ここから本文です

投稿コメント一覧 (6924コメント)

  • >>No. 158661

    いったん検察で不起訴になったものを検察審査会が蒸し返したものです。
    原発問題を風化させないという点からはいいんじゃないですか。
    しかしこの問題、時効はどうなっているんでしょうな。

  • なぜか理由はわからんが#158648がこっそり削除されておる。
    念のため保全しておく。

    #158648

    >>158647
    ●全く算数にも論理的にもなってないな。20ミリシーベルトと100ミリシーベルトと0.5と0.5%とどんな関係があるのかね?
    ----------------------------------------------------------------

    100ミリシーベルトが基準ですそのリスクが癌リスクを0.5%上げます、福島の基準は20ミリシーベルトですから20は100より小さいですからリスクは0.5以下になります。どうしてこの関係が理解できないのか、不思議です。と何度も書いていますとここまで書いてみて、まさか 100と20の関係がわからない?100ミリシーベルトはこれは全国に適用される国の基準です、ですから福島も100ミリシーベルトで良いのですが当時の政権が福島は特別に20ミリシーベルトに基準を厳しくした、0.5%は100ミリシーベルトで0.5%以下なら20ミリシーベルトならそれ以下のリスクになる。余計な悪態はいらないからわからないなら、ここがわからないと素直に書け 福島の基準値も知らないのにどうして風評を流すんだ?福島にうらみでもあるのか?

  • >>No. 158649

    >そんな夢みたいな話、じゃなぜ安く買いたたかれて売っている、場合によっては、お金払っているケースもあるよ。
    ●再生可能エネルギーは将来のメインエネルギー。変動電源がネックになって使用できないなんてことはありえない。原発炉のコントロールのほうがはるかにむつかしい。
    やらないだけだ。

  • >>No. 158650

    >これがあなたの基準のすべてか?他には検討する事は無いのか?これだけの理由であんなことを書いているのか?
    ●なんじゃ、毒づくだけで反論も返答も能わずか。
    ちゃんと反論しろよ論なしくん。
    0.5というのは50%なんだよ。0.5%の100倍だ。
    それくらいは理解しておるのであろうな。数値並べりゃあいいってものではないぞ。

    ●全く算数にも論理的にもなってないな。20ミリシーベルトと100ミリシーベルトと0.5と0.5%とどんな関係があるのかね?
    数学的にも全く説明になっておらんが?
    ごまかそうとしておるのか?

    >放射線が危険なのは国は認めています、だから100ミリシーベルト以下にしなさいと基準を作っています。あとは意味不明0でないと危ないと言う事?あなた宇宙線は知っているよね、それと関西は自然放射線が多いと知っている。
    ●また話をあらぬ方向へそらそうとしておるな。
    すべての放射能値がゼロでなければいけないと誰かが言うたのかね?
    だがある閾値を超えると危険なことはわかっておるようだな。
    だから立ち入り禁止区域があるのではないのかね?
    そもそもの話は原発事故による放射能の危険度が火力発電による大気汚染よりは大きいという話ではなかったのかね?
    で、わしが言うたのは火力発電由来の大気汚染で立ち入り禁止区域は設けられておらんが原発事故の場合は立ち入り禁止区域が設けられておる。だから原発事故のほうがはるかに深刻だということだ。
    それをチミはこういうた。

    >「危険」「危険でない」の2つから選べと言われるとがんリスクが0でない以上「危険」となるが他のリスクの比較では「危険ではない」になるといこと。
    ●ではチミの言う他のリスクとは何かね?

  • >>No. 158651

    国に金がないから国民みんなで金を出しあって何とかしよう。
    1家庭当たり年10万円づつ出し合おうではないか。
    年収200万の家庭は5%の拠出
    年収500万の家庭は2%の拠出。
    年収1000万の家庭は1%の拠出になる。
    これって公平な負担なのだろうか?
    なんだか所得税の納税格差を低所得者に埋め合わせさせているような気がする。

  • >>No. 158634

    >100ミリシーベルトが基準ですそのリスクが癌リスクを0.5%上げます、福島の基準は20ミリシーベルトですから20は100より小さいですからリスクは0.5以下になります。どうしてこの関係が理解できないのか、不思議です。
    ●全く算数にも論理的にもなってないな。20ミリシーベルトと100ミリシーベルトと0.5と0.5%とどんな関係があるのかね?
    数学的にも全く説明になっておらんが?
    ごまかそうとしておるのか?

    >放射線が危険なのは国は認めています、だから100ミリシーベルト以下にしなさいと基準を作っています。あとは意味不明0でないと危ないと言う事?あなた宇宙線は知っているよね、それと関西は自然放射線が多いと知っている。
    ●また話をあらぬ方向へそらそうとしておるな。
    すべての放射能値がゼロでなければいけないと誰かが言うたのかね?
    だがある閾値を超えると危険なことはわかっておるようだな。
    だから立ち入り禁止区域があるのではないのかね?
    そもそもの話は原発事故による放射能の危険度が火力発電による大気汚染よりは大きいという話ではなかったのかね?
    で、わしが言うたのは火力発電由来の大気汚染で立ち入り禁止区域は設けられておらんが原発事故の場合は立ち入り禁止区域が設けられておる。だから原発事故のほうがはるかに深刻だということだ。
    それをチミはこういうた。

    >「危険」「危険でない」の2つから選べと言われるとがんリスクが0でない以上「危険」となるが他のリスクの比較では「危険ではない」になるといこと。
    ●ではチミの言う他のリスクとは何かね?

