ここから本文です

投稿コメント一覧 (352コメント)

  • 刀根、全治8か月・・、今期は完全に絶望。
    痛すぎる。
    昨日サブにも入ってなかったので、なんでだろうと
    思ってはいたんだが、ほんとに痛すぎる。
    やっと福森がカムバックしてきたのに。

    昨日見ててもソンスじゃちょっと危ない。
    代わりに竹内をもう一度試してほしい、というか
    竹内の方がいいような気がする。

  • う~ん、恐れていた3連敗。
    でも所詮これが実力かとも思う。
    まず、ちょっと前にも書いたことあるけど、
    DFで手を出すのが怖いのが鈴木と言っていたが
    あまり出場していないソンスもそうであった。
    PKは当然であるが、後半のファールも手で相手を止めていた。
    これは身に付いたくせだろうからなかなか修正できないだろうな。
    そういう意味でも、ソンスを先発にした監督采配。
    調子のいい時はピッタシカンカンの采配であったが、流れが悪くなると
    裏目裏目になっている感じだ。
    あとつくづく感じたのが、まあ個人レベルが違うのは分かっているが
    大宮は動いている選手にぴったしでパスが通っていたが、わがチームは
    待っている選手にもパスが通らない。いつものことながら、これでは
    相手を崩すことはできないだろうな。後半はけっこう攻めていたので
    多少期待は持ったが、そういうパスが出来なければ守備を固めた相手
    から得点することは難しいだろう。

    前半は勝利していたから補強なんていらないという意見もけっこう見受けられたが
    いい補強情報を聞きたいですね。今のメンバーじゃ後半はちょっときついかな と思う。

  • いやあ、「3連敗中の甲府が相手」とか言いたくないですね。
    今日はリベンジだったはずが返り討ちどころか、さらなる痛手を負ったという感じです。
    まあいつも言ってるけど個々のレベルはどうしようもない。ほんと下手な選手が多い。
    あと、今日の片野坂さんの采配、前回の対戦の時に相当前からプレスを掛けてきていたが
    中盤での守備が強い(ような)姫野を先発したことが分からない。後ろから攻めてくるチームには
    姫野はいいかもしれないが、今日もそれより前でプレスを掛けてきているので姫野の出番がないように思う。

    まあ改めて思ったのは上には行きたいけど、このままで上に行ってもすぐ落ちるような気がする。
    落ちてきた甲府にこのざまです。来年がっかりするよりも、地道に戦力アップを目指してほしい気もする。
    でもJ1のトリも見てみたいが・・・

  • 愛媛戦の時と同じように、「4連敗中の徳島」という言葉を聞いた時から
    いや~なイメージがあったんですが、その通りになりました。弱いチームにプレゼントする
    トリニータです。
    そして前半見ていたら、全く覇気を感じられない。あれ~っ、なんなのこの試合運びは・・?

    甲府戦の時より気持ち的には、ショックの大きい負け方だと思う。
    でも徳島の監督の戦略がはまったのでしょうね。
    甲府は前からプレスを掛けて奪って得点する形だったけど、それはいつかやられる
    パターンだと思っていた。
    しかし今日はトリの弱点であるパス回しや個々のキープ力の下手さをついて
    自陣ゴール前の守備を徹底してボールを奪い、そこから攻撃していく。
    ものの見事にはまってしまった。ほんとトリ選手の個人のレベルは低いなと改めて思った。

    さて次はホームでその甲府相手。片野坂監督の采配が楽しみである。リベンジできるか!
    それとごっちゃん、福森の復活がいつなのかも心配である。

  • 首位奪還、祝杯で寝てしまった。
    後半はひやひやものでしたが、何とか失点ゼロでの勝利、
    レイのたまに見せるピンポイントのクロスに、えっ今節も
    スタメン?と思ってしまった藤本のナイスヘッド。
    さすが片野坂監督、采配がいいですね。
    あと一試合で前半終了であるが、後半もこのまま行こう。

  • なんだかんだと言っても勝利したので久しぶりの祝杯をあげさしていただきました。
    山雅サポの気持ちも、それがトリニータに当てはめたら納得いかないだろうしよく分かる。
    でもDAZNのリプレイで冷静に見てたら、今日のレフェリーは相手を後ろから抱え込んだり
    捕まえたりする時にちょっと厳しい判定をするような感じであったと思う。
    山雅の二つのファールはどちらもそういうファールであった。レフェリーの傾向を判断して
    プレイすることは大事だと思う。そこから言えば、鈴木のプレイは以前から思っていたけど
    危ないです。これまでFKを与えた時も、今日のプレイでもあったけど手が出るのは良くない。
    今後の課題だと私は思う。

