ここから本文です

投稿コメント一覧 (191コメント)

  • 最近の上昇は、この流れに関係があるのでは?

    半島雪解けの先、医療機器株に海外マネー
    日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一
    2018/6/11 5:30日本経済新聞 電子版

    12日には史上初の米朝首脳会談が予定されている。政治・経済の両面でのトランプ米大統領による既成概念への挑戦は今後も世界の株式市場を揺さぶるだろう。そんな中、一部の海外投資家は日本の医療機器関連株に注目している。

     「地政学リスクのシェルター(逃避先)として中国のヘルスケア市場に関連した銘柄に期待する投資家が増えている」。ストラテジスト人気ランキングで長年にわたり上位に名を連ねるパルナッソス・インベストメント・ストラテジーズの宮島秀直氏は話す。

     東京株式市場では米国との貿易紛争の渦中にあるハイテクや自動車は買いにくい。日本、欧州、さらに新興国へと景気減速の影が伸びる中、機械や銀行といった景気敏感株も手掛けづらい。食料品や通信などの伝統的なディフェンシブ(防御的)銘柄はすでに沢山保有している――。そんな投資家が物色の矛先を向けているという。

     背景にあるのは「健康中国2030」という中国の産業育成策だ。中国の国策といえば半導体の自給率向上を目指す「中国製造2025」に目を奪われがちだが、健康中国2030は健康関連を国内経済の柱に据える計画。医療サービス市場を20年に8兆元(約137兆円)、30年には16兆元に拡大させるとしている。「海外企業にとっても門戸開放が進み、成長が期待できる有望な市場」(岡三証券の紀香シニアストラテジスト)とみられている。

     実際、医療機器関連株は堅調だ。テルモや島津製作所、シスメックス、日本光電の年初から5月末までの上昇率は1~2割に達する。世界の主要なヘルスケア関連株で構成する「MSCIワールド・ヘルスケア指数(円ベース)」の4%下落や東証株価指数(TOPIX)の6%下落とは対照的だ。

     経済産業省の17年の資料によれば、中国国内で日本製の医療機器は欧米製より手軽で実用的と評価されている。こうした優位性が株価に反映しているのだろう。

     QUICK・ファクトセットによれば今年に入ってから英運用会社ジュピター・アセット・マネジメントによるテルモ18万1000株の取得が明らかになった。米投資会社マフューズ・インターナショナル・キャピタル・マネージメントは島津製作所を296万9000株、カナダの公的年金運用機関であるカナダ・ペンション・プラン・インベストメント・ボードも日本光電9万5000株をそれぞれ取得した。いずれもグロース(成長)株投資で知られるファンドだ。

     化石燃料は有限で人やモノの輸送には常に制約条件がつきまとう。法政大学の水野和夫教授は「地政学的に近い国が集まり、移動空間を縮めるリージョナリゼーション(地域化)はグローバリゼーション以降の時代の必然」と指摘する。

     5月末には米有力アクティビスト(物言う株主)、バリューアクト・キャピタルによるオリンパス株の大量取得が明らかになった。医療機器関連株に資金を投じる海外勢の視線の先には実のところ、朝鮮半島の雪解けを見越して、東アジアを舞台に伸びる成長企業の未来像があるのかもしれない。

  • 2月の導入実績出てますが、全般的に良い感じですね。

    特に文書系システム DocuMaker/C-Scanが+12と今までになく伸びてますね。
    ちなみに去年は1・2月合計で+6でしたが、今年は+17です。

    非医療分野でも期待できるのでは?

  • 昨日までは買い集めの動きだけに見えましたが、
    本日は一転してボリンジャーバンドの+3σ(833.3円)に跳ね返される動きをしましたね?

    つまりそれは機関の買いと言う事で良いのしょうか?

  • 今までは反体制✖体制で噛み合うはずもなかったのだが、
    今回は反体制✖反体制なので今までの常識は通用しないのかも知れない?

    マイナスとマイナスが掛け合わさればもの凄いエネルギーが発せられるかも?
    良くも悪くも頭の良い人間同士が組めば予想外の出来事が起こるかも知れない?

    願わくばそれがプラスの事であってくれる事を願うばかりだが?

    ふとそんな事が思い浮かんで来てしまう今日この頃です。(笑)

  • また国立大学病院が増えましたね。香川大学医学部附属病院。
    こことかが期ずれの件ではないでしょうか?

