であって、
     恵みがますます多くの人に増し加わるにつれ、
     感謝が満ちあふれて、神の栄光となるのである。
     だから、私たちは落胆しない。
     たとい私たちの外なる人は滅びても、
      内なる人は日々新たにされていく。
     なぜなら、このしばらくの軽い患難は私たちの内に働いて、
     永遠の重い栄光を、あふれるばかりに私たちに得させるからである
     (コリント後書4-15~17)
    ●あなたは私を多くの苦しみと悩みとに、
     会わせなさいましたが、
     私を再び生き返らせ、地の深みから、
     再び私を引き上げてくださいます(詩篇71-20)


    ◇◇◇

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

  • ★★<最悪>で<最善>に導く【神の愛=主イエス】!

    ■<一日一生:12月5日>(内村鑑三)

    ●わたしたちは四方から患難を受けても 窮しない。
     途方にくれても 行き詰まらない。
     迫害に会っても 見捨てられない。
     倒されても 滅びない。
     いつもイエスの死をこの身に負うている。
     それはまたイエスのいのちが、この身に現れるためである。
     わたしたち生きている者はイエスのために絶えず死に渡されているのである。
     それはイエスのいのちが、わたしたちの死ぬべき肉体に現れるためである
    (コリント後書4-8~11)

     恐るべかざるものの第一は失敗である。
     失敗は、方針を転ぜよとの神の命令である。
     われらは失敗を重ねて、神の定めたまいしわが天職につくのである。
     恐るべかざるものの第二は患難である。
     患難は、われらを神のふところに追いやるための彼のむちである。
     われらは患難に会うて、
     神のわれらのために設けたまいし
     休息(いこい)の牧場(まきば)入るのである。
     恐るべかざるものの第三は死である。
     死は、聖められし霊魂の純金を、
     肉の汚物より分離するための最後の手術である。
     われらは死を経過して、
     神の、聖者のために備えたまいにし
     光栄(みさかえ)の聖国(みくに)に行くのである。

    ★★★

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

    ●<患難の解釈>(内村鑑三)
     患難はこれを消極的に解すべからず、積極的に解すべし。
     これを神の刑罰として解すべからず、神の恩恵として解すべし。
     神の憤怒の表彰として解すべからず、その自愛の示顕として解すべし。
     恩恵はすべて身の患難にして、麗の幸福なり。
     麗の幸福と解してすべての患難は患難たらざるにいたる。
    ●すべてのことは、あなたがたの益であって、
     恵みがますます多くの人に増し加わるにつれ、
     感謝が満ちあふれて、神の栄光となるのである。
     だから、私たちは落胆しない。
     たとい私たちの外なる人は滅びても、
      内なる人は日々新たにされていく。
     なぜなら、このしばらくの軽い患難は私たちの内に働いて、
     永遠の重い栄光を、あふれるばかりに私たちに得させるからである
     (コリント後書4-15~17)
    ●あなたは私を多くの苦しみと悩みとに、
     会わせなさいましたが、
     私を再び生き返らせ、地の深みから、
     再び私を引き上げてくださいます(詩篇71-20)

    ■■■

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

  • ■■<最悪>で<最善>に導く【神の愛=主イエス】!

    ■<一日一生:12月5日>(内村鑑三)

    ●わたしたちは四方から患難を受けても 窮しない。
     途方にくれても 行き詰まらない。
     迫害に会っても 見捨てられない。
     倒されても 滅びない。
     いつもイエスの死をこの身に負うている。
     それはまたイエスのいのちが、この身に現れるためである。
     わたしたち生きている者はイエスのために絶えず死に渡されているのである。
     それはイエスのいのちが、わたしたちの死ぬべき肉体に現れるためである
    (コリント後書4-8~11)

     恐るべかざるものの第一は失敗である。
     失敗は、方針を転ぜよとの神の命令である。
     われらは失敗を重ねて、神の定めたまいしわが天職につくのである。
     恐るべかざるものの第二は患難である。
     患難は、われらを神のふところに追いやるための彼のむちである。
     われらは患難に会うて、
     神のわれらのために設けたまいし
     休息(いこい)の牧場(まきば)入るのである。
     恐るべかざるものの第三は死である。
     死は、聖められし霊魂の純金を、
     肉の汚物より分離するための最後の手術である。
     われらは死を経過して、
     神の、聖者のために備えたまいにし
     光栄(みさかえ)の聖国(みくに)に行くのである。

    ★★★

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

    ●<患難の解釈>(内村鑑三)
     患難はこれを消極的に解すべからず、積極的に解すべし。
     これを神の刑罰として解すべからず、神の恩恵として解すべし。
     神の憤怒の表彰として解すべからず、その自愛の示顕として解すべし。
     恩恵はすべて身の患難にして、麗の幸福なり。
     麗の幸福と解してすべての患難は患難たらざるにいたる。
    ●すべてのことは、あなたがたの益であって、
     恵みがますます多くの人に増し加わるにつれ、
     感謝が満ちあふれて、神の栄光となるのである。
     だから、私たちは落胆しない。
     たとい私たちの外なる人は滅びても、
      内なる人は日々新たにされていく。
     なぜなら、このしばらくの軽い患難は私たちの内に働いて、
     永遠の重い栄光を、あふれるばかりに私たちに得させるからである
     (コリント後書4-15~17)
    ●あなたは私を多くの苦しみと悩みとに、
     会わせなさいましたが、
     私を再び生き返らせ、地の深みから、
     再び私を引き上げてくださいます(詩篇71-20)


    ■■■

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

  • ★★<最悪>で<最善>に導く【神の愛=主イエス】!

