ここから本文です

投稿コメント一覧 (562コメント)

  • >>No. 771

    この投稿あなたのでしょ?

    違いますか?

    ナノキャリア(株)
    No.362
    2017/01/22 07:06
    >>No. 65
    おはようございます。
    会社のIR担当さんのtelでの説明は、下記だけです。

    又当方、すい臓がんの新規患者さん募集中断について納得が
    いかず担当者に色々質問・議論しました、ただ頭の中が
    ”6004+ゲムシタビンと放射線治療の併用”と思い込んでおり
    6004と放射線治療の併用だったことを今朝確認、間違った書き込
    みでミスリードした面も、本当にごめんなさい。
    一部間違い投稿を削除させください。144と142

    > NC6004のP1頭頚部がんで放射線治療との併用で
    > 中止になったが、これが原因・影響したと。
    > すい臓がんP3も同じ6004であり、患者さん第一
    > 安全性確認のための一時中断だそうです。
    >
    > 中間解析についてもナノ社には計画は無かったが
    > 第3社委員会で決めたとの事。(第三者機関

  • >>No. 768

    聞きました。

    NC6004のP1頭頚部がんで放射線治療との併用で
    中止になったが、これが原因・影響したと。
    すい臓がんP3も同じ6004であり、患者さん第一
    安全性確認のための一時中断だそうです。

    あなたが言われたと言っておられる事

    当方は一切聞いておりません。以上

  • >>No. 763

    <<citoronさん、やっと出て来てくれました。
    中間解析の原因は安全性の確認の為に中断とは言って
    ませんが、下記あなたの投稿ですよ。
    当方の予想とは書いたと思いますが。>>

    あなたが言ってないのであれば、無視すればいいのでは?

    言った人が反論するのなら理解できますが

    私はあなたを名指しで批判していないのですから。

  • >>No. 735

    <<一方で松山さんに中間解析は以前から予定しているものと聞いた記憶があるら安全性の再確認とは聞いた記憶がない、と書き込んだ人がいました。>>

    いろいろ質問しましたから、記憶が曖昧なのは申し訳ないのですが

    中間解析は放射線併用が中止になったことに関連して安全性の確認のためだとは聞いた記憶がありません。

    そのように聞いたのであれば、そのように記憶しています。

    インパクトがありますし、6004に対する疑義がかけられているのですから。

  • >>No. 385

    メールしたり、電話したり刷るのは、掲示板に貼り付けるのが目的じゃないのでは?

    自分自身が確認したいからじゃないのですか?

  • >>No. 380

    <<電話だと、後から、言った言わないの問題が生じるかもしれないので>>

    今の時代、録音だって出来ますよ?

  • >>No. 377

    <<失礼ながらあなたが記憶を持ち出しているあたり、どこか不安に感じるところがありますが>>

    多くの事を質問しましたので、中間解析についての記憶がちょっと薄くなってしまったものですから。
    すみません。

    ただ、もし放射線線併用中止が影響していると言われたなら、そのように記憶していると思います。

    インパクトありますからね。

  • >>No. 373

    <<ごめんなさい。私はメール確認中のためにまだ返信がありませんので>>

    メールではなく、何故電話されないのですか?

    電話なら即答してもらえるのに。

  • >>No. 373

    私の記憶では、中間解析は予定していたものと聞いています。

    明日にでも,松山氏に確認ください。

    もし放射線線併用中止が影響していると言われたなら、そのように記憶していると思います。

    とてもインパクトがありますから。

  • >>No. 369

    <<あなたが根拠なく意図的に売り煽ってるってことはありませんよね?>>

    NC6004のP1頭頚部がんで放射線治療との併用で
    中止になったが、これが原因・影響したと。
    すい臓がんP3も同じ6004であり、患者さん第一
    安全性確認のための一時中断だそうです。このように言われている人もいますが
    私も電話で松山氏に確認しましたが、このようなこと言われた記憶がありません。

    なにか事実ではない事で、売り煽っておられる酷い人がいますね。

  • >>No. 288

    <<日本/アジアで実施中のNC-6004の膵がんを
    対象とした第三相試験は、2018年3月までの
    試験を予定しております。本試験においては、
    現時点では中間解析等を行っておりませんので
    ご案内はできません。>>

    これによると
    ありがたくさんがメールされた時点ではデータ解析は行なっていないという事ですね。
    2017年に入って中間解析を行う予定になっていたのかもしれませんね?