    最後の三平のゴールは感動ものでした。味方のシュートを打つ前にシュートするという前提で
    前に走ってました。そういうプレイが三平のいいところですね。こういう無駄かもしれない走りが
    大事なんだけど、それが他のメンバーにはちょっと少ないのも課題かなと思う。

  • そうそう、ひとつ書き忘れたんですけど、ごっちゃんの前半のゴールの時のファール。
    さすが西村、しかし国際審判のはずの西村。
    あんなのをファールにするから代表戦の弱さにつながるんだよなと思う。
    海外ではあのくらいはファールを取らないと思う。
    Jリーグは倒れたら即ファールみたいなところがあるけど、海外はえっと思うような
    プレイもファールにならない時がある。
    ラグビーとかアメフトまではいかないけど、けっこう肉弾戦でも流している時があるような
    気がする。
    決して負け惜しみの感想ではありません。

  • トリはこれまでも連敗しているチームを勢いづかせたり、「何とか初勝利」を献上
    とかいうゲームをしてきたので、今節も嫌な予感がしていたけど
    まさに当たってしまった。
    後半はほんとにどちらが上位でどちらが下位のチームなのか分からない内容だった。
    決定力を上げてほしいのはもちろんだけど、中盤よりも後ろの位置でのパスミスや
    ボール奪取されるのが多過ぎる。今日もピンチはほとんどそんな感じからであった。
    これをクリアしない限りは終盤での上位定着は難しいだろうな。

    本日は現地参戦予定だったのであるが、軟弱なファンとしては2・3日前の嫁の
    一言「大雨になるかもしれんし、家で見よ」という言葉に負けてしまい、
    DAZN観戦になってしまった。
    大分からの参戦組の方、お疲れ様でした。

  • 熊本がもう少しハイプレスで来るのかなと思っていたが、そうでもなく 
    前半はトリニータペースで試合ができた。まあ普通のチームが甲府みたいな形で
    最初から来たら後半はバテバテになるだろう。
    前半セーブしたからか後半は完全に熊本ペースになってしまったが、何とか耐え忍んだ上
    最後にごっちゃんの技ありゴールで連敗は免れ首位をキープ。
    去年までは振り切るだけのシュートしかイメージがないが、今年はループを時々混ぜるので
    成長を感じるな。
    今日気になったのはDF陣の自陣での無意味な反則。そこまでして奪いに行かなくてもいいだろう
    と思わず突っ込んでしまいたくなった。

  • 「まあ、こんな試合もあるさ」と開き直らなければやっていけない。
    心臓のドキドキがなかったのが幸い?

    とにかく甲府の術中に見事にはまってしまった前半だった。
    対策を練ってきて、後ろでのパス回しを奪いに行く戦略であっただろうが
    プレスの速さと鋭さが半端でなかったような感じだ。
    去年から言っていたことだけど、強いチームなら絶対に狙ってくるだろうし
    今後も今日の攻め方を参考にしてくるところがあるのは間違いないと思う。
    どう対策を行っていくのか緊急の課題のような気がする。
    あといつものことだけど高木は出過ぎだ。6点目のCKはでんと構えていれば
    防げたと思う。

    次節は九州ダービー、気持ちを切り替えて臨んでほしい。

  • 今日もドキドキの試合だった。
    80分過ぎてからの攻撃は、ボールを大事にしたい気持ちも分かるが
    シュートを打ってほしい気もする。難しいところである。
    今年は覚醒かと思ったごっちゃんがここのところ調子悪いなあ。
    エースならここは決めてほしいというシーンがちょくちょく見受けられる。
    まあ前節大逆転してきて調子が上がってきている2位のチームに引き分けだから
    よしとするか。

  • >>No. 783

    そうですね、昔の選手が来てくれるのはいいですね。
    外国人の選手では、やっぱりマグノが最高。
    あとエジミウソン・ホベルトのボランチは今のJ1相手でも十分
    通用するコンビでした。思えば懐かしい。

  • 今日もひやひやものの勝利でした。心臓に悪い。
    今日のMVPはバックスタンド側の副審かな、
    よくきちんと見ててくれた。
    伊佐のゴールの時もDAZN中継では全体が見えないから
    ボールを受けた時に飛び出ていた伊佐しか映らなかったが
    あとでちょっと引いたリプレイでは完全に蹴った後の飛び出しだった。
    決勝点の時もしっかり目を凝らして見ていた線審が映っていたし
    リプレイのスローではボールがラインを割っていた。
    しかしどちらもこれまでは、オフサイド・ノーゴールの判定が多かったし
    そう判定されてもおかしくないようなシーンであった。ありがとう。
    しかし岐阜は17位とは思えないうまさがあった。ボール回し・ボール保持
    どちらも負けていた。
    まあ、それでも勝つところが今年は違うところかな。
    来週は首位攻防戦、気合を入れて頑張ってほしい。

