ここから本文です

投稿コメント一覧 (542コメント)

  • 夜中の2時頃ニューヨークダウ500ドルぐらい下がってたけども 朝起きて調べてみたら プラスになってたね 激しい値段の動き方 こんな時は様子見がいいだろう

  • 2018/12/10 16:40

    久美子は嫁に行かないのか?終身処女か?

  • The giant cheetah (Acinonyx pardinensis) is an extinct species of big cat closely related to the modern cheetah.
    Giant cheetahs were present in Europe during the Early and Middle Pleistocene. The giant cheetah was found in Germany, France, and also in China and India.
    The lifestyle and physical characteristics of the giant cheetah were probably similar to those of its modern relative, except the giant cheetah was the height of a lion at the shoulder (but, due to its light build, it weighed considerably less than a lion).
    It was roughly twice the size of today's cheetahs, putting it at around 79.37–100 kg (175.0–220.5 lb), and about 200 cm (79 in) from head to rump, not including a 140 cm (55 in) tail.
    Its reconstructed shoulder height was at 90 cm (35 in). Like the modern cheetah, the giant cheetah was likely a sprinter, but based on its proportions, was probably slower than the modern cheetah species.
    Just as with the modern cheetah, almost every aspect of Acinonyx pardinesis was specialized for running, though not as fast. The muzzle is short and the nasal passage large for increased air intake during a strenuous sprint.
    To make room for the enlarged nasal passage, the maxilla was reduced and the anchorage for the canine roots was less, resulting in shorter canine roots and a shorter, more stout external canine, a characteristic seen in the modern cheetah.
    Despite its longer legs and potential as a sprinter, the giant cheetah was overall less suited to speed than its modern relatives due to its intermediate build and greater mass.
    One of the most complete skulls of this species is from the well-known French site of Saint-Vallier, but the best collection of postcranial bones came from the older site of Perrier in the Massif Central.
    It could have preyed upon anything from small, contemporary muntjac deer and mountainous ibex, to elk and possibly sambar, prey that was considerably larger than the modern cheetah's ideal prey, the Thomson's gazelle.
    The giant cheetah, like the modern cheetah, seemed to avoid eating bone based on the evidence of its carnassial teeth, and it was a fast eater that likely could consume a great deal of flesh before another predator, such as hyenas, the machairodont Homotherium, or wolves arrived to drive the cat from its kill.
    European cheetahs occurred alongside jaguars and leopards at some Middle Pleistocene localities, and competition among the three possibly contributed to the cheetah's decline.

  • ヤバイことになっちゃう。金曜日の大引け間際に18650円で買ってしまった。

  • この銘柄には機関投資家の大口買いが入らない。個人参加主体の相場だから買い上る資金に制約がある。何年待っても上がらない。投資効率が悪いからここを売って他へ行こうよ。

  • 今日、1570を買った。この時間、日経平均先物が下げている。月曜日はだめかもしれない。

  • 参戦した。18250円で買った。その後、さらに下げたが、気にしない。

  • 今日の寄付きは買い場になるか?

  • 2018/11/29 16:15

    今日、残りの保有の3000株を1050円近辺で売った。これで持ち株を全部処分した。別の銘柄に乗り換える。東証一部上場銘柄の方がいい。今日はNTT株を4600円で2000株買った。

  • やっと反発しました。下げ続けていたので、悪材料が隠れていてさらに下がるかと思い、不安だったよね。

  • 2018/11/24 06:47

    カルロスゴーンがパクられた ここの社長も 27億円も高額報酬はいてるようだが 近々ゴーンと同じで 収監されることになるのではないか キュウリ顔の社長は カルロスゴーン以上に貪欲だ

  • やばいことになった 昨日18500円で買っちゃった 今日は800円ぐらい下がりそうだな 20300円で売ったんだけど買い戻すのが早すぎた

  • ここは上がらんよ 日銀の買いの対象にならないだろう 小粒すぎて機関投資家に買ってこない バイバイしてるのは個人投資家だけよ 参加者の数が少なく買い上げの力はないよ 3年近く持ったけども結局損して撤退することになった この株投資で損したよ