    ■<一日一生:12月5日>(内村鑑三)

    ●わたしたちは四方から患難を受けても 窮しない。
     途方にくれても 行き詰まらない。
     迫害に会っても 見捨てられない。
     倒されても 滅びない。
     いつもイエスの死をこの身に負うている。
     それはまたイエスのいのちが、この身に現れるためである。
     わたしたち生きている者はイエスのために絶えず死に渡されているのである。
     それはイエスのいのちが、わたしたちの死ぬべき肉体に現れるためである
    (コリント後書4-8~11)

     恐るべかざるものの第一は失敗である。
     失敗は、方針を転ぜよとの神の命令である。
     われらは失敗を重ねて、神の定めたまいしわが天職につくのである。
     恐るべかざるものの第二は患難である。
     患難は、われらを神のふところに追いやるための彼のむちである。
     われらは患難に会うて、
     神のわれらのために設けたまいし
     休息(いこい)の牧場(まきば)入るのである。
     恐るべかざるものの第三は死である。
     死は、聖められし霊魂の純金を、
     肉の汚物より分離するための最後の手術である。
     われらは死を経過して、
     神の、聖者のために備えたまいにし
     光栄(みさかえ)の聖国(みくに)に行くのである。

    ★★★

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

    ●<患難の解釈>(内村鑑三)
     患難はこれを消極的に解すべからず、積極的に解すべし。
     これを神の刑罰として解すべからず、神の恩恵として解すべし。
     神の憤怒の表彰として解すべからず、その自愛の示顕として解すべし。
     恩恵はすべて身の患難にして、麗の幸福なり。
     麗の幸福と解してすべての患難は患難たらざるにいたる。
    ●すべてのことは、あなたがたの益であって、
     恵みがますます多くの人に増し加わるにつれ、
     感謝が満ちあふれて、神の栄光となるのである。
     だから、私たちは落胆しない。
     たとい私たちの外なる人は滅びても、
      内なる人は日々新たにされていく。
     なぜなら、このしばらくの軽い患難は私たちの内に働いて、
     永遠の重い栄光を、あふれるばかりに私たちに得させるからである
     (コリント後書4-15~17)
    ●あなたは私を多くの苦しみと悩みとに、
     会わせなさいましたが、
     私を再び生き返らせ、地の深みから、
     再び私を引き上げてくださいます(詩篇71-20)

    ■■■

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

  • ■<最悪>で<最善>に導く【神の愛=主イエス】!

    ■<一日一生:12月5日>(内村鑑三)

    ●わたしたちは四方から患難を受けても 窮しない。
     途方にくれても 行き詰まらない。
     迫害に会っても 見捨てられない。
     倒されても 滅びない。
     いつもイエスの死をこの身に負うている。
     それはまたイエスのいのちが、この身に現れるためである。
     わたしたち生きている者はイエスのために絶えず死に渡されているのである。
     それはイエスのいのちが、わたしたちの死ぬべき肉体に現れるためである
    (コリント後書4-8~11)

     恐るべかざるものの第一は失敗である。
     失敗は、方針を転ぜよとの神の命令である。
     われらは失敗を重ねて、神の定めたまいしわが天職につくのである。
     恐るべかざるものの第二は患難である。
     患難は、われらを神のふところに追いやるための彼のむちである。
     われらは患難に会うて、
     神のわれらのために設けたまいし
     休息(いこい)の牧場(まきば)入るのである。
     恐るべかざるものの第三は死である。
     死は、聖められし霊魂の純金を、
     肉の汚物より分離するための最後の手術である。
     われらは死を経過して、
     神の、聖者のために備えたまいにし
     光栄(みさかえ)の聖国(みくに)に行くのである。

    ★★★

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

    ●<患難の解釈>(内村鑑三)
     患難はこれを消極的に解すべからず、積極的に解すべし。
     これを神の刑罰として解すべからず、神の恩恵として解すべし。
     神の憤怒の表彰として解すべからず、その自愛の示顕として解すべし。
     恩恵はすべて身の患難にして、麗の幸福なり。
     麗の幸福と解してすべての患難は患難たらざるにいたる。
    ●すべてのことは、あなたがたの益であって、
     恵みがますます多くの人に増し加わるにつれ、
     感謝が満ちあふれて、神の栄光となるのである。
     だから、私たちは落胆しない。
     たとい私たちの外なる人は滅びても、
      内なる人は日々新たにされていく。
     なぜなら、このしばらくの軽い患難は私たちの内に働いて、
     永遠の重い栄光を、あふれるばかりに私たちに得させるからである
     (コリント後書4-15~17)
    ●あなたは私を多くの苦しみと悩みとに、
     会わせなさいましたが、
     私を再び生き返らせ、地の深みから、
     再び私を引き上げてくださいます(詩篇71-20)

    ★★★

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

  • <最悪>で<最善>に導く【神の愛=主イエス】!