  • >>No. 283

    <<以前、問い合わせしたときは
    中間解析は、予定していないと
    回答もらいましたよ。>>

    松山氏にいろいろ質問したものですから、中間解析については記憶があやふやで
    間違っているかもしれません。

    もともと予定していたと聞いたと記憶している程度ですので
    すみません。

  • >>No. 274

    <<しかも中間解析を受けるかどうかは会社の判断となりますので、ダメそうなら拒否していると思いますよ
    中間解析利用の促進の意義をしっかり理解してくださいね>>

    ナノ社のIRに昨日電話したのですが、松山氏は中間解析は元々予定していたものと
    言われていたように思います。

    私の勘違いかもしれませんので、懐疑的な方は直接IRに電話で確認ください。

    元々予定していたものなら、ナノ社のは相当な自信が?

  • <<日本/アジアで実施中の局所進行性・転移性膵がんを対象とした第III相試
    験においては、これまでに治療上の重大なリスクは見られてはおりません>>

    説明会資料には、このように書かれています。

    ナノ社を信じればですが、これまでに治療上の重大なリスクは見られてはおりませんと
    会社側が言っていますので、問題ないと素直に思います。

    ナノ社を信用出来ないと思われている方には、無理なことだと思いますが。

  • <<当社は、今後も国内外を問わず⼀⽇でも早い承認
    取得に向けた活動を積極的に推進してまいります。>>

    ナノ社のIRでよくみられる文言です。

    今回の中間解析も、この⼀⽇でも早い承認取得に向けた活動を積極的に推進 の
    一環ではないでしょうか?

    中間解析が、早期承認に結び付く?

  • <<シスプラチンの課題
     シスプラチンは毒性(腎臓毒性、消化器毒性、神経毒性)が強く、毒性の発現のために治療が継続でき
    ないことががん治療上の問題となっている
     投与に⻑時間を要するため、⼊院治療となる
     Bristol-Myers Squibbはシスプラチンの副作⽤を軽減したカルボプラチンを開発したが、有効性も減弱
    したため、シスプラチンを凌駕できていない>>

    NC6004開発の意義は、副作用の軽減です。

  • 中間解析で有効性、安全性が証明されれば、試験期間の短縮あるいは早期終了も有り得る?

  • >>No. 128

    今年のASCOでNK105のP3試験の結果発表が行われる可能性があると
    ナノ社のある方の個人的見解として聞いたものですから、絶対ではないですよ。

    NK105は副作用の軽減と忍容性の高さは確認されていますので、まだ復活の可能性はあるのでは?
    まずはP3試験のデータが見たいですね。

  • >>No. 120

    <<化薬はナノの協力を一切排除して独自で治験を進めていたので、ナノは治験のデータや資料等を
    見る事ができなかったのではないかな?>>

    日本化薬のNK105について
    ナノ社のある方としか言えないのですが、個人的見解として
    今年のASCOでNK105のP3試験の結果発表が行われる可能性があるそうです。

  • >>No. 113

    <<説明会資料の頭に将来性見通しのリスクを

    持って来てるところ見ると、相当危ないんじゃないの?>>

    NK105の事もありますから、このような位置に将来性見通しのリスクを持って来たのでは
    ないでしょうか?

    会社としては当然の対応ではないでしょうか?
    だからNC6004が駄目ということには結びつかないと思います。

本文はここまでです このページの先頭へ