ここから本文です

投稿コメント一覧 (78コメント)

  • 既に禁書化された関連資料も



    実は、「米軍慰安婦」に関して国家の責任を問う動きは今回の訴訟

    の前からあった。

    2002年に「韓国軍慰安婦」問題を韓国で初めて公開した女性性

    搾取問題の研究者、金貴玉漢城大副教授は直接の資料調査などの結果、

    朴正熙政権が「米軍慰安婦」に直接関わっていた事実を提示している。

    また、2013年には「米軍慰安婦基地村の隠された事実」が出版さ

    れた。




    金副教授は、同書によせた文の中で2002年に韓国軍慰安婦問題を

    世に問うた直後、韓国政府は金氏の研究活動を自粛させたり、国防省

    所蔵の慰安婦政策に関する資料を禁書化したりしたと明かしている。



    金副教授はその理由について、日本統治時代の慰安婦問題を追及する

    韓国政府が軍隊に「慰安婦」を運営していたことが世界に知られれば、

    日本統治時代の慰安婦について『日本政府を追及する資格などない』と、

    日本の極右勢力が韓国政府を非難すると考えたためではないかと指摘し

    ている。


     韓国の抱える性搾取の闇は深い。

  • 大韓民国に帰国したベトナム派遣軍司令官達は、この秘密の福

    祉政策を再開します。

    1980年の大韓民国政府の、思いやり溢れる大規模な福

    祉施策 その実態 

    楽しく愉快に天国で遊ぶ、若い大韓民国国民が大勢写っています。

    一説では、光州市の3,000人が、この恩恵を受けたようです。

    この事業は、1ドルも儲けは無いんですが。

    辛い人生を送る国民への福祉政策だったのでしょう。


    虐殺される直前の光州市民 ↓

  • ベトナム戦争時、米国の要請に応じて最前線で戦った韓国軍(1965年から1973年)
    が残忍で、殺したばかりのベトナム人たちの内臓を取り出し、米兵などに
    もすすめながら食べた行為は現地ではよく知られている。


    ・・・捜索掃討作戦は、一次的にじゅうたん爆撃等で作戦地域を公開して, 韓国軍等の

    地上軍が現場に投入されて村に残っている住民たちを即決処分した後、家を燃やして

    ブルドーザー等で村全体を押し潰す方 式で展開した.



    生存者の韓国軍に関する証言で共通な点は, 無差別機関銃乱射, 大量殺戮, 妊産婦,

    女性に対する強姦殺害, 家屋への放火などだ. 生存者の証言を土台に韓国軍の良民

    虐殺方式を整理してみると、いくつかの共通した類型が現れる.



    ★住民たち(大部分が女性と老人, 子供たち)を一ケ所に集めた後、あるいはいくつの

    グループにまとめて、機関銃を乱射して抹殺する.



    ★住民たちを一戸に追い詰めて銃を乱射した後、家と一緒に死亡者も生存者も全部

    燃やす.



    ★子供の頭を割ったり首をはね, 脚を切ったり四肢を切断して火にほうり込む.



    ★女性を強姦した後、殺害して, 妊産婦の腹を胎児が破れ出るまで軍靴で踏み潰す.



    ★住民たちを村のトンネルに追い詰めて毒ガスを浴びせて窒息死させる.



    韓国軍の大量虐殺が強行された所では、子供たちの口にキャンディや

    ケーキが含まされていた. 老人たちの口にはタバコが 咥えられていた場

    合が多かった. 恐らく、村人を安心させながら一ケ所に集めるための手段だったようだ.





    ヴェトナムのビンホア村にある韓国軍憎悪記念館(別名ヘイト記念館)

  • 併合を解消後、大韓民国政府は国民福祉を強力に推し進める。
    慈悲深い大韓民国政府のおかげで、永遠にこの世の苦痛から解放され
    た人々の数。 推定。

    1948年 済州島「4.3事件」     30,000人 
    1950年 朝鮮戦争       4,000,000人 
    1950年 保導連盟事件      300,000人 
    1951年 国民防衛軍事件 100,000人 
    1951年 居昌事件        8,500人 

    大韓民国政府は、この素晴らしい事業が外国に漏れ、
    又自国民が不公平感を持つことを恐れたのか、事実を隠蔽したよう
    です。

    民主的で、慈悲深い大韓民国政府の高度な採用試験を通過した国家
    公務員=エリート兵士達。
     ↓↓ 心から大韓民国国民の幸福を願っています。 ↓↓





     

    1950年 保導連盟事件 屠殺場に連行される住民たち   ↓

  • 忘れ去られた島・・・





    日本人のほとんどがこのことを知らない・・・


    やがて戦況は日本に不利となり、
    いつ米軍が上陸してもおかしくない状況になった。

    仲間達と話し合った彼は代表数人と共に
    日本の守備隊長のもとを訪れた。自分達も一緒に戦わせて
    欲しい、と。
    それを聞くなり隊長は激高し叫んだという  
    「帝国軍人が、貴様ら土・人と一緒に戦えるか!」
     
    日本人は仲間だと思っていたのに・・・・・みせかけだっ
    たのか。
    裏切られた想いで、みな悔し涙を流した。

    船に乗って島を去る日 日本兵は誰一人見送りに来ない。
    村の若者達は、悄然と船に乗り込んだ。

    しかし船が島を離れた瞬間、日本兵全員が浜に走り出てきた。

    そして一緒に歌った日本の歌を歌いながら、手を振って彼らを見送った。
    先頭には笑顔で手を振るあの隊長が。

    その瞬間、彼らは悟ったという。
    あの言葉は、自分達を救うためのものだったのだと・・・・・。  

    『サクラサクラ  ベリリュー島洞窟戦』船坂弘著(1967年) より

  • レインボーブリッヂ

    設立:2000年4月1日 本部事務局所在地:東京都中央区日本橋
    馬喰町1-6-14 日本橋一平堂ビル6階

    2003年には北朝鮮による拉致被害者家族連絡会に接触し、当時
    日本に帰国していた拉致被害者の北朝鮮に残された子供達を引き
    渡す用意があるとの北朝鮮当局の意向を伝達した。