    ■<一日一生:12月5日>(内村鑑三)

    ●わたしたちは四方から患難を受けても 窮しない。
     途方にくれても 行き詰まらない。
     迫害に会っても 見捨てられない。
     倒されても 滅びない。
     いつもイエスの死をこの身に負うている。
     それはまたイエスのいのちが、この身に現れるためである。
     わたしたち生きている者はイエスのために絶えず死に渡されているのである。
     それはイエスのいのちが、わたしたちの死ぬべき肉体に現れるためである
    (コリント後書4-8~11)

     恐るべかざるものの第一は失敗である。
     失敗は、方針を転ぜよとの神の命令である。
     われらは失敗を重ねて、神の定めたまいしわが天職につくのである。
     恐るべかざるものの第二は患難である。
     患難は、われらを神のふところに追いやるための彼のむちである。
     われらは患難に会うて、
     神のわれらのために設けたまいし
     休息(いこい)の牧場(まきば)入るのである。
     恐るべかざるものの第三は死である。
     死は、聖められし霊魂の純金を、
     肉の汚物より分離するための最後の手術である。
     われらは死を経過して、
     神の、聖者のために備えたまいにし
     光栄(みさかえ)の聖国(みくに)に行くのである。

    ★★★

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

    ●<患難の解釈>(内村鑑三)
     患難はこれを消極的に解すべからず、積極的に解すべし。
     これを神の刑罰として解すべからず、神の恩恵として解すべし。
     神の憤怒の表彰として解すべからず、その自愛の示顕として解すべし。
     恩恵はすべて身の患難にして、麗の幸福なり。
     麗の幸福と解してすべての患難は患難たらざるにいたる。
    ●すべてのことは、あなたがたの益であって、
     恵みがますます多くの人に増し加わるにつれ、
     感謝が満ちあふれて、神の栄光となるのである。
     だから、私たちは落胆しない。
     たとい私たちの外なる人は滅びても、
      内なる人は日々新たにされていく。
     なぜなら、このしばらくの軽い患難は私たちの内に働いて、
     永遠の重い栄光を、あふれるばかりに私たちに得させるからである
     (コリント後書4-15~17)
    ●あなたは私を多くの苦しみと悩みとに、
     会わせなさいましたが、
     私を再び生き返らせ、地の深みから、
     再び私を引き上げてくださいます(詩篇71-20)


    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

  • ★★★【最大希望:聖望!聖願!聖欲!】で導く【神の愛=主イエス】!

    ■<一日一生:5月6日>(内村鑑三)

     ●わたしがすでにそれを得たとか、
      すでに完全な者になっているとか言うのではなく、
      ただ捕えようとして追い求めているのである。
      そうするのは、キリスト・イエスによって捕えられているからである。
      兄弟たちよ、わたしはすでに捕えたとは思っていない。
      ただこの一事を努めている。
      すなわち、後のものを忘れ、前のものに向かってからだを伸ばしつつ、
      目標を目指して走り、キリスト・イエスにおいて上に召して下さる
      神の賞与を得ようと努めているのである
      (ピリピ書3-12~14)

     キリスト教は人を善の器となすものにして。
     先哲がもって詩人の夢想とみとめし最大希望を、
     われらにおいて充たすべしと宣言するものなり。
     われもしキリス教によりて
     いまだこの完全に達する道をえざれば、
     われはいまだキリスト教を解せざるものなり。
     キリスト信者は大望をいだかざるべからず。
     在印度宣教師ウイリアム・ケリーいわく
     <神のために大事を計画し、神より大事を望め>と。
     Attempt great things for God, expect great things from God.
     われは人力のおよばざる大変化を
     わが身に来たさんと欲するものなり。

