ここから本文です

投稿コメント一覧 (1928コメント)

  • >>No. 15111

    ハマさんの一人暮らしでは、そんなに毎日汚れ物が出るとは思えません。
    洗うとすれば精々下着ぐらいで、此れだと、洗濯機の出番は無く手もみ洗いで済むのでは?
    どうせ、明日も洗濯するのなら、今日干し忘れた分を明日一緒に干せば良い、洗い替えが無いわけ
    でも有りますまいに。
    いやいや、ハマさんのストレスは洗濯物の干し忘れなんかでは無い、日常のウッカリが多くなった
    事では無いでしょうか?
    でも、其れぐらいの事では心配いりません、二つの事を思い立ち、一つの事をやっている間に次の
    二つ目を忘れるなど、小生には日常茶飯事、皆んなで忘れると怖くない、さぁ~、皆さん、ご一緒
    に忘れましょう。^^;

    そうです、はなさん、少し前のイチゴは酸っぱかったですね~。
    今でも、イチゴに練乳をかける人が多い事から、もしかすると、イチゴは酸っぱい物とのイメージ
    が未だに払拭されていないのでは?
    風邪を引かなくなるまで、或いは、認知症に効果が出るまでに、一日にどれくらいのイチゴを食べ
    れば良いのか?其れが問題じゃ~。^^;

    セイコウさん、よくもまぁ~、こんなに難しい被写体を上手く撮りましたね。
    ショッピングセンターでしょうか?何かの展示場でしょうか?
    白い車に反射する自然光と人工光の入り混じり、これを、こんなに綺麗に撮るのは、中々難しいの
    です、腕が良いですね~。

    草木も眠る丑三つ時、・・・抜き足差し足忍び足、女房殿に悟られまいと千両箱を担いで、そろり
    そろりと・・・
    ハマさん、そうなんですよ、実に怪しいのです。あはは・・・

    今朝の散歩の帰り道、川っぷちで何やら怪しい三人の男、田植時なら兎も角、水路を見回りに来た
    わけでも有るまい、暫く見ていると、水の中で何やらザブザブ、やがて、一人の若者が近付いてき
    た。
    「こんなに早くから、何をされているのですか?」「はぁ~、ちょっと此方へ~。」5~6歩つい
    て行って見ると、何と~、軽トラの荷台に一頭の大きなイノシシが・・・。
    「二頭捕獲して、他の一頭を今血抜きしているんです。」と、「へぇ~そうだったんですか~?そ
    う言えば以前にあそこで大きな檻の罠を仕掛けて有るのを見た事が有ります。」「はい、そうなん
    です、私たちは行政や土地の持ち主さんの許可を得て罠を仕掛け、野生動物の被害対策に取り組ん
    でいる活動隊なんです。」「で、此のイノシシ、食べるんですか?肉は美味しいですからねぇ~、
    血抜きを上手くやらないと、臭みが出るそうですが、首でも切り裂いて血を抜くのですか?」「い
    いえ、心臓を一突きして迅速に血を抜かなければならないのです。」
    ざっと、まぁ、こんな事でして、奇妙な場面に出くわすものです。

                        トン

  • >>No. 15109

    はなさん、アホかいな?って、言うっちゃって~、言うちゃって~!
    「はい、アホでんねん~。」><;
    今度は小生の事です、又しても同じ過ちを犯してしまいました。
    散歩に出る前、毎朝出発時刻をチェックしているのですが、ウン~??? 3:20 うっそう~!
    最初は時計が壊れたのかと思いました。
    起床後、準備体操を20分、身支度をして、キッチンで昨夜家内が洗ってくれた食器類を片付け、
    雨戸を細めに開けておくなど、散歩に出るまで約1時間を要するのですが、此れだと2時過ぎに起
    きた事になります。

    時刻はどうであれ玄関を一歩踏み出した以上、一旦中止してもう一度寝る訳にも行かん、其の儘出
    かける事にしました。
    歩きながら、落ち着いて経過を辿ってみると、あっ、そうだ~、突然の尿意に我慢しきれず急いで
    トイレに立ったんだ~、何時もは、用を足してから目覚まし時刻まで、もう一度寝るんですが、尿
    意が余りにも急だったので平常心が何処かへ飛んでしまったのでしょうか?それとも、いよいよ、
    あれが始まったのか?其の儘、当然の様に起きてしまったのです。