    また、北朝鮮で死亡したとされる拉致被害者の子供の写真を公開
    し、ワイド!スクランブルなどの報道番組などに代表代行が盛んに
    出演したが、この際、北朝鮮政府の意をくんでいると見られる同
    団体の主張の数々に対して、強い反論が寄せられている。

    NGO「レインボーブリッヂ」の設立直後の2000年5月、北朝鮮を
    訪問し、朝鮮労働党の幹部と会談を持ったとされている。その直
    後の2000年7月から横田夫妻に接触をしかけるようになった。

    北朝鮮当局の意向の伝達役としてマスコミの前に大々的に登場す
    るようになった。以後、北朝鮮関係のコメンテーターとしてたび
    たびテレビに登場している。

    2007年3月、厚生労働省が支給する厚生労働科学研究費補助金
    (科研費)を騙し取ったとして、埼玉県庁に健康医療部長として
    出向中の厚生労働省の医系技官とレインボーブリッジ代表代行
    (事務局長を兼任)小坂浩彰こと博幸ほか計3名が詐欺の容疑で
    警視庁に逮捕された。

    こいつが小坂浩彰こと博幸  ↓

  • レインボーブリッヂは北朝鮮に対する支援を名目として、日本で
    活動しているNGO団体。2000年4月1日に、世界宗教者平和会議
    日本委員会評議員の飯坂良明を代表に、現代表代行の小坂浩彰ら
    により設立された。東京都中央区日本橋に本部を有している.

    2002年には、途上国において燃料として利用されるタイヤチップ
    を北朝鮮に輸送している。この際、茨城県日立港においてタイヤ
    チップを積み込んだ北朝鮮船籍の貨物船チルソン号が座礁する事故
    が発生した。

    同船は船舶保険に加入しておらず、北朝鮮当局も補償
    措置を講じようとしなかったため、茨城県では流出した重油の回収
    作業および積荷撤去作業に4億5千万円以上を税金投入により負担す
    ることになり、船体の撤去費用も2億円以上が投じられた。

    2001年9月17日の小泉純一郎総理訪朝後、横田夫妻に頻繁に接触を
    図るようになり、小坂は横田夫妻に対して、キム・ヘギョン(本名
    はキム・ウンギョン)に会うために平壌を訪問を勧奨し続けたが、
    横田夫妻は小坂の提案に胡散臭さを感じてその話に乗らなかった。

    2006年7月に発覚した三重県桑名市の水谷建設株式会社における脱
    税事件及び使途不明金・裏金疑惑では、同社から3億円相当の中古重
    機の寄付を受けており、これを北朝鮮に向けて不正輸出したことが
    判明している。

    水谷建設は北朝鮮の砂利利権獲得を狙っており、その手段としてレ
    インボーブリッヂを仲介役にしたと報道されており、東京地検特捜
    部では裏金が北朝鮮に送金された可能性について捜査を進めている。



    こいつが小坂浩彰こと博幸  ↓

  • 売春婦ではありません!!




           売春夫です!!

      
      

     その子の名は、「ハナちゃん」といった。休日、横浜・みなとみらいの午後、戸塚から中学校の友だちとスイーツを食べに来て、駅前の光景に凍り付いた。在日特権を許さない市民の会(在特会)による街宣活動が行われていた。「日韓断交」の絶叫に、政治的主張を装いながら「日本が嫌いな反日朝鮮人は出て行け」と、言葉の暴力を放つ。「ハナは半分、韓国人。半分は日本にいちゃいけないってことなの?」。わななく 細い肩に動揺が伝わった。


     こういう「在日韓国朝鮮人はかわいそう」というのは「同情詐欺」「お涙頂戴芝居」として在日韓国朝鮮人お得意の戦術ですね。しかしここまで「作文臭い」のは、神奈川新聞はもはや「日本の新聞社」であることさえ止めたのでしょう。 これって「記事」なんですか? それともただのプロパガンダですか? さて次はあの「朝日新聞」ですよ。

     愛知県警中署は売春目的で客引き行為をしたとして、自称名古屋市中区新栄2丁目、韓国籍の無職・李正宰容疑者(46)を県迷惑行為防止条例違反の疑いで現行犯逮捕し11日、発表した。李容疑者は男で、ブラウスにスカート姿で化粧をするなどしていたという。

    同署によると、李容疑者は10日午後11時10分ごろ、同市中区栄1丁目にある堀川沿いの駐車場で、 警戒中の男性警察官に「どうする、イチゴー(1万5千円)、すべて」などと声をかけた疑いがある。

     逮捕された李正宰は「本名表示」ですから、これは在日か本国人かは不明です。在日韓国朝鮮人の90%は通名使用者ですが、残りは本名生活者です。個人的には本名生活者の韓国人のほうが「マシ」には思えますが、李正宰は「売春夫」のようですね。この手の記事は毎年見かけます。十分お気をつけくださいね! 次は「読売新聞」。

    週明けにも逮捕する方針。 危険ドラッグ製造容疑での逮捕は全国初となる。同部によると、両被告は今年春、七尾市内の建物内で、指定薬物「4―フルオロメトカチノン」を植物片に混ぜるなどし、危険ドラッグ計約1キロ(約165万円相当)を製造した疑い。(読売新聞)

    「くたばれ右翼」「だまれ!クソ馬鹿」というプラカードを出しているのは在日韓国朝鮮人たち(大阪)

  • もし、あなたにほんの少しでも





       正義感があれば





         即やってください!





          住民監査請求を!





