ここから本文です

投稿コメント一覧 (272コメント)

  •  三顧の礼で慰留されたのに潔く身を引く福良。前監督をあっさりと切り捨てたり、こんなカッコの良い退場劇を設えたり、オリックスとは摩訶不思議会社だ。3年前なら田口監督を切望していたが、福良の信望者と聞いたいまは不安がある。しかし、これで今日から素直にバファローズを応援できる。

  • 近鉄と違い阪急の引き際は見事だった。日本一にもなり知名度もアップした状態で惜しげもなく球団を売却して、いまも優良企業の地位を保っている。理由はわからないが、いまなお福良に監督を依頼して来年もファンを失望させるのなら、オリックスの名前も日本中に浸透したことだし、もう球団は不要なのではないですか?

  • 福良が吉田と山本を育てたと言っても、高い技術と強い精神力をもっていたからこそ、この悪環境の中でも彼らは良い成績を残せたのでは?他のチームなら、二人はなんらかのタイトルをとっていてもおかしくない。それにしても、福良とオリックスには何か特別の関係でもあるのだろうか?いくら世間の注目を集めないにせよ、こんなに何ももっていない男を監督という特別の地位に留め続けるとは、どう考えてもおかしい。

  • 以前、オリックスファンは日本一不幸なファンだと書いたが、世界一かもしれない。オーナーは、騒々しいファンの声に反発して、「自分が経営している会社のトップを自分が決めてなにが悪い」と意固地になっているように感じる。プロ野球のチームが公的存在でもあることを完全に無視している。勇気も決断力も、一貫性も人望(一部の選手にはあるが)もなにもない結果のでない見栄えの悪い監督を続投させて観客がいなくなっても、大オリックスにとっては痛くもかゆくもないのかもしれない。また、これで辞任を申しでないのなら、福良の面の皮の厚さは人間離れしている。

  • バファローズのファンは日本一不幸なファンではないだろうか。他チームは最下位に落ちても次の年は優勝争いをするなど、ファンをこんなにも長い間失望させることはない。今年もCS出場という低いハードル設定だったにも関わらず、達成できない。
    福良が成功しなかった理由の一つは、自分の言うことを肯定してくれる親しいコーチを身の回りにおき、自分に快適な環境で采配したからだ。決断力に欠ける3塁コーチや現役時代からリードを疑問視されていたバッテリーコーチ、12球団最低打率の打線にしてしまった打撃コーチ等のOBコーチだ。
    次の監督は、阪急、近鉄、ブルーウェイブのOBではない人になってもらいたい。しがらみのない人が、白紙の状態からチームを立て直していくことを切望します。

  • 「球辞苑」に和田一浩と鈴木尚広が出ていて、犠牲フライについて語っていた。どちらも、なるほどと首肯させられる深い内容で、選手は色んなことを考えてプレーしているのがわかった。バファローズのコーチたちも、このように選手が理解して練習するように指導しているのだろうか。指導していてもできないのだろうか。何れにせよ、この二人のように、ひとつの役割について理論的に情熱をもって語ることのできる人が次のコーチになってもらいたいものだ。

  • 今年2度目の観戦でしたが、今までに見たこともないエキサイティングな試合に大満足です。ただ、8回の宗に代わって鈴木のときは、まあ今日は負けても良い試合を見せてもらったと諦めるつもりでした。福良のバント作戦(スクイズはない)は繰り返し批判されてきましたが、それが成果を出していれば誰も批判しません。3球同じ球を要求する捕手も、空振りをとれたら意表をついた好リードと褒められ、打たれたら稚拙なリードとたたかれます。同じように、「憎らしいほど固い作戦」と称されて優勝でもしていたら、私は福良を絶賛していたでしょう。素人が判断できるのは結果だけですから。昨日も、三塁に進んだランナーを返すことができず、3年半の間、いやといいうほど見てきたパターンが繰り返されました。それでも9回に逆転できたのは、福良辞任のニュースが流れて、新しい風が吹き込んでくることを喜んだ選手たちの祝砲なのだと思いました。

  • 昨日の試合は、2点リードされていた7回に送りバントをするが得点できず。8回には、ちまちま作戦を嘲笑うかのように中田にツーランを打たれる。ある意味で、福良野球の真骨頂を故郷で披露してしまったと言える。

  • 華のない結果のでない監督が1月のカレンダーに堂々と登場し、陰鬱な監督の姿が頻繁に映し出されていては、マイナスの宣伝効果でしょう。オリックスが球団を維持するのは、オーナーの意地でしかないのでは?

