ここから本文です

投稿コメント一覧 (3コメント)

  • 2018.11.08

    くず鉄価格の高止まり、廃プラ処理ニーズの急増、中国と国内での深刻なダンボール不足。

    直近半年だけでも、これだけ多くの業績上振れが期待されそうな材料がある。

    公募増資や世界株安の影響により、現在当社の株価は年初来安値圏を停滞。
    とはいえ、13週移動平均線は横向き(前週比-0.2%)となっており、また米国中間選挙も終え相場の安定感が期待できる今なら手がけやすい。

  • 今期業績予想は、前期の平均価格32千円をベースに作成してるので、たとえ35千円でも上ぶれたままの状況なわけですが…
    そして、大きく上ぶれたまま、すでに今期5ヶ月経過しています。これで通期業績下ぶれはなかなか考えにくい。

    ベース価格の件も含め、決算説明会の書き起こし(要旨)を一読することをおすすめします。
    ※社長はこれでも今期業績予想は保守的なところがあるとも明言しています

  • >>No. 134

    いまさらながら決算資料みました
    確かに化成品の伸びがすごい!
    四半期売上だけでみると84.3億円で過去最高だそうで。
    これで売られるんだから糞相場としか言わざるをえないw

    明日から監視銘柄に突っ込んでおきます!
    値動きがめちゃ難しそうだけどw

本文はここまでです このページの先頭へ