           一人でも申請できます。





    自治体は絶対に拒否することができません!!







    そもそも今まで日本行政は朝鮮学校に対し毅然とした態度を
    取る事なく曖昧な姿勢を取り続けてきました

    日本政府側が在日朝鮮人連盟の圧力に屈したと思います.

    その結果かは解りませんが武装闘争が激しかった関西地域では
    中大阪朝鮮初級学校に対し
    大阪市は約50年市有地である同学校の用地4957平方メートル
    を無償で貸し

    尼崎朝鮮初中級学校の敷地は
    市有地(約7850平方メートル)を年間28万円という相場の
    約100分の1の賃料で貸してます.

    伊丹朝鮮初級学校の用地として市有地約4150平方メートルを
    相場の約20分の1の賃料の月額約4万円で貸し更に木造平屋建
    て約400平方メートルの「校舎」や備品を無償譲渡をしていま
    す.

    東京都は年間約2000万円
    神奈川県は年間約1100万円
    大阪府は年間約1000万円
    埼玉県は年間約930万円
    京都府は年間約2000万円など
    都道府県は朝鮮学校に対し助成金を独自に支給しています.

    朝鮮人学校児童・生徒の保護者に対する補助金というモノも
    存在します.
    自治体によって支給金額に差居はあります.

    「朝鮮人学校児童・生徒の保護者に対する補助金」もしくは
    「外国人学校保護者補助金」が支出されていない自治体は
    日本国内で確認されていません。

  • なんとしても、戦争責任が及ばないようにしろ!!




         そのためには、戦勝国として認められることだ!!




              それがダメなら、徹頭徹尾、被害者になりきれ!!





    韓国姑息事大主義の歴史的変遷

    第一期
    李承晩時代
    臨時政府が日本に宣戦布告していた。(これは、国際法上も政治的にもまったく意味を持たない。)
    したがって、朝鮮は連合国と同じく戦勝国。
           ↓
    これで、戦争加担者としての責任追及を免れえる
           ↓
    アメリカ、イギリスは朝鮮を戦勝国として認めず、サンフランシスコ講和会議への参加も当然認められず
    国内的には、強烈な反日主義を推し進めたが、それ以上にすさまじい反共主義を
    推し進めた


    第二期
    朴、全斗煥 盧泰愚時代(朴は、日本の陸軍士官学校出身)
    軍事独裁政権、経済発展最優先
          ↓
    日本からの援助を受けるため、日韓基本条約を締結
    国内的には民族教育を推し進めたが、最優先は徹底的な反共主義
    日本に対しては、ことさら外交問題を起こさないように努めた


    第三期
    金永三、金大中、のむひょん
    反共主義を第一国是からはずし、過去の清算を合言葉にすさまじい反日主義を展開
    北朝鮮に対しては、融和的姿勢をとる
          ↓
    日帝強占下の被害者としての姿を強烈にアピール
    植民地被害者として、戦争加担者としての責任追及を免れえる
    日帝土地収奪、日帝風水侵略、強制連行、強制動員を声高に叫ぶ
    国内的には、事後法の親日罪を創設し、魔女狩りのように親日派を弾圧
    韓国起源説が、百花斉放状態になる


    第四期
    李明博、朴クネ
    核武装した北朝鮮に非融和的になる
    アメリカへの依存を強める(安保、FTA)
    中国への接近を強める
    靖国、慰安婦問題で国内・国外ともに徹底した反日主義を強める
         ↓
    歴史認識問題をことさら強調し、「日本の侵略」の被害者としての立場を内外に強烈にアピール
    「日本の侵略」の被害者として、 戦争加担者としての責任追及を免れえる   

    この人が、朴クネ大統領のお父さん ↓


  • これでは財政再建は到底無理です!!



    自治体は絶対に拒否できません!!


    住民の皆様!


       一人でもできます!


          住民監査請求を申請すれば


            一目瞭然です!!



    板橋区では
    総ての外国人学校に通学する月額8500円を生徒の両親に
    一切の所得制限もなく支給され
    荒川区では
    外国人学校に通学していれば日本国籍者でも所得制限なく
    月額7000円支給されています

    しかし
    江戸川区では
    月額16000円を朝鮮学校に通学する生徒の両親に
    一切の所得制限なく支給され
    台湾学校や韓国学校に通学している生徒の両親に
    一切の所得制限なく15000円支給されていますが
    他のインタナショナルスクールに通学している場合には
    0円です

    新宿区では
    所得制限は存在しますが
    朝鮮学校・台湾学校・韓国学校に通学する両親にのみ
    月額6000円支給しています

    外国人でも
    日本の公立学校に通学している場合に共通するのは支
    給対象外ですしもちろん日本人は対象外です

    日本人が私立の学校に通学している場合
    補助金が毎月支給されている事例が存在せず
    「朝鮮学校だけが外国人学校でも無償化されないのは
    差別ニダ!!」と云う側は
    朝鮮学校が都道府県から受けている恩恵や
    江戸川区や新宿区の様に露骨に朝鮮学校通学者だけが
    恩恵を受けている状況を
    どう考えているのでしょうか?