    ★★★

    ●青年、壮者とは;
             常に不可能を計画する人
             常に大改革を望む人
             常に詩人的にして夢想する人
             常に利害にうとき人
             常に危険を感ぜざる人  (内村鑑三)
    ●イエスと共にある者は;
      ◆青春の詩的理想を持続することができる
      ◆単純にして一貫せる生涯を完全に遂行できる
      ★平民の友★自由の主張者★理想の追求者 
       にしてその
      ★実行者★大革命家★大詩人★大預言者
    ●神は我をして我以上の思想を語らしめ、我以上の事をなさしめ給う。
     神に頼る我は小なりといえども、はなはだ大なる者なり(内村鑑三)
    ●<聖 望>(内村鑑三) 
     われは神によりて、われと同時に消えざるの事業をなさん。
     われは今日の人に聞かれざるも後世の人に聞かるるの言を述べん。
     われはわが事業を永遠の上に築いて、
     短きわれのこの一生をして万世を益するものとならしめん。
     キリスト信者たる栄誉の一は、
     荏弱(じんじゃく)取るに足らざるこの身をもってして、
     なお大望をいだいてその一部分を遂行し得るにあり。
    ●希望!どんな不幸におちいっても、
     われわれは希望の太陽を心からすててはならない。
     つねに楽天的であること。
     つまり天命を楽しむこと、
     これこそがわれわれを幸福に導く信仰である。
     今日を立派に生きることが、明日の希望を見いだすことであり、
     明日の希望があってこそわれわれは明るく生きることができる。
     現在を嘆き悲しむものはやがて不運を招くことになる(ヘレン・ケラー)
    ●楽天主義者は、信じ、試み、そして目標を成し遂げる(ヘレン・ケラー)
    ●偉大な哲学者も事業家も、多くの学者も文豪も、ほとんどが楽天主義者であった
    (ヘレン・ケラー)
    ●楽天主義とは、善を信じ、輝かしい未来の到来を確信し、
     明日を今日より美しいものにするための
     努力を重ねる生き方なのである(ヘレン・ケラー)
    ●悲観主義は弱さを招き楽観主義はパワーをもたらす(ウィリアム・ジェームズ)
    ●<人は希望的動物>(内村鑑三)
     前進を望むは自然にして後ろを顧みるは不自然なり
     後ろにあるものを忘れ、前にあるものを望む  
     希望は健全にして、回顧は不健全なり
    ●「後にあるものを忘れ、前にあるものを望む(ピリピ書3-13)」と、
     罪を忘れ、疾病を忘れ、失敗を忘れ、怨恨を忘れ、
     神と生命と成功と愛とに向かって進まんのみ(内村鑑三)

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

  • ◆◆【最大希望:聖望!聖願!聖欲!】で導く【神の愛=主イエス】!

    ■<一日一生:5月6日>(内村鑑三)

     ●わたしがすでにそれを得たとか、
      すでに完全な者になっているとか言うのではなく、
      ただ捕えようとして追い求めているのである。
      そうするのは、キリスト・イエスによって捕えられているからである。
      兄弟たちよ、わたしはすでに捕えたとは思っていない。
      ただこの一事を努めている。
      すなわち、後のものを忘れ、前のものに向かってからだを伸ばしつつ、
      目標を目指して走り、キリスト・イエスにおいて上に召して下さる
      神の賞与を得ようと努めているのである
      (ピリピ書3-12~14)

     キリスト教は人を善の器となすものにして。
     先哲がもって詩人の夢想とみとめし最大希望を、
     われらにおいて充たすべしと宣言するものなり。
     われもしキリス教によりて
     いまだこの完全に達する道をえざれば、
     われはいまだキリスト教を解せざるものなり。
     キリスト信者は大望をいだかざるべからず。
     在印度宣教師ウイリアム・ケリーいわく
     <神のために大事を計画し、神より大事を望め>と。
     Attempt great things for God, expect great things from God.
     われは人力のおよばざる大変化を
     わが身に来たさんと欲するものなり。

    ★★★

    ●青年、壮者とは;
             常に不可能を計画する人
             常に大改革を望む人
             常に詩人的にして夢想する人
             常に利害にうとき人
             常に危険を感ぜざる人  (内村鑑三)
    ●イエスと共にある者は;
      ◆青春の詩的理想を持続することができる
      ◆単純にして一貫せる生涯を完全に遂行できる
      ★平民の友★自由の主張者★理想の追求者 
       にしてその
      ★実行者★大革命家★大詩人★大預言者
    ●神は我をして我以上の思想を語らしめ、我以上の事をなさしめ給う。
     神に頼る我は小なりといえども、はなはだ大なる者なり(内村鑑三)
    ●<聖 望>(内村鑑三) 
     われは神によりて、われと同時に消えざるの事業をなさん。
     われは今日の人に聞かれざるも後世の人に聞かるるの言を述べん。
     われはわが事業を永遠の上に築いて、
     短きわれのこの一生をして万世を益するものとならしめん。
     キリスト信者たる栄誉の一は、
     荏弱(じんじゃく)取るに足らざるこの身をもってして、
     なお大望をいだいてその一部分を遂行し得るにあり。
    ●希望!どんな不幸におちいっても、
     われわれは希望の太陽を心からすててはならない。
     つねに楽天的であること。
     つまり天命を楽しむこと、
     これこそがわれわれを幸福に導く信仰である。
     今日を立派に生きることが、明日の希望を見いだすことであり、
     明日の希望があってこそわれわれは明るく生きることができる。
     現在を嘆き悲しむものはやがて不運を招くことになる(ヘレン・ケラー)
    ●楽天主義者は、信じ、試み、そして目標を成し遂げる(ヘレン・ケラー)
    ●偉大な哲学者も事業家も、多くの学者も文豪も、ほとんどが楽天主義者であった
    (ヘレン・ケラー)
    ●楽天主義とは、善を信じ、輝かしい未来の到来を確信し、
     明日を今日より美しいものにするための
     努力を重ねる生き方なのである(ヘレン・ケラー)
    ●悲観主義は弱さを招き楽観主義はパワーをもたらす(ウィリアム・ジェームズ)
    ●<人は希望的動物>(内村鑑三)
     前進を望むは自然にして後ろを顧みるは不自然なり
     後ろにあるものを忘れ、前にあるものを望む  
     希望は健全にして、回顧は不健全なり
    ●「後にあるものを忘れ、前にあるものを望む(ピリピ書3-13)」と、
     罪を忘れ、疾病を忘れ、失敗を忘れ、怨恨を忘れ、
     神と生命と成功と愛とに向かって進まんのみ(内村鑑三)