  • 今日寄り付きで買ったら危ないだろうな 寄り付いた後さらに 深く下値を探る展開になりそうだ カルロス君は貪欲なね しばらく刑務所の臭い飯を食った方がいいと思う

  • 2018/11/19 18:00

    悪材料が出た。明日はストップ安だろう。

  • 2018/11/19 07:46

    いつまでもソフトとハードが売れ続ける理由はないだろう ピークアウトしたんじゃないかな これから株価は下落する一方だろう 早く売れ ちなみにおいらは ホールドしていない

  • 「急増する米国の『レバレッジド・ローン』が抱えるリスクに、あまり注意が払われていないように映る」。UBS証券ウェルス・マネジメント本部のCIO(最高投資責任者)、青木大樹氏は警戒感を示す。

     日本株の動向にも多大な影響を与える米株式市場において、このところは米中貿易戦争や大手ハイテク株の動きなどが耳目を集めてきた。だが、ともすればそうした陰に隠れた潜在的なリスクとして、冒頭の実態を認識しておくべきではないか、というわけだ。

     レバレッジド・ローンは信用度の低い企業への融資。変動金利であることや、財務状況が一定基準より悪化した場合に、債務の返済を求めることができる財務制限条項が付いている点などがハイイールド(低格付け)債と異なる。

     実は同ローンについては、BIS(国際決済銀行)が9月公表の直近の四半期報告書の中で「危険な復活?」と題して分析を展開。好調を保つ米景気が後退期に入れば、ローンの借り手である企業のデフォルト(債務不履行)増加などで「投資家は損失を被ることになるだろう」と指摘した。

    ● 米著名投資家も警鐘

     レバレッジド・ローンの貸出残高はリーマンショック後、右肩上がりで拡大を続けてきた。直近では日本円にして150兆円規模にまで膨らみ、この数年ほぼ横ばいだったハイイールド債の市場規模を上回ったとの推計もある。

     同ローンの肥大化を促す原動力となってきたのは、FRB(米連邦準備制度理事会)が金融危機後に行ってきた超低金利政策に他ならない。利回り追求の動きが広がる中、投資マネーは国債より投資妙味のある資産に群がってきた。

     そんなFRBも2015年末に利上げを決めて以降は量的金融緩和の出口に向かい、米長期金利も上昇傾向をたどってきた。直近では米金利について、トランプ米大統領が打ち出した減税策を受けた財政悪化による「悪い金利上昇」の兆候が見られるとの指摘もある。

     こうした中、レバレッジド・ローンは変動金利であるため、金利上昇を見越した投資家のマネーがさらに流入する構図となっている。また、最近は財務制限条項が緩和された「コベナント・ライト」と呼ばれる融資の拡大に伴うローンの「質の低下」も危惧されている。一段の金利上昇や景気悪化で借り手の返済が滞った際の潜在的な損失発生リスクは増しているのだ。

     著名投資家も警鐘を鳴らす。米投資会社オークツリー・キャピタルのハワード・マークス会長は11月上旬、来日時のメディア向けイベントでレバレッジド・ローン拡大は「楽観主義の表れ」と述べた。

     株式市場は米中貿易戦争や米金利の行方などをめぐって神経質な動きを続けているが、その傍らでマグマが膨らんできたレバレッジド・ローンのリスクも注視しておくべきだろう。

     (「週刊ダイヤモンド」編集部 竹田幸平)

    週刊ダイヤモンド編集部/竹田幸平

  • いつまでもこの銘柄にへばりつくのはやめて ここを売って有望な別の銘柄に乗り変えた方がいいよ

  • 今日は800円超下げて寄るだろう。 先週木曜日に 20300円で全株処分した 売っといてよかった 今は買い戻しのタイミングを伺っている ところだ

  • 木曜日に 20300円で 全株 売却した 金曜日に下げている 今日もまた下げるだろう 木曜日に全部売っといたのは正解だった 日経平均が21000円を割るのを待ちたい その辺りまで下げてきたら買戻したい 木曜日に買った方は 南無阿弥陀仏 だよ 地獄に行って ください

本文はここまでです このページの先頭へ