    朝鮮学校無償化賛成派が
    高校無償化は高校生個人に対する支援であって
    朝鮮学校に対する支援では無く
    無償化は高校生個人個人が持つ「学ぶ権利」をバック
    アップする制度で朝鮮学校の生徒だけ「学ぶ権利」を
    侵害しているという意見を目にします

    「朝鮮人学校児童・生徒の保護者に対する補助金」な
    どは在日朝鮮人個人へのバックアップで日本人は享受
    出来ないモノですよね・・・

    高校無償化は支給される金額は年間12万~14万です
    ちなみに
    江戸川区では月額16000円を朝鮮学校に通学する者
    に支給していますから年間19万2000円が支給され
    ている事になります

    ま・さ・か貰えるモノは貰っておけ的な精神で
    高校無償化を声高に要求しつつ、戦後の混乱時のド
    サクサ的やり方と同じ手法で両方を貰うつもりなん
    でしょうかね・・・

  • さて、NHKのソウル支局長が工作員だとバレたりした
    アノニマスの無慈悲な情報公開が最近有りましたが、
    今度は朝鮮総連の機関誌である朝鮮新報の電子版購読
    会員などの情報約5000人分がアノニマスによってリー
    クされました。

    その中には神奈川新聞の石橋学とおぼしきものもあります。
    というか本人と断定してほぼ間違いないアドレスです。
    神奈川新聞でひたすら朝鮮総連擁護の記事を書いているの
    が石橋学です。

    彼の過去のツイートから・・・
    石橋学 @ishibs_kanagawa 3月29日
    朝鮮学校の補助金打ち切りについてまた社説を書きました。
    http://news.kanaloco.jp/editorial/article/1303280001/
    …今回は多文化共生の観点から考えてみました。

    石橋学 石橋学 ?@ishibs_kanagawa 2月14日
    朝鮮学校への補助金打ち切りにつついて社説を書きました。
    http://news.kanaloco.jp/editorial/article/1302140001/
    …みなさんはどう思われますか。

    石橋学 石橋学 ?@ishibs_kanagawa 2月4日
    朝鮮学校の無償化をテーマに社説を書きました
    http://news.kanaloco.jp/editorial/article/1302020001/
    … みなさんはどう考えますか。

    実に正体がわかりやすいです。

    他にはこんなのもあります。(一部を伏せています)
    le■■@tv-asahi.co.jp テレビ朝日 李?
    naga■■na.t-hc@nhk.or.jp NHK ナガスナタカヒデ
    ao■■.y-ja@nhk.or.jp NHK アオキ

    などなど見ていくと、
    毎日新聞がヨネムラコウイチ オオヌキ他5人と多いです。
    朝日新聞社4 共同通信3 NHK2 などなど。
    情報収集目的なら1アカウントで十分でしょうに。

    株式会社 岩波書店のドメインもありましたがまぁ割と予想
    の範囲内というところでしょうか。

    株式会社リュージー・キャピタルなんて名前もあります。
    これは、菅直人や他の多くの民主党議員が政治団体の事務所
    を置いたり多額の献金をしていた市民の党の事務所と同じビ
    ルにある企業で本体は龍伸興業です。

    ここのオーナーの具本憲は在日本朝鮮青年商工会第6期〜7期
    中央会長だった人物です。名前が出てきて当然の企業ですね。

    エジプト人タレントのフィフィさんに絡んでいる関西学院大
    学社会学部金明秀教授のアドレスもリストにありました。

    他にも多くの企業で通名で登録しているアドレスが多数あり
    ました。通名はやはり禁止にすべきでしょう。なぜ在日だけ
    いくらでも好きに偽名を使えるのか。大嫌いな日本人に成り
    すますのは止めていただきたいです。

  • ★「孔子学院」にノー 



     米シカゴ大、契約打ち切り



    http://sankei.jp.msn.com/world/news/140927/amr14092718420009-n1.htm



     米シカゴ大学は27日までに、
    学内の中国語教育機関「孔子学院」との
    契約更改交渉を打ち切ったと発表した。
    中国政府の方針に基づく運営が
    「学問や言論の自由を脅かす」として、
    多数の教授が連帯し、学院の閉鎖を求める
    運動が起きていた。

    名門シカゴ大の決定は、 孔子学院を抱える
    他の大学にも影響を与えそうだ。

     大学の担当者によると、
    孔子学院との契約は9月末で切れるため、
    既に予算が拠出された講座や研究計画の終了後、
    閉鎖される公算が大きい。

     孔子学院は中国の「ソフトパワー」拡大の拠点として
    中国政府が全面的に出資し、世界各国の大学に
    開講されている。

    一方で運営をめぐるトラブルも相次ぎ、
    米大学教授協会は「中国政府の一機関」と批判、
    各大学に契約の打ち切りを促す声明を出している。
    (共同)


    ★シカゴ大学の教職員100人 
     孔子学院の閉鎖求め署名活動
     大紀元 14/05/02
     http://www.epochtimes.jp/jp/2014/05/html/d72345.html

    孔子学院については
    欧米より批判的な評価も受けている。

    孔子学院の組織はブリティッシュ・カウンシルや
    ゲーテ・インスティトゥートのような他の文化組織
    と異なり、孔子学院が大学の中で活動し、
    そこで教授される講座内容には特定の影響力が
    行使されているとの指摘され、
    設置大学の教育機関としての健全性を脅かす
    ものであると指摘されている。

    また孔子学院が中国政府の組織であることより、
    スウェーデンの国会は孔子学院が国内の教壇を
    中国政府に提供することになるという懸念を
    表明している。

    またカナダ安全情報局は、
    孔子学院が欧米諸国の民心掌握のための
    中国政府の試みの一部である
    とのコメントを表明している。

    2010年に
    アメリカカリフォルニア州ハシエンダハイツ市の
    中学校に「孔子学院(「孔子学堂)」が開設される際、
    地域住民より
    孔子学院は国策事業であり、
    孔子学院を通じて共産主義に依拠した
    教材で生徒を洗脳するものであり、
    米国の利益を擁護するため黙認できない
    と批判され波紋が広がっている.

