ここから本文です

投稿コメント一覧 (718コメント)

  • >>No. 79901

    >書いてある内容はいいけど読みにくいわ

    すみません。
    1000文字しか書き込めない文字数の制限で
    この文に一つの句読点もスペースも
    入れる余裕が無かったのです

  • ドラフトでは、吉田輝星、柿木蓮などは勿論ですが、次の選手も私的には欲しいですね

    渡辺勇太郎  浦学で今夏ベスト8になりった速球派投手
    松本 航   日体大で大学日本一の即戦力投手
    甲斐野 央  大学日本代表で150k台後半の速球を投げる東洋大の投手
    生田目翼   日本通運の最速155kを投げた投手

  • >>No. 79890

    79890の続編です
    9月23日日本体育大・松本航を西武など9球団のスカウトが視察。5回投げ5安打5三振2失点の
        内容に、松本は「状態はベストとは言えないが、打たれた球は配球ミス。悔しいです」と話した。
    9月20日 編成会議を開催。西武・渡辺SD兼編成部長は「(リストには)トータルで100人ぐらい
        残っていた。
        そのうち投手は60人ぐらい。1位候補は10人前後。投手もいれば野手もいます」と説明した。
        チーム防御率はリーグワーストの4.24。同SDは「一番はピッチャーだと思っていますし、上位
        (指名)はそのへんになってくると思う。ウチの現状で投手力はアタマ(先発)も後ろ(リリーフ)
        も補強が必要」と続けた。また「決定はドラフトの前日。ドラフトというのはテーブルについてみな
        いと分からない。状況に応じての戦略になってくるとう」とドラフト巧者らしく真意ははぐらかした。
    9月16日関西大・山本隆広を西武など10球団のスカウトが視察。右肘の剥離骨折で今春は棒に振ったが<
        直球の最速は147キロを計測し「7、8割くらいまで戻ってきた」と手応えも口にした。
    9月15日トヨタ自動車・富山凌雅を西武など10球団のスカウトが視察。阪神2軍を相手に5回投げ3安打、
        1失点と好投した。

  • 「2018ドラフト12球団情報まとめ」というウェブサイトの中に
    “西武のドラフト情報”というのがあり、情報の信頼度は不明ですが--

    10月21日 立命館大・辰己涼介に西武をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。
        同選手は3年連続で大学日本代表に選出されているアマチュア球界屈指の外野手で各球団の
        評価も高くハズレ1位の有力候補と言われている。
    10月19日 金沢星稜大・泉圭輔に西武をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。
        187センチの長身から長い手足を生かした角度のある直球が武器の右腕投手。
    10月18日 名城大・栗林良吏に西武をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。
        最速は153キロでスライダーなど変化球を交えて勝負する右の本格派投手。
    10月16日 トヨタ自動車、富山凌雅に西武をはじめ全12球団から調査書が届いていることが判明。
        9月に行われた阪神2軍とのプロアマ交流戦では、先発で5イニング3安打1失点。10球団の
        スカウトが見つめる前で好投した。
    10月14日 日体大・松本航を視察。西武・渡辺SDは「先発タイプの投手は常に調子がいいとは
        限らない。悪いなりにも試合をつくるのが勝てる投手の条件。松本君はそれを持っている」と
        完成度の高さを評価した。
    10月13日 大阪桐蔭・根尾昂を1位指名する可能性が浮上。投手陣強化が急務となっているが、現場からは
         選手層の薄い野手、特に内野手強化を希望する声が上がっているとのこと。
    10月11日金足農・吉田輝星がプロ志望届を提出したことについて、西武・渡辺SDは「1位候補だし
        人気になるよね。ウチは志望届を出した時点で再検討となっていた。持っているものは甲子園で
    実証済みだからね」と話した。
        亜細亜大・頓宮裕真を視察。3試合連続本塁打を放ち、西武・渡辺SDは「長打力は目を見張るね」と       評価した。
    10月10日東洋大・梅津晃大を視察。DeNAのスピードガンは152キロが計測され、西武・渡辺SDは
        「将来的な魅力がたっぷり」と高評価した。
        亜細亜大・頓宮裕真を西武など12球団のスカウトが視察。1試合2本塁打、5打点と自慢の
        長打力をみせつけた。

  • >>No. 79826

    FA宣言選手として公示された選手のFA権利再取得は、残留・移籍を問わず4年後。

  • >>No. 79790

    >CSは消化試合を少なくする目的がありますが、それを数字で検証するのは・・・無理じゃないかと思います。

    その通りですね
    物凄い努力をすれば、少しは増しな情況を掴めるでしょうが、すこまでやる必要はないでしょう
    入場者数の増減には、色んな要素がありますが------
    平均入場者数を見ればCSが、球団経営への貢献が”大きかった”かどうか、大まかな判断は出来るでしょう

