ここから本文です

投稿コメント一覧 (5089コメント)

  • モバイル決済との連携によりチェックアウトを大幅に簡素化
    「カラオケの鉄人」全店で
    ルーム内で料金決済できる『カラ鉄 GO』を 2019 年春に開始予定
    株式会社鉄人化計画(所在地:東京都目黒区 代表取締役社長:岡﨑 太輔)は、当社が運営する「カラ
    オケの鉄人」の全 54 店舗において、LINE Pay 株式会社(所在地:東京都新宿区 代表取締役 CEO:高 永
    受)の「LINE Pay」、および株式会社 Origami(所在地:東京都港区 代表取締役社長:康井 義貴)の
    「Origami Pay」の両決済システムを 2019 年 2 月から順次導入予定です。「カラオケの鉄人」では、これ
    までも「iD」や「Suica」などの電子マネー決済サービスに対応していましたが、今回初めて QR コード
    によるモバイルキャッシュレス決済にも対応します。
    また、今回のシステム導入に続いて、カラオケルーム内の選曲リモコンで当日の利用料金の支払いがで
    きるワンストップサービス『カラ鉄 GO』を 2019 年春に開始します。
    ●「カラオケの鉄人」の新しい決済システム
    【『カラ鉄 GO』とは?】
    カラオケボックスで歌い終わったら、フロントで料金を支払ってチェックアウト。お店が混みあってい
    る時間には、会計待ちの列ができてしまうことも・・・。
    そんないつもの風景を『カラ鉄 GO』が変えます。選曲や予約をするカラオケ用リモコンが、「LINE Pay」
    と「Origami Pay」の決済システムに対応。

  • アクセル、ティアフォーと自動運転に最適な専用システムLSIに関する研究開発で協業


    ...

    2017年5月15日 16時40分

    株式会社アクセル(本社:東京都千代田区、代表者:松浦一教 以下「アクセル」)は、株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市、代表者:竹岡尚三 以下「ティアフォー」)と自動運転に最適な専用システムLSIに関する研究開発で協業し、本領域における技術革新を共同で推進していくことを発表いたします。

    現在、自動運転技術を支えるシステムLSIは、コンピュータグラフィックス処理に最適化された画像処理用半導体(GPU)が最適解として利用されていますが、今後自動運転車を幅広く普及させていくためには、より自動運転に最適化された専用デバイスが必要になると考えられており、今回両社はその研究開発で協力していくことを合意しました。

  • >>No. 928

    東京都江東区の清水建設技術研究所。2万1000平方メートルの敷地内で休日、無人運転車3台が低速で走り回る。建物と車が連動しモノや人がスムーズに移動する新しいコミュニティの共同研究だ。「ティアフォーのオープン戦略で利害関係が一致し、やりやすかった」と同社担当者。KDDI、損保ジャパン日本興亜、日本郵便などとも提携を発表。各地で実証実験を繰り返す。

    無償公開のオープンソースをどのように事業化するのか。加藤の答えは「二重の参入障壁」だ。自動運転という参入障壁が高い技術の上に、VRやARを使った車内空間の開発や3D地図などさらに技術的に難易度が高いビジネスを組み合わせる。目指すは他社が真似したくても真似できない、自動運転業界のプラットフォーマーだ。

    加藤は豪語する。「いま、非常にいい立ち位置にいる。世界の圧倒的なトップシェアを狙っています」。

    ティアフォーの創業者で取締役CTOの加藤真平。東京大学大学院でコンピュータ科学の講座を持つ。12月にはオートウェアの開発や普及の促進を目的にした国際団体を立ち上げる。

  • >>No. 928

    ティアフォーは今年5月までに東京大学エッジキャピタル、ジャフコ、トヨタが出資する未来創生ファンドなどから35億円を調達。昨年にはレベル4と呼ばれる完全自動運転を日本で初めて一般公道で実現した。創業者で取締役CTOの加藤真平は東京大学准教授も務める。

    カーネギーメロン大学留学を経て名古屋大学で教鞭を執っていた加藤は2015年に世界で初めてオープンソースの自動運転OSとしてオートウェアを無償公開。同年、オートウェア開発などを担うティアフォーを設立した。

    「多くのティア1やOEMもオートウェアを使っています。既に他社が追いつけないところまできつつある」と同社経営幹部は言う。画像認識、センサー、人工知能、制御など様々な最先端技術から成り立つ自動運転技術。基礎研究開発を進める国内外のトップの大学との産学連携をベースに、世界の最前線で競争を展開する。