    ■日本における孔子学院
    日本国内に初めて開設された孔子学院は、
    2005年に立命館大学と北京大学の提携により
    設置された立命館孔子学院である。

    2007年には同学院の東京学堂が開設され、
    翌2008年には同済大学との提携で、
    同学院の大阪学堂が開設された。

    その他、
    桜美林大学(同済大学と提携)、
    北陸大学(北京語言大学と提携)、
    愛知大学(南開大学と提携)
    立命館アジア太平洋大学(浙江大学と提携)、
    札幌大学(広東外語外貿大学と提携)、
    大阪産業大学(上海外国語大学と提携)、
    岡山商科大学(大連外国語大学と提携)
    早稲田大学
    (北京大学と提携による研究型孔子学院設立)

    工学院大学(北京航空航天大学と提携)
    福山大学(対外経済貿易大学及び上海師範大学と提携)

    2009年には日本の外国語大学で初めて、関西外国語大学(北京語言大学と提携)


    --------------------------------------------------------------------------------
     
    ★孔子学院
     http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%94%E5%AD%90%E5%AD%A6%E9%99%A2

  • 大阪社会部記者、植村氏はなぜ、ソウルに飛んだのか?





        朝日新聞ソウル支局は、なぜ支局記者に取材させなかったのか・・・





           義母の裁判を有利にするために記事を書いた・・・





     ■朝日新聞は「誤報」の責任をうやむやにした


    何よりも朝日が最も検証すべきは、1991年夏の「初めて慰安婦名乗り出る」と報じた植村隆・元記者の大誤報だ。記事は挺身隊と慰安婦を混同、慰安婦の強制連行を印象付けた。

    しかも義父にキーセン(芸妓)として売られていたことを書かずに事実をゆがめたからだ。しかし今回、同紙は誤報を認めなかった。2日に渡った特集は、触れたくない部分には触れず、「女性の尊厳」という人道主義に逃げ込んだ。


     1980年代からすでに30年以上も日韓摩擦の原点となってきた慰安婦問題は、争点の強制性の問題で「朝鮮人女性を挺身隊の名で強制連行した」との誤報が事実関係を歪曲(わいきょく)し、韓国側の反発をあおったことが大きい。その根拠となったのが植村氏の記事である。

     記事の第一報(8月11日付)は、慰安婦を匿名扱いにしたうえで『「女子挺身隊」の名で戦場に連行され、日本軍相手に売春行為を強いられた「朝鮮人従軍慰安婦」のうち、一人がソウル市内に生存していることがわかり、韓国挺身隊問題対策協議会が聞き取りを始めた』という内容で、『協議会が録音したテープを記者に公開』として、『17歳のとき、だまされて慰安婦にされた』という元慰安婦の証言を報じた。

     しかし、植村氏が書いた女性、金学順さんは挺身隊とだまされたのではなく、親に身売りされていたのだ。朝日の記事の3日後に韓国メディアなどへの記者会見で金さんは、「14歳で母親に平壌のキーセン検番(学校)に売られ、3年後に義父に日本軍の部隊に連れて行かれた。私は40円で売られた」と述べ、韓国紙に掲載されている。

     そこに、朝日新聞が日本メディアとして「挺身隊としてだまされ連行」と書いた。韓国がこれを強制連行の根拠して飛びついたのはいうまでもない。

     金さんが貧困の不遇な境遇から慰安婦にさせられた経緯は、金さんが名乗り出た91-92年当時に明らかだった。また植村氏はその後も金さんの記事を書いたが、挺身隊連行の誤報は正さず、身売りの話も一切、書かなかった。

     ■大阪社会部記者、植村氏はなぜ、ソウルに飛んだのか? 義母は元慰安婦の賠償請求訴訟の原告団体の幹部だった

     金学順さんは、植村氏の記事が掲載された91年末に来日、日本政府を相手とする戦後補償を求める裁判を起こし、日本全国で講演活動も行っている。

    金さんら元慰安婦を支援し、この裁判の原告となったのが、韓国の戦争被害者支援団体「太平洋戦争被害者遺族会」(遺族会)である。そして、「遺族会」の幹部、梁順任さんは植村氏の義母、つまり夫人の母なのである。

     裁判の訴状にも、金さんは生い立ちについて『14歳からキーセン学校に通い、17歳で養父に連れられ中国に渡った』と書いた。植村氏が金さんの事情を知らないわけがない。しかし、誤報は訂正されなかった。

     朝日の特集には、植村氏の義母の「遺族会」幹部であることは書かれているが、金学順さんの裁判の原告団体であったことには一切、触れられていない。

     植村氏は取材の経緯について「挺対協から元慰安婦の証言のことを聞いた、当時のソウル支局長からの連絡で韓国に向かった。義母からの情報提供はなかった」とコメントしている。

    しかし、朝日新聞ソウル支局は、なぜ支局記者に取材させず、大阪社会部の植村記者に任せたのか? 特集はなぜ、金学順さんらの裁判に触れていないのかと疑問だらけだ。

     慰安婦問題を91年以来、追跡してきた西岡力・東京基督教大学教授は次のように述べる。

     「そもそも、慰安婦を女子挺身隊の名で集めたというのが吉田清治氏のウソ証言だった。朝日新聞は吉田氏が著書『私の戦争犯罪 朝鮮人強制連行』(1983年)を出す前から記事で取り上げ、広めた。吉田氏が加害者で、金学順氏の登場は被害者の登場だった。これが国際社会に“日本の性奴隷”を世界に拡散させた国連人権委員会のクマワスワミ報告書の根拠に使われた。

    植村氏の記事はその発端だった。誤報というだけではない。義母の裁判を有利にするために記事を書いた疑いもある。


    この人が金学順さん  ↓

  • なぜ朝日新聞は2014年に記事捏造を認めたのか?





         植村隆の23年プロジェクトの全貌をここに明かす!





    父親にとっての一番の心配事はやはり・・・・「娘の将来」でしょうね!





      植村隆にとっては、韓国人にいじめられる日本人子弟はどうでもいい?





