ここから本文です

投稿コメント一覧 (651コメント)

  • >>No. 252498

    >18個×251円=4518円。1秒間でこれだけできます。
    >4518円×60分=約27万円。

    4518×60秒×60分、1時間で約160万?





    ならぬ堪忍するが堪忍

  • (事前に以下は一応想像としておきます)

    中国の医療機関(病院)では、仕入れた薬剤を数倍で患者に渡す(激しいところではその62倍だったか)。
    その差額で病院の経営が成り立っているのである。

    艾思瑞の製造数量がどのくらいかについて、先の投稿にあった様に1秒18個は大きな簡体から作りだされる数字であろうから、そこに至るまで等々を考慮して1秒1個として計算すると
    1ラインで大雑把に1日2万5千個、現在までに2百万粒以上となる。
    これに単価251円では6億を遥かに超えるのである。

    仮に6億としてその55%、そして実際には54,000,000円の売上であるから、
    約15%の薬価、およそ1錠平均37円の販売となる。

    つまり251円換算での7倍程度は患者さんの手元に届いていることになる。

    イン。ルオ社長の、2年間は薬価収載されない方がよい、とは、その間はサービス期間として廉価で病院に入荷し、次第に正常な価格に戻す、そういった戦略的意味が込められていると感じていたものである。









    ならぬ堪忍するが堪忍

  • >>No. 253437

    根本的に、
    日本ではすべて藪の中、

    中国では進捗が分かる様になっています。
    (汚職が万延したせいとの話もありますが)
    つまり、情報は機関でも個人でも得ることができます。

    なので、とりわけ目くじらを立てることもないと考えますよ。
    (但し、上市直前の進捗情報については、サプライズが無くなって痛かったが)

    システムの一環として、大枠のなかで考えられてはどうでしょう。




    ならぬ堪忍するが堪忍

  • No.253462

    思い出

    2014/08/19 13:40

    先ほどの続きとなるが、
    中国でも以前は藪の中だった。

    以下は推測である
    昨年5月に840円を示現したが、これは藪の中時代の悪しき慣例として、
    申請者から当局に錦の御旗を渡し、受け取って頂ければ申請結果上々と。

    そしてGNIも5月吉日錦の旗を渡し無事受け取って頂いたのであった。
    丁度そのころ840円の高値となったが、掲示板頼りの我々には事がすんで、
    その情報や映像が流れて知ったのであった。

    機関はいち早く知り高値誘導し、空売りして2重に利益を得たのかも。






    ならぬ堪忍するが堪忍

  • >>No. 253464

    >下がっているのは、売り煽りと空売り機関のせいだと思っていた。

    もっと思考深度を深めてみませんか?(というよりヒネて考えて)

    以下推測です
    我々は踊らされ利用されたらしい。
    錦の御旗を作るのは高額だったと思うが、これさえも演出だったかも。
    840円から700円が少々あって、そして700円での増資発表があった。

    増資発表の直前は独歩高だった。発表後まさか下がるとは思わず、ガチホ推奨
    投稿に踊らされて、そして下げに連れて増資額500円に下げた。

    つまりまな板の鯉か、いや鴨ネギか、増資後はご覧のとおり今日は265円で
    ほっと胸をなでおろす体たらく。

    勿論人気によって参加者が増えれば上がる、その人気は株が上がることによって
    生じる気がします。

    よほどの実績があり配当とかがあれば、或いはF351提携話でもあれば、それを
    期待して今は身動きが取れません。

    あと1年ほどで見通しに決着がつく、今は信じる外手立てなしです。





    (なんかYAHOO投稿板がおかしいのかな?)
    ならぬ堪忍するが堪忍

  • >>No. 253817

    間違ってはいるが、この状態で正常なのでしょう。

    以下推測です
    そもそも1相飛ばしでよい、当局からその様に言われて、IRを出すための
    根拠が欲しいので通達を頂けないか、などと言えますか。

    例えば、日本では進捗状況ですら藪の中、その状態で何時ごろ許可に、などと
    当局に催促がましく言えますか。

    少なくともある程度の信に足る連絡があって、その事にによって臨床試験説明
    にはさりげなく、2相/3相の文言を挿入としたものと思えるのである。



    但し、すこし気になるのは、深海魚さんが何を聞かれたか、混乱をきたすため、
    として報告されないのは遺憾に思うが。





    ならぬ堪忍するが堪忍

  • >>No. 254084

    ま いっか♪さん 有難うございました。

    深海魚さんが混乱をきたす、として報告されなかったが、その事でさらに混乱しましたね。

    そして私も胸に刺さったトゲの様なものが、氷解した気がします。



    先の私の以下の投稿は(捨てきれませんが)、少し走りすぎていましたね。
    推測と雖もお詫びしておきます。

    以下推測です
    日本でも適応症例以外に処方される場合があると聞いたことがあります。
    2年間は保険適用しないことと併せて考えると、もしかして既に処方されているかも。
    これなら深海魚さんも驚くのではないかな。





