ここから本文です

投稿コメント一覧 (2365コメント)

  • 8月は、中間決算月ですね。
    何気に見たら、
    フィスコ業績予想が更新されていたので、
    前回予想(6/14)と今回予想(8/20)を比べてみた。

    予想株価は、550円から600円へ上方修正

    業績予想も今期は変更なしで、来期を上方修正。

    フィスコ予想は、果たして当たるか?

    フィスコの深見さんは、シーズメンの取締役だからな。

  • 来週、8月の優待権利取り日だ。

  • ウルトラC 

    村上世彰さん グループ一派で

    実質大株主は占めてるのだから

    会社を丸ごと乗っ取ってしまう。

    株価すごく上がりそう。

    そうなるかは不明だけど。

  • トヨタ、マツダに出資 EVを共同開発


    前から言ってるように、 
    日本は企業数が多すぎる。
    最近は、淘汰されてきたが

    自動車業界だけでも
    トヨタ、日産、三菱、マツダ、スバル、ダイハツ、スズキ、

    家電業界も
    三菱、パナソニック、シャープ、東芝、ソニー、日立、NECなどなど

    2~3つに集約すればよいのに。

  • 中国  遣唐拉麺 即墨古城(ジーモー グチェン)店

    2017年7月29日オープン。

  • 電池の神様 

    雷神様

  • 自社株買い  

    7月かなり買ってましたね。

    このペースでずっと買うのかな?

  • こんなところにもブン投げが(笑)
    時価総額9億円台に突入

  • 比例選挙は止めてほしい。

    ちゃんと選挙区で投票で選んでほしい。

    選挙制度の変更してから、議員の質が急低下。

  • >>No. 345

    アマナさん どうもです。

    最近は、猛暑、ゲリラ豪雨、洪水、ヒョウ、大雪など、自然災害が増えてきてますね。
    自分も車乗ってるので、備えだけはしておきたい。

    オートウェーブさんも板金修理事業の拡大に力を入れてるようですので
    ヒョウ被害、洪水被害などでの板金修理も増えてるかもしれませんね。


    >日本損害保険協会のサイトでは、車両保険の支払い対象について「交通事故だけではなく、衝突、接触、墜>落、転覆、物の飛来、物の落下、火災、爆発、盗難、台風、洪水、高潮など、あらゆる偶然な事故で、被保>険者の過失によって発生した偶然な事故も含む」としており、ひょうは物の飛来や落下に該当する。


    >2000年5月に千葉県や茨城県で発生したひょうの被害では、約700億円の保険金が支払われた。自>然災害が多発するなか、いま一度自分の入っている保険を確認しておきたい。

  • 実際、2000年5月に千葉県や茨城県など関東北部を中心に、5cm~6cmの大きさの雹が降った時には、約30,000台もの自動車に被害が及びました。その被害額は支払い保険金にして約133億円です(日本損害保険協会)。
    -------------------------------------------------------

    こちらの昨日の報道では、700億円となっていますね。
    今回の池袋のひょう被害はどのぐらいの被害が出てたのかな。
    被災者にはお気の毒だが、、、
    修理はぜひオートウェーブでお願いします。


    ■夕刊フジ 7/20(木)

     18日は関東甲信地方で大気の状態が不安定になり、ゲリラ豪雨に加え、東京都心部でも降ひょうが確認された。ゴルフボール大のひょうの直撃で自宅や愛車が被害を受けた場合、保険適用はされるのだろうか。

     豊島区のJR山手線駒込駅では、ホームの屋根の一部、プラスチック製の明かり取り窓がバラバラに壊れて落下した。

     JR池袋駅周辺でも地面に積もるほどのひょうが降った。ゴルフボール大のひょうが音を立てて落ちてくる光景はまるでパニック映画のようだった。

     住宅がひょうの被害を受けた場合、保険でカバーされるのか。大手損保会社によると、「一般的な住宅に関する保険であれば、ひょうや風、雷、ガス爆発といった災害もカバーされていることが多い」という。

     自動車の被害も車両保険に入っていれば原則としてカバーされる。

     日本損害保険協会のサイトでは、車両保険の支払い対象について「交通事故だけではなく、衝突、接触、墜落、転覆、物の飛来、物の落下、火災、爆発、盗難、台風、洪水、高潮など、あらゆる偶然な事故で、被保険者の過失によって発生した偶然な事故も含む」としており、ひょうは物の飛来や落下に該当する。

     ひょうの被害で車両保険を使った場合、1等級ダウンとなる。車対車に限定した契約では支払われない。また、地震や噴火、津波による被害は原則として補償されない。

     2000年5月に千葉県や茨城県で発生したひょうの被害では、約700億円の保険金が支払われた。自然災害が多発するなか、いま一度自分の入っている保険を確認しておきたい。

  • C-Styleファンのための、マグネットステッカーが完成!