    まぁ~、誰も歩いてませんは~、暫く歩いて行きあったのが牛乳屋さんと新聞配達さん、お決まり
    のコースを歩いて帰宅したのが、何時もの出発時刻よりも早い。
    雨戸を開けたり、部屋に戻って着替えたり、顔を洗ったりして女房殿の安眠を妨げてもいけない。
    そっと、ストーブを点け、新聞を読んだり朝食の支度をしながら時間を稼ぐ。
    やがて、夜が明け、やっぱり言われた、「あんた、アホちゃうか~!」嗚呼~!

    セイコウさん、あれ、アートフラワ―だったのですか~?
    実に上手く出来てますねぇ~、ホンマモンよりも花らしく見えるでは有りませんか。
    そう言えばレストランのお料理レプリカ、あんなのを食卓に置かれたら、思わず食いついて終うで
    しょうね。
    日本の物づくりは繊細で美しい、国宝如意堂もしかり、技術の粋を集めた見事な芸術ですね、此れ
    又、素晴らしい。

    今夜は年に一度の自治会の総会、寒いぞ~、行ってきます~!

                        トン

  • >>No. 15102

    はなさん、見つけましたよ「ちはや姫」って、何かの記事では有りませんか?
    小生も、以前、村の政策としてイチゴ農家を支援し栽培を促進するって話は聞いた事は有りました。
    イチゴに限らず、みかんなどでも同様に掛け声だけが先行し、現物が出回るまで相当な日にちがか
    かりそうで、其のうち忘れ去られるってことが多いんです。
    命名にしても、イチゴでは「何んとか姫」と言うのは何処の産地にも有り、実に在り来たりで、意
    気込みも斬新さも感じられません。
    住民の一人として、「ちはや姫」の成功で村が活性化してくれると大変うれしく、成功を祈るのは
    当然の事なのですが、果たして上手く行きますかどうか?

    アホかいな?って、そりゃ~ぁ、あ~た、万事に優れた人に限って、突然常人ではちと考えられな
    いような行動に出る事が有るんですよ、天才と何やらは紙一重と言うでは有りませんか。

    まぁ、誰にでも言えることなのですが、元気旺盛なる時はそれ行けどんどんで、なぁ~も考えるこ
    とは無いのですが、一たび不調に陥ると、あれこれ考えあぐね、あれがいけなかったのか、此れを
    やめときゃ良かったのかと、ありとあらゆる事柄を無理やり不調の原因に結び付け、余分な病気ま
    で作り出してしまうのです。
    医者に行っても、気のせい、歳のせいで片付けられることも有ったりして、此のやぶ医者め~!と、
    罵って泣き寝入り・・・あはは・・・笑いごとじゃ無いけどね~。

    一瞬、アートフラワーかな~?とも思ったのですが良く見ればホンマモンの生け花?お部屋の掲示
    物から、エステティックサロンかなぁ~?
    セイコウさんが奥様に付き添って・・・など、色んな想像を・・・
    見事な取り合わせで、とてもきれいですね~、花も写真はきれいが一番、セイコウさんらしくって、
    よろしおますなぁ~。

                       トン

  • >>No. 15099

    ハマさん、いきなり、牛丼屋までの往復4キロも歩けばそりゃ~ぁ疲れますよ。
    阿呆に鼻をかませば鼻血が出るまでかみ、お猿にラッキョを剝かせば無くなるまで剥いてしまう、
    何事も程々にって事です。
    4キロ歩こうと思えば、先ず、1キロ歩いてみて自信がつけば徐々に距離を伸ばす、此れじゃ、鍛
    えてるのか傷めてるのか分からんじゃありませんか。