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

  • 【最大希望:聖望!聖願!聖欲!】で導く【神の愛=主イエス】!

    ■<一日一生:5月6日>(内村鑑三)

     ●わたしがすでにそれを得たとか、
      すでに完全な者になっているとか言うのではなく、
      ただ捕えようとして追い求めているのである。
      そうするのは、キリスト・イエスによって捕えられているからである。
      兄弟たちよ、わたしはすでに捕えたとは思っていない。
      ただこの一事を努めている。
      すなわち、後のものを忘れ、前のものに向かってからだを伸ばしつつ、
      目標を目指して走り、キリスト・イエスにおいて上に召して下さる
      神の賞与を得ようと努めているのである
      (ピリピ書3-12~14)

     キリスト教は人を善の器となすものにして。
     先哲がもって詩人の夢想とみとめし最大希望を、
     われらにおいて充たすべしと宣言するものなり。
     われもしキリス教によりて
     いまだこの完全に達する道をえざれば、
     われはいまだキリスト教を解せざるものなり。
     キリスト信者は大望をいだかざるべからず。
     在印度宣教師ウイリアム・ケリーいわく
     <神のために大事を計画し、神より大事を望め>と。
     Attempt great things for God, expect great things from God.
     われは人力のおよばざる大変化を
     わが身に来たさんと欲するものなり。

    ★★★

    ●青年、壮者とは;
             常に不可能を計画する人
             常に大改革を望む人
             常に詩人的にして夢想する人
             常に利害にうとき人
             常に危険を感ぜざる人  (内村鑑三)
    ●イエスと共にある者は;
      ◆青春の詩的理想を持続することができる
      ◆単純にして一貫せる生涯を完全に遂行できる
      ★平民の友★自由の主張者★理想の追求者 
       にしてその
      ★実行者★大革命家★大詩人★大預言者
    ●神は我をして我以上の思想を語らしめ、我以上の事をなさしめ給う。
     神に頼る我は小なりといえども、はなはだ大なる者なり(内村鑑三)
    ●<聖 望>(内村鑑三) 
     われは神によりて、われと同時に消えざるの事業をなさん。
     われは今日の人に聞かれざるも後世の人に聞かるるの言を述べん。
     われはわが事業を永遠の上に築いて、
     短きわれのこの一生をして万世を益するものとならしめん。
     キリスト信者たる栄誉の一は、
     荏弱(じんじゃく)取るに足らざるこの身をもってして、
     なお大望をいだいてその一部分を遂行し得るにあり。
    ●希望!どんな不幸におちいっても、
     われわれは希望の太陽を心からすててはならない。
     つねに楽天的であること。
     つまり天命を楽しむこと、
     これこそがわれわれを幸福に導く信仰である。
     今日を立派に生きることが、明日の希望を見いだすことであり、
     明日の希望があってこそわれわれは明るく生きることができる。
     現在を嘆き悲しむものはやがて不運を招くことになる(ヘレン・ケラー)
    ●楽天主義者は、信じ、試み、そして目標を成し遂げる(ヘレン・ケラー)
    ●偉大な哲学者も事業家も、多くの学者も文豪も、ほとんどが楽天主義者であった
    (ヘレン・ケラー)
    ●楽天主義とは、善を信じ、輝かしい未来の到来を確信し、
     明日を今日より美しいものにするための
     努力を重ねる生き方なのである(ヘレン・ケラー)
    ●悲観主義は弱さを招き楽観主義はパワーをもたらす(ウィリアム・ジェームズ)
    ●<人は希望的動物>(内村鑑三)
     前進を望むは自然にして後ろを顧みるは不自然なり
     後ろにあるものを忘れ、前にあるものを望む  
     希望は健全にして、回顧は不健全なり
    ●「後にあるものを忘れ、前にあるものを望む(ピリピ書3-13)」と、
     罪を忘れ、疾病を忘れ、失敗を忘れ、怨恨を忘れ、
     神と生命と成功と愛とに向かって進まんのみ(内村鑑三)


    ★★★

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

  • ■■■【最大希望:聖望!聖願!聖欲!】で導く【神の愛=主イエス】!

