ここから本文です

投稿コメント一覧 (35コメント)

  • *******************************************************
    やはり、この記事の通り 「1,521円」を目指すのか?
    *******************************************************
    携帯電話向け組み込みソフトの需要減と開発費負担増で業績低迷が続いてきた
    が、電子書籍ビューアや情報家電といった新分野の成長で業績は安定。
    今1月期は連結売上高75億円(前期比13.2%増)、営業利益8億円
    (同33.5%増)を計画する。

    今期は最終四半期の11月-来年1月に利益が集中する見通しで、第3四半期 末までの営業利益の進ちょく率は27.3%と低いが、これは計画通りの推移。
    むしろ、上期業績が当初予想の1億2000万円に対して2億7200万円で
    通過していることから計画以上の状況とみられる。

    国内ではIoT分野の売上高が増加。デジタルテレビやカーナビ、ゲーム機
    などの情報家電で豊富な実績を誇り、直近ではニンテンドースイッチ向けにブラ
    ウザが採用されている。IoT市場の拡大に恩恵を受ける展開となっている。
    電子書籍も大手出版社との取引拡大に恩恵を受けている。

    海外ではアジアが拡大。先行投資期であるためセグメント利益は赤字が先行しているものの、中国や韓国でビジネスを拡大。台湾ではリピート通販支援サー
    ビス「CROS」が順調に拡大している。今後は利益面への寄与も期待できそうだ。

    株価は実態改善を評価する形でジリ高基調を続けており、足元では1000円
    を挟んだもみ合いとなっている。 このまま3月高値奪回となれば、次の目標は
    2015年5月高値の1521円を目指す展開に発展していくことが想定される。

    [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
    提供:モーニングスター社

  • >>No. 246

    株式新聞も、昨年末にその記事を書いていましたね。
    見ていなかった方のために、下記に再掲載しておきます。

    ==================================
    携帯電話向け組み込みソフトの需要減と開発費負担増で業績低迷が続いてきた
    が、電子書籍ビューアや情報家電といった新分野の成長で業績は安定。
    今1月期は連結売上高75億円(前期比13.2%増)、営業利益8億円
    (同33.5%増)を計画する。

    今期は最終四半期の11月-来年1月に利益が集中する見通しで、第3四半期
    末までの営業利益の進ちょく率は27.3%と低いが、これは計画通りの推移。
    むしろ、上期業績が当初予想の1億2000万円に対して2億7200万円で
    通過していることから計画以上の状況とみられる。

    国内ではIoT分野の売上高が増加。デジタルテレビやカーナビ、ゲーム機な
    どの情報家電で豊富な実績を誇り、直近ではニンテンドースイッチ向けにブラ
    ウザが採用されている。IoT市場の拡大に恩恵を受ける展開となっている。
    電子書籍も大手出版社との取引拡大に恩恵を受けている。

    海外ではアジアが拡大。先行投資期であるためセグメント利益は赤字が先行し
    ているものの、中国や韓国でビジネスを拡大。台湾ではリピート通販支援サー
    ビス「CROS」が順調に拡大している。今後は利益面への寄与も期待できそ
    うだ。

    株価は実態改善を評価する形でジリ高基調を続けており、足元では1000円
    を挟んだもみ合いとなっている。 このまま3月高値奪回となれば、次の目標は
    2015年5月高値の1521円を目指す展開に発展していくことが想定される。

    [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
    提供:モーニングスター社

  • エイ・オー・テクノロジーズ社のHPを見る限り、「FPGAからASIC
    まで最適なメモリ型プロセッサやシステムをご提案/お見積りいたします」と
    記載されています。

    ということは、テクノロジーは完成しているものと思われます。
    で、あるなら、アバールデータと協業して製品化していくのは時間の問題では
    ないでしょうか?

    私は、そのように解釈してホールドしています。

    ※株式会社エイ・オー・テクノロジーズ(JETRO HPより)
    https://www.jetro.go.jp/case_study/aot.html

    ※株式会社エイ・オー・テクノロジーズ
    http://aot-slid.com/06.html

    ※日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP463243_U7A111C1000000/

  • メモリズム試作品の公開や発売時期ばかりが話題になっているが、株価は
    そうした材料が出る以前のレベルに調整してきている。

    アバールデータは着実な実績を残して発展している好業績企業。
    どなたかも投稿されているように「2018年3月期第2四半期決算説明会資料」
    を読み、発表を待っていればいいと思うのですが。

    ●2018年3月期第2四半期決算説明会資料
    http://www.avaldata.co.jp/sites/default/files/201803-2Q_presen_20171120.pdf

