ここから本文です

投稿コメント一覧 (32コメント)

  • 阪神がどん底を抜けるべく、1点でも多く取れる打線を現状のメンバーで組むなら、1番から8番はこうするのが一番。急場しのぎの打順は
    (遊)植田
    (二)板山
    (三)糸原
    (右)糸井
    (左)福留
    (一)ロサリオ
    (中)江越
    (捕)梅野
    もちろん本来の適性ではない打順もあるのだが、今の状態ならこれが最も点を期待できるはず。糸原は大学時代に鳴らしたサードに戻し、板山を去年も何試合か守ったセカンドについてもらう。2番から5番まで左が続くけれど、糸原糸井は左投手の方が打率は高いくらいだ。個人的には8番は単打を打てる人を置くと強い打線ができると考えるが、適任がいないので捕手をそのまま使うしかない。

    交流戦でさらに下がっていくのが明白なので、今年もAクラス死守くらいしか目標がなくなっているのだが、そもそも打撃については、片岡コーチの右打ちゴロ指令を若手に課したのが最大の失敗。そういう小細工をすべき人材と、そうでない人材を見極めなかったから、去年出かけた中長距離砲の芽が全部潰れてしまった。
    右打ちゴロのためには右打者は引き付ける必要があるから、差し込まれてなおストレートが打てなくなるし、タイミングも変えなくてはならないので、中谷などはこれまで得意だった変化球も損じている。本来は、もっと前でさばいてボールの下を叩くスイングをしないと、待望の大砲は出てこない。

    阪神に右の大砲がいないというのに、コーチが左の巧打者タイプの平野に片岡では長距離弾を打てるアドバイスができるわけもなく、金本監督は監督で、ひたすら強振してライナーをスタンドに力で突き刺すという常識を超えた変則タイプの左打者だった。右の長距離打者をスタッフに迎えていないのが一番の失敗。特に片岡コーチは、自分が打撃のヘッドになってからはチーム打率リーグ4位が最高で、最下位が2回あり、以前に低打率が改善せず引責辞任した経歴があるのだから・・・・。

    そもそも監督を引き受けたがらなかった金本を何とか説得するために、コーチ人事を任せるという条件を球団が出し、ならばコーチ経験もない身でいきなりの監督就任だから、現役時に気心の知れたチームメイトで固めたいということでこうなってしまったのだ。来年は球団もシビアにコーチングスタッフに介入してほしいものだ。

  • 負け惜しみではなく阪神は清宮を外してよかったと思う。
    今の補強ポイントからズレているし、ポジションがダブつく危険性は避けられなかった。
    そもそも本社筋が早い時期に指名を明言していたことからも、会社主導の営業を第一に考えたものと感じていた。
    それにしてもなんで日本ハムってクジが異様に強いのか??

     ハズレ1位の馬場投手、良い選手が取れた。先発投手不足は深刻で、能見の衰えは来年加速がつくだろうし、メッセンジャーも年齢を考えると今年以上は望めない。藤浪の復活は五分五分だろう。
    先発が左2枚、右1枚はほしい。それを考えると、野上のFAは取っておくべき。
    打撃については若手の底上げと外国人で補う方がいい。
    来年の順位についてはロザリオが取れるかどうかで全てが決まる。あと中田翔は取るべきではない。

  • 阪神は木曜の読売戦で、なぜ無四球、4安打しか打たれていない秋山を6回で降ろしたのか訳が分からない。
    チャンスに打順が回ってきたというのならまだ分からないでもないが・・・。
    こういうことをしているから、いつまで経っても完投能力を備えた先発が育たないのだ。
    ベテランならともかく、期待の若手の柱だ。せめて1点取られるまで我慢しないと。
    そしてこういうことをしているから、中継ぎに負担が掛かり、肝腎のこの時季に桑原、マテオ、ドリスが
    バテバテになっているわけだ。弱気のバント指令も目立ってきたし(勝手にバスターと勘違いした俊介が、
    身体に向かってくる抜け球を無理やり打ちに行って空振りした上に、
    よけられずケガをするというコントのようなアホっぷり)、このベンチが考えることは本当に分からない。

  • セパ共に2位を10ゲーム離していたら、もうCSなんてやる意味はない。
    たとえば、9月1日時点で首位と2位が5ゲーム以上開いていたらCSなしなどのルールを作らないと、
    本当にペナントが白ける。CSアドバンテージなんてとってつけたごまかしに思える。