    ■<一日一生:5月6日>(内村鑑三)

     ●わたしがすでにそれを得たとか、
      すでに完全な者になっているとか言うのではなく、
      ただ捕えようとして追い求めているのである。
      そうするのは、キリスト・イエスによって捕えられているからである。
      兄弟たちよ、わたしはすでに捕えたとは思っていない。
      ただこの一事を努めている。
      すなわち、後のものを忘れ、前のものに向かってからだを伸ばしつつ、
      目標を目指して走り、キリスト・イエスにおいて上に召して下さる
      神の賞与を得ようと努めているのである
      (ピリピ書3-12~14)

     キリスト教は人を善の器となすものにして。
     先哲がもって詩人の夢想とみとめし最大希望を、
     われらにおいて充たすべしと宣言するものなり。
     われもしキリス教によりて
     いまだこの完全に達する道をえざれば、
     われはいまだキリスト教を解せざるものなり。
     キリスト信者は大望をいだかざるべからず。
     在印度宣教師ウイリアム・ケリーいわく
     <神のために大事を計画し、神より大事を望め>と。
     Attempt great things for God, expect great things from God.
     われは人力のおよばざる大変化を
     わが身に来たさんと欲するものなり。

    ★★★

    ●青年、壮者とは;
             常に不可能を計画する人
             常に大改革を望む人
             常に詩人的にして夢想する人
             常に利害にうとき人
             常に危険を感ぜざる人  (内村鑑三)
    ●イエスと共にある者は;
      ◆青春の詩的理想を持続することができる
      ◆単純にして一貫せる生涯を完全に遂行できる
      ★平民の友★自由の主張者★理想の追求者 
       にしてその
      ★実行者★大革命家★大詩人★大預言者
    ●神は我をして我以上の思想を語らしめ、我以上の事をなさしめ給う。
     神に頼る我は小なりといえども、はなはだ大なる者なり(内村鑑三)
    ●<聖 望>(内村鑑三) 
     われは神によりて、われと同時に消えざるの事業をなさん。
     われは今日の人に聞かれざるも後世の人に聞かるるの言を述べん。
     われはわが事業を永遠の上に築いて、
     短きわれのこの一生をして万世を益するものとならしめん。
     キリスト信者たる栄誉の一は、
     荏弱(じんじゃく)取るに足らざるこの身をもってして、
     なお大望をいだいてその一部分を遂行し得るにあり。
    ●希望!どんな不幸におちいっても、
     われわれは希望の太陽を心からすててはならない。
     つねに楽天的であること。
     つまり天命を楽しむこと、
     これこそがわれわれを幸福に導く信仰である。
     今日を立派に生きることが、明日の希望を見いだすことであり、
     明日の希望があってこそわれわれは明るく生きることができる。
     現在を嘆き悲しむものはやがて不運を招くことになる(ヘレン・ケラー)
    ●楽天主義者は、信じ、試み、そして目標を成し遂げる(ヘレン・ケラー)
    ●偉大な哲学者も事業家も、多くの学者も文豪も、ほとんどが楽天主義者であった
    (ヘレン・ケラー)
    ●楽天主義とは、善を信じ、輝かしい未来の到来を確信し、
     明日を今日より美しいものにするための
     努力を重ねる生き方なのである(ヘレン・ケラー)
    ●悲観主義は弱さを招き楽観主義はパワーをもたらす(ウィリアム・ジェームズ)
    ●<人は希望的動物>(内村鑑三)
     前進を望むは自然にして後ろを顧みるは不自然なり
     後ろにあるものを忘れ、前にあるものを望む  
     希望は健全にして、回顧は不健全なり
    ●「後にあるものを忘れ、前にあるものを望む(ピリピ書3-13)」と、
     罪を忘れ、疾病を忘れ、失敗を忘れ、怨恨を忘れ、
     神と生命と成功と愛とに向かって進まんのみ(内村鑑三)

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

  • 【最大希望:聖望!聖願!聖欲!】で導く【神の愛=主イエス】!