  • 私も読み直してみました。着実な歩みとその業績に安心感が持てました。

    > まずは基本から。
    > 着実なその歩みと業務の内容が理解できたように思いました。
    > このような時にこそ、判断を間違えないように・・・。
    >
    > ●2018年3月期第2四半期決算説明会資料
    > http://www.avaldata.co.jp/sites/default/files/201803-2Q_presen_20171120.pdf

  • 「自動運転銘柄」としても、大きな期待を託されているアバールデータ。
    「みんかぶ」をはじめ、いろいろな株式情報サイトでも取り上げられて
    いるようです。

    *****************************************************
    アバールデータ(6918):成長が期待されている材料について

    アバールデータとイーソル、メニーコア技術を活用した高速データ
    処理エンジンの開発で協業
    https://www.esol.co.jp/news/news_46.html
    またアバールデータとイーソルは、今回の協業を含む両社製品の付加価値
    と競争力の向上などを目的に、両社の株式の一部を相互に取得しました。
    このメニーコア技術ですが今年の3月に自動運転システムの実用化に向けて
    NEDOの委託事業として採択されています。

    http://news830.com/archives/15810
    ******************************************************

    自動車の自動運転の実用化は意外に近い?!関連銘柄をピックアップ!!

    アバールデータ(6918)
    イーソル株式会社と、メニーコア技術を使った超高速データ処理エンジン
    および関連ソリューションの開発で協業。そのイーソルは、商用では
    世界初のメニーコアプロセッサ対応リアルタイムOS「eSOL eMCOS」に加え、先進運転支援システム(ADAS)などの車載システム向けの
    高品質なリアルタイムOSプラットフォーム開発の実績から得た、技術力
    とノウハウを生かして、自動運転技術の実用化に貢献している。

    https://minkabu.jp/news/967024
    ******************************************************

    アバールデータが急騰目前? - 12月の上昇相場で仕込む注目銘柄
    www.kabu-pro.jp/

    ******************************************************

  • 新時代情報処理プロセッサ:メモリズムプロセッサの実用化を推進する
    株式会社エイ・オー・テクノロジーズとの業務・資本提携を行いました。

    ※リリースURL
    http://www.avaldata.co.jp/sites/default/files/news_release_20171114a.pdf

    読むほどに、メモリズム プロセッサの可能性を感じる。
    今後、コンピュータをどこまで変えていくことが出来るのか?

  • ビッグデータ、人工知能(AI)・・・これには無限の可能性を感じます。

    ********************************************************
    弊社(アバールデータ)はAOTとの業務・資本提携により、弊社の得意分野
    である画像処理や高速通信の製品をさらなる高速化・省電力化、およびビッグ
    データ、人工知能(AI)などの情報処理の平易化が可能となり、これにより
    これまで実現が困難であったデータ処理への総合的な解決策を提供いたします。

    ※日本経済新聞より転載
    https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP463243_U7A111C1000000/
    ********************************************************

  • >>No. 882

    なかなか鋭い分析です。これらが上手く回り始めて四季報の好予想に
    つながったのかもしれませんね。 同感です。
    ***************************************************

    > あどちゃんの買い材料
    >
    > ・グーグル パートナー認定(正式発表が大きいね!!)
    > ・ゲームアプリ(ドラゴンズティアー)の評価見直し(クソゲー評価予想からの案外良いゲームかも?)
    > ・越境関連(EC市場チャイナマーケティングの好調)
    > ・業績の底打ち確認からの黒字転換へと変化
    > ・レーティング大幅改善8/18(三菱UFJMS)
    > ・UUUM関連(UUUMのユーチューバーを活用した広告を扱う)
    > ・LINE関連(これはもう説明不要ですね)
    > ・ブロックチェーン技術においてテックビューロ社と対極をなすOrb社へ出資を行っている企業
    >
    > 600台とか通過点
    >
    > 年内 4ケタ楽勝

  • ACCESS 2018年1月期連結第3四半期(累計)、経常損益230百万円

    通期の好業績に期待!

  • ●ファースト リテイリング チャイナとの業務提携
    http://thebridge.jp/2014/09/adways-uniqlo-china

    ●LINEとの代理店契約
    https://www.adways.net/press/adways239.html

    ●テンセント初のソーシャル広告代理店認定
    https://www.adways.net/press/adways197.html

    ●ミストテクノロジーとの提携
    https://www.mist-t.co.jp/

    ●VR制作ソフトウェア「SYMMETRY(シンメトリー)」
    開発するディヴァースへ出資(2016.6.2)
    ~急成長するVR市場の調査や協業の可能性を追求~   
    https://www.adways.net/press/adways371.html

    着々と手をうってきたこれらが実を結び始めてきたのか?
    今後の業績に反映されてくるのが楽しみ。

  • ビッグデータ社会や人工知能社会に必要不可欠な検索・照合・認証・認識
    ・クラス分けなど情報検出を含む情報処理の効率化のためのメモリズム
    プロセッサの研究開発・実用化を推進する株式会社エイ・オー・テクノロ
    ジーズ社と業務・資本提携。

    *******************************************************

    ビッグデータ、AI、半導体と、時代が求めるものが全て含まれている。
    これが理解されるのも時間の問題では・・・。

    https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP463243_U7A111C1000000/

  • >>No. 557

    強い! やはり、このことも注目されているのか?
    4ケタも射程圏!

