ここから本文です

投稿コメント一覧 (255コメント)

  • 宗の積極的初球攻撃に、ソフトバンクの柳田のようになるのかなと期待したが、あまりにも成功率が低すぎる。せめて4回に1度くらいは目の冷めるような打球を飛ばしてくれないと。初球アウトはファンも失望するし、チームの勢いも挫いてしまう。変な期待ばかりで年齢を重ねてしまった8番の伝手を踏まないように、ファームでしっかりと技術を身につけてくるべきでしょう。
     終盤4点差で勝っているときの送りバントに、セリーグ中心のアナウンサーは驚いていたが、こちらには見慣れた光景だ。若月が失敗して併殺になると、そのアナウンサーは宝くじに当たったかのように喜んでいたが、これも良くみる光景だ。野球に流れとか勢いとかが大きいのなら、これほど自チームを意気消沈させ、相手チームを元気にさせることはないだろう。
     福良監督、リクエストの後、審判に再度検証させ謝罪させたあなたの執拗さはよくわかったが、その情熱は采配の勉強と選手の把握にも向けてもらいたい。ベンチで苦笑いをしながら選手の非を暗に責めるあなただが、あなたはロッテの監督のようにファンの期待に応えるスターでしたか?ダメな選手のメンタリティはよく理解できるだろうし、そんな選手だから適宜起用して上手に指導していかなければダメですよ。

  • 去年のチーム打率は251。2割4分代の大城がいい打率だと感じるほど打てないチームになってしまった。ピッチングコーチだけは残して、監督とあとのコーチは総入れ替えしたら。

  •  普通の監督なら、いくらでも勝てた試合だった。

  • 7回にヒットででた安達を山足が送る。次はだれかと思ったら、後藤が打席に。名前を変えても駿太は駿太、また高めのボールを背伸びして打って三振かと思えば力のないショートゴロ。思わぬエラーがでて勝ち越し点を得るが、ここで彼に期待して送りバントをするとは、さすがの福良采配。ゆるいショートゴロで焦った内野手がエラーする可能性が頭にはいっていたのだろうか?小田などで守備固めは足りるし、小田の打撃の方がはるかに期待がもてる。中島か宮崎がいれば代打の役にも立つ。昨日は勝ってよかったが、わけのわからない采配がなければ、もっと勝った試合が多かったと思う。

  • 7回ジャイアンツの攻撃、ゲレーロは四球を選び出塁。逆の状況で福良なら、
    100%送りバントだっただろう。7回同点で送りバントは定石で正解だろう
    が、そこで時には打たせたりヒットエンドランをするのが采配なのでは?
    失敗したときの批判が怖いのか、福良のやり方なら、ブルでもベルでも代
    わりがつとまる。234の貧打戦しかつくれないバッティングコーチ共々、
    来年の首脳陣は一新してもらいたいものだ。

  •  自分にとって、「近鉄5大がっかり」を考えてみた。
     第5位は、佐々木恭介が監督のとき、高校生スラッガーと評判の高かった
    福留をドラフトで引き当てたのに、福留は近鉄は嫌だと言い社会人に行って
    しまったことだ。佐々木は赤い下帯をはいて気合いをいれてのくじ引きだっ
    たらしいが、あっさりとふられてしまった。
     第4位は、有田とジャイアンツ定岡のトレードが決まったのに、近鉄に行く
    くらいなら辞める定岡が言い、本当に引退してしまったときだ。野球人生に
    終止符を打ってまで行きたくないと言われた球団のファンとしては、本当に
    情けなかった。

  • 負けよう負けようと采配しているように感じられる。6回あの場面で若月。99%バントというのはファンでもわかっているのだから、相手も十分承知している。バントして一打同点はわかるが、それ以外の可能性もあってこそバントが成功するのでは。若月はあまり好きな選手ではないが、いつもこのような警戒率100%でバントを強いられるのは可哀想だ。スクイズも同じだが、普通の監督だったら勝っていた試合はいくつあるだろうか。つねに同点を目指していく手堅い野球は勝っても面白くないと監督は批判される。くそ面白くもないし、采配でつねに負け続けている野球を見せられるバファローズファンは、12球団1の不幸なファンだ。

  • 井本は死んでいたんですね。横山エミーとの関係で世間を騒がせたが、ヤクルトに行っても全くダメだった。代わりにきた鈴木が抑えで活躍したのとは対照的。そういえば、当時パリーグからセリーグへ移籍して活躍した選手はほとんどいなかったが、島谷、大島、野田もそうだが、セリーグからの選手は大活躍だった。当時は両リーグで実力の差が相当あったのだろう。

