ここから本文です

投稿コメント一覧 (564コメント)

  • 明日、23日に3・4月度月間MVP候補の発表があります。
    山川は、間違いなく打者部門で選出されます。
    今月の残り試合を、これまで同様に活躍すれば、MVPにも選ばれるでしょう。

    4月22日現在
    打率3位、打点1位、本塁打1位、出塁率2位、長打率1位、OPS1位、得点圏打率1位、塁打数1位

  • 今日まで、4試合連続9得点なので、このまま終われば、新記録ではなかろうか?
    でも、打線が元気過ぎるので、今日は2桁取ってしまうだろう------
    そうなれば、4試合連続9得点以上の記録でも、しょうがないな。。。。

  • >>No. 54900

    先程、帰宅しました。

    今日は、応援というか、打線が爆発するたびに
    歓びの雄たけびをあげてきました。
    もう大満足の一日でした。

    池袋線の皆様にも、観戦日がよき日であるように-----

  • 今日は、これから球場へ

    18日の大逆転劇の日、21日(本日)野球観に行くと、女房に伝えたら
    私も行くという。そして、こともあろうに”勢いがあるうちに”などと、ぬかす。
    まったく、けしからん奴だが、天気も良さそうなので、息子も連れて家族で行くことになった。

    3人合せて209才、息子だって小学生で屋根の無い球場時代からの会員だったのだ。
    球場に入れば、年は忘れる。大いに、声をあげてライオンズを家族全員で応援するぞ-----

  • >>No. 54719

    野球とは関係ない話で恐縮ですが、

    “テルモピレーの戦い”を取材にした小説を10年程前に読んだことがあります。
    文春文庫で「炎の門」副題-小説テルモピュライの戦い、著者は米国人スティーブン・プレスフィールド

    書の冒頭、古代ギリシャの歴史家ヘロドトス(紀元前485年頃~420年頃)の有名な著書”歴史”から
    引用し、ペルシャ軍は200万人だったと述べています。

    紀元前480年、このペルシャの大軍に対し300人のスパルタ人が7日間、テルモピュライで戦い全滅したが、
    ”歴史“では、ディエネケスというスパルタ戦士が最も勇猛に戦ったと、記述しています。
    「炎の門」では、この戦士を中心に物語が展開されています。600頁程ありますが、なかなか面白い本でした。

  • >>No. 54690

    >きのうの歴史的逆転試合。寝落ちで始終を理解していなかった身なので言いにくいのですが、
    >1差ビハインドでも増田の投入じゃないですかね

    試合の流れから、ここからは、1点も与えず、9回裏の打撃にかけるため、
    増田の登板アリ、とも思うのですが、
    なにしろ、8回表終了時点で8点差。

    ところが、余りにも思いがけない追い上げで、増田が肩をつくる時間がなく、
    9回登板に備えて準備していたワグナーがそのままマウンドへと-----
    推測しますが、どうでしょうね?

  • まあ今日の試合は、稀に見られる大逆転劇でしたがーーーーーー
    その背景には、監督の采配に優劣があり、思いがけないシナリオが展開したのだと思います。

    辻監督は、常日頃から勝負は最後まで諦めず、ベストを尽くせと選手を督励しています。

    一方、栗山監督は、勝って兜の緒を締めろの格言を忘れていた。
    8回裏中継ぎに、防御率4.50、9.64の2投手を起用、続いて前日の試合で西武打線に3安打、
    与四球1で自責点1と打たれているトンキンにと繋いで、7点を失っている。
    もっと早い時点で、宮西でも使っていたらと、後悔している筈。

    それにしても、攻撃陣は監督の日頃の戒めに応え、うれしいうれしい勝利を勝ち取ってくれた。
    選手の皆さん、ありがとう。。。。。

  • 西武も随分と、ナメラレたものだ!
    防御率9.64の投手を投げさせるとは!!

  • 昨日の榎田には、大いに敬意を払いたい。

    過去3年は、先発登板なく中継ぎだけで次の実績があるだけ---
    3年前は8試合、8.2イニング、2年前35試合、39.2イニング、で昨年は3試合、6.1イニング

    近年の流れからみても、昨年は、ほぼ干されたに等しい状態にみえる。
    なので、今シーズンは、登板の機会さえ与えられるか確たる自信は持ち得なかったと思われる。

    しかし、そんな情況にも折れず、今年こそはとオフには全力を傾注して身体づくりに励んだに違いない。
    そうでないと、6回、107球の昨夜の投球は出来なかった筈。
    これは、当たり前の事のようにみえるが、中途半端な気持ちでは結果がでない。
    また、与えた四球の3個は、これまでの逆境を跳ね返す闘志の表れだったかも知れない。

    よいトレードだった。彼は、一花咲かせたいと言ったが、沢山の花を咲かせて欲しい。
    岡本にも、同様よいトレードになって欲しい。

    また、このトレードを、実行したフロントの慧眼にも敬意を表したい。

  • 榎田、QSを達成! 素晴らしい

    昨季は、先発無しの3試合で僅か6.1イニングしか投げていない。

    申し訳ないが、これ程ほどやるとは思っていなかった
    よいトレードだったな。。。

    ローテの一角、任せられるぞーーーーー

  • センターフライを、外崎が捕ろうとして、落球し、2者ホームイン。あの飛球はセンターが捕るのが
    チームの約束事の筈。なんか、狂っている。
    5番は、どうしてメヒアなのか-----森は怪我でもしているのですかね。