    ■<一日一生:5月6日>(内村鑑三)

     ●わたしがすでにそれを得たとか、
      すでに完全な者になっているとか言うのではなく、
      ただ捕えようとして追い求めているのである。
      そうするのは、キリスト・イエスによって捕えられているからである。
      兄弟たちよ、わたしはすでに捕えたとは思っていない。
      ただこの一事を努めている。
      すなわち、後のものを忘れ、前のものに向かってからだを伸ばしつつ、
      目標を目指して走り、キリスト・イエスにおいて上に召して下さる
      神の賞与を得ようと努めているのである
      (ピリピ書3-12~14)

     キリスト教は人を善の器となすものにして。
     先哲がもって詩人の夢想とみとめし最大希望を、
     われらにおいて充たすべしと宣言するものなり。
     われもしキリス教によりて
     いまだこの完全に達する道をえざれば、
     われはいまだキリスト教を解せざるものなり。
     キリスト信者は大望をいだかざるべからず。
     在印度宣教師ウイリアム・ケリーいわく
     <神のために大事を計画し、神より大事を望め>と。
     Attempt great things for God, expect great things from God.
     われは人力のおよばざる大変化を
     わが身に来たさんと欲するものなり。

    ★★★

    ●青年、壮者とは;
             常に不可能を計画する人
             常に大改革を望む人
             常に詩人的にして夢想する人
             常に利害にうとき人
             常に危険を感ぜざる人  (内村鑑三)
    ●イエスと共にある者は;
      ◆青春の詩的理想を持続することができる
      ◆単純にして一貫せる生涯を完全に遂行できる
      ★平民の友★自由の主張者★理想の追求者 
       にしてその
      ★実行者★大革命家★大詩人★大預言者
    ●神は我をして我以上の思想を語らしめ、我以上の事をなさしめ給う。
     神に頼る我は小なりといえども、はなはだ大なる者なり(内村鑑三)
    ●<聖 望>(内村鑑三) 
     われは神によりて、われと同時に消えざるの事業をなさん。
     われは今日の人に聞かれざるも後世の人に聞かるるの言を述べん。
     われはわが事業を永遠の上に築いて、
     短きわれのこの一生をして万世を益するものとならしめん。
     キリスト信者たる栄誉の一は、
     荏弱(じんじゃく)取るに足らざるこの身をもってして、
     なお大望をいだいてその一部分を遂行し得るにあり。
    ●希望!どんな不幸におちいっても、
     われわれは希望の太陽を心からすててはならない。
     つねに楽天的であること。
     つまり天命を楽しむこと、
     これこそがわれわれを幸福に導く信仰である。
     今日を立派に生きることが、明日の希望を見いだすことであり、
     明日の希望があってこそわれわれは明るく生きることができる。
     現在を嘆き悲しむものはやがて不運を招くことになる(ヘレン・ケラー)
    ●楽天主義者は、信じ、試み、そして目標を成し遂げる(ヘレン・ケラー)
    ●偉大な哲学者も事業家も、多くの学者も文豪も、ほとんどが楽天主義者であった
    (ヘレン・ケラー)
    ●楽天主義とは、善を信じ、輝かしい未来の到来を確信し、
     明日を今日より美しいものにするための
     努力を重ねる生き方なのである(ヘレン・ケラー)
    ●悲観主義は弱さを招き楽観主義はパワーをもたらす(ウィリアム・ジェームズ)
    ●<人は希望的動物>(内村鑑三)
     前進を望むは自然にして後ろを顧みるは不自然なり
     後ろにあるものを忘れ、前にあるものを望む  
     希望は健全にして、回顧は不健全なり
    ●「後にあるものを忘れ、前にあるものを望む(ピリピ書3-13)」と、
     罪を忘れ、疾病を忘れ、失敗を忘れ、怨恨を忘れ、
     神と生命と成功と愛とに向かって進まんのみ(内村鑑三)

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

  • 【最大希望:聖望!聖願!聖欲!】で導く【神の愛=主イエス】!

    ■<一日一生:5月6日>(内村鑑三)

     ●わたしがすでにそれを得たとか、
      すでに完全な者になっているとか言うのではなく、
      ただ捕えようとして追い求めているのである。
      そうするのは、キリスト・イエスによって捕えられているからである。
      兄弟たちよ、わたしはすでに捕えたとは思っていない。
      ただこの一事を努めている。
      すなわち、後のものを忘れ、前のものに向かってからだを伸ばしつつ、
      目標を目指して走り、キリスト・イエスにおいて上に召して下さる
      神の賞与を得ようと努めているのである
      (ピリピ書3-12~14)

     キリスト教は人を善の器となすものにして。
     先哲がもって詩人の夢想とみとめし最大希望を、
     われらにおいて充たすべしと宣言するものなり。
     われもしキリス教によりて
     いまだこの完全に達する道をえざれば、
     われはいまだキリスト教を解せざるものなり。
     キリスト信者は大望をいだかざるべからず。
     在印度宣教師ウイリアム・ケリーいわく
     <神のために大事を計画し、神より大事を望め>と。
     Attempt great things for God, expect great things from God.
     われは人力のおよばざる大変化を
     わが身に来たさんと欲するものなり。

