ここから本文です

投稿コメント一覧 (1354コメント)

  • 4,000まで戻れば期待できますね

  • 2018/10/15 12:03

    2018年03月06日

    中国・韓国・台湾の3ヶ国で普及するQRコード決済システムに対応した国内初のリンクトラスト・ペイ製マルチ決済サービスの取扱いを開始

    本サービスは、各社のQRコード®決済システムを使った決済を、1台の端末で同時に利用できる国内初の電子マネー決済サービスです。

  • 【新規上場(IPO)銘柄】
    CRGホールディングスは10日にマザーズに上場、RPAのテーマに乗る

     CRGホールディングス<7041>(東マ)は、10月10日に東京証券取引所マザーズ市場に上場した。同社グループは、創業以来、『「人」を大切にする』という考えと『社員一人ひとりと共有できる「組織」作り』という発想から、人材サービスを軸に事業展開している。

     同社グループは、同社及び子会社6社で構成されており、コールセンター、オフィスワーク(事務)、介護看護、セールス(販売、接客)、ワークス(物流倉庫、製造、軽作業)、IT技術者の6つの区分に特化する形式で事業運営している。

     同社グループは、クライアントから求められる人材・システムを迅速かつ柔軟に供給していくためには、「HRテック(Human Resource)×Technology」を最大限に活用していくことが不可欠だと考えており、採用活動における高精度AIマッチング、AI音声の活用、RPAによる業務効率の向上、次世代型人事労務管理システムといった最新の技術を積極的に取り入れている。

     前2018年9月期第3四半期業績実績は、売上高155億1400万円、営業利益5億1200万円、経常利益5億1300万円、純利益3億2000万円に着地。主力サービスである人材派遣紹介事業において、既存クライアントの取引規模拡大に加え、新規クライアントの獲得に注力。
    また、個別交渉の結果として、派遣キャストの人件費高騰を請求単価に転嫁、売上高及び売上高総利益率の上昇につなげた。

     前18年9月期業績予想は、売上高205億0700万円(前の期比8.8%増)、営業利益5億6200万円(同2.1倍)、経常利益5億6100万円(同93.1%増)、純利益3億2900万円(同64.3%増)を見込む。
    上場で調達資金は業務効率化に向けたシステム開発や新規出店費用、借入金返済、人材採用などに充てる計画で、年間配当は、無配を予想している。

     株価は、上場初日の10月10日に公開価格1120円の1.63倍相当の1832円で初値をつけ、同高値1964円と上昇。同11日安値1615円と下げてモミ合っている。クライアントからの多様な要望に対応可能な専門性の高い登録人材、専門分野に特化した事業活動で蓄積された人材派遣に関わる独自のノウハウを持ち、ITの効果的な積極活用による高付加価値サービスを創出し、全国の主要都市を中心とした拠点を積極的に展開しているが、政令指定都市を中心に営業エリアを拡充しており、高い成長が期待される。BPO(業務受託アウトソーシング)、RPA(ロボットによる業務自動化)のテーマに乗り、今19年9月期2ケタ増益が観測されており、11月中旬に予定される9月期本決算の発表に期待は持てる。1650円どころで下値を固めるか注目したい。(株式評論家・信濃川

  • 改めて
    CRGホールディングス(7041)の実力診断
    四季報

    2013年設立。
    札幌から那覇まで全国各地に拠点があり、総合人材サービスを提供している。人材派遣は単に人の派遣だけでなく、スーパーバイザーと呼ばれる管理者とオペレーターのセットでの紹介も行う。製造請負ではペットフード、ペット衛生用品などの製造請負などを展開。そのほか、給与計算などの事務代行、採用代行サービスも行う。RPA(業務自動化)システムや勤怠、労務管理システムも手掛けている。
     今2018年9月期は人材派遣紹介が順調増、製造請負も伸ばす。人件費の増加や求人費用増などをこなし、営業益は倍増となる見通し。
     調達資金は業務効率化に向けたシステム開発や新規出店費用、借入金返済、人材採用などに充当予定。比較銘柄はキャリアリンク(6070)、キャリアバンク(4834)など。

    私は上手く回転が出来ないので、
    いつも現物のみです。

  • 510まで売られてからの反転は凄まじかったですね。

  • ① 1993 年に現会長が設立したジリオンが前身、2013 年に持株会社化した。
    ② コールセンター中心にオフィスや工場、介護施設などに人材を派遣したり、紹介したりする。
    ③ 多数の経験者を全国に派遣できる。金融や教育など専門知識が必要な業種にも対応。
    ④ 単なる人の派遣だけでなく、派遣スタッフとその管理者からなるユニット型派遣も手掛ける。
    ⑤ 特定製品の製造を請け負うほか、人材採用や給与計算の受託などに事業領域を拡大。
    ⑥ IPO で調達する約 6 億円は、AI マッチングシステムなどのIT投資と拠点拡張に充当。
    ⑦ 『今期売上高は 9%増の 205 億円、同営業利益は 2 倍超の 5.6 億円と伸長を見込む。』

    株価の考え方
    人材サービスの国内市場は6兆円を超えており、年率2桁で成長しているが、参入企業も多い。
    同社はIPOによる知名度向上と、クライアント企業と求職者をスピーディーにマッチングさせるシス テム、多様な派遣人材が強み。

    ホルダーの皆様
    お疲れ様でした。

    気長に見守りましょう。
    良い週末をお送りください。

  • ホルダーの皆様
    お疲れ様でした。

    今日の下げで含損を抱えることに・・・。

    IR担当さんにお電話で色々とお聞きしました。
    丁寧に対応をしてくださり、
    また、開示の業績等についても詳しくお話をしてくれました。
    自分では納得した次第です。

