ここから本文です

投稿コメント一覧 (1852コメント)

  • おはようございます。

     長年ナノと付き合った者としては、他の新薬開発でさえ難しい中、世界中の人が苦しんでいるがん新薬開発は大変難しい、がん細胞はただものではない・・なかなか成功しないのは当たり前かと・・もう慣れっこに・・

     だからこそ、ナノにはがん患者・家族の為にも本命のナノマシンの一刻も早い完成を望んでいます!

     外様のVBL社のVB-111について、3月9日のナノIR「VBL社からの発表について」の中で「他の疾患における可能性があると考えています。」と・・

     「他の疾患」についてナノに問い合わせたら次の回答がありました。

    ● ナノIR回答(2018/3/12 17:58)

    お世話になっております。
    ナノキャリア株式会社です。

    VBL社よりVB-111の悪性神経膠芽腫に対する第3相試験の結果速報が発表されました。
    詳細データ解析がこれから行われますので、この解析結果から詳細な考察を行います。
    そのため、今後の方針は現時点では未定となっておりますが、VB-111は、静脈注射による全身投与剤であることから、本対象疾患以外にも卵巣がんや甲状腺がんなどを対象として臨床開発が進んでおります。
    このような疾患も含め、今回の詳細な解析データを基にして、国内開発につきまして検討してまいります。

    何卒よろしくお願いいたします。

    ***************************************
    ナノキャリア株式会社
    社長室

    〒104-0031
    東京都中央区京橋1-4-10 大野屋京橋ビル
    TEL:03-3241-0553
    URL:http://www.nanocarrier.co.jp
    ****************************************

  •  おはようございます・・ナノと付き合って約8年・・出るのはため息ばかり・・

     ナノの3月9日のIR「VBL社からの発表」は大変残念結果でしたが・・

    <VBL 社の最高経営責任者 Dror Harats は、次のように述べています。「我々が実施した第 Ⅱ 相試験の結果が GLOBE 第 Ⅲ 相試験で再現されなかったことに大変驚いていますが、完全な最終データを受領後ただちに慎重に詳細な解析を進めます。GLOBE試験に参加していただいた治験医師、現場のスタッフおよび患者、介護者の皆様には感謝しております。VB-111 については、現在進行中または今後臨床試験を開始する他の疾患における可能性があると考えています。」>と・・
     
     この結果に一番驚いているのは・・VBL社と・・

     私に出来ることは今、耐えることのみ・・

     詳細な解析の結果待ちと他の疾患における可能性に期待するしかない!・・

     ナノも第Ⅱ相までの結果が良くて第Ⅲ相の評価が得られないナノはだらしない会社と思っていたがVBL社も同じ結果が・・改めてナノも頑張っているのだと・・

     それにしてもがんの新薬の開発は本当に難しく困難な道のりだと・・特にがんの薬は・・

     ナノに約8年間付き合って来て・・こうなったら最後まで付き合うしかない・・

     ナノ本来のナノマシンの一刻も早い完成を願うばかり!・・

     株価が途中幾ら下がろうとも最後は上がれば良いのだから・・

    ●3月9日・ナノIR「VBL社からの発表について」
    ttp://pdf.irpocket.com/C4571/hI2W/u1YE/MoIh.pdf

  • >>No. 7

    >頑張れダウ!!

     NYダウ終値・・24,912.77 +567.02

     良かったですね・・

     今日のヤマシナに期待したい!・・

    ●Yahoo Japan ファイナンス「NYダウ」
    ttps://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=^DJI

  • >>No. 5

    頑張れダウ!!