    阪神にとっては鳥谷の先日の2000本だけが朗報。大卒での14年目以内の達成は長島以来だそうで、
    そこまでハイペースとは思わなかった。そう感じさせない飄々としたところが素晴らしい。
    そういえば大抵の打者は、2000本を前に停滞する時期があるものだが、
    全く滞らずにこともなげにやり遂げてしまったのも鳥谷らしい。

    去年の不振は正直、もうダメかと思ってしまったが、そこから自分を取り戻せる
    精神力と体力は推し測れないほどのレベルだ。なお甲子園で2000本を達成したのは王、若松に続き3人目、
    すべて背番号1という奇しき縁。

    それにしても、いつの頃から「2000本安打」ではなく「2000安打」という言い方に
    マスコミが統一し始めたのだろう。確かに「4打数3安打」のように安打の前には本をつけないものだが、
    ただこの記録だけは「2000本安打」の方が耳馴染みがあり、また重みも感じる。

  • この2連敗は、確かに広島との力の差はあるのだろうが、それは野球の能力というより精神力だろう。
    とにかく阪神の選手は、ベテラン3名を除くとメンタルが弱過ぎる。今は精神論がバカにされる風潮だけど、
    精神論は大事。身体を動かす、頭を回転させるのはメンタル以外の何でもない。いわゆる「心のもちよう」だ。
    臨機応変に強気と繊細さを使い分け、相手の弱みに付け込み、追いうちを掛ける。
    それぞれの場面で委縮しているのか緊張しているのか、気持ちで負けて力みかえっている。
    意識的にゾーンに入る訓練をしないと無理だ。それは「練習」ではなくて「訓練」である。
    むしろ練習は邪魔になるかもしれない。

     今日に限って言えば、ベンチワークも失敗。打たれていない岩田を引っ込めた理由は皆目分からない。
    何か異常が出たのかもしれないけど・・・。あとマテオに替えてからは捕手に梅野を使うべきだった。
    リードが変わって流れを食い止め、足のあるチームに強肩捕手を使うのは当然。
    梅野が懲罰かというくらい干されているのは納得がいかない。

  • 万に1つの望みもないことは分かっていたので、逆転サヨナラツーランも別に驚きはしないが、
    来年へ向けてはかなり示唆に富んでいた中日、広島戦の2連敗だったと思う。まずは坂本。
    リードや配球は素人だから分からないが、コントロールの悪いピッチャーとはまだ組ませられないことくらいは
    素人でも分かる。そこは2軍でまだまだ勉強すべきだし、また走ってくるチームに対応する肩も弱い。
    坂本を1軍で使うなら梅野との併用でいかないと、投手陣のフラストレーションが溜まるだろう。
    野茂、下柳、川上と、奇しくも投手出身の解説者が坂本にかなり辛辣に苦言を呈していたので、
    本職が見ればさらにいろいろ細かいことがあるのだろう。

     そして西岡はもうスタメンレベルではない。大ケガから戻ってきた精神力には頭が下がるが、
    彼で流れが切れる試合をどれだけ見てきたことか。肝腎のところで淡白。

     個人的にはメッセンジャーが離脱したことよりも、糸原と大和を欠いた時に
    今年の命運は決まってしまったと思う。北條や植田を1軍スタメンで使わざるを得ないことを思えば、
    ここまでが上出来だったとも言える。去年よりは確実に強くなっているのは確か。
    CS以降は毎年書いているがどうでもいいこと。野球はベナントが全て。すでに来年は始まっている。

  • 藤浪はまたしてもぶつけまくり外しまくりだったようだが、教え方が根底から間違っているのだと思う。
    しかも、高校時代から続いていたインステップを一昨年に直し切ってから一層おかしくなっていることを思えば、
    「こうするな」とか「こうしろ」ではなく「好きなように投げて良いよ」が一番効く指導だと思うのだが・・・・。
    そもそも、藤浪は日本人離れした手の長さと足の長さの持ち主なのだから、他の日本人投手と同じ指導を押しつけて
    も意味がないのではないか。ランディ・ジョンソンなんてあんなにインステップでも大リーグ史上屈指の投手になっているわけで、何もあのステップがかならず腰や肘を痛めるわけでもない。それぞれの身体にあったフォームというものがあるはずだ。このままでは藤浪は指導者と常識の壁に潰された悲劇の投手として終わってしまう。

