ここから本文です

投稿コメント一覧 (522コメント)

  • >>No. 233

    薬師丸さん
    毎年のご報告心から感謝しております。



    (投稿を止めようと思いつつも、感謝の気持ちを述べさせていただきました。)

  • 今日は参った
    460円の頃3円下がっても悲しかったが、夢が遠のいた分それと同
    じ思いだった。

    フトつまらんことを思いついたのですが、

    省の保険収載はIRを出さないと明言している。では明日の総会で他の
    省等の状況を話すとどうなのでしょうね。
    それと例のネイチャーについての考え等は如何かな。

  • >保険適用は1年に1回ですよね

    7年に一回では?

  • 気分が悪い

    ムカチュウなるものの「妄想を綴る」の妄想に
    塩野義のピレスパとGNIのアイスーリュイは「似て非なるもの」 
    として妄想を綴ったのであろうか。
    亀大王まで、
    今回の研究はどこのピルフェニドンか、と馬鹿なことを尋ねた投稿があった。

    全く同じピルフェニドンなのだ。

  • おっと
    ゼネリックは、
    中国に於いては、一旦保険収載されたら製造販売承認されない筈でしたね?

  • 念のため
    かしわ餅さんは忍耐不足で手放された、恨むならご自分を。
    然し、大いなる含み損を抱えて117円でも必死に耐えた経験があるのです。
    (本当は「再起不能かも」との恐怖に震えながら。)
    今は、その状況に比して前途洋々、単なる調整状態と思います。

  • >リリースがあったわけでもないし

    これから各省等で発表される、続々30回以上の保険収載ニュースは
    期待できると思いますが。

  • 少し真面目に・・・

    命の芽新薬の「芽」が発見されても、製品化にこぎ着ける確率は3万1064分の1
    (日本製薬工業協会)

    上記は過去何度か投稿しましたが、その根拠は東京農工大の遠藤章氏にまつわるもの
    でした。
    本来彼がノーベル賞をもらうべき研究であったとか。

    F351は低分子化合物、しかも人ゲノム解析から生み出された、と聞いたように
    思います。
    副作用が激しく或いは効果の無い失敗を秘めた遺伝子治療薬とは違います。

    そもそもF647に水酸基(OH)を1個付けたヒドロニドンと呼ばれるものです
    から、F351の失敗の確率は非常に低いと思っています。

    仮にそのご心配なら、6月ごろまで待ってホルダーになられては如何でしょう。
    但し、72万円では難しいと思いますよ。


  • なぜか上海さん、これなら非表示にならいかな?
    勝手に再掲すみません。

    85

    なぜか上海
    3月11日 09:36


    おはようございます。
    昨晩も盛り上がっていましたね~。

    3/7の22:00頃投稿して[非表示]トラブルにあった内容の件ですが・・・
    ※genomixxxさん、satさん等数名の方々にコピペ投稿でご迷惑かけました<m(__)m>

    ・「世界オーファンドラッグ学会2017年:シンガポール」
    同時開催の[アジア生物医薬品学会 2017年]の公式サイトが開設されましたが・・・

    ・BioPharma Asia Convention 2017 公式サイト - GIIEvent
     [アジア生物医薬品学会 2017年] [・ttp://www.giievent.jp/terr378120/]


    [スポンサー・出展者情報]・[講演者情報]・[参加者情報:具体名非公開]の何れからも
    "A.F.T. Orphan"と"GNI Ltd. and Shanghai Genomics"が参加の確証が得られません(*_*;

    下記の[WHO ATTENDS?]列記企業名は参加歴のある企業名の可能性があります。
    [・ttp://www.terrapinn.com/conference/world-orphan-drug-congress-asia/index.stm]

    ※公式サイトではまだ参加者申込受付中ですが・・・
    確証得られない現在では私の早とちり(やっちまったか~(*_*;)ということで関連した投稿は削除させて頂きます<m(__)m>
    何卒ご理解ご容赦の程お願い致します<m(__)m>

    ttp://textream-cimg.west.edge.storage-yahoo.jp/f8/22/1002160-2160/3874/039d06c4d339a50e58a9cfcc5e3991e2.png

  • >消える頃の株価は200円

    300からs高380、そして395円を付けてからs安、
    この時抜けたのでしょう。
    平均取得単価は330円あたりだったでしょうね。

  • 助成金等受領一覧覚えメモ

    ◎上海ジェノミクス有限公司
    *2016 年9月23 日
    ¥ 中国人民元784千元(日本円で約11,861千円相当)
    ・中国上海市張江高科技園区管理委員会
    ・アイスーリュイの特発性肺線維症治療薬としての開発を行ったこと

    *平成 28 年6月 27 日
    ¥ 総額中国人民元 50 万元(日本円 で約7.7 百万 円相当)相当)の内中国人民元 40
      万元(日本円で約 6.1 6.1百万円)
    ・中国上海科学技術委員会
    ・F573 の慢性肝不全急性化治療薬としての中国における臨床試験

    *平成 28 年5月2日(平成 28 年4月 年4月 29 日)
    ¥ 中国 人民元 80万元(日本円で 13.4 百万 円相当)
    ・中国上海市張江高科技園区管理技園区管理委員会
    ・ヒドロニン(F351 )の肝線維症治療薬として中国における第2相臨床試験

    *平成 27 年 6 月 30 日
    ¥ 100万人民元(約20,090千円)
    ・上海市政府
    ・肝線維症に対するF351の第2相臨床試験
    (この助成金は、上海科学技術委員会生物医学支援プログラムの一部であり、100万人民元の内80万人民元(約16,072千円)をこの度受領し、本臨床試験終了に残り20万人民元(約4,018千円)を受領する予定)



