ここから本文です

投稿コメント一覧 (1コメント)

  • >>No. 959

    機関投資家同士の消費貸借取引は、市場外取引なので特に市場に影響はありません。
    借りた株を売るのは自由だし、売らなくても別に良い。
    「将来利用できる可能性があるから借りたい」「貸した」程度のことです。

    少なくとも、今の需給状況(信用残、売買高)で2万株の空売りを入れたところでリスクしかないのは素人でもわかりますし、売ってくるとしたら再度上昇に転じて過熱感が出てきた頃だと想像します。

本文はここまでです このページの先頭へ