    中国には「裸官」という言葉があります。これは中国の高級官僚たちが、ワイロで貯めた資産と家族や親戚を海外に逃がして、中国国内にいるのは「官僚本人だけで家族がいない状態=裸(はだか)」から来た言葉だそうです。 具体的には、資産と家族をアメリカに逃がし、中国政府の官僚が、「いつでも逃げられる状態」のことをいい、中国庶民からは憎悪の対象になっています。 

    驚くなかれ、中国共産党のトップである習近平ですから一人を娘をアメリカのハーバード大学に留学させていましたし、彼の親族はいまだにカナダとオーストラリアにいます。(さすがに娘は中国に強制帰国させられていますが!)
      
             
     「家族を外国に逃がす」というのは、やはり気持ちの上で「やましい」部分があるのでしょうね。朝日新聞の元記者である植村隆も「家族を外国に逃がす」ということを計画的にやってきました。 ある意味、2014年に「植村の捏造記事」を朝日新聞が認めたのは、植村の計画が完了したことに合わせたからでしょう。植村隆は4人家族ということです。


    今年の3月に朝日新聞社を退職。朝日新聞社は60歳定年ですから「早期退職」になります。朝日新聞社からは「神戸松蔭女子学院大学」の教授職を紹介されていたようですが、大学に多数の抗議があり、大学側が植村隆の採用を見送ったことを公表しています。現在は北海道にある「北星学園大学」で非常勤講師として勤務しています。

    植村隆の妻
     名前・年齢は公表されていません。この妻は韓国人で、彼女の母親が、詐欺で摘発された「韓国太平洋戦争犠牲者遺族会会長の梁順任」と言われています。

    梁順任たちは「動員犠牲者でなくても当時を生きた者なら誰でも補償を受け取れる」などと嘘を言って、弁護士費用などの名目で会費15億ウォン(約1億2千万円)をだまし取り、ソウル市警察に摘発されました。

    (2014年6月、梁順任に対しては道徳的・民事的責任を問うことはできるが刑事的責任を立証できないとし、ソウル中央地方法院は無罪を言い渡しています。ただし植村の義弟に当たる、梁順任の息子は有罪。この一家、詐欺師家族?)


     植村隆の息子  1992年生まれ 22歳 現在、アメリカのブラウン大学の学生

     植村隆の娘  1997年生まれ 17歳 現在、北海道の女子高2年 今秋から海外留学の予定説あり

    こうやって見ると、植村隆にとっての最大の懸案であった娘の海外留学が決まって、「家族全員の日本脱出」が可能になったことが「朝日が捏造報道」を認めた背景にあるように思えてなりません。

    朝日は朝日で「植村隆の個人の過失」で押し切れますし、植村隆は、朝日から「一人泥かぶり料」が受け取れます。正直言って、子ども2人を海外に逃がすにはお金がかかりますからね。植村と朝日の間に「密約」があったとしても不思議ではありません。

    ちなみに、植村隆の息子は韓国での兵役を避けるために日本国籍を選択し、娘は植村姓を捨てるために韓国籍を取得するのではないかと思われています。(母親が韓国籍だと子どもは韓国籍を取れます) つまり、すべてが念入りに計画された「日本脱出作戦」なのでしょう。 

    植村隆が記事を書いて23年。その後、朝日によって「飼い殺しにされた」植村の遠大な計画の完成が「2014年」だったのではないでしょうか? 

     植村隆は今は「裸官」の状態です。「いつでも逃げられる状態」ですから、植村が日本を脱出するのは時間の問題です。植村は、北星学園の仕事を今学期で切るんじゃないですか?(遅くとも来年の春以降は日本にはいないはず)。

    結局、「植村隆の犯罪」は追及されることなく終わる予感がします。なかなか狡猾な人ですね! 植村隆の頭の中には「自分の子どもへの愛」はあるのでしょうが、アメリカで、韓国人からいじめにあっている日本人子弟への愛はいっさいなかったようです。

  •  朝日新聞の記事が最もよく読まれている国はどこか? 




          日本?




             いいえ韓国ですよ。




    正しくは最も多く「引用され利用された」というのが正確な実態でしょう。韓国の主要な新聞社、朝鮮日報、東亜日報、中央日報、ハンギョレ新聞などは左右関係なく、朝日新聞を「日本の良識」と呼び、朝日の記事を「これが日本が認めた事実」として引用し、拡散し続けてきました。

    韓国メディアにとっては「朝日はニュースソース」だったんです。言い換えれば、「朝日のウソ」を悪用して拡散したのが韓国メディアのやったことです。韓国では教育の世界でも「慰安婦ハルモニ(おばあさん)たちは、少女時代に日本軍に強制連行されたかわいそうな女性たち」と教え込んでいます。

    残念ながら、韓国人の頭の中には「朝日のウソ」が染み付いていてもう消すことは無理かもしれません。

    以下は、今年の8月9日付朝鮮日報日本語版よりの抜粋です。

    まあーー、語るに落ちたとはこのことなのでしょうか・・・


    << 2005年3月27日、朝日新聞論説主幹だった若宮啓文氏は「風向計」というコラムで「いっそのこと島を譲ってしまい、『友情島』にしてもらう」という「夢想」を書いた。遠回しな表現だったが、独島(日本名:竹島)放棄を主張したのだ。

    それでも右翼の行動隊が朝日新聞社前に集結し「国賊、売国奴、切腹しろ」と脅した。若宮氏は日本の右翼の敵になった。朝日新聞はその若宮氏を6年後、新聞編集の最高位である主筆に任命した。

     日本語を学ぶ韓国人学生にとって、朝日新聞は貴重な教材だ。誤字が少なく、文法が正確だという理由だけではない。朝日新聞からは民族主義という名の嫌なにおいが漂ってこない。その良い例が在日韓国人犯罪を扱った記事だ。

    他紙とは違い、朝日新聞は容疑者の韓国名を書かない。代わりに在日韓国人が日本で使用している日本名「通名」を記載する。言葉一つとっても在日韓国人に対する偏見を助長したくないということだ。>>

    何故、”偏見”が生まれるのかの社会的背景や歴史的経緯については絶対に触れない・・・

  • ロシア(ソ連)が労働力を必要とした!!





