ここから本文です

投稿コメント一覧 (2206コメント)

  • 【パスワードとの永遠の別れは果たして来るか(上)】

     パスワードに代わる認証技術の標準化を推進する業界団体FIDO AllianceのBrett McDowellエグゼクティブディレクターは、パスワードの一掃を誰にも増して熱心に訴えている。パスワードがなくなる日はいずれ来るとMcDowell氏は話す。根拠は、生体認証を主な基盤とする「次世代の認証技術」が登場したことと、そうした技術の仕様策定に向けて「数百社の企業による大規模な連携」が進んでいることだ。

    ttp://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/idg/17/013100009/013100001/

  • DDS求人の会社メッセージです。

    DDSは指紋認証ソリューションのリーディングカンパニーとして創業以来、産学連携による技術開発に積極的に取り組んでおります。大学の研究室と共同開発した周波数解析法による指紋認証技術は、ほぼ100%の認識率を誇り、その技術的優位性から全国の官公庁及び大手企業の多くに導入されています。

     指紋認証を含めた生体認証技術を応用する市場は日に日に変化し、指紋認証スマートフォンやFIDO(パスワードレスセキュリティの世界標準規格)の普及を通じて、ネット上の本人確認やドアロックといった身の回りのセキュリティの在り様が大きく変革する大転換期のさなかにあります。永年のあいだ広く使われてきたパスワードの氾濫が限界を迎えており、スマホでの認証の浸透等に伴い、パスワードから生体認証への本格的移行期へ突入しはじめています。また、マイナンバー制度の施行をきっかけに自治体や官公庁での生体認証技術導入の機運が高まり、さらには金融機関や大手企業にもパスワードを使わずなりすましを防止できる指紋認証セキュリティがごく当たり前に浸透してきております。

     今後、そのような市場の成長に伴い、売上拡大が見込まれ、また、従業員40名程度の会社のためこれから一緒に会社を作っていける人材を募集します。

    当社技術を世界標準にすべく、国内にとどまらず、世界に対して影響を与えられるよう幅広いビジネスシーンを作り出していきます。

  • >>No. 1215

    ウタさん、
    いつもありがとうございます。

    全国的にインフルエンザが流行ってますが、
    うちのチビもインフルに・・・。
    なので暫くは家に監禁です。
    皆さまも気をつけて下さいね!

    ウタさんは、週末の楽しみのお馬さんですね。
    楽しんで下さいね(^ ^)!

  • 【安田学長が有識者会議「サイバーセキュリティタスクフォース」の座長に選任】

     1月30日、総務省において開催された、第1回 サイバーセキュリティタスクフォースにおいて、安田浩学長が互選により座長に選任されました。
     
    ttp://web.dendai.ac.jp/news/20170201-01.html

  • TDU-CSIRT
    安田浩 学長
    佐々木良一 教授

    【サイバーセキュリティシンポジウム2017 in TDU】

    日時:2017年3月14日(火) 13時10分~
    場所:東京電機大学
    後援:文科省、サイバーセキュリティ戦略本部、総務省、経産省

    ttp://kokucheese.com/s/event/index/450840/

  • TechTargetの記事です。

    【「パスワードのいらない時代」が本当にくるかも、新認証技術「FIDO」が本格普及へ】

     FIDOは急速に世界的な認証のデファクトスタンダードになりつつある。FIDO Allianceには現在、端末ベンダーや主要な銀行、保険企業、主要なクレジットカードネットワーク、幾つかの政府機関、さまざまなセキュリティ/生体認証ベンダーなど、世界各国から250組織を超えるメンバーが参加している。

     米国のバラク・オバマ前大統領が設置を命じたセキュリティ組織Commission on Enhancing National Cybersecurity(米国サイバーセキュリティ強化委員会)の報告書では、FIDO Allianceが同委員会の目標達成において果たす役割について言及している。英国政府が新たに発表した「National Cyber Security Strategy」(国家サイバーセキュリティ戦略)でも、FIDOに投資する姿勢を示している。

     これまではパスワードにとって代わる認証手段がなかなか現れなかったが、FIDOは急速に普及している。この事実は、FIDOがエンドユーザーと企業に少なからぬ利益をもたらすことを証明している。パスワードから解放され、セキュリティが強化されるというFIDO認証のメリットに気付くエンドユーザーが増えていけば、パスワードに頼るオンラインサービスは淘汰されていくであろう。

