ここから本文です

投稿コメント一覧 (13コメント)

  • セクハラ次官、時間の問題

    録音を取られているというのに、ずいぶんと往生際が悪いという印象を受ける。

    ただ、新潮は複数の証言を取材するか、場所を複数、あるいは日付を複数にまで
    していたら慎重な取材だったと思った。

    取材の慎重さというのは新潮だけに「たまたま起きたこと」と受け取られない
    ようにしなければならないということではないか。

  • 森友問題

    国会に提出した文書が改ざんされていたとすれば、前代未聞のこと。
    改ざんでないことを祈るが、改ざんともなれば内閣はもたないことに
    なってしまい、政治が不安定になることは間違いない。

  • 中国と米国

    金欲が優先の心貧しき中国人なので米国とよく似ている。中庸というものが大切
    なんだ、中庸が重要なんだという意味を理解しない米中両国。欲望大国の両国が
    今も仲良しになるなんてことはあり得ないだろう。

  • 台湾東部の地震の援助

    中国共産党というのは、けつの穴が小せえなあ。日本が援助するのは当然だろう。
    東日本大震災の被害に対して、台湾から温かで高額な援助が寄せられたのだから。

  • 年功序列

    年功序列が悪いという考え方はおかしい。年功序列と能力主義とを合わせて、
    合理的な使い分けをすることが賢い選択というものだ。

    日本人は、勉強家と言われているが、最近は「言ったもん勝ち」の国になって
    きていて、実に頭を使わない考え方が一般化しつつある。このことを念頭にお
    いて、言ったもん勝ちではなく、一人ひとりがちゃんと考えて行動する日本人
    になるようにしたい。

    年功序列という制度は、決して悪い制度ではなく、この制度の中に新しい考え
    方を工夫しながら活用していくことが大事。どんな権威のある人間が何を言お
    うとも、真に受けては自分が大損をすることがあるということだ。権威がある
    から正しいという思い込みは捨てるべき。

  • 医師の給料

    病院経営の赤字が目立っているが、赤字だったら一般企業と同じく
    医師を含む従業員の給料を減額することが理に適っている。

    1億円のマイホームも、すぐに建てられるほど高額な給料をもらっ
    ている医師はもらいすぎだ。物価がこれだけ下がっても給料が上がる
    システムは是正すべきだろう。

    病院経営が赤字だから国が決める医療に関する手当を引き上げるな
    んて、バカも休み休み言いたまえ。

    医師たちが陥っている守銭奴としての生き方は、患者を無理に作って
    医師のふところを膨らませようとしている以外にない。

    医師は、カネカネカネで腐っている人が増えているようですが、その
    ままでは、もはや医師として尊敬できませんし、医師を辞めてほしい。

  • 「非正規?、そんな会社があるの?」
    そんな疑問に思う時代が日本にやってきて、同一労働同一賃金でない企業は、
    人手不足で倒産する状況になっていくことでしょう。


    「時間外労働?」
    そんな企業があるの?、という時代もやってくることでしょう。これまでの
    企業のやり方では、日本社会から葬り去られるようになるのです。


    奴隷のようにこき使い過労死をさせてしまったり、精神的な病で人生を狂わされ
    てしまう労働者が数多くいる日本のままであってはなりません。

  • >>No. 15

    >いったい誰がマスコミにリークしてるんだ?
    マスコミもこんなとるに足らんことを、大げさに且つしつこく報道するな!


    同じ無資格検査でも、日産とSUBARUでは、まったく違うのに、バカなメディアらが
    同じように扱い続けている。ここまで質が低いメディアはなぜ存在するのだろう。

    メディアの質が低くなっていることは、ふだんの報道をみても明らか。その原因は、
    まずはニュースデスクの無能さから始まる。そして、その上司と言われる責任ある
    地位の人たちの無能さが加わってできている。

  • 立憲民主党

    憲法擁護を大切にしている国民にとって、これまでのような民主党では
    支援すべきかどうか迷ってしまう状況だったと思うので、立憲民主党と
    して独立してくれたのだから投票しやすい状況になったのではないか。

  • 昭恵夫人の取材拒否

    加計学園、森友問題に絡んできたので、取材を受けるとぼろが出ると警戒
    してのことだろうと察しが付く。

    つまり、取材拒否をするというのは、本人に問題があることを自ら認めた
    と同じ。問題がなければ取材拒否なんてしないはずだから。

  • 自民党やばい

    間違いなく自民党の圧勝でしょう。これだけ自民党に有意な材料ばかり集まっているのだから。
    小選挙区、比例区合わせて定員465人中、360や380議席も夢じゃあない。

    衆議院は、10月22日以後、自民党議員だらけ。「自民党議員でなければ衆議院議員じゃあ
    ない」と言われるほどになる。自民党やばい。

    明日の日本は自民党にお任せください。岩盤にドリルで穴をあけて、日本を・・して見せます。
    とにかく自民党の圧勝です。やとうは「やっと」残る程度になっちゃいますね。

  • 日本にトマホークを販売

    米国の狙いは、北朝鮮を刺激したり核開発をさせたあと、日本と韓国に米国の武器を
    大量に売却して「実利」を得ようという算段だった。

    「日米同盟だ」などと安倍政権も強調しているが、結局は米国から大量の武器を買う
    という羽目になることくらい分からなかったのか。

    北朝鮮が「日本は米国の僕になるな」という主張を繰り返しているが、北朝鮮のこの
    主張は、中曽根以前の日本人の強い思いだった。だって米国と真正面から戦争をした
    日本だから。

    安倍政権は、米国を最大のお友達とでも思っているのだろうけど、人間はいくら親し
    くても一定の距離を置かないといけないことくらい気付いて欲しいものである。

    日本国民の多くは、米国は好きではないことは間違いない。日本は、米国の僕ではな
    く、独立国なのだから。

  • バカ社長とその部下

    バカ社長を支える直属の部下、具体的には総務部長らも、バカでないと務まらないという構図。
    この構図では、組織自体がモラルを立て直そうとする意欲さえもわかないというのが現状。

    「東芝」の例は、まさに反面教師の最たるものだと言えると思う。社長がいい加減な人であれば、
    次の社長が立て直しに力を入れるかと期待されても、すでに立て直しをする意欲もわかなければ、
    「放置状態」にして、自分が社長のうちに適切な会社にしようとはしなかったと思う。

    三菱自動車の排ガスの数値の問題では、当時の社長が自らの社長の地位を失う覚悟で社内の膿を
    拭い去るという告発までしたが、日産から指摘されたこととはいえ、会社を適法な存在に戻そう
    という行動は、結果的に東芝とは異なり称賛されてもいい。

    バカ社長とその部下たちは、簡単にはなくなることはなく、倒産したり、社長が変わったりした
    時が絶好の機会であるとしか言えない。

    とにかく、「聞く耳を持つ社長」がいたら、バカ社長ではないことは確かでしょう。

本文はここまでです このページの先頭へ