              よって、日本への帰国を認めない!!





                   北朝鮮との関係!!





                       韓国とロシアとの問題!!






                          だけど、強そうなやつには文句言えねえ――!!






    韓国人は、南樺太(サハリン)残留韓国人問題でも数々の歴史を捏造し、個人賠償請求権を主張しています。

    2012年11月、韓国の国家記録院は大東亜戦争直後に南樺太の恵須取町で、「日本軍による韓国人虐殺」の記録を追跡調査した結果、証言を確保したと明らかにしました。


    サハリン在住の韓国人らは、「1945年8月20日に叔父と叔父の弟が日本軍に殴り殺された」などと証言をしました。

    すでに1945年8月20日には、日本軍は恵須取町から撤退していたようです。


    昭和20年
    8月9日  ソ連「日ソ中立不可侵条約」一方的破棄により日本不法侵略開始
    8月15日 終戦
    8月16日 ソ連軍塔路上陸、日本軍は民間人の撤退援護の為にこれを迎撃
    8月17日 日本軍は上恵須取に後退
    8月18日 恵須取方面の日本軍はソ連軍と停戦協議するが決裂
    8月20日 交戦を回避するため日本軍は白雲峡に撤退

    仮に日本軍が恵須取町に残っていたとしても、ロシアによる不法侵略から日本国民を守りながら撤退をしていたのです。

    このような状況で、日本軍には朝鮮人を虐殺する時間的余裕もなければ、虐殺する理由もありません。

    サハリンの韓国人らの証言に信憑性はなく、ロシア軍による朝鮮人虐殺か、日本人の残した財産を奪い合った朝鮮人同士が殺し合ったのです。

    韓国政府は、戦後、南樺太に居住していた韓国人が約4万3千人だったことを考慮すると、樺太に強制連行された韓国人は最大3万人に達すると主張しています。

    反日勢力は、
    「日本が強制連行で4万3千人を無理やりサハリンに連れて行き、過酷な労働につかせた。だから日本の責任で帰国させねばならない」「日本人だけがさっさと引き揚げ、朝鮮半島出身者だけを置き去りにした」
    などと主張しています。

    民主党の仙谷由人は2010年7月7日、日韓請求権協定で消滅した個人請求権について、「法律的に正当性があると言って、それだけでいいのか、物事が済むのかという話だ」と発言しました。

    そして、「政治的判断で個人補償を行うべきだ」との考えを示唆しました。


    しかし、サハリン強制連行4万3千人という、韓国政府・反日勢力の主張は事実ではありません。

    当時の韓国は「反共」であり、ソ連と国交を持たなかったために、サハリン残留韓国人の帰国は事実上不可能でした。

    サハリンに居住していた韓国人4万3千人は、戦後にロシア(ソ連)や北朝鮮から派遣労働者として、サハリンに渡った約2万人の朝鮮族を加えた人数です。

    戦後に、北朝鮮などから渡った労働者が含まれているのですから、日本から強制動員された韓国人3~4万人も韓国による捏造です。

    ■結論

    サハリン朝鮮人強制連行4万3千人はウソ!

    ・自由意志の朝鮮人従事者約2万人
    ・戦後に従事した朝鮮族約2万人
    ・朝鮮での徴用は1944年9月から翌年3月までのわずか7ヶ月、この時期に樺太徴用は不可能に近い(徴用は国民の義務)

    そもそも、サハリン残留韓国人問題は、ロシア(ソ連)が労働力を必要とした方針や北朝鮮との関係など、韓国とロシアとの問題で、日本に関係はありません。

    今も残る南樺太の恵須取町の駅の標識 ↓

  • 2000年の民族史を俯瞰したただ一人の老歴史学泰斗!!







            ここに、同胞たちに切々たる思いで遺書を残す!!







                      たれか知る、孤高の鷹の遺志を!!






    ◆崔基鎬氏:新羅の統一で民族性に歪み(新羅が半島を統一した事によるモラル・ハザード) ・・・「堕落の2000年史」(崔基鎬著)より引用

    崔基鎬(チェ・キホ、1923年 - )は、韓国の大学客員教授。
    明知大学校助教授、中央大学校、東国大学校経営大学院教授を経て、加耶大学校客員教授。

    高い徳と輝かしい文化を誇った朝鮮半島の三国時代は、一つの予期しない大事件によって終止符を打った。新羅による朝鮮半島の統一である。新羅による統一は、外勢である唐と結託して、同胞の国であり、当時、アジアの強国であった高句麗と、世界の最高級の文化と芸術の国であった百済を、不意打ちする事によって滅亡させたものだった。(百済が660年、高句麗が668年)

    民族反逆の末に、自らを唐の属国としてしまった。ここに韓国人の意識構造に、異常を招く事態となった。

    新羅は自ら進んで唐の属国となる事によって、卑怯、利己主義、機会主義、事大主義をはびこらせ、韓民族を転落させたのだった。これは朝鮮半島に禍根を永久に残す事になった大事件であるが、「無頼漢(ムレハン・ごろつき連中)」が他民族の勢いを借りて、自分たちの民族国家を打倒したのだった。

    (中略)
    「統一新羅」という言葉は美しく響く。新羅が自らを「大唐国新羅郡」と卑下して読んだ事を記録している。このような環境のもとで、国を失った高句麗と百済の遺民の心境は、その後、卑屈に落ち、紳士どころではいられなかった。その結果、中国に対する「事大思想」は、今日でも、未だに韓国で幅を利かせている。