     FIDOを導入して、ログインのしづらさのために使われていなかったショッピングサイトの利用が回復すれば、小売業者は自社サイトの更新とFIDO準拠に掛かるコストを簡単に回収できるだろう。

    ttp://techtarget.itmedia.co.jp/tt/spv/1701/31/news08.html

  • >>No. 1211

    【「パスワードのいらない時代」が本当にくるかも、新認証技術「FIDO」が本格普及へ②】

     次期バージョンとなる「FIDO 2.0」は、OSやWebブラウザのサポートや公開鍵暗号を使用する端末間認証を実現する。これはネットワークに接続するIoT(モノのインターネット)端末にとってプラスになるだろう。2017年には「Client-to-Authenticator Protocol」(CTAP)という機能のリリースが予定されている。CTAPは、WebブラウザやOSが、USBキーフォブ(認証機能を備えた小型装置)やNFC端末、Bluetooth端末など外部の認証システムとやりとりできるようにする仕組みだ。エンドユーザーが使用する全ての端末で再登録する手間が省けるようになる。

     モバイル決済の本人認証手段「Consumer Device Cardholder Verification Methods」(CDCVM)を実現するために、モバイル決済サービスベンダーや決済アプリケーション開発者向けの標準に対する取り組みもなされている。指紋や写真による生体測定データなど、FIDOに準拠した端末内にある認証コードを使用すれば、店舗やアプリ内でモバイル決済をするとき、エンドユーザーが立ち会っていることを証明できるようになる。

    ttp://techtarget.itmedia.co.jp/tt/spv/1701/31/news08.html

  • TechTargetの記事です。

    【「パスワードのいらない時代」が本当にくるかも、新認証技術「FIDO」が本格普及へ①】

     FIDOは急速に世界的な認証のデファクトスタンダードになりつつある。FIDO Allianceには現在、端末ベンダーや主要な銀行、保険企業、主要なクレジットカードネットワーク、幾つかの政府機関、さまざまなセキュリティ/生体認証ベンダーなど、世界各国から250組織を超えるメンバーが参加している。

     米国のバラク・オバマ前大統領が設置を命じたセキュリティ組織Commission on Enhancing National Cybersecurity(米国サイバーセキュリティ強化委員会)の報告書では、FIDO Allianceが同委員会の目標達成において果たす役割について言及している。英国政府が新たに発表した「National Cyber Security Strategy」(国家サイバーセキュリティ戦略)でも、FIDOに投資する姿勢を示している。

     これまではパスワードにとって代わる認証手段がなかなか現れなかったが、FIDOは急速に普及している。この事実は、FIDOがエンドユーザーと企業に少なからぬ利益をもたらすことを証明している。パスワードから解放され、セキュリティが強化されるというFIDO認証のメリットに気付くエンドユーザーが増えていけば、パスワードに頼るオンラインサービスは淘汰されていくであろう。

     FIDOを導入して、ログインのしづらさのために使われていなかったショッピングサイトの利用が回復すれば、小売業者は自社サイトの更新とFIDO準拠に掛かるコストを簡単に回収できるだろう。

  • 今日でしたね(^ ^)!

    【安田学長が有識者会議「サイバーセキュリティタスクフォース」に構成員として参加】

    サイバーセキュリティタスクフォース (第1回)

    日時
    平成29年1月30日(月)10:30~12:30

    議題(予定)
    1. サイバーセキュリティの現状及び総務省の対応について
    2. 政府におけるサイバーセキュリティ政策の現状について
    3. サイバーセキュリティに関する最近の動向について
    4. 今後の検討課題・スケジュールについて
    5. 意見交換

  • 【日本ヒューレット・パッカード、アプリケーション改変なしでWebシステム認証を強化する多要素認証製品「IceWall MFA」を発表
    - 同時に「認証技術開発センター」と「認証コンサルティング部」を開設、FIDO準拠生体認証システムの構築サービスも開始 -】