  • 坂本を捕手で使う理由がよく分からない。起用時の敗戦率もかなり高い。
    投手とも息が合っていないシーンがよく見られるし、昨夜(木曜)の岩崎は全くサインが合わずに
    イライラしているのが明白に見て取れた。ドリスは梅野の捕球に絶大な信頼を寄せているから、
    坂本だと怖くてエゲツないフォークが投げられず投球の幅が狭まった。
    坂本程度ならまだまだ2軍で修業が必要だと思うが・・・・。
    オールスターにも出たほどの梅野を中心にして坂本を補助でいかないと。
    ある程度固定しないと、捕手は最も育たないポジション。まあ梅野が打てな過ぎるが悪いのだけど、
    それにしても阪神の捕手が軒並み打率1割と2割の境目をうろつくのは何故?せめて2割4分打てたら楽になるのだが。

  • それにしても阪神が先日のヤクルト3連戦の2戦目で、2点ビハインドで無死1,2塁から、
    大砲として育成すべき中谷に送りバントを命じたのを見て(結果は失敗)、
    このベンチの間は優勝はないなと確信した。中谷をどういう打者に育てたいのか、全くビジョンがない。
    待望久しい右の大砲なのだから、ここは緊張を取り除いてやるアドバイスをして
    一発逆転3ランを導いてやるべきだし、百歩譲って、外目を攻めてくるだろうから大きいのを狙わず
    つなぎの右打ちを意識しろというアドバイスが当然。

  • 阪神ほどベテランに手厚いチームはないなあ。
    36歳以上がクリーンアップに2人もいるチームはおそらくここだけだし、
    またどれだけ不振でも実績重視で使い続けて、気がつけばチーム状態が手遅れになるというのが
    ここ何年かのパターン。そこへ行くと広島は休ませつつ上手く回転させて、若手が引っ張るチームにしている。

    5月くらいまでは若手が育ったと勘違いさせられたが、やはり1年通じて、結果恐れず使われてこそ。
    とっかえひっかえではやはり育たない。

    さらに今のプロ野球は監督よりコーチの時代。強いチームには名コーチがいる。
    そこがスカウトの失敗と並ぶ、阪神の最大の弱点でもある。
    昔から縁故、それも親会社経由の悪い縁故でコーチが決まることが多いので、推して知るべしだ。

    難攻不落の相手のエースに対し、チームでまとまった戦略を持って打席に立つなんてところはほとんど見ない。
    ベンチレポートを聞いても、片岡コーチのコメントはストレートに負けないようにとか、ボールを振るなとか、
    少年野球レベルのことしか言っていない。やはりまだ数年暗黒が続きそうだ。
    そういえば、あの野村時代の本当に「暗黒時代」と言われていた頃より、今の方がチーム打率は低いそうだ。

  •  このチームは不思議なことに、チーム全員が急に打てなくなるという悪い傾向がある。
    他所のチームは、個人個人での波があって、それが互い違いに続いて、
    打てない人もいれば打てる人もいるという感じで、チームとして一斉に落ちるということはあまり目にしないが、
    阪神はここ数年本当にその傾向が酷い。まあ去年の顔ぶれに糸井が加わっただけで、
    その糸井が馬脚を現してしまえば去年に戻るというのは至極当然なのだが・・・・。
    若手の底上げも何も出来ていない。春に一時期たりともときめいたのがアホくさくなる。

     外国人を呼んだところで、チームの本質的なかさ上げにはならない。
    スカウト方針から徹底的に見直し、コーチ陣の総入れ替えをオフに必ず行うこと。
    そうしないと暗黒時代がまた戻ってくる。練習方法も、広島のうわべの真似の筋トレばかりでは
    ダメということを痛感してほしいものだ。そしてベテランに頼り過ぎないこと。
    FA市場にはてをなるべく出さないこと。噂される日ハムの中田を取ったら、さらに5年は遅れることになる。

     それにしても、阪神ファンで知られた小林麻央さん(子供の頃甲子園のそばに住んでいたそうだ)も
    天国でガッカリしているだろう、こんな試合ばかりでは。

    ◆あと、点を取れないから送りバントに縋って失敗しるケースも嫌というほど見ているけれど、
    送りバントというものはするべきケースは決まっていて、点が取れないからと言って
    8,9番以外の打者にさせるのはどうなんだろうか。送ってワンアウトならまだしも、
    2アウトにしてまで送るのは、単にその後の打者に責任をおっ被せてるだけに思えるのだが。
    そのくせ二言目には「つなげる野球」とか「つなごうという意識」みたいなことを言う。
    普通に打って前が倒れたら「よし、俺が」となるのは分かるが、アウトと見返りに強制的に
    追い込まれた状況で打席に送られるのは、心理的にも技術的にも相手の方が絶対に有利だ。