    (中略)
    韓民族は旺盛な活力を持っていたのに、新羅による統一を機として衰退し始めた。仁・義・礼・勇が充溢した独立自尊、高徳の国は、民族内部の裏切り者によって、かつて敵であった隣国の属領に成り下がったのである。

    その事が何を意味するかというと、中国は今日に至るまで、どの時代をとっても孔子をも絶望させたように、社会が常に腐敗していたが、この深い泥沼のような中国文化に組み込まれてしまった事が、韓民族に最大の不幸をもたらしたのである。

    新羅は中国の属・領となる事によって、唐の元号を用いるかた・わら、名前や服装を唐風に改めた。韓民族の姓は三国時代までは二字姓だったが、創氏改名(注・日本が韓国に対して行ったものは氏を創り名を改めるものだがここでいう創氏改名は氏を創るのではなく姓を改めるので改姓と呼ぶのが正しい)が強いられ、一字姓となった。

    (中略)
    李光末は、新羅の朝鮮統一と、李朝の成立によって、韓民族の民族性が次のように歪められたと指摘している。

    1. 虚言と偽騙の行為がはびこることによって、相互間の信頼性が失われた。このために詐欺的な態度が広まるようになった。
    2. 空理空論を弄び、美辞麗句を連ねる。頂上の権力者は生殺与奪の権をはじめ、不可能な事がないほど、思うままに権力を振るい、一切の責任を負わない。
    3. 表裏不同だ。人の面前ではへつらい、背後では悪し様に言う。恥をまったく知らない。
    4. 卑屈、物事に怖じけ恐れる。他人の思惑ばかりを気にして、決断する能力が低い。
    5. 反社会的利己心によってのみ動かされ、公益には無関心だが、自己、家族、党派については極端な利己主義を発揮する。

    これこそ、現在の韓国を深く蝕む「韓国病」そのものにほかならない。
    歴史は教訓に富んでいるものである。韓日交流史を古代に遡って学ぶ時には、韓民族が歴史の過程に於いて、中国的なものに囚われてしまった民族の悲劇を、覚るものにならねばならないと思う。

    孤高の歴史学の泰斗崔基鎬(チェ・キホ、1923年 - ) ↓

  • 弱い者には徹底して強い態度で



                強いものには徹底して低姿勢で



                    骨の髄までしみ込んだ事大主義の民族精神!!



             ある台湾人の回想より



                 この人は、岐阜の航空学校に所属していた



                  
    ◆1945年8月15日・・・
    1945年8月15日、日本は敗戦した。
    山奥での作業中に年輩の日本兵(教官)が「負けた!」と隊からの伝令を話したまま、呆然と立っていた。
    我々(台湾人生徒)は何が起こったのか全く分からなかった。

    (中略)
    しかし隊長の青ざめた表情は自体の深刻さを表現していた。
    しばらくして、敗戦の事実が我々、台湾人生徒にも正式に伝達された。
    悔しさと無念の気持でいっぱいになり、溢れる涙で頬を濡らした事を鮮明に覚えている。

    無性に悔しかった。
    他の台湾出身生徒も同じ心境だった。

    しかし、朝鮮出身の生徒達は、その日から食糧倉庫、衣服倉庫を集団で強奪していた。滅茶苦茶な暴虐・強奪の有様だった。
    我々は複雑な心境でそれを眺めていた。

    (中略)
    敗戦は、それまで1つだった国民を3つの国民に分けてしまったのだ。


    ◆帰国の為に汽車で日本の九州へ・・・
    急な日本の敗戦で、私は心の切り替えが出来なかった。
    日本兵の軍服で汽車に乗っていた私は、周囲からは敗戦で消沈した日本人に見えたのだろう。

    8月15日から急に横暴になった朝鮮人に嫌がらせされた。
    座席に置いた新品の飯盒を朝鮮人に盗まれた。

    取り返そうとすると、「お前はなんだ!朝鮮人を侮蔑したな!降りて来い!」と、たちまち数人に囲まれてしまった。
    一人と多数・・・勝てない・・・。
    「ごめんなさい。私の勘違いでした」と謝り、ピンチを逃れる事しか出来なかった。

    それから佐世保に到着するまでの30時間・・・朝鮮人は執拗に私と日本人乗客を苛め続けた。
    若い女性がトイレに行こうとすると通路を塞ぎ、「次の駅で窓から降りろ!」と命令し、苛めていた。

    朝鮮人の酷すぎる情けない行為を、私は内臓が沸騰するような怒りを感じながら眺めていた。
    黙って見ているしか出来なかったのだ・・・。

    (中略)
    佐世保のキャンプで私は面白い場面に遭遇した。
    あの朝鮮人たちが、「中華民国台湾青年隊」の腕章を着けた我々にお世辞を言いながら擦り寄ってきたのだ!
    それは中華民国が連合軍の一員であったからだ。

    弱者には傲慢で、強者には媚びる・・・。 
    そんな朝鮮人の極端な習性を私は目撃したのだった。

    しかし、大国の狭間で生存しなければならなかった環境が、そうした民族性を育んだのだから、今更、それを責めても仕方が無いだろう・・・。

    ■台湾人SAI KONSANの著書

    「台湾人と日本精神」

    ~日本人よ胸を張りなさい~

    から抜粋

  • 人類には、崇高にしてもっとも神聖な義務がある。




    それは、人類の正義の名において実行される。



    間違いなく!!




           そして確実に!!



    虐殺屋、侵略者にして抑圧者である中国共産党を殲滅せよ!!


    人殺し、略奪屋の中国共産党を殲滅せよ!!


    それにしても、日ごろ人権問題にうるさい人権派と称する連中は、なぜ中国共産党の

    人殺し、略奪を見て見ぬふりをするのか??

    彼らは偽善者ではないのかああ=---!!!


    中国の官憲によって無残にも虐殺されたウィグルの人たち ↓

本文はここまでです このページの先頭へ