    強さの根源はオープンソースだ。「後発の我々が爆速で追いつくにはそれしかなかった」と加藤は言う。巨大な資本力がなくても、世界中の企業や技術者が「勝手に」協力し、各地で実証実験して開発を進めてくれるエコシステムを生んだ。そのオートウェアを使って、ティアフォーは技術者向けセミナーの開催や、低速・近距離移動の「ラストワンマイル」のプロトタイプ車両の開発などを進める。

  • 2019/01/17 07:59

    2019/01/16 15:00

    自動運転の世界市場を先導するディープテックの本命|ティアフォー #日本のスタートアップ図鑑



    Forbes JAPAN 
    Forbes JAPAN 編集部



  • 自動運転の世界市場を先導するディープテックの本命|ティアフォー #日本のスタートアップ図鑑

    2019/01/16 15:00
    Forbes JAPAN 
    Forbes JAPAN 編集部


    加藤真平

    ティアフォーは今年5月までに東京大学エッジキャピタル、ジャフコ、トヨタが出資する未来創生ファンドなどから35億円を調達。昨年にはレベル4と呼ばれる完全自動運転を日本で初めて一般公道で実現した。創業者で取締役CTOの加藤真平は東京大学准教授も務める。

    カーネギーメロン大学留学を経て名古屋大学で教鞭を執っていた加藤は2015年に世界で初めてオープンソースの自動運転OSとしてオートウェアを無償公開。同年、オートウェア開発などを担うティアフォーを設立した。

    「多くのティア1やOEMもオートウェアを使っています。既に他社が追いつけないところまできつつある」と同社経営幹部は言う。画像認識、センサー、人工知能、制御など様々な最先端技術から成り立つ自動運転技術。基礎研究開発を進める国内外のトップの大学との産学連携をベースに、世界の最前線で競争を展開する。

    強さの根源はオープンソースだ。「後発の我々が爆速で追いつくにはそれしかなかった」と加藤は言う。巨大な資本力がなくても、世界中の企業や技術者が「勝手に」協力し、各地で実証実験して開発を進めてくれるエコシステムを生んだ。そのオートウェアを使って、ティアフォーは技術者向けセミナーの開催や、低速・近距離移動の「ラストワンマイル」のプロトタイプ車両の開発などを進める。


    東京都江東区の清水建設技術研究所。2万1000平方メートルの敷地内で休日、無人運転車3台が低速で走り回る。建物と車が連動しモノや人がスムーズに移動する新しいコミュニティの共同研究だ。「ティアフォーのオープン戦略で利害関係が一致し、やりやすかった」と同社担当者。KDDI、損保ジャパン日本興亜、日本郵便などとも提携を発表。各地で実証実験を繰り返す。

    無償公開のオープンソースをどのように事業化するのか。加藤の答えは「二重の参入障壁」だ。自動運転という参入障壁が高い技術の上に、VRやARを使った車内空間の開発や3D地図などさらに技術的に難易度が高いビジネスを組み合わせる。目指すは他社が真似したくても真似できない、自動運転業界のプラットフォーマーだ。

    加藤は豪語する。「いま、非常にいい立ち位置にいる。世界の圧倒的なトップシェアを狙っています」。

    ティアフォーの創業者で取締役CTOの加藤真平。東京大学大学院でコンピュータ科学の講座を持つ。12月にはオートウェアの開発や普及の促進を目的にした国際団体を立ち上げる。

  • 踏み上げですね♪♪♪


  • 760円ブレイクから
    景色は変わる

    そして確変モード突入へ♪♪♪

  • ティアフォーに出資し共同開発中の「自動運転専用システムLSI」
    FPGAベースのプロトタイプは今事業年度中の発表を予想♪♪♪

  • 動き出しましたね
    初動

  • 6730アクセル

    メガミラクルフォース

  • 自動運転 ティアフォーに出資
    自動運転専用システムLSIを共同開発中♪♪♪

    メガミラクルフォース
    開発関連
    1月末リリース

    #エクストリーム

  • テンバガー(10倍株)への

  • プラチナチケットですね

  • テンバガー(10倍株)へGO!

  • 東京オリンピック・TDL関連
    テーマ株ど本命♪♪♪
    業態変化でテンバガー(10倍株)を狙う♪♪♪

  • テンバガー(10倍株)へ
    飛翔のステージが幕を開ける♪♪♪

  • 500円×2万株×10倍株=1億円
    5000円ですね♪♪♪

  • 6730アクセル
    強い買いシグナル点灯

    本日の【パラボリック|買い/売り・転換】前場 買い= 72 銘柄 売り= 20 銘柄 (1月11日) - ニュース・コラム - Y!ファイナンス

本文はここまでです このページの先頭へ