    ならぬ堪忍するが堪忍

  • 会社も一生懸命なのはこの度の騒動でよく分かったつもりです。

    然し、株主も一生懸命なのですから。強い口調等々で尋ねると
    その応接によってはリップサービス的に揺れるのでしょう。

    そこで提案したいのですが、投資説明会資料が規制の緩いものなら、
    もっと縛りの無い「会社関係等行事予定」を作成広報しては。

    あくまで予定ですから、例えばイン・ルオ社長の講演等出張先、
    田中女史が〇〇へ出張予定とか。

    或いは、〇〇病院でタミバロテン治験終了〇〇病院では治験中、
    DNについて申請資料取りまとめが大詰め、IPF販売〇〇州
    での売上とりまとめ報告日。
    etc 

    他の会社で実施しているのかは知りませんが、GNIの特色を出し
    てもよいのではないでしょうか。







    ならぬ堪忍するが堪忍

  • バカなのは罪か、どんな罪?

    以下推測です
    説明会が9月のところ5日後の8月19日となった理由について、スッカラカンの頭では無理だ、そこで思考深度を深め(と言うかひねて)考える。


    2Qが想定より悪い、このまま月末になれば、日々マイナス6~8円として200円を遥かに割り込んでしまうではないか。
    某大株主等は8月末頃の決算、このままでは評価損だ、強くGNIに株価対策を迫られた。
    然し、9月になればタミバロテン関連IRも考えられるが、いかんせん急なIRは無い。
    急遽説明会を開催し、資料にF647DNの申請進捗見込みを挿入し、株価下落の多少の歯止めを目論んだのであった。

    霞か霧の様な今回の表現より、9月にはタミバロテン治験完了と製造販売許可申請書作成準備開始IRが出せる可能性がある。
    同時に艾思瑞販売実績の進展と売上予想IRも出せそうである。
    ヤレヤレこれで華僑大先生に大株主になっていただけそうだ。

    それまで1ヶ月程か、日々数円ずつ下がってお求めやすくなって、大量保有のお願いをしやすくなりそうだ。
    (失礼)






    ならぬ堪忍するが堪忍

  • >>No. 254393

    >馬鹿な質問するでないと・・・

    誠に恥ずかしながらなにがなんやらわかりません。
    取り敢えずタミバロテンは3相治験中なのでCDEの表に掲載されないのでは?

    ふと思うのですが、こういった情報をGNIから、或いはIR担当者にお尋ね
    した場合、その回答が得られれば・・・いいですね。





    ならぬ堪忍するが堪忍

  • バカなのは罪か、どんな罪?

    以下推測です
    (2 で言下に臭わせた?つもりだったのですが、9月中旬頃までに大株主出現
    (単に株数が増えたとかも)、そしてその頃を見計らって待望の艾思瑞販売予想
    を出す。
    諸般の様子から、相当な業績予想が出て爆上げとなり、めでたしめでたしを画策
    したのではないかと。

    まあ、その頃は個人株主はしびれを切らして転進されているかも。




    ならぬ堪忍するが堪忍

  • >>No. 255485

    「D」さん
    もし少しでも残されていないなら、今日か明日にでも参戦されそうな予感がします。

    何故かって?

    投稿を続けられていますから。







    バカは罪か、どんな罪?

    ならぬ堪忍するが堪忍

  • 今回のインタミューン買収ニュースを契機に暴騰した意味について

    以下推測です

    イ GNIの買収を恐れて高株価にする
    ロ 発行株式の大部分を握って買収に対抗する

    結局ストップ高連続はなかったので、「ロ」と推測していたところ
    ここと関係ないようですが、
    「バーガーキングがティム・ホートンズ買収、ファストフード世界3位」
    のニースがあった。

    この買収は総額115億3000万米ドルだそうである。

    製薬会社GNIの株式50%でも200億円に満たない、極端に安い買い物と言える。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140826-00000106-reut-bus_all








    バカは罪か、どんな罪?
    ならぬ堪忍するが堪忍

  • 新規に製薬(バイオ)会社の株主となられて、突如デ・西の
    K-134が2相で頓挫、3相断念して驚かれたと思います。

    新薬の「芽」が発見されても、製品化にまでこぎつける確率
    は3万1、064分の1、険しい道のりを死の谷と呼びます。
    K-134も、開発途中で「死の谷」に落ち込んだわけです。