    既にC-Styleの公式アカウントなどで公表されていますが、
    ご要望の多かった、車へ取り付けるマグネットステッカーが完成しました!
    -----------------------------------

    ほんまかいな? 
    ご要望多かったんだ(笑)

  • >>No. 526

    ネットで過去調べると、こんな優待だったのですね。


    ■株主優待券の内容紹介(※現在、株主優待は行っていません)

    ◎食事ご優待券
     ・1株 … 2,000円(500円×4枚)
     ・5株 … 12,000円(500円×24枚)
     ・10株 … 25,000円(500円×50枚)←1番効率的な受け取り方ですね♪

    ※食事ご優待券の枚数に応じて、以下の商品と交換も可能です。
     ・4枚 … すりごま5袋またはラーメン3食セット
     ・8枚 … ラーメン6食セット
     ・10枚 … ラーメン10食セット

  • ALPS(アルプスインベストメント)‏
    @alps434

    大株主で【何積橋】が介入したJQ低位株

    4772デジアド、6775TBグループ、7610テイツー、そして7477 ムラキ すべてJQ低位株。

    →何積橋関連でまだ動いていない9816ストライダーズは、このまま動かない?それとも噴火寸前?😎

    何積橋って何者?(笑)

  • >>No. 641

    ついに来ましたね!
    宇宙関連、これから徐々に盛り上がってくると良いですね!

    ttps://news.yahoo.co.jp/pickup/6246023

    ホリエモンロケット 月末発射
    7/6(木) 22:01 掲載 .


    ホリエモンの“最低性能ロケット” 月末打ち上げへ


    インターステラテクノロジズ・堀江貴文取締役:「地球から地上から、人間や物資をなるべく安く、皆がバンバン使えるような価格帯で送れるシステムを作ることがミッション」(テレビ朝日系(ANN))

  • ニュース 

    <強毒ヒアリ>東京港大井ふ頭で発見 関東地方は初

    ついに来ましたね。
    関東でも発見。

    夜間PTS ニックスもフマキラーも急騰です(笑)

  • 四季報オンラインでも将棋関連として、取り上げられてますね。

    ttps://shikiho.jp/tk/news/print/0/175855

     連勝記録が伸びるにつれ、ニュースの扱いが大きくなり、これまで将棋に関心を持っていなかった人が将棋に興味を持ち始めている。

     このまま藤井聡太四段の快進撃が続けば、1996年に羽生善治三冠が全タイトルを独占し、社会現象となった「羽生フィーバー」の再来があるかもしれない。「社会現象」となれば、関連銘柄が物色の矛先が向かう可能性もある。そこで今回は、上場銘柄の中に将棋関連株がないかを調べてみた。

  • コナミが発売してる「天下一将棋会2」ってのは日本将棋連盟公認なんですね。

    ttp://www.konami.jp/am/shogi/2/

    コナミも今が3を出すチャンスでしょうね(笑)

    これだけ将棋が盛り上がってるんだから、3を出すなら・・・今でしょ(笑)

    藤井君もゲームに登場させて、対戦できるようにしたら大ヒット間違いないね。

    https://www.youtube.com/watch?v=pkg3n264kHs


    2011/02/03 に公開


    オンライン対戦将棋「日本将棋連盟公認 天下一将棋会2」が全国のアミューズメント施設にて好評稼働中!
    「天下一将棋会」とは、初心者から熟練者まで全てのプレーヤーが楽しめる全国オンライン対戦将棋ゲームです。

    【日本将棋連盟公認!総勢20名のプロ棋士がゲームに登場!】

    日本将棋連盟と協力体制を築き、 羽生善治 名人、渡辺明 竜王をはじめ、
    男性棋士11名・女流棋士9名の 総勢20名が天下一将棋会に登場!
    プロ棋士は様々なコンテンツ要素でゲームに登場します!

  • 出資先の3372関門海が・・

    ストップ高張り付き(笑)

本文はここまでです このページの先頭へ