    05:45現在・・+540.67

    ●Yahoo Japan ファイナンス「NYダウ」
    ttps://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=^DJI

  • NYダウ・・マイナス・プラスになったり・・

     値動き激しい・・

     プラス引けを願う!!・・

    ●Yahoo Japan ファイナンス「NYダウ」
    ttps://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=^DJI

  • PTSは当てにはならないけど・・

     ヤマシナのPTSは少しですが上がっていますね・・23:05現在 153円+2円、安値でも今日の終値の約+2円・・

     少しでも上がっているのは嬉しいですね・・

     地合いが悪くなると業績等の良い本物のヤマシナ等の銘柄がより一層買われる予感!!・・

    ●モーニングスター:ヤマシナ・PTS(リアルタイム)
    ttp://portal.morningstarjp.com/StockInfo/pts/info/5955

    153+2(+1.32%) (02/06 23:05)

    ・始値  153.5 (02/06 17:31)
    ・高値   159  (02/06 18:39)
    ・安値   153 (02/06 23:05)
    ・出来高 54,400  (02/06 23:05)
    ・売買代金  8,547,030
    ・基準値   151

  •  トヨタ自動車は6日、2018年3月期の純利益の見通しを、従来の1兆9500億円(前年比6・5%増)から2兆4千億円(31・1%増)に引き上げましたね・・

     このトヨタの朗報が・・

     明日からの日本市場下落の防波堤(せき止め)にならないかな~

     ヤマシナも頑張れ!!・・
     
    ●2/6(火) 15:53Yahoo Japan ニュース「トヨタ 2.4兆円過去最高益へ・トヨタ、日本企業の最高益更新へ2.4兆円見通し」
    ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00000056-asahi-bus_all

  • >流石トヨタだね
    >引け後3Qの発表で
    >今期連結最終益が1兆9500億円から2兆4000億円に上方修正だって!!!

     このトヨタの朗報が・・

     明日からの日本市場下落の防波堤(せき止め)にならないかな~
     
    ●2/6(火) 15:53Yahoo Japan ニュース「トヨタ 2.4兆円過去最高益へ・トヨタ、日本企業の最高益更新へ2.4兆円見通し」
    ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00000056-asahi-bus_all

  • >165円は助かりますか

     ヤマシナの将来・・三ケタ台は全て底値・・

     夢は大きく!!

  • 外も冷え冷え・・

    東証も冷え冷え・・

    暦上は春・・

    今、耐える時・・

    ♪ 春よ来い 早く来い
    あるきはじめた みいちゃんが
    赤い鼻緒の じょじょはいて
    おんもへ出たいと 待っている~♪

  • ガンで亡くなる人多いね・・

    一刻も早くナノ薬を!!・・

    古参は株価がどうなろうとナノ薬完成するまでガチホールドです!!

    頑張れ!ナノ! o(*'▽'*)/☆゚’Fight! です!!

  • 申し訳ありませんでした <(_ _)>・・

     てっきり私の投稿のことかと勘違いして・・<1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比48.6%減の予想となってますが・・上方修正・・出るかもね?・・>に変更して再投稿したところでした・・

     今期以上に来期も期待出来るヤマシナ・・将来性が有望で株価が100円台のヤマシナは今日注目され、株価も上昇する予感!・・

     今後とも宜しくお願いいたします。

  • 2018/02/01 08:04

    >、、、
    >上方修正が来る
    >って言い切りはアウトやろwww
    >念の為スクショ済
    >おめ。

    (再投稿・・)
     ヤマシナの3Q決算・・良かったですね・・

    ●2018年01月31日15時00分 Kabutan:株探ニュース「ヤマシナ <5955>【連結】・ヤマシナ、4-12月期(3Q累計)経常が34%増益で着地・10-12月期も4%増益」
    https://kabutan.jp/stock/news?code=5955&b=k201801310187
    《 ヤマシナ <5955> [東証2] が1月31日大引け後(15:00)に決算を発表。18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比33.5%増の4億1400万円に拡大し、通期計画の4億9000万円に対する進捗率は84.5%に達し、5年平均の71.8%も上回った。会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比48.6%減の7600万円に落ち込む計算になる。直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比3.7%増の1億4000万円に伸び、売上営業利益率は前年同期の5.1%→5.9%に改善した。》

     1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比48.6%減の予想となってますが・・上方修正・・出るかもね?・・

     また、来期4月には日本ラッドと提携した製造業密着型IoT パッケージシステムの稼働が始まり、工場での生産効率の向上や生産の予知保全や製品のトレーサビリティなどに生かし、更なる品質管理の向上が図られます!