    それに、太ももは揉むことによって血行を良くし、痒みを和らげるのであって、歩くことによって
    鍛錬するのは足腰の筋肉なんです、分かって無いなぁ~、ったく!
    風邪を引いているかどうかも、自分で決め込んではいけません。
    或る人が医者に行って、「風邪ひいてまんねん~。」と、言ったところ「あんたは医者か?、風邪
    かどうかは儂が診断する、風邪と分かってたら風邪薬でも飲んで寝てなさい。」と、へそを曲げら
    れたことが有ったそうです。
    結果、別の病気が発覚し泣きべそをかいたって・・・あはは・・・
    で、ゴロンと横になって寝てから、どうなりました?
    ちょっとばかり良くなったからと言って、油断は駄目ですよ~。

                     トン

  • >>No. 15096

    セイコウさん、こんにちは~^^
    お褒め頂きありがとうございます。
    セイコウさんの山茶花だって、雄しべ雌しべの一本一本にまで正確なピントで、とてもきれいに描
    写されているでは有りませんか。
    此れに雪でも積もれば、当方の実よりセイコウさんの花の方が、悠に見栄えすることでしょう。
    雪は、まだまだ、これからですから、セイコウさんの素晴らしい雪景色など、沢山見せて下さい。

                      トン

  • >>No. 15090

    イチゴのちはや姫、知りませんねぇ~、一粒400円もする超高級品は我が家には無縁のものです。
    精々一粒300メートルなら、過去に食べた事は有りますが・・・あぁ~お手上げじゃ~。
    以前、日本一甘いミカンが栽培されたと聞きましたが、その後どうなったのやら、ついぞ、味わう
    事無く立ち消えになった様です。

    女房殿の血圧、乱高下は今も続いているのですが、気分は幾らか回復した様で、一ミリも動かなか
    った家中のモノが10センチぐらいは動くようになりました。
    改めて、女房殿の偉大さに感服いたしました。

    小生の場合、耳の中の気圧は夏になれば変わります、鼓膜が倒れたような状態になり、自他ともの
    声が、頭の中で反響し(空っぽである証拠)何を言っているのやら、何を聞いているのやら、さっ
    ぱり分からん事が有ります。
    唯、それだけの事で、体調の悪化にはなりませんので、まぁ、何時もの事か~と、諦めています。

    そうそう、おカネを捨てる番組と相前後して、痒い痒い病や ピリピリ病も血行不良から起こる症
    状だと言ってましたね、老人性乾燥症だけでは無く冬になると若い人たちでも多くの方が痒みに襲
    われるそうです。
    解消法は、太ももを揉むと良いそうです。
    朝夕一回づつ、スポンジを握りつぶす程度の力で、握ったり緩めたりを10回ほど繰り返すのだそ
    うです。

    お金を捨てるのは、金額の大小は兎も角として、誰にでも起こり得る事では無いでしょうか?
    キッチリ、一文無しで寿命を終える事は先ず無いでしょう。
    はなさんが仰るように、やはり、ハマさんが一番危ないですね、年間総額を大きく更新されること
    でしょう。
    はなさん、整理屋の成りすましは二人で共同作戦を張りましょう、其れまでに足腰の鍛錬を。^^;

    セイコウさん、お元気そうで何よりです、仰る通り加齢は一番恐しいですね~、北のミサイルは何
    処に落ちるか分かりませんが、加齢は誰にでも確実にやって来ます。
    お互い、太ももを揉んで血行を良くしましょう。

                        トン

  • >>No. 15087

    はなさん、糖尿病専門と胃カメラ技術は余り結び付きませんね~、きっと練習台にされますぞ、鼻
    から食道へ向かう筈が、間違えて気管に入ったりして、七転八倒の苦しみ・・・嗚呼~!

    小生は近頃、おしゃぶり昆布にハマって居ます。
    下手なお菓子よりもず~~~と旨い、おまけに身体に良い、手近に置いて口寂しくなれば三枚ぐら
    いづつ、何時とは無しに口に放り込む。
    お菓子にしてはやや高価、値段も品質も多種多様、口の中で溶け易い物も有れば、硬くて味の良く
    無い物も有ります。

    柿を買いに行った時に やっちょん広場で買ったのが最初、北海道産で120グラム千円もしたの
    ですが、商品は上物、口に入れると直ぐに溶け出し味も良い、その後水産市場の菓子売り場や数軒
    のスーパーでも物色しましたが値段ばかり高く、中々此れと言うのが見当たりません。