  • そもそも、作曲者へ敬意を払ってほしいからという会長の発言自体が???である。
    そんな曖昧模糊とした実態のために金を徴収されることが正当化されるのであろうか? 徴収されることで、ピアノ教室などで使用される楽曲は著作権が切れたものばかりになってしまうのだろうが、
    現代曲にも技法や表現で素晴らしい作品が多く(とくにリズム)、子供たちに経験させるメリットは大きい。
    そうした機会を奪うことになるのが最大の問題点。

    加えて、そうした曲を教わることで、自宅練習の際に、CDを購入するケースはとても多い。
    むしろ著作権には貢献していると思うのだが。これが無くなることの方が、作曲者には痛手のはずだ。
     さらに、当の作曲者の中から、この徴収に反対の声を挙げている人たちもいる
    (小山和彦氏や徳備康純氏らがその筆頭)。彼らは金もうけのために作曲しているわけではないと言い切っており、
    子供たちの音楽教育の充実に寄与することが目的であるとしている。全員ではないにしろ、
    作曲者たちからもこうした声が挙がっているのに、なぜJASRACは徴収に踏み切ろうとしているのか。
    背景に何か利権がからんでいると思われても仕方がない。

    一番胡散臭いのは、今回の徴収案が、曲に対する正当な著作権料ではなく
    「音楽教室の売り上げの2.5%を納めろ」というどんぶり勘定も甚だしいいい加減なもので、
    まさに暴力団のみかじめ料と同じ発想。これでは、たとえ全曲著作権が切れた楽曲にしていても
    徴収することになってしまうわけで、むしろ違法な徴収と言える。ここは意外と報道されていない。

     さらにいえば、JASRACのいい加減さは、詳しく調べもしないで、
    演奏家なら公共の場で演奏して著作権が発生しているだろうと決めつけて、
    古楽(もちろん著作権などとうの昔にない)や世界の民謡演奏の演奏者にまで、
    無差別に払え払えと徴収書類を送りつけていることにも表れている。

     この団体の上層部がどこと通じているのか、どういう構造になっているのか、
    文春などはくだらない芸能ネタとか追い掛けてないで、JASRACのような団体にこそ
    切り込んで頂きたいものだ。
     
    とにかく、音楽教室からの著作権料徴収などあってはならない弾圧である。

  • 愚昧な政治家の巣窟・民進党が、競馬場への未成年の入場制限を法案として提出するそうだ。
    自民ももちろん民進も競馬の敵。こんなものが通ったら、確実に家族客は減る。

     自民は自民で、前にも書いたようにカジノ法案通過の身代わりに競馬への締めつけ案を出している。
    まずは競馬場のATМ撤去案を秋までに決定するべく動いているし、それ以降は2020年までに購入額の制限、
    入場回数の制限などを法案化するプランを公表している。

    大西暴言問題は論うのもバカバカしいくらい。前からコイツの卑しい根性はここでも指摘してきたが、
    こういう議員に投票する人間も同じレベルと言わざるを得ない。

  • 中日ごときを3タテできないとは本当に情けない。
    ポコンポコンと振り回して凡フライの山、去年の阪神が帰ってきてしまった。マズイ兆候。
    負けるのは勝負事だから仕方ないところもあるが、負け方というか、アウトの取られ方が悪い。
    さらにいえば3安打で勝った昨日(水曜)の勝ち方も悪い。

  • 阪神打線が菅野の連続完封を止めたところ。妙に全てが噛みあっていて少し怖いくらいだ。
    今回は2連戦なので、1勝1敗でいい。その意味で初戦を取れたら大きい。

     何度も土曜の大逆転劇を見直した。ストーリーの中に起伏というものは存在すると思うのだが、
    6回以降は起伏が主体になっていて、まさに起伏そのものの連続だったことが分かる。
    そして阪神の選手がいわゆるゾーンと言われる心理領域に入っていたのも見て取れる。

     面白いのは、金本監督、緒方監督共に「9点差の逆転はこれまで見た覚えがない」と言っていたのに、
    2人が広島に在籍していた時に9点差を引っくり返された経験があるのだ。
    悪い思い出というのは記憶から抹消されるようにできているのだろう。

  • 政治屋の軽率さや愚鈍さは今に始まったことではないので、
    今村をはじめとする失言祭りには特に驚きも怒りも感じない。
    それよりもむしろ政党政治の限界を見る思い。
    人ではなく党に投票するから、このような劣悪な政治屋が権力の場に座る事態が後を絶たない。

    そもそも、大臣を勢力均衡や派閥配慮で任命しているから話にならない。忖度だらけの政治だ。
    政治家ではなくて政治屋、それも二階や森のような妖怪が跋扈していて、
    それらを不祥事が起きるまでキチンと批判するメディアもないからなおさらこの手合いがのさばる。