    日本ヒューレット・パッカードは、IceWallを含めた認証セキュリティ分野強化の一つとして次世代認証の標準規格であるFIDOに準拠した生体認証環境構築サービスの提供を開始します。スマートフォンの端末ロック解除で既に普及している指紋認証などの高度な認証を、Webなどのオンラインサービスの認証にも幅広く適用し、なりすましリスク軽減に注力した安全なサービスを実現します。

    ttp://www8.hp.com/jp/ja/hp-news/press-release.html?id=2398276

  • 【日本ヒューレット・パッカード、アプリケーション改変なしでWebシステム認証を強化する多要素認証製品「IceWall MFA」を発表
    - 同時に「認証技術開発センター」と「認証コンサルティング部」を開設、FIDO準拠生体認証システムの構築サービスも開始 -】

    日本ヒューレット・パッカードは、IceWallを含めた認証セキュリティ分野強化の一つとして次世代認証の標準規格であるFIDOに準拠した生体認証環境構築サービスの提供を開始します。スマートフォンの端末ロック解除で既に普及している指紋認証などの高度な認証を、Webなどのオンラインサービスの認証にも幅広く適用し、なりすましリスク軽減に注力した安全なサービスを実現します。

    http://www8.hp.com/jp/ja/hp-news/press-release.html?id=2398276

  • 【Microsoft: 企業ユーザーに警告「Windows 7は今直ぐWindows 10への移行に移る必要がある」】

    Microsoftが企業ユーザーに対して「Windows 7は最新のモダンシステムや企業のIT部門のセキュリティー要件には合致していない」として直ぐにWindows 10へのアップグレードを行うことを求める警告を出したことが早くも業界内で波紋を呼んでいる。

     Microsoftによると、Windows 10に搭載されている最新のセキュリティ機能には生体認証ログイン機能「Windows Hello」や、AppContainerによるサンドボックス技術、近々リリース予定の「Windows 10 Creators Update」でさらに強化される「Windows Defender Advanced Threat Protection」(WDATP)が含まれている。

     法人顧客のWindows 7からの移行は、MicrosoftはWindows 7の延長サポートが終了する3年前となる今から移行準備を進めるよう促しており、移行しなければ「大きな危険」に見舞われると強調している。

    ttp://business.newsln.jp/news/201701180541190000.html
    ttp://japan.zdnet.com/article/35095132/

  • 2017/01/19 03:01

    【Synaptics Natural ID指紋センサー、業界初の銀行カードテストセンター認定取得】

    BCTCは、コンプライアンステストを管理するために大手銀行が割り当てた中国初の指紋認証局です。

    2017年1月17日 – シナプティクス株式会社は、Natural ID™バイオメトリクス指紋認証ソリューション(VFS7500S)が銀行カード・テスト・センターで完全に保証される産業の最初の指紋センサーまたはBCTCであると今日発表しました。

    「スマートフォンやPC上での指紋センサーの急速な普及とモバイル金融取引の増加に伴い、BCTCやFIDOなどの組織による指紋センサーの認証は、消費者と銀行家の安心な支払いとユーザーアイデンティティにとっての重要な道筋です」

    ttp://www.synaptics.com/company/news/BCTC-China-UnionPay

  • 【高市総務相 サイバーセキュリティ強化へ】

     高市総務相はサイバーセキュリティを一層強化するために有識者会議を立ち上げ課題の洗い出しを進めることを決めた。

     これは訪問中のマレーシアでの記者会見で明らかにしたもの。IoT技術の発達により様々な機械にソフトウェアが組み込まれインターネットで結ばれている中、こうした機械を乗っ取りサイバー攻撃を仕掛けるケースも出始めている。

     そのため高市総務相は安田浩東京電機大学学長や、自衛隊出身で「サイバーセキュリティのトップガン」の異名を持つ名和利男さんらをメンバーにした有識者会議を立ち上げ、サイバーセキュリティにかかわる人材育成や国際連携、法整備の方向性などを検討させることにしたもの。

     今月30日に初会合を開き、夏までに中間とりまとめを目指すという。

    ttp://www.soumu.go.jp/main_content/000458523.pdf

  • パスワードレスのFIDO1.0の世界は
    「セキュリティ対策」
    IDレスのFIDO2.0の世界では
    「ID連携の加速」となります。
    これによりネット上のすべての本人確認は完全なシングルサイオンへなるのでは。

    また、三吉野社長の講演で
    「普及期に先にやる人達は、IDの囲い込みという戦略を見直す人達。オンラインでビジネスをやっているネット企業でなくて、オフラインで物を売ったりオフラインでサービスを売ったりしてIDを管理している、例えばホテル業者とかエステチェーンそういったところが普及を加速させる可能性がある。」

    オンラインビジネスだけでなく、
    オフラインビジネスは相互連携重視で異業種との連携を求めていると考えると、
    ホテル/アパレル/レストラン/エステ・美容/リアル物販/・・・・・・などなど

    ID連携の規模はもの凄いですね!