  • 高校野球などで、エラーの多かった試合でも勝った場合、”こういう試合で、勝っては駄目”という
    監督がいるが、これは、勝ったから言えるセリフでしょう。
    それは、勝ったとはいえ、やらかしたエラーを戒め、チームを引き締めるための言葉と思われます。

    負けた試合の監督が、もしそれを言えば、”エラーを多発したら、負けなさい”というに等しい。

    昨日の試合、エラー多発で負けたが、なんとか打線が頑張って逆転して勝ってくれればよかった!
    勝てば、エラーをした選手の気持ちも若干楽になり、次の試合で、余計なプレッシャーから解放される。
    プロの選手は、成熟しており、エラーしたら反省し気を引き締めて、次の試合に臨んでいる筈。
    昨日の試合で沢山のエラーを見せられたが、それでも、チーム、ファン共に勝ちたかったと思います。

  • 今日も、西武(打)線は特急だけで、なかなか止まらないーーーー

  • 西武線、止まらない。

    これじゃ、電車から降りられないぞ-ーーーー

  • 日経朝刊は、”レオ山川、4試合6打点 いかなる敵も振ることから”のタイトルで、次の記事

    ===
    「会心ではなかった」という西武・山川の六回の当たりだったが、スイングの強さがモノをいった。
    打球は中堅左の最深部に飛び込み、浅村の同点打にすかさず続く、勝ち越し2ランとなった。

     空振りをしようがファウルになろうが、ストライクには手を出すよう心がけている。「(バットを)振らないと(投球との)距離感がつかめないし、どれだけ曲がっているかもわからないから」

     「振らねば何も起こらない」というメジャーの格言を地で行く打撃が、五回も生きた。
    球が消えたのではないか、というような目も当てられない空振りのあと、右翼フェンス直撃の三塁打。
    これが四回までパーフェクトに抑えられていた東浜攻略の糸口となった。

    開幕4試合で6打点。試合を左右する場面での一振り、一振りで4番の座もすっかり板についた。
    ===
    まだ、5試合やっただけで、今年の出来をとやかく言うのは、余り意味がないとは思いますが、
    長打力について、昨季、一昨季と較べてみると、
    本塁打率(打数÷本塁打数)  今季 8.5  昨季 10.5  一昨季 9.9
    本来の長打率(2/3/本塁打数)÷全安打数  今季 67%  昨季 58%  一昨季 50%

    10打数で1本の本塁打、安打2本のうち1本は長打を打つのが、例年のペースで、
    今シーズンは、これよりややより良いので、このままホームラン王、打点王を獲って欲しい!!!

  • 明日は、カスティーヨ vs バンデンハーク

    カスティーヨには頑張ってもらい、打戦には強力な援護射撃をやってもらって、
    必ず、5連勝を勝ち取ろう!

  • 楽天、オリックス、負けて----
    ライオンズ ただ今、独走中!!!

  •  ふじテレビ、恒例の開幕直前順位予想は、昨夜約3時間にわたって、
    セパの順位を17人の評論家が論じた。

     昨年3月31日の評論家15名によるパの順位予想は、
    ライオンズを4位としたもの2名、5位9名、最下位4名、総合順位は最下位としていた事実から、
    今回の予想も、戦力の緻密な分析がなく、大まかなで気儘な読みに基づく気楽な予想と思われるが、
    一応投稿しておきました。

    H 1位12、2位5
    E 1位 3、2位9、3位 2、4位2、5位1
    L 1位 2、2位2、3位 4、4位8、5位1
    B 1位 0、2位1、3位10、4位4、5位2
    F 1位 0、2位0、3位 1、4位2、5位7、6位 7
    M 1位 0、2位0、3位 0、4位1、5位6、6位10

    評論家別の予想
    大久保   L,H,E,M,B,F
    真中    L、H,B,E,M,F
    矢沢    H,L,B,E,M,F
    岩本    H,L,B,F,E,M
    江本    E,H,L,B,F,M
    平松    H,E,L,B,M,F
    高木    H,E,L,B,M,F
    野村弘樹  H,E,L,B,F,M
    大矢    H,E,F,L,B,M
    田尾    H,E,B,L,F,M
    松本匡史  E,H,B,L,M,F
    斎藤明雄  H,E,B,L,F,M
    池田観興  H,E,B,L,F,M
    金村    H,B,E,L,F,M
    笘篠賢治  E,H,B,L,M,F
    里崎    H,E,B,L,F,M
    谷繫    H,E,B,F,L,M

    ライオンズの予想は-----
    1位 大久保、真中
    2位 矢沢、岩本
    3位 江本、平松、高木、野村
    4位 大矢、田尾、松本、斎藤、池田、金村、笘篠、里崎
    5位 谷繫

    頭の中を、覗いてみたくなる評論家も、少なからずいるなぁ-----というのが私の感想

  • 前文のなかで、
    楽天の本塁打を153本としたのは、間違いで、正しくは135本です。

本文はここまでです このページの先頭へ