    ◎北京コンチネント薬業有限公司
    *2016 年8月24 日
    ¥ 中国人民元740千元(日本円で約11,151千円相当)
    ・中国北京市順義区科学技術委員会
    ・アイスーリュイの結合組織疾患を伴う間質性肺疾患(CTD-ILD)への適応症拡大
     にかかる助成金として
    *平成 27 年 11 月 24 日
    ¥ 中国人民元 788千元(日本円で 15,1 88 千円 相当) 相当)
    ・中国北京市順義区科学技術委員会
    ・中小企業による革新的 技術の創造


    *平成 27 年 11 月5日
    ¥ 中国人民元 14 万元(日本円で 2,671千円 相当)
    ・中国北京市科学技術委員会
    ・小規模製薬企業の借入支払利息に対する助成金


    *平成 27 年 4月22日
    ¥中国人民元10万元(日本円で1,936千円相当)
    ・中国北京市科学技術委員会
    ・高新技術企業(ハイテクノロジー企業)としての認証を取得

  • ・・・人に踏まれし道草の・・・

    昔のことわざですが、
    初押は買い、女房を質に入れても買い、とか。
    明日はどうなのか、不謹慎ながら興味深々

    然し、相当下がれば「貧者の一灯」でも買い増ししたいですね。

  • > F351はsiRNAの治療薬に勝てますか?
    > あっちは一時金で100億
    > 技術もですが契約すらこない時点でわかると思いますが

    遺伝子DNAの命令を伝達するRNA,この遺伝子治療は私の貧弱な知識で申し上げて恐縮ですが、副作用が多く成功例は希でしょう。

    以前述べたマクロファージ作用すら知らず精緻に設計したRNA制御など笑止、まだまだこれからの未知の世界のようですよ。

  • > 私が気になっているのはフェーズ2で完了、このような事は先進国ではあり得ない。
    > でも中国ではね、どうしてでしょうか、教えて下さい。
    > 中国では新薬といゆ概念は無いと聞いていますが。


    再掲
    2017/02/23 10:15


    ・・・人に踏まれし道草の・・・

    薬価が高いとは何と比較してでしょうか。
    回答がないので勝手に部分的には想像を交えてお話ししてみます。

    日本に於いて1粒5万円の薬があります(一人700万円必要です、これは事実)、その具体的な状況は省略します。
    治験費用が嵩むため予想販売数量を低く抑えて申請、すると治験費用が膨大なため高額なも
    のとなりますよね。
    然し販売数量が予定より多ければガッポガッポ笑いが止まりませんよ。
    そして高薬価によって、日本の医療保険が維持できなくなるほどの弊害が発生しています。

    そこで先の投稿で一部述べた高額の原因である3相治験を省略し、例えばガン特効薬の場合は、「退縮」が確認できれば2相で一旦治験を終了し、製造販売しながら治験を行う方法になりつつあるようです。

    そしてこれは中国でも同じでしょう。
    アイスーリュイが3相まで治験を実施していたら、それこそ庶民の懐具合から遠く離れた額となっているでしょうね。

    ヒドロニドン(F351)は如何でしょうか?
    皆さま奥歯にものがはさがった言い方をされていますが、「世界の趨勢」からみて同じ道を歩む気がしています。



    本日念のため追記:「繊維症の後退が見られた」と発表の一文にありました。

  •    ・・・人に踏まれし道草の・・・


    ABCさんや他の方々大変でしょうが如何ともし難しです。
    自分の株を渡す訳にもいかず申し訳ないですが。

    例え月曜日に下がっても売りませんよ、残念ながら自分の目標額は
     「2160」のテンバーガー 21600円 ですから。


    いやまてよ、KAMAKURAMANさんの3万円の方がいいかな、
    そちらに乗り換えようか悩ましい。

  • 情報ありがとうございます。

    以前営業マンの募集がありましたね、今回は製薬や工場技術者の募集ですか、
    いよいよ発展が見えてきました!

  • ・・・人に踏まれし道草の・・・

    薬価が高いとは何と比較してでしょうか。
    回答がないので勝手に部分的には想像を交えてお話ししてみます。

    日本に於いて1粒5万円の薬があります(一人700万円必要です、これは事実)、その具体的な状況は省略します。
    治験費用が嵩むため予想販売数量を低く抑えて申請、すると治験費用が膨大なため高額なも
    のとなりますよね。
    然し販売数量が予定より多ければガッポガッポ笑いが止まりませんよ。
    そして高薬価によって、日本の医療保険が維持できなくなるほどの弊害が発生しています。

    そこで先の投稿で一部述べた高額の原因である3相治験を省略し、例えばガン特効薬の場合は、「退縮」が確認できれば2相で一旦治験を終了し、製造販売しながら治験を行う方法になりつつあるようです。

    そしてこれは中国でも同じでしょう。
    アイスーリュイが3相まで治験を実施していたら、それこそ庶民の懐具合から遠く離れた額となっているでしょうね。

    ヒドロニドン(F351)は如何でしょうか?
    皆さま奥歯にものがはさがった言い方をされていますが、「世界の趨勢」からみて同じ道を歩む気がしています。

  • >予想より全然売れてない薬剤が、保険収載されるのでしょうか?また、高薬価医薬品が保険収載されるのでしょうか?

    どうして全然売れてないと断言できるのでしょうね。
    薬価が高いとは何と比較してでしょうか。
    収載時にはかなり安く、
    半額程度にはなるであろうとの情報が数件寄せられたのを見たことがありますよ。

    ネガティブな投稿するより、黙って見ておられたら如何でしょうか。

     (これで終わります。)

  • もちろんなると思いますよ、

    何度も恐縮ですが、
    時系列的な考え方が出来ませんかね。
    物事には順序がありますよ、
    その瞬間に何十倍になるとお考えでしたか?

本文はここまでです このページの先頭へ