    去年の1月よりもClaio2件、REMORA6件多いです。
    確かに3月までは順調そうですね!

  • ここは今までに41.26万株投信で所有していたけど買い増しですか?
    捨てる神あれば拾う神ありですが、
    ここの所の粘り強い買い物はどう見ても機関の買いでしたね?

    買いたいが為の売り煽りと言う場合もあるのか?(笑)

  • 図に乗りすぎかもしれませんが、
    私はこの「官公庁」と言う記述に相性の良い東大つながり(病院・自治体?)を感じてしまうのですが?
    考え過ぎでしょうか???

  • 決算短信の<オフィスシステム>の項目における記述。
    「当該製品群の技術は、人的工数やシステム導入コストを大幅に削減するものであります。この技術は、多くのシステムメーカーの事業をこれまで以上に有利に展開する鍵となり、参入の難しかった新たな顧客群の獲得に乗出す切り札ともなり得ることから、一例では官公庁等のシステムリプレイス市場なども視野に入れ、あらゆる分野に向けて、積極的な販売展開に取り組んでおります。」

    ここら辺は今までにない積極的な営業姿勢で評価できると思う。
    何か進展があれば実名は伏せてでも直ぐにでも公表していただきたいです。

  • 大企業が自分たちの利益しか考えてないのは一般的な事でしょう。

    ここの優位性は技術力ですから上手く武器として使い、
    安売りせずに利益が転がり込む提携関係を築いていただければと思います。

  • 以前行った自社株買いの株はどうなっているのか?
    キャノンメディカルズと株式持ち合いはやらないのか?
    キャノンの経営力が少しでも注入されたなら?

    そんなことを思う今日この頃ですが!

  • 決算発表が2/13(火)で日本証券アナリスト協会のアナリスト向けIRセミナーが2/21(水).
    これらを過ぎれば全貌が明らかになって来るのでしょうね?

  • キャノンは本業のカメラ・複写機の業績見通しが芳しくないそうなので、
    医療分野に掛けていると思います。

    ですから力の入れようがただの業務提携とは違うと思います。
    かなり期待して好いのではないでしょうか?

  • 業務提携の内容
    キヤノンメディカルシステムズが強みを持つコンピュータ断層撮影装置(CT)システム、X 線診断システム、磁気
    共鳴画像装置(MRI)システム等のデータをはじめとする医療データを共有・統合する医療情報統合管理システムと、
    当社製品を組み合わせることで医療機関での診療効率やデータ管理の劇的な向上を実現します。また、研究開発面で
    の提携および全国各地に優秀な人材を擁するキヤノンメディカルシステムズの販売網を活用した新たな製品を含む両
    社製品の販売促進を進めていくためのものです。詳細につきましては、今後両社で協議の上決定してまいります。

  • キヤノンメディカルシステムズ株式会社との業務提携の基本合意に関するお知らせを掲載しました。

  • 私もテレビ見てましたが、
    ITの導入によって役所の受付の人数が30人から3人に減ったとか?

    エストニアの歴史は複雑そう(種々の国に占領されていた)ですが、
    現在は欧州の中でもIT先進国のようですね。
    自治体の進むべき道標に感じました。

  • 日本の医学界は東大グループが支配しているらしいので、
    東大が一番のお得意さんであるここは、
    まさに医学界御用達と言えるのでは?

  • おそらく社員数に比例して時価総額も増えて行くのではないでしょうか?
    チャートはその結果を表しているに過ぎないと!

  • マイナス要素はいずれは一過性の事で終わるのではないか?
    プラス要素は将来的にも続くであろうと言う事での下打ち判断ですが、
    外的要因はともかく営業姿勢に積極性が必要なのは間違いないかも知れません。

  • 四季報記載に「中小病院向けで低価格の月額利用が伸長」とありますが、
    一度使い始めたら便利さゆえに病院が潰れない限り使い続けるでしょうから、
    安定収益源にはなると思います。

    薬価は引き下げられても、
    労働改革の一環として医師の診療報酬は少しずつ引き上げられているので、
    業績の下打ち感もいずれは出て来るのでは?

    最近の株価反転はそうした流れの先取りに見えますが。

本文はここまでです このページの先頭へ