    ではGNIのF351はどうなのか、気になるところですが、
    実は発売中の艾思瑞(ピルフェニドン)の化学式でいう亀の甲
    の一つに水酸基(OH)を一個結合させたものです。

    このOHを付加することによる人体への影響については、会社
    発表では、線維症に対して効果大であり副作用は殆ど無い。

    艾思瑞(IPF)の適応症拡大(DN&RP)も確実に期待が
    持てますが、GNIの多くの株主がF351に大いなる期待を
    寄せている所以です。





    バカは罪か、どんな罪?
    ならぬ堪忍するが堪忍

  • ハゲタカ&ハイエナ行為ばかりしているからね

    露とは限らないでしょう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140828-00000016-bloom_st-bus_all




    ならぬ堪忍するが堪忍

  • >>No. 256534

    肝心なポイントがズレていますよ。





    ならぬ堪忍するが堪忍

  • 誤謬の訂正を賜れば幸甚です


    〇 上海ゼノミックスを100%子会社としたこと
      世界特許はこの会社から申請、多数を取得

    〇 北京コンチネントの株式51%を取得したこと
     この為の経費の一部はF351の権利を部分的にEPS
    (東証4282)に譲渡し捻出か
     また、北京政府がこの株式6.5%を取得したこと
     艾思瑞はこの会社で製造

    〇 そもそも繊維症薬ピルフェニドン(艾思瑞)に着目したこと
      (イン・ルオ社長の実力手腕によるものか)

    〇 F647(艾思瑞)の治験に当たり、3相を飛ばして製造販売申請
     でき、本年2月末日に艾思瑞として販売できたこと
     (イン・ルオ社長の中国政府関係の高地位にもよるのか)

    〇 F351(艾思瑞(ピルフェニドン)の誘導躰)を開発したこと
     そして1相a、1相bと治験が良好に完了し、2相/3相或いは
     いきなり3相治験許可の可能性が出たこと

    〇 この間、何度かの増資に成功したこと


    直近では
    〇 株価低迷のおり、インタミューン社の衝撃が発生したこと

    〇 そしてデウエスタンの2相頓挫3相断念のIRにより、開発の
    困難さとGNIの実力が改めて見直されたこと

    そしてこのニュース、
    これでも  ?
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140830-00050037-yom-sci




    ならぬ堪忍するが堪忍

  • 誤謬訂正賜れば幸甚です

    Q 製薬会社って、作っている艾思瑞という薬はどんなも、
    A 艾思瑞(ピルフェニドン)という名前の特発性肺繊維症のお薬です

    Q だからその繊維症って何なの
    A 高齢や飲酒タバコ、pm2.5等原因不明で肺機能を構成する細胞が繊維化して
    本来の機能を失うことです

    Q 繊維化とはなんのこと
    A 簡単に言えば、そもそも貴方の手を広げて5本の指をご覧、トカゲの尻尾
     の様に、胴体から腕が生え、手のひらから指が生える訳でなく、卵から分化
     細胞分裂して全体が出来る。血管や神経骨が出来、指と指の間の細胞は死ん
     で吸収されて形成されていくのです。
     
    Q それと何の関係があるの
    A つまり、成人した場合は細胞が死んで吸収されるのでなく、個体の外観形態を
    保つためか、本来の能力を失しても線維化して残るようです。
    「手のひらを太陽に」でなくご自分の手の甲を見られると、細胞が死んで若い頃
    と艶が違うでしょう。
    いわば歯でいうブリッジに似た皮膚の状態でしょうか。
       そしてこれが肺に及び繊維化が進行すると、陸で溺れるのです。

    Q それで他にDNとかもあるようですが
    A RPが放射線肺線維症薬に、DNが糖尿病腎症に適応拡大中です
     別途艾思瑞(ピルフェニドン)から導出されたF351があって、
    これも肝線維症薬、腎線維症適応に拡大中です。
    肝臓で繊維化が進むと肝硬変や肝臓ガン、腎臓が繊維化すると透析
    が必要になりますね。






    ならぬ堪忍するが堪忍

  • >>No. 258131

    >しかし、もしITMNを買収しなければ、ロシュは巨額のロイヤルティをITMNに支払うことになる。

    これってどの程度の額でしょう、権利取得も巨額でしたよ。

    >(GNIのIPF P2治験では1日18錠飲んで、承認ライン ギリギリの有効性が出た)

    妙ですね、何処からの情報でしょうか。
    解説も中途半端、尤もらしい言葉ですがね。




    ならぬ堪忍するが堪忍

本文はここまでです このページの先頭へ