    CS開始直後の2007~2014年の8年間は、開始前よりパでは3.4%の減少、セでも9.3%の減少となっています

    だから、CSが入場者数の増加に大きく寄与したとの説に疑問があると述べただけです
    疑問と感じなければ、それで結構

  • これで、CS論議は止めますが-----
    最後に、CSが入場者数を増加させ、球団の収入に貢献したとする根拠には
    疑問があります

    CSは、2007年に始まっています
    そこで、2007~2018年の12年間と
    CS開始前の1995~2006年の12年間の
    平均入場者数を調べてみました(データは、NPB公式ウェブサイトによる)
    まあ、入場者数の数字も粉飾があったので正確ではないでしょうが----

    下に示すように、CS開始前と開始後の状況は
    パでは1.4%の増加、セでは4.9%の減少となっています。セは、衰退気味ですね

                パ・リーグ   セ・リーグ
    1995~2006   23,244  31,156
    2007~2018   23,570  29,636

    しかし、CS開始直後の2007~2014年の8年間は、
    開始前よりパでは3.4%の減少、セでも9.3%の減少となっています

                パ・リーグ   セ・リーグ
    2007~2014   22,450  28,248
    2015~2018   25,810  32,412

    2015~2018は、入場者数が2007~2014に較べ、15%程増加しています

    これらの状況は、総入場者数の推移においても、ほぼ同様の傾向を示しています

    2015~2018の著しい入場者数の理由は、分かりませんが、この4年間の、おそらく営業努力を
    今後も継続してゆけば、NPBも益々発展していくでしょう

  • >>No. 79718

    >興行として成立しないプロスポーツは廃れて消えていきますからね

    その通りですが-----
    現在、近い将来もプロ野球が消えてなくなるとは思えません
    スポーツでは、競技としてチームに順列を明確につけるのが大原則です

    サッカーなどのプロ競技で、経営が苦しくてもCSのような手段を使うことはありません

    リーグ2位,3位のチームが”日本一”になった場合、子供さんにはどう説明するのですか
    プロ野球の興行成績(収益確保)のため、リーグ1位でも必ずしも”日本一”にはなれないとでも。。。

  • >>No. 79703

    >CSそのものそうですが、CSの目的は「1位以外は同じようなもの」ではなくすることです

    全く興行至上主義の考えですねーーーウフウフフウ
    どうぞCSで、一喜一憂して下さい

    私は、"日本一"という詐称が罷り通る世の中に嫌悪しています

  • >>No. 79691

    >興行と考えるなら現状必要 球団も企業なので

    CSでは、下位3球団に収入はありません
    CS期間が10日程あるので、レギュラー・シーズンを延長すれば
    全球団が多少なりとも潤うのではないでしょうか

    また、Jリーグでは、正規の試合とは別に、カップ戦が行われています
    とにかく、今年の巨人のように借金を抱えたチームが"日本一"になる
    可能性のあるシステムです。
    もし、鷹が広島に勝って"日本一"と称すると、素直に受け取れません。
    非常に違和感があります。
    まあ、プロ野球は、所詮興行なのでしょうから、どうでもよいかな。。。

  • >>No. 79378

    >私は、CS不要、断固反対する

    >2連勝して日本シリーズ行きを決めた時に
    >もっかい聞きますわw

    何度でも聞いて下さい。

    CSっていうのは、143試合戦って首位のチームを、リーグの代表として認めず
    蒸し返して日本シリーズ進出チームを決めるシステムですね
    決着のついた勝負事に、水をさすシステムです
    何のために、143試合したのでしょうか?
    換言すれば、143試合はCS参加のための長---い予備試合になってしまうのでは。。。

  • 連勝しなければ-----などと、考えず
    今日勝てば3勝3敗の5分となる!
    すると、ライオンズが心理的に優位に立ち、
    最終戦は、雄星も燃えて、よい戦いが出来ると思う
    メットでの胴上げを是非見たい!!!

    143試合戦って、2位に6.5ゲームの1位
    パの全てのチームに勝ち越し
    しかも、シーズン中一度も首位を譲らなかったチーム
    どこから見ても堂々たる王者のライオンズが
    もしかしたら、リーグの代表として
    日本一決定の戦いに臨めないなんて
    一度決着した勝負を蒸し返すのは何故?
    CSとは一体なんなの?

    私は、CS不要、断固反対する

  • 日本シリーズ

    共に、リーグ優勝チームから、13.5ゲームも離され3位のハムと巨人
    しかも、巨人は借金5を抱えているチーム
    なのに、両チームが日本シリーズを戦うことになったら、世間は白けるでしょうね。。。

    そんな事態になったら、日本シリーズの存在価値が全く希薄になるのではないかな?