  • >>No. 158635

    電力の需給バランスの問題。
    太陽光や風力など変動電源を安定的に受け入れるための系統運用技術は、ドイツなど再エネ先進国では既に採用されている。

    再生可能エネルギーの普及・拡大を掲げながら、送電網の整備・運用改善を放置してきた国や電力会社の責任は大きいのではないか。あるいは、政府には本気で再生可能エネルギーを普及させる決意はなかったのかもしれない。

    新幹線を中央制御する時代、小惑星にロケットを着陸させる技術大国の日本にこの問題を解決できる技術がないとは思えない。

  • >>No. 158640

    >>引き上げ税収の半分、国民に還元…首相発言
    広く大衆からかき集め、お友達や金持ちに還元するんだとさ。
    ますます格差は広がる。

  • >>No. 158629

    >放射線を1年間に浴びても良い基準が100ミリシーベルトで100ミリシーベルトを浴びるとそのリスクが発がん率を0.5%以内に高めるリスクがある。そういう0.5です、日本国内どこでもこの基準です(福島は20ミリシーベルトになっていますが)。
    ●前言撤回かね?君は0.5%は全国基準ではなく福島のリスク管理というておったぞ。

    >現在50%の人ががんになります、夫婦だとどちらかが癌になるわけです、福島のリスク管理はその確率を上げる事を0.5%以下にしています、これがそれほど大きな数字とは思えませんがいかがですか。

    で?立ち入り禁止区域はこの管理基準以上の数値の可能性があるから立入禁止なのだろ?
    つまり原発事故、放射能被ばくは危険であるということを国が認めておることになるわけだ。
    それでも再稼働かえ?

  • >>No. 158630

    >太陽パネルで稼働率10パーセント、風力で20パーセントとても原発の代りは無理、褐炭発電しか代案は無い
    ●もっと現実を見るべきだね。

    ドイツの電力業界の統計機関・エネルギー収支作業部会(AGEB)によると、2011年には原子力の発電比率は17・6%だったが、17年には11・6%に低下している(グラフ1)。メルケル政権は、風力や太陽光などの再生可能エネルギーによって、原子力エネルギーの代替をめざしており、11年以降、助成措置を強化。その結果、11年に20・1%だった再生可能エネルギーの発電比率は、17年には33・1%に増加。原子力の発電比率の3倍に達した。

    太陽光発電装置の設置が急増したことなどにより、電力の卸売市場に大量のエコ電力が流入し、供給過剰状態が出現した。電力の卸売価格が大幅に下がった。たとえば経済社会の恒常的な電力需要をカバーするベースロードと呼ばれる電力の先物取引価格は、08年から13年までに50%、需要が最も高くなる時のピークロードで、65%も下落した。

     この価格下落のため、褐炭・石炭、天然ガスによる火力発電所の収益性が悪化。発電すればするほど、損失が膨らむのだ。このため数カ所の火力発電所を停止せざるを得なかった。

  • >>No. 158620

    >ドイツの原発停止は2022年だ、
    ●物事は正しく言おうね。2022年は全停止の年である。
    実際には2012年福島原発事故の後着々と止めておるのじゃよ。
    それに原発を止めて褐炭発電にするのではない。再生可能エネルギーだ。
    2017年すでに再生可能エネルギは原発の発電量の3倍に達しておる。
    メルケルが「技術の発達した日本でさえ原発事故を防げなかった」ことに衝撃を受けて不退転の決意をしたといわれている。その経済的負担は東西ドイツ統一の時よりも大きいといわれているがメルケルはぶれない。原発マフィアの手先となっておるどこかの首相とは偉い違いである。
    日本では供給過多になった九州電力が再生可能電力を止めたらしい。アホなことだ。

  • >>No. 158626

    頓珍漢は答えでごまかしてはいけない。
    0.5%という数値は立ち入り禁止区域外の数値なのかね、それとも立入禁止区域内の数値なのかね、あるいは両方ともを含めたトータルの数値なのかね?