    現物ですので気長にみたいと思ってます。

  • 人材派遣紹介事業ではありますが、
    その他事業として、
    ・BPOサービス事業、給与計算代行事業、採用代行受託事業
    ・RPA事業、システムソリューション事業、IT関連事業

    現物長期で見ても期待できそうな感じです。

  • 床面積565㎡、天井高7m、クリーン度ISOクラス6相当の大型クリーン工場を保有し、大型化する液晶パネルの検査装置を始め、半導体や二次電池関係の高いクリーン度が要求される大型製造装置の組み立てに対応できる体制を有している。
    さらにクリーン度ISOクラス8相当のクリーン工場2棟を保有し、大規模な衛生関連装置や検査装置等の組み立てに対応している。

    明日に期待できます。

  • <注目ポイント>
    ① 1993 年に現会長が設立したジリオンが前身、2013 年に持株会社化した。
    ② コールセンター中心にオフィスや工場、介護施設などに人材を派遣したり、紹介したりする。
    ③ 多数の経験者を全国に派遣できる。金融や教育など専門知識が必要な業種にも対応。
    ④ 単なる人の派遣だけでなく、派遣スタッフとその管理者からなるユニット型派遣も手掛ける。
    ⑤ 特定製品の製造を請け負うほか、人材採用や給与計算の受託などに事業領域を拡大。
    ⑥ IPO で調達する約 6 億円は、AI マッチングシステムなどのIT投資と拠点拡張に充当。
    ⑦ 今期売上高は 9%増の 205 億円、同営業利益は 2 倍超の 5.6 億円と伸長を見込む。

    株価の考え方
    人材サービスの国内市場は6兆円を超えており、年率2桁で成長しているが、参入企業も多い。
    同社はIPOによる知名度向上と、クライアント企業と求職者をスピーディーにマッチングさせるシス テム、多様な派遣人材が強み。 類似会社はキャリア DC(2410)、エスプール(2471)、キャリアインデックス(6538)など。
    これら の PER は今期 12~60 倍、来期 12~40 倍である。
    同社の公開価格は今期 PER が 18 倍に 留まることから割安感がある。

  • 人材派遣などを手掛けるCRGホールディングスが10日、東証マザーズに上場する。事業内容や今後の成長戦略を古沢孝社長に聞いた。
    ――事業内容や強みを教えてください。


    CRGホールディングスの古沢孝社長
    「コールセンターや介護・看護施設などへの人材派遣事業と、ユニ・チャームのペット用品の製造請負事業が大きな柱だ。最近ではIT(情報技術)を活用し、給与計算など事務作業の負担を減らす独自システムの開発に注力している」
    「強みは長期にわたり専門分野に特化した人材派遣をしてきた経験だ。核となるコールセンター向け派遣では、業務を熟知したスーパーバイザー(管理者)をスタッフと併せて派遣できる。自社開発の基幹システムの活用で迅速なマッチングが可能なほか、派遣後には現場の声を相手企業と共有するなど手厚いフォローで定着率も高い」
    ――今後の成長戦略はどうなりますか。
    「人材派遣事業ではシニア派遣の拡大と人工知能(AI)など先端技術の導入が成長エンジンだ。これまでシニア層が従事する業務は清掃などブルーカラー系の単純作業がメインだった。相手先の企業と協力してシニア層の活躍の場を広げ、人手不足でも安定的に人材を確保できる体制にしたい」
    「AIの活用でマッチングの精度は飛躍的に向上するだろう。自社内で成功したシステムは省人化に取り組む企業に外販したい。利益率の高い製造請負事業では、ペット事業以外の受注や海外案件の獲得に努める」
    ――上場で調達する資金をどう使いますか。株主還元の方針は。
    「未開拓エリアへの進出費用に充てる。地方の政令指定都市を中心に、2019年9月期に6拠点、20年9月期に9拠点の新設を見込んでいる。株主還元については、内部留保の充実で企業価値を上げるのが先決だと考えている。時期は未定だが、将来的な配当実施も前向きに検討していく」

    CRG 会社発表の2018年9月期の連結業績(見込み)は、売上高が205.07億円(前期比8.8%増)、営業利益は5.62億円(前期比105.5%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は3.29億円(前期比64.3%増)

  • 日証金
    貸株 5,265,600
    前日比(貸株) +13,700
    融資 1,751,200
    前日比(融資) -344,600
    差引 -359,300
    逆日歩 0.05 9/26付

    これですね。

  • お疲れ様でした。
    上昇一服といった感じですね。
    49円安は誤差の範囲です。
    現物はしっかりホールド中です。

  • >>No. 217

    今日は現金のみです。
    解除は明日の取引からです。

  • 現物組は放置で見るのがBETTERです。
    ここは日々の上げ下げに一喜一憂する必要はなしです。

  • 成売130,400 成買0
    値幅400円 
    値幅取りも面白いでしょうが、引前にINするも一考です。

  • SBI系の大株主が1.5倍のロックアップ解除で追加売を懸念、
    併せて枚数が多く換金売りの可能性も高いだけに高値からは売りに警戒

    売上げ、業種的には魅力なのですが・・・。

  • 四季報ON-LINE
    人気ワードでネオスが常にトップにきてます。

  • やはり寄らずの感じですね。
    昨日買っておけば・・とタラレバ

本文はここまでです このページの先頭へ