    ★★★

    ●青年、壮者とは;
             常に不可能を計画する人
             常に大改革を望む人
             常に詩人的にして夢想する人
             常に利害にうとき人
             常に危険を感ぜざる人  (内村鑑三)
    ●イエスと共にある者は;
      ◆青春の詩的理想を持続することができる
      ◆単純にして一貫せる生涯を完全に遂行できる
      ★平民の友★自由の主張者★理想の追求者 
       にしてその
      ★実行者★大革命家★大詩人★大預言者
    ●神は我をして我以上の思想を語らしめ、我以上の事をなさしめ給う。
     神に頼る我は小なりといえども、はなはだ大なる者なり(内村鑑三)
    ●<聖 望>(内村鑑三) 
     われは神によりて、われと同時に消えざるの事業をなさん。
     われは今日の人に聞かれざるも後世の人に聞かるるの言を述べん。
     われはわが事業を永遠の上に築いて、
     短きわれのこの一生をして万世を益するものとならしめん。
     キリスト信者たる栄誉の一は、
     荏弱(じんじゃく)取るに足らざるこの身をもってして、
     なお大望をいだいてその一部分を遂行し得るにあり。
    ●希望!どんな不幸におちいっても、
     われわれは希望の太陽を心からすててはならない。
     つねに楽天的であること。
     つまり天命を楽しむこと、
     これこそがわれわれを幸福に導く信仰である。
     今日を立派に生きることが、明日の希望を見いだすことであり、
     明日の希望があってこそわれわれは明るく生きることができる。
     現在を嘆き悲しむものはやがて不運を招くことになる(ヘレン・ケラー)
    ●楽天主義者は、信じ、試み、そして目標を成し遂げる(ヘレン・ケラー)
    ●偉大な哲学者も事業家も、多くの学者も文豪も、ほとんどが楽天主義者であった
    (ヘレン・ケラー)
    ●楽天主義とは、善を信じ、輝かしい未来の到来を確信し、
     明日を今日より美しいものにするための
     努力を重ねる生き方なのである(ヘレン・ケラー)
    ●悲観主義は弱さを招き楽観主義はパワーをもたらす(ウィリアム・ジェームズ)
    ●<人は希望的動物>(内村鑑三)
     前進を望むは自然にして後ろを顧みるは不自然なり
     後ろにあるものを忘れ、前にあるものを望む  
     希望は健全にして、回顧は不健全なり
    ●「後にあるものを忘れ、前にあるものを望む(ピリピ書3-13)」と、
     罪を忘れ、疾病を忘れ、失敗を忘れ、怨恨を忘れ、
     神と生命と成功と愛とに向かって進まんのみ(内村鑑三)

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

  • ◆◆私が願うのは(タゴール)◆◆

    私が願うのは
    危険から護られることではなく
    危険のさなかで
    恐れないことです

    哀しみのどん底
    心のはげしい痛みの中で
    慰めてもらうことではなく
    哀しみを克服し
    勝利をうたうことなのです

    逃げ場がなくなった時も
    勇気を失わさせないでください
    世間的にも大失敗し
    挫折の連続に遭っている時も
    その害が取り返しのつかないものだと
    考えない恵みをいただきたいのです

    あなたが来て私を救ってくださる・・・
    これを私は願っていません
    私が願うのは
    のりこえてゆく力です

    あなたは私の荷を軽くしたり
    慰めてくださらないで結構です
    たた 私が重荷を担う
    その力をお与え下さい

    喜びの日に謙虚に頭(コウベ)を垂れ
    私はあなたを思い
    あなたの存在を認めます

    暗い悲しい夜
    失意以外、何もない夜にも
    ああ 決してあなたを
    疑うことがありませんように

    ★★★

    ●何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに、感謝をもって祈と願いとをささげ、
     あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい。
     そうすれば、人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、
     あなたがたの心と思いとを、キリスト・イエスにあって守るであろう
     (ピリピ書4-6)


    ◆◆◆

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
    Good luck & God bless you!
    田中 聡(さとし)

  • ◆◆◆私が願うのは(タゴール)

    私が願うのは
    危険から護られることではなく
    危険のさなかで
    恐れないことです

    哀しみのどん底
    心のはげしい痛みの中で
    慰めてもらうことではなく
    哀しみを克服し
    勝利をうたうことなのです

    逃げ場がなくなった時も
    勇気を失わさせないでください
    世間的にも大失敗し
    挫折の連続に遭っている時も
    その害が取り返しのつかないものだと
    考えない恵みをいただきたいのです

    あなたが来て私を救ってくださる・・・
    これを私は願っていません
    私が願うのは
    のりこえてゆく力です

    あなたは私の荷を軽くしたり
    慰めてくださらないで結構です
    たた 私が重荷を担う
    その力をお与え下さい

    喜びの日に謙虚に頭(コウベ)を垂れ
    私はあなたを思い
    あなたの存在を認めます

    暗い悲しい夜
    失意以外、何もない夜にも
    ああ 決してあなたを
    疑うことがありませんように

    ★★★

    ●何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに、感謝をもって祈と願いとをささげ、
     あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい。
     そうすれば、人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、
     あなたがたの心と思いとを、キリスト・イエスにあって守るであろう
     (ピリピ書4-6)
    ◆◆◆

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
    Good luck & God bless you!
    田中 聡(さとし)

本文はここまでです このページの先頭へ