     ヤマシナは今期以上に来期も期待できますね!・・

     将来性が有望で株価が100円台のヤマシナは今日注目されますね!・・

  • >そんな日本語訳は不要。
    >そんなことでナノに負担かけないで~笑

     投稿をした後、出掛けていたので今見ました・・

     ナノ薬の開発研究者は日夜努力して仕事をしている。IR担当者は全ての株主等が理解出来る情報を提供することが仕事・・ナノのそれぞれの担当者が自分の責務を果たすことで会社は機能すると・・

     掲示板では、私に英語を学べとか日本語訳は余計なこと等の意見があり、私が無知であることは分かっていますが・・

     IR担当者の責務はナノ薬の開発研究者の努力を無駄にしない為にも、全ての株主等が理解出来る情報を適時に適切に発信するのが仕事・・

     英文資料が発表された日にナノに問い合せたら、IR担当者は「英文資料には新しい内容が含まれている」と答えているのですから、せめて新しい内容をだけでも日本語でIRするか2月の会社説明会で教えて欲しいな~と思ってメールしました・・

  • ナノIRにメールしました・・

    《 先日、1月11日のナノIRの件で電話した者です。
     1月11日「The 36th Annual J.P. Morgan Global Healthcare Conference 発表資料 (サンフランシスコ1/10)」のナノIRは英語で理解できないことをナノIRに電話して確認したら、「11月に公表した内容以外に新しい内容も含まれている。」と話していました・・日本語版を出して欲しいとの要望・・せめて「新しい内容だけでも日本語で情報提供を・・」依頼しているが日本語版は出ないままで「新しい内容」は分からないまま・・
     この「新しい内容」を2月3日(土)に開催される「企業IR セミナー」(ナノ発表時間13:00~14:00)で中冨社長は発表すべきです。英文であっても一度IRされているのでインサイダーにはならないので・・
     それにしてもナノIRは全然株主の立場に立った仕事をしていませんね・・
     日本語のIRもされず中冨社長から「新しい内容」が発表されなかったらナノIR担当者の回答は何だったのか?
     ナノIR担当者は自分仕事が株価に影響大であり、自分の発言に責任を持つべきであり、自分の使命をもっと認識すべきです!
     
    ●2018.01.11ナノIR「The 36th Annual J.P. Morgan Global Healthcare Conference 発表資料 (サンフランシスコ1/10)」
    ttp://xml.irpocket.com/C4571/20180111OSGPST.pdf
    ●2018.01.23ナノIR「個⼈投資家様向け会社説明会のご案内」
    ttp://xml.irpocket.com/C4571/20180123IDIVPA.pdf 》

  • >絶望の始まり
    >落ちだしたら100円まで一気に逝く

     ヤマシナは今日も後場(もしかして前場?)・特に引け前に突然上昇の予感・・

     下がる理由が見つからない・・

  •  ここのナノ株を保有したのが平成22年・・あれから約8年・・ナノマシン完成?等いろいろ期待感があったが、結局結果が出ないまま・・
     
     期待感のタラレバだけでなく・・今回は客観的な結果を出して欲しい!・・

     株価がどうなろうとも結果が出るまで、いつまでも待ちますが・・
     
     ナノ!頑張れ o(*'▽'*)/☆゚’Fight! です!!

  • ヤマシナは最新鋭技術&業績etc・・実力で勝負!!