    そして頭からっぽの野党(とくに民進党)が惨状に輪を掛ける。
    任命責任追及で国会を空転させることが自分の仕事ではないはずだ。
    相手のエラー待ちで、エラーが出ると揚げ足とりしかしない姿が国民の信頼を失くし、
    しかも内輪もめを繰り返すことで愛想を尽かされていることに、いつ本気で向き合うのだろうか。

  • ドラフト会議。阪神の大山指名はビックリしたが、場内にブーイングが出たり、
    佐々木を指名しなかったことでファン掲示板が罵声で溢れたりしたのを見ると、
    阪神ファンというのは、野球ファンとしての民度が低いのだと嘆かざるを得ない。
    誰が見ても現状、打力不足だし、とくにサードが不在なのは明白。
    外国人もFAもサードはなかなかいい選手がいないなら、自前で養成するしかない。
    陽川だけでは心許ないから、右の長距離砲のサードを取りに行ったのは至極頷けると思うのだが。

    2位以下の投手も、なかなか渋いところに目を付けていて、ドラフト1位以外が活躍する伝統?
    のある阪神らしい良い選択、85点はあげていいと思う。

    そもそも、大卒で指名が重なった、前評判の高い投手は、意外と現役で活躍していないもので、
    早稲田→日ハムの有原くらいだろう。その意味では田中も佐々木も分からない。
    ドラフトなんてその是非が分かるのは3~5年経ってからだ。

  • 民進党の絶望するほどのダメさぶりは相変わらず。
    拍手がどうのとか、戦没者追悼式に出なかったことをあげつらうとか、
    どうでもいいことで国会の貴重な時間を使っていることが、
    国民からどれだけバカにされているか分かっていない。
    自分たちがどう見られているか気付かない限り、この政党が改善されることはないだろう。

  • 今年の攻撃力低迷は、ファーストストライクを無駄に見逃すことが多く、
    カウントが詰まるまで勝負に出ない打者が多すぎること。

    なにより全体的に戦力不足。そもそもチームの中堅として最も活躍してなければならない
    05年から10年までのドラフト指名選手43名のうち、現在レギュラー定着はおろか1軍定着している選手が
    大和と原口、中谷だけ。1軍と2軍を行ったり来たりしているのが下位指名の上本と荒木、俊介、秋山という
    始末なのだから、いかに上位指名のスカウト戦略を失敗してきたか、その歪みが今年一気に噴出したのだと思う。

    幸い、それ以降の入団選手を中心に、育成の芽はいくつか伸びているので、来年は少しは上がれるとは思うのだが・・・。

    あとは、いまだに藤川を押さえのエースにしたいという発言が出るような過去偏重の球団姿勢とか、
    そして筋トレ重視のオフにするといった報道が心配。筋肉トレーニングはある程度ベテラン選手が
    筋力を維持するためにはいいが、若い選手はほどほどにしないと、大事なスタミナがつかないままになってしまう。打者も投手も基本は足腰。秋に毎年失速するのもスタミナ不足だし、
    また若手の多くが空振りしたときに軸を崩されて右打者なら右足を後ろに引いてしまうシーンが多いのも、
    体幹が弱くて不安定だからだ。ウエイトトレより走り込みと体幹トレを強化してほしいのだが・・・。



    投手陣はメッセンジャーの衰えが出るだろうし、能見がセットアッパーに回る可能性があるのなら、
    先発は岩貞を中心に回すことになる。来年の先発陣は岩貞、藤浪、メッセンジャー、青柳の4本に、
    ケガさえなければ秋山、横山、金田をローテーションとして打たれようが何しようがしっかり回して使ってほしい。ここに望月や、ルーキーが加わるようなら層が厚くなる。打たれて我慢の年になるかもしれないが、
    そういう年を乗り切らないと育たない。阪神ファンも球団も、これまであまりにも短気すぎた。

  • つまらんと言えば、阪神の負け方が悪すぎる。
    若手が修練の場でミスして負ける分には構わないが、上本とか藤川とか高橋聡とか、
    先の短い選手が若手の見本にもならないプレーや失敗をして、
    それが致命傷となって負けることには何の意味もない。
    もっとも、今年は来たるべきオフの大規模な血の入れ替えに向けて、
    中堅以上の選手の見定めをしているのだとは思うが。

    もちろんコーチ陣は高代コーチ以外すべて解任で。
    あと過去の栄光を今の能力と混同する(阪神だけでなくスポーツマスコミ全体がそうだが、阪神は特に酷い)
    指向性は捨てないとダメ。ОB会なる諸悪の根源も解体すべし。

本文はここまでです このページの先頭へ