  • パ・セ全試合が今日終了したので、明日以降に発表される9・10月度月間MVP賞----

    投手部門、打者部門とも、既に、候補が7名ずつ発表されているが、
    投手部門では、多和田、平井、菊池の3名が
    打者部門では、山川、中村、栗山の3名が選ばれている
    多和田、山川が受賞するのではないかと、思われる

  • >>No. 77851

    >>結論、我慢してるだけというオチですよねw

    山本チーフトレーナーは「蓄積疲労による故障は防げていると思う」と言っているので、
    "痛み"などの選手からの自己申告がなくても、トレーナーによる故障防止の機能が働いていると信じたいのですが

  • >>No. 77841

    >>大事なんですけど、試合でのパフォーマンスが落ちたり、怪我してからでは遅いので、そこら辺を管理職の
    >>方々には見極めて欲しいです。

    ライオンズ選手の体調管理については、9/28日刊スボの”西武山賊打線、他球団より故障離脱者が
    少なかった訳”の見出し記事で、故障を予防する仕組みがよく機能していると報じている

    ===西武優勝の原動力となった「山賊打線」。特長として、他球団と比べ主力野手の離脱が少なかった点が
    挙げられる。4月に守備で飛び込み左肩を痛めた中村と、9月に左腹斜筋を痛めた外崎の2人だけ。
    しかも中村は、あくまでプレー中のアクシデントだ。故障予防に向けた取り組みがあった。

    坂元トレーニングコーチは「情報共有を密にしている」と話す。コンディショニング部門のミーティングを増やした。去年までの月1回を1~2週に1回にした。1時間はかけ、1人1人の状態を確認。疲れていると判断された選手を担当コーチに伝えることもある。無理させない選択肢を提示するためだ。
    山本チーフトレーナーは「蓄積疲労による故障は防げていると思う」。日々のチェックも怠らない。
    野手は練習中の動きからスタッフ全員で目を配る。投手も週2、3回、トレーナーのチェックが入る。
    肩、股関節、柔軟性など約10項目にわたる。

    坂元コーチも成果を実感するが「他球団でもやっていること」。それより、西武にしかないものがあるという。「『痛い』と言わない選手が多い。放っておくと痛いまま出てしまう。止めるのが大変。伝統だと思う」。
    年長者が率先して練習し、少々の痛みは押して試合に出続ける。その姿を見て若手が育つ。新人開幕からフルイニング出場を続ける2年目の源田は「普通じゃないですか?自分から『痛い』なんて言うわけない」と真顔で答えた===

  • 野球とは、直接関係のない話で恐縮ですが-----

    優勝で、やっとマジックの”M”の文字から解放されてホットしている
    M”の文字が、これまで、たびたび当スレや新聞、テレビに踊っていて、
    私に、”M検”のことを思い出させてしまっていた(苦)

    M検は、大学入試の身体検査で受けさせられたもの
    検査室の前の行列に並んでいたが、順番で中に入ると、そこには白衣の医学部の先生と看護婦が
    小机を挟んで椅子に座っていた
    先生の手招きで前に進み出て、女性の前で多少の気恥ずかしさはあったが、ままよと,ズボンを押し下げた
    (これを街中でやると、お縄頂戴ものでしょうW)
    先生は、一物をペロリと触診し一瞬の内に検査は終了した

    受験科目が英、数(解析1、解析2)、国、理(物理、化学)、社(日本史、世界史)と8科目で、勉強に忙しく、
    女体の体験学習までは、手も頭もまわらず、全く無用な検査たと私には、思えたものだ。。。
    もっとも、受験料は4,5百円程度だったのに、よくまあ念入りな検査をするものたと感心もしたが---

  • >>No. 77720

    >>51本 1950小鶴、1973王、2003ローズ

    小鶴誠は、私が中学生の時、学校まで来て打撃のコーチをしてくれ、サインも貰ったので
    よく覚えています。

    隣の市の出身で、ホームラン王の来校ということで、学校では大騒ぎでした。
    本気ではなく、ちょつと打って見せてくれましたが、細身のスラットした体躯で、
    アッパースイングだったのを覚えています。

    彼の記録を、NPBで調べましたが、出場130試合で、塁打数376、打点161、得点143は
    歴代1位記録保持者だそうです。

  • 残念ですが、Textreamのウエブサイトに、次のお知らせがありました

    【重要】「株式」「FX、為替」カテゴリのYahoo!ファイナンス移管と、ほかカテゴリ終了のお知らせ
    textreamは2018年12月末日をもって「株式」「FX、為替」カテゴリを残し、そのほかのカテゴリを終了させていた
    だくことになりました

    他の掲示板があれば、来年も皆さんとご一緒したいですね。。。

本文はここまでです このページの先頭へ