  •  aoyさん 私もヤマシナの将来を見込んでガチホールドです・・

     ネジは機械組立の必需品・・

     昨年は・・平成30年1月17日・内閣府経済社会総合研究所発表「平成29年11月実績:機械受注統計調査報告」<調査結果の概要(季節調整値)1. 機械受注総額の動向をみると、2017(平成29)年10月前月比5.6%増の後、11月は同11.8%増の2兆7,411億円となった。>と・・

     ヤマシナの決算を期待したい!

    来年度も・・
     4月から日本ラッドと提携して生産向上に最新鋭技術のIOTを導入して生産性の改善や品質の向上を図るヤマシナ経営方針・・
     また、先般の日経新聞記事「18年の工作機械受注、1兆7000億円に 業界予想」<日本工作機械工業会(東京・港)の飯村幸生会長(東芝機械会長)は11日、2018年の工作機械の年間受注額が1兆7000億円に達するとの見通しを明らかにした。17年の実績見込みを上回り、2年連続で過去最高を見込む。中国での製造業の高度化や電気自動車(EV)向けの投資に加え、国内も半導体や自動車の電動化向けの投資が盛り上がるとみる。・・>と・・

     来年度も期待しています!・・

     ガチホールドしてヤマシナと共に夢を追っかけます!・・

    ●平成30年1月17日・内閣府経済社会総合研究所発表「平成29年11月実績:機械受注統計調査報告」
    ttp://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/juchu/1711juchu.html

    ●日経新聞(自動車・機械 2018/1/11 17:15)「18年の工作機械受注、1兆7000億円に 業界予想」
    ttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO25562470R10C18A1X12000/

  • 前スレッド(1月25日 22:21)№1330
    >4月から日本ラッドと提携してIOT導入のニュース.
    >なんぼ利益あるのかピント来ません。
    >確実あれば即500円になりますよね?  ワカンネ~ナ~。

     ヤマシナのIRを確認・・4月からのIOT稼働開始は生産性の拡大・更なる品質管理等でヤマシナが大きく飛躍・大発展する予感!・・

    ●2017.12.18ヤマシナIR「ヤマシナ、日本ラッドの製造業密着型IoT パッケージシステムの販売を開始、同ソリューションシステムの自社工場への導入も決定」
    http://www.yamashina.ne.jp/news/2017/news171218.pdf
    【抜粋】<IoT、ビッグデータ、人工知能を始めとしたデータ利活用に関連した技術革新は「第四次産業革命」とも呼ばれ、産業構造の変革の契機としてわが国経済に大きな影響を与えるものと考えられている。工場においては、これらの技術を利用することで、生産性の改善や、品質の向上など、様々なメリットが見込まれる。
    1. パッケージシステムであること:システム構築にかかる労力や時間を短縮できる。
    2. 製造業の工場に特化していること:製造業の生産効率と品質の向上を目的に開発されたシステム。
    3. シンプルなシステム構成:年式や仕様の異なる機械でも簡単な仕組みでほぼ一元管理できるシステム。クラウド利用時も適切なコストで運用可能。
    4. 多彩な機能
     生産進度、稼働時間、時間当たり生産数、機械別稼働状況、設備状態、異常情報などを、分析管理できる。
     ヤマシナは同社のお客様・関係先を対象に本ソリューションをご案内することで、製造業としてより幅の広い便益をご提供することができ、本業である金属製品事業とのシナジー効果が得られるものと考えている。
     同時にヤマシナにおいては2018 年4 月の稼働開始を目標に当パッケージシステムの導入を決定しており、工場での生産効率の向上を図りつつビッグデータとして取り込む生産情報の解析を日本ラッドと継続して進め、生産の予知保全や製品のトレーサビリティなどに生かし、更なる品質管理の向上を目指す。
     今後も両社は、長年培った製造現場力と最先端のIoT システム開発力を組み合わせ、他にない製造現場密着型のIoT ソリューションを展開していく。>と・・

本文はここまでです このページの先頭へ