    そして、三吉野社長が最後にまとめた言葉
    「FIDOはようやく普及し始めた。だけどここからの普及で本当に世の中を変えるような大きなルールチェンジ、チェンジがきそうだということを申し上げたい。」

    何か期待してしまいます。

  • 【FIDO東京セミナー・アフターレポート】

    Fast Pitch presentationsのコーナーとして、本セミナーのスポンサー企業がプレゼンテーションを行った。

    株式会社ディー・ディー・エス 代表取締役社長
    三吉野 健滋
     FIDOのエバンジェリストとして、FIDOが今後どうなっていくのかについて、自身の見解を説明。まずFIDO1.0とFIDO2.0の違いについて簡単に触れ、その違いの大きさおよび今後へのインパクトの大きさについて指摘した。具体的には、ID連携が実現することにより、ID囲い込み戦略が陳腐化していく可能性を挙げた。そのうえで、FIDOの普及によりネットビジネスが大転換され、一強他弱から下剋上へのルールチェンジが行われるのではないかと提言した。

    ■アフターレポートサイト
    http://fidotokyoseminar.symposium.jp/report/

    ■プレゼンテーション資料公開サイト
    https://fidoalliance.org/events/fido-tokyo-seminar-2016/

  • 【FIDOセミナー・アフターレポート】

    Fast Pitch presentationsのコーナーとして、本セミナーのスポンサー企業がプレゼンテーションを行った。

    株式会社ディー・ディー・エス 代表取締役社長
    三吉野 健滋
     FIDOのエバンジェリストとして、FIDOが今後どうなっていくのかについて、自身の見解を説明。まずFIDO1.0とFIDO2.0の違いについて簡単に触れ、その違いの大きさおよび今後へのインパクトの大きさについて指摘した。具体的には、ID連携が実現することにより、ID囲い込み戦略が陳腐化していく可能性を挙げた。そのうえで、FIDOの普及によりネットビジネスが大転換され、一強他弱から下剋上へのルールチェンジが行われるのではないかと提言した。

    ■アフターレポートサイト
    http://fidotokyoseminar.symposium.jp/report/

    ■プレゼンテーション資料公開サイト
    https://fidoalliance.org/events/fido-tokyo-seminar-2016/

  • 【FIDO1.0から2.0への飛躍】

    FIDO1.0は事業者毎の縦割りID管理
    セキュリティ対策は管理者目線でした。

    FIDO2.0では事業者間の横連携によるID管理
    利便性確保=消費者目線となります。

    消費者の利便性確保とネットワーク効果による普及
    「皆が使う、使うからつながる」時代の到来


    2017年はFIDO普及の年!
    そして、
    DDS飛躍の年となると良いですね!

  • >>No. 1190

    ウタさん、おはようございます(^ ^)

    暫く投稿がなかったので、如何したのかなと思ってましたが、色々と大変でしたね。
    でも良かったです(^ ^)

    DDSの株価は年始から幸先の良いスタートです。

    今日から3連休!
    日曜と月曜の天気が微妙ですが、
    またまたディズニーに行ってまいります(^ ^)

  • 【FIDOセミナー・アフターレポートについて】

    事務局に問い合わせました。
    掲載されましたらご報告させて頂きます。

    アフターレポートにつきましては、当初の予定から遅れておりますが、
    1月中旬までに公開できるよう準備を進めているところでございます。
    また、プレゼンテーション資料の公開につきましても、並行して準備を進めております。

    お待たせして誠に恐縮ではございますが、
    公開日が決まりましたらまたメールにてご案内差し上げますので、
    今しばらくお待ちいただけますと幸いでございます。

本文はここまでです このページの先頭へ