  • あの南海のユニフォームを見て思いだすのはドカベンかな。当時のエース井本にやたらと強く、よくホームランを打たれていた。当時の監督は岡本だったか関口だったか忘れたが、どちらも毒にも薬にもならないような監督で、成績も悪かったように思う。しかし、福良監督よりは性格は良かった。

  •  今日は懐かしいユニフォームで勝利して、本当によかった。最近の選手はあか抜けていて違和感を感じるが、西はやっぱり似合っていた。一番似合っていたのは山崎かな。

  • 鈴木の送りバント失敗、宗と小田のヒットエンドラン失敗の後、いつものようにベンチで福良は唖然とした顔をしていた。つまり、自分の指示したことをできない選手に対する不満顔だ。その選手を起用している自分、常に同点か1点のリードしか目指さない恥ずかしい采配をしている自分は、全く間違っているとは思っていないのだ。いつまでたっても同じような失敗ばかりして結果をだせない監督を、選手を把握してよくやっていると言って続投させるフロントは、底なしの間抜けなのか。

  • >>No. 173699

    全くその通り。たいてい録画でみているので早送りするのだが、なかなか消えない。アドレスがわからなかったので出さなかったが、スカパに抗議(お願い)のメールを送ろうかと思った。

  •  よくわからないけど、「(福良監督には)どんなに悪くてもシーズン終盤までは指揮を執れる成績を残してほしい」が西名社長の言葉ですか?途中解任も視野にいれての続投要請なら、ファンをバカにするのもいい加減にしてほしい。

  • >>No. 2

     署名運動に賛成です。いくら戦力を補強しても、この人が指揮をとっている限り、バファローズが来年ホークス、イーグルス、ライオンズ、ファイターズの上に位置するイメージはわかない。多くのファンが監督批判をするが、具体的な数字がでない限り、社長とオーナーの庇護のもと、彼はこの後何年も監督を続けるでしょう。

  • 来年、出番を増やしてほしい選手、伏見。
     若月、伊藤のリードや盗塁阻止率が抜群なら仕方がないが、あの程度で非難の的となるような状況なら、伏見のバッティングと大学ナンバーワンと言われたスター性を活かしてほしい。大きな体でどっしりとキャッチングすれば、投手も投げやすくなるのでは。

    出番を少なくしてほしい選手、駿太。
     今年の駿太は250の壁を越えるかと思ったが無理だった。「駿太秋冬、絶好調—」とかふざけたことを言っていてはダメだ。売りの守備で守備固めをきっちりとこなし、回ってきた打席で必死に結果を出さなければ、戦力外通告も近いぞ。

  •  横浜の選手は目の色が違う。広島の大応援団に囲まれていても、全然物怖じしていない。選手全員を適材適所で起用し、力を十分に発揮させるラミレス監督の手腕はたいしたものだ。15年にラミレスがバファローズの監督になっていたらと悔やまれる。自分との差に気づくこともない監督が来年もバント野球をするかと思うと、19年のシーズンが待ち遠しくなる。いやもしかして、借金5くらいで4位になり「よくやっている」と来年も続投になるのだろうか。

  •  今日のセリーグクライマックスシリーズは、まるで野球盤を見ているようでおもしろかった。古いですかね。それと、福良のバント野球も、毎日このような状況なら機能するなと笑いそうになった。

  •  小池さんは勇気と決断力のある素晴らしい政治家だと思い応援していたが、より大きな権力を得るために民主党の毒を飲んだことにより、大嫌いになった。

  •  ワンパターン采配をしているだけなので、暇をもてあました福良監督は、Buffaloe FUKUに変身して営業面を強化しようと考えた。ちょっとした暇つぶしと思っていた監督は、子どもたちに「フク、フク」と慕われ、このさい結果のでない監督業を辞任して、バファローフクとして球団に貢献する道を選ぶことにした。これが正夢になってくれれば嬉しいのだが。

  •  10月は勝利なしでトータルの借金は16。このチームを指揮した監督を「よくやっている」と褒める西名という社長は、よく大企業の取締役にまで登りつめたものだ。企業のトップは、どんな職種に就いても臨機応変にマネージメントしていく人かと思っていたが、そうでもないみたいだ。あの弱かった近鉄でさえ、最後の数試合は来年への期待を抱かせてくれた。岡田なんかは責任を感じているのがよくわかったが、肝心の監督が「選手が思う通りに働かないから悪い」と固く信じているような人だから、来年もチームが一丸となって優勝を目指すのは無理だろう。2年前から福良ではダメだと言い続けているが、さらにもう1年我慢かな。

本文はここまでです このページの先頭へ