  • >>No. 158624

    >ちがう、あなたがそらしている、この話の肝は放射線の危険とは「発がんリスクが上がる事」これにつきる、算数の四則計算だここを意図的に無視しなければならない理由があるなら言ってみ
    ●四則計算がどうかしたのかね?
    0.5%などという何の前提条件も明らかにしないで勝手な数値を持ち出したのは君じゃよ。
    議論でもなんでも数値を持ち出すときはその前提条件を明らかにしなければいけない。
    そうでなければ数字でごまかそうとしているとみられても仕方がなかろう。
    これは君の投稿じゃ。

    >現在50%の人ががんになります、夫婦だとどちらかが癌になるわけです、福島のリスク管理はその確率を上げる事を0.5%以下にしています、これがそれほど大きな数字とは思えませんがいかがですか。
    ●50%という癌罹患率と0.5%というリスク管理率と何の関係もないものを並べてたてて、いかにも原発のリスクが少ないように見せかけておるがな。それほど原発が安全なものでないと言い張りをしないといけない理由でもあるのかい?
    だからわしは0.5%の数値の根拠を聞いたのじゃよ。
    立ち入り禁止区域内でも0.5%なのかね?
    0.5%以上になる地域が在るゆえに立ち入り禁止区域を設けておるのではないのかね?
    これがこの議論の非常に重要なところじゃよ。
    わしは0.5%以下に管理する方法など立入禁止にする以外の方法があるとも思っておらんし、そもそも0.5%などどうして実証するのかその根拠もわからんし、0.5%以下に抑えたからと言って原発が安全だといえる根拠もない。
    四則演算などという前に論理的に破たんしておるのじゃよ。
    だからわしの数々の疑問のうち君でも答えられる一番簡単な0.5%の前提条件を質問したのだ。
    それさえも君は答えられんではないか。

  • >>No. 158619

    >まず基本的な事で、放射線の危険とは「発がんリスクが上がる事」これは理解したかい?
    ●話をそらせてはいけない。
    05%の数値の話じゃよ。

  • [景気にそう悪影響はない」消費増税に対する日銀総裁の弁。
    こんな経済音痴を野放しにしておいていいのか?
    過去消費税を引き上げる耽美に景気が後退した事実を見ていないらしい。
    この発言も含めて最近消費税増税に関するニュースや発言が多くなった。
    たぶん参院選に向けて再び増税中止を訴えて臨むつもりなのか?

  • >>No. 158606

    >福島のいち地域の制限がかかった面積を除く
    他の地球全体は原発が動いているが
    全くのクリーン
    ●ウソを言うてはいかんな。
    少なくともこの日本ではほとんどの原発が停止しておる。
    なぜか?理由は一つ、危険だからだ。
    ほかにもドイツなどは全面停止。
    動いておるのは日本のような災害の多い国はほとんどない。
    あるいは民意の低い何にも考えていない国じゃ。

    >日本などどの国よりエネルギー自給率は
    最低の最低だ
    原発に依存するのは当然でしょ
    ●何が当然だ?エネルギー自給は原発しか浮かばないらしい。
    貧弱なおつむじゃのお、茶坊主。
    原発とても原料のウランは自給できない。さらに廃棄物の処理もできない。
    もっとおつむを働かせなさい。エネルギー自給はこの日本いくらでもある。
    それをやらないのは原発利権にどっぷりつかったマフィアが牛耳っておるからじゃよ。

  • >>No. 158604

    >福島のリスク管理はその確率を上げる事を0.5%以下にしています、これがそれほど大きな数字とは思えませんがいかがですか。
    ●理由は簡単。フクシマには立ち入り禁止区域が設けられている。
    おぬしの言う0.5%が正しいかどうかは別として、その数値は立ち入り禁止を前提としておるのではないかね?
    ちなみに排ガスでは立ち入り禁止区域はない。
    それだけ放射能のほうが危険であるということだ。
    ちなみにチェルノブイリではコンクリートでがちがちに固めてしまって遮断しておる。
    放射能が恐ろしいものであることは世界共通のの常識じゃよ。
    認めたがらないのは原発村の茶坊主だけである。

  • ロイター発、
    朝鮮半島問題を解決するため、ロシア、中国、北朝鮮の間でこの3か国と米韓を加えた5か国協議を行う必要があるとの認識で一致したとロシアが発表したらしい。
    ついに外交の安倍(自称)が外されそうだ。
    そりゃあそうだ。拉致問題しか言わない安倍では役に立たない。
    アメリカにしても金さえ出してくれればそれでいい、ということになろう。

  • >>No. 158589

    >じゃこのがんにかかる人を無くすために原発をやめて東京湾に石炭発電所を作ると排煙は東京に巻き散らかされ、それが原因でがんになる人が出てきます
    ●大気汚染を言うのであれば石炭発電よりも自動車の排気ガスのほうが影響が大きい。
    その排ガスでさえ原発事故の際の放射能に比べるとはるかに命にかかわる率は少ない。
    だから人々はその排ガスの中で生活をしているし、国も立ち入り禁止にしていない。
    だが放射能の場合は劇症的に危ない。だから立ち入り禁止。
    ふるさとも仕事も奪われる放射能は排気ガスよりはるかに危険。

  • >>No. 158587

    >「危険」「危険でない」の2つから選べと言われるとがんリスクが0でない以上「危険」となるが他のリスクの比較では「危険ではない」になるといこと。
    ●答えになってないな。というよりか、福島のようにコントロールの効かない放射能漏れ、立ち入り禁止になるような状態では危険だということになるな。
    それでも原発推進というのは無責任ではないかね?
    万一被爆しても安全な方法があれば違うだろうがね。

本文はここまでです このページの先頭へ