  • この3連戦、不整脈を抱えているわが心臓にはほんとに良くない
    試合内容であった。しかし強敵相手に2勝1敗、よくやってくれました。
    町田戦の後半の反省からか前節も今節も気力が全面に出ていた内容であった。
    今日なんかもいつバテるかなと不安であったが、最後まで走って守って
    ほんと強くなったなあと感心させられた。特に川西、最近は途中出場であったが
    十分最初から行ける感じだ。
    今日一つ気になったのは、ちょっと倒れすぎかなという点。新潟に比べ倒れるシーンが
    非常に多かった。

    今日帯同してなかった3選手も多分そこまで悪い状態ではないと思うので、
    次節どんなメンバーで来るのかというのも、また楽しみである。

  • 負けてしまったがゴールはすべてナイスシュートから・・
    仕方ないか。ただ大前のCKからのは何とかできた感じもしたが。
    どちらもベストメンバーではなかったが、いい試合ではあった。
    ただ、監督も言っていたがやっぱり球際の弱さが勝敗に結びついた
    気もする。いつものことではあるがドリブルやトラップの後で
    ボールを取られ過ぎる。もう少し保持するかパスにつなげてほしい。

    あとレフェリーは要所要所で明らかに大宮寄りであった。
    PK内でのハンドは明らかにハンドであった。腕が体についている時のハンドは
    PK内では取らなくていいと思っているが今日のは完全に腕が離れてた。
    あと、プレイ後の接触で倒れた時も大宮の時は反則取っていたが、トリの時は
    あまり取ってくれてなかった気がする。

    次は中2日ではるか遠い新潟。星・後藤の復帰を願うとともに、連敗は避けてくれ~。

  • 試合後のインタビューで片野坂監督が珍しく憤慨していた。
    「勝った気がしないです」とまで言っていたけど、気持ちは分かります。
    今日はゆったりとした気持ちで後半見えるなぁと思っていたのに、
    また心臓に良くない展開になってしまった。大きな原因は、後半に入ってからの
    ちんたらとした後ろでのボール回しだと思う。なんでもっと攻めなかったのか!
    2点取られてから攻めだしたけど、あのどうしようもない時間が悔やまれる。
    まあ、立て込んだスケジュールということもあったのかもしれないが、見てても
    ほんと面白くなかった。
    ただ攻撃は良くなってきていると思う。サイドからの攻め上がりとか、裏に抜ける
    大きなパスからの抜け出しとか(オフサイドも多いけど)。

    6日天下にならなくて良かった。今日を反省して次戦からは90分しっかり頑張ってほしい。

  • ともかく勝利して首位になったんだっから大喜びしたいんだけど
    もう一つ気持ちが乗らない感じである。
    今日は気力を感じなかった。 
    いつものことではあるけどバックパス多いし、というか
    パスを受けた時点で気持ちが後ろ方面に向いている感じがした。
    そして球際の弱さ、いっつも競り負けてる気がする。
    次節は気力を前面に出してホームでの勝利を期待します。
    まあ、今晩は祝杯は上げるけど・・

  • 今日も内容的には勝つことのできる試合だったからちょっと残念。
    やっぱり最後の精度と足元のボール捌きが課題かな。

    一昨日昨日、友達と呉・しまなみ海道に旅行に行っていたのであるが
    昨日の帰る時に松山自動車道のパーキングで愛媛FCのバスに遭遇、
    トイレに行こうとしていた時に河原選手とすれ違う。
    「河原さんですね、頑張ってください」と声は掛けたんであるが
    その後、心の中で「ただし大分戦以外でね」とつぶやきました。
    四国ダービー今日も引き分けで、このままいくと近場での観戦が
    2試合減ってしまうので、何とか愛媛・讃岐にも頑張ってほしい。
    当然大分戦以外で・・

  • 苦しい試合だったですけど4連勝達成!
    ここ2試合きれいなゴールが多い。
    ボールの保持についてはまだ難があるが
    開幕戦で見せたボール回しがまた戻ってきている感じだ。

    片野坂監督の采配もいいけど、ほんと選手層の厚さを感じさせて
    くれる。

  • 「痛快」という言葉がぴったりの一戦であった。
    まさか千葉相手に4-0で勝利とは。試合は予想以上の千葉ペースだったが
    ラッキーにも助けられた面があった。特に高木の飛び出しはほんとに怖かった。
    あれはちょっとやめてほしい。
    先制点の林のゴールもラッキーではあった。でもDAZNで何回も映してくれたから
    分かることではあるが、キーパーの蹴り損ねたボールへの最初のタッチで少し
    浮かした形でドリブルをしている。あれは普通にドリブルしていたらキーパーの
    足に当たっていたように思う。とにかくお見事。
    監督の選手起用も満点であった。
    今晩は少し飲み過ぎても文句言われないだろうな・・

本文はここまでです このページの先頭へ