  • 火曜日のプロ野球ニュースは何度見ても面白い。1塁白崎が足をクロスさせてボールを後逸したり、ポロリと球をはじいたりする場面では里崎の笑いが止まらず、アナウンサーに解説もきついですかと問われていた。そこにポツンと映った福良の姿がやたら小さく見えて、こちらも笑いが止まらなかった。

  • 優遇してもらった選手やコーチが「福良監督で優勝したい」、
    というのは当たり前でしょう。覇気の感じられない選手や勝利
    に淡白な選手たちの姿を見ていると、「福良監督では優勝した
    くない」と思っている選手の方が多いのでは?
    イケメンという言葉がなかった昔、バファローズは梨田監督、
    真弓コーチ、小林コーチの3人を男前トリオで売り出していた。
    監督とコーチの容姿しか売りがないのかと情けなかったが、見
    栄えはしない、結果は出ない監督と比べると、まだましだった
    かと思う。

  • 福良の特徴は執拗さだ。リクエストで決着した判定の再検討は、普通の監督なら無理だろう。完全最下位の16年など、普通の神経のもち主なら辞任を申し出ずにはいられなかっただろう。今年も5位や4位の半端な成績なら、「怪我人続出の中よくやった」と続投になるかもしれないし、本人もやる気まんまんで受諾するだろう。恐ろしいことだ。

  • 平石監督代行はよくやっている。来年は監督になるのだろう。代理監督は成果を見せてこそ昇格があるのに、福良は期待だけされて続投となった。福良は監督代行の職務を15年に全うし、次の年にどこかでコーチでもしていたら、こんな無能監督の烙印を押されずにすんだのにと思う。彼の勘違いと色気の強さが招いたみんなの不幸だった。

  • 福良を表現する言葉は、英語のmeanが最適だと思う。「意味する」の動詞ではなく、「意地の悪い;さもしい」を意味する形容詞のmeanだ。武田を3塁に送ったバント成功に、「ほおー」という顔で、「こいつでもバントを成功することがあるんだ」と宮崎をバカにしていた。福良の人柄をほめる人がいるが、自分の気に入った選手を偏って起用し、失敗は選手の責任にして反省皆無のこの人のどこがいいのか、さっぱりわからない。

  • 2割9分打っている外野手(今日もホームラン)をファームに追いやり、1割6分の内野手に外野を守らす監督。チームの勝利も顧みず、自分の言うことを聞く選手を優先して起用する。こんな監督の好き勝手を許し、ファンを何年も失望させ続けるオーナー。8月初めには来年度の新入社員を動員して応援するらしいが、こんなことをしていると、球場に行く1塁側のファンは強制的に動員されたオリックスの新入社員だけになるぞ。

  • >>No. 188206

    福良はチームの勝利より、自分の思い描くチームの勝利を優先する超頑固者。数試合前、バントをせずヒッティングばかりで勝利した試合(日ハム戦?)があったが、自分が何も指示を出さずに勝っても不満らしい。すぐ元に戻った。自チームの勢いを止め相手チームを勇気づけるようなバント作戦に固執し、自分に責任のかかるスクイズは絶対にしない、こんな監督が相手チームにいてくれたらどんなにラッキーかと思う。

  • ずっとBクラスで面白くもない野球を3年半もファンに見せ続ける監督を続投させるオーナーは、野球チームを営利企業でも広告手段でもなく、ご自分の道楽で所有しているのか?

  • 宗の積極的初球攻撃に、ソフトバンクの柳田のようになるのかなと期待したが、あまりにも成功率が低すぎる。せめて4回に1度くらいは目の冷めるような打球を飛ばしてくれないと。初球アウトはファンも失望するし、チームの勢いも挫いてしまう。変な期待ばかりで年齢を重ねてしまった8番の伝手を踏まないように、ファームでしっかりと技術を身につけてくるべきでしょう。
     終盤4点差で勝っているときの送りバントに、セリーグ中心のアナウンサーは驚いていたが、こちらには見慣れた光景だ。若月が失敗して併殺になると、そのアナウンサーは宝くじに当たったかのように喜んでいたが、これも良くみる光景だ。野球に流れとか勢いとかが大きいのなら、これほど自チームを意気消沈させ、相手チームを元気にさせることはないだろう。
     福良監督、リクエストの後、審判に再度検証させ謝罪させたあなたの執拗さはよくわかったが、その情熱は采配の勉強と選手の把握にも向けてもらいたい。ベンチで苦笑いをしながら選手の非を暗に責めるあなただが、あなたはロッテの監督のようにファンの期待に応えるスターでしたか?ダメな選手のメンタリティはよく理解できるだろうし、そんな選手だから適宜起用して上手に指導していかなければダメですよ。

  • 去年のチーム打率は251。2割4分代の大城がいい打率だと感じるほど打てないチームになってしまった。ピッチングコーチだけは残して、監督とあとのコーチは総入れ替えしたら。

  •  普通の監督なら、いくらでも勝てた試合だった。

本文はここまでです このページの先頭へ