  • 先ほどストック・ボイスで鈴木さんがテンセントの伸長ぶりを話題に
    していましたが、アドウェイズはテンセント初のソーシャル広告代理店。

    今までは余り注目されなかったけれど、今後が楽しみです。

    https://www.adways.net/press/adways197.html

  • >>No. 893

    ZMPの再上場申請は近い!関連銘柄や最新の出資企業のチェック必須!

    http://kabu-maga.com/zmp/

    上記のような記事も出ていましたね。 果たして・・・。

  • >>No. 519

    NHK・ニュースウオッチ9でとりあげられていたZMP製ドローンも
    楽しみですね。

    時速100キロの高速飛行も可能とのこと。 デザインも斬新で、期待が
    膨らみます。

    h ttp://www.zmp.co.jp/wp-content/uploads/2017/04/pressrelease_20170421.pdf

  • 富士フイルムHD、ディスプレー材料拡販 有機EL注力
    2017/10/26 18:14日本経済新聞 電子版

    富士フイルムホールディングス(HD)はテレビやスマートフォン(スマホ)
    向けディスプレー材料の販売を強化する。
    2020年3月期に同事業で17年3月期比で2割増の1200億円程度をめざす。
    市場拡大が見込まれる有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)の中小型スマホ
    向けなどの新材料に注力し、新たな収益源にする。

    17年3月期のディスプレー材料事業の売上高は約1000億円だった。
    これを中期経営計画の最終年度に当たる20年3月期に1200億円程度まで増やす。
    このうち、有機EL向けなどの新材料が約400億円と3分の1を占める見込みだ。

    今後は強みの塗布技術を生かし、有機EL向け反射防止フィルムやタッチセンサー
    材料などを伸ばす。中期経営計画では、ディスプレー材料を含むインフォメーショ
    ンソリューション事業(ヘルスケアを除く)の売上高と営業利益を20年3月期に
    6200億円、850億円と、17年3月期比でそれぞれ2割引き上げる目標を掲げている。

    このような記事が・・・。
    どこまで「有機EL」分野を伸ばしていけるか?

  • >>No. 776

    これは期待できますね。

    「H-1129」の新適応(滲出型加齢黄斑変性症・増殖型糖尿病網膜症)に
    関する学会発表のお知らせ

    当社が創製し、緑内障治療剤として開発中の「H-1129」につきまして、
    滲出型加齢黄斑変性症等における作用効果について、平成29 年5月7日
    ~11 日に米国で開催されておりますThe Association for Research in Vision and Ophthalmology 2017(以下、「ARVO2017」)のポスター
    セッションにおいて発表いたしましたので、お知らせいたします。

    主な発表内容は次のとおりです。②については、国立大学法人三重大学と
    共同で発表しております。
    ①H-1129 の血管新生抑制効果
    (H-1129 suppresses neovascularization through inhibition of
     secretion of VEGF and proliferation of vascular endothelial cells)
    ②H-1129 の点眼投与による滲出型加齢黄斑変性症(注1)及び増殖型
    糖尿病網膜症(注2)に対する治療効果
    ( Therapeutic potential of topical administration of H -1129, an
    isoquinoline sulfonamide derivative, in wet-AMD and proliferative
    diabetic retinopathy)
    この度発表された研究成果から、H-1129 は点眼投与による滲出型加齢
    黄斑変性症及び増殖型糖尿病網膜症治療薬としても有効である可能性を
    示していることから、今後はこれらの疾患での開発の検討を進めてまいり
    ます。
    なお、本件による平成29 年12 月期の業績予想への変更はありません。

    H-1129(WP-1303)について
    プロテインキナーゼ阻害剤(注3)を中心とする当社化合物ライブラリー
    (注4)のシード化合物を基にして最適化された、緑内障・高眼圧症を適応
    症とする開発品です。

  • 岩井コスモは「A」・目標株価1,200円でカバー開始!

    まあ 今回はネタも豊富だし、赤字→黒字転換だけにいずれ上方修正
    されるんでしょうね。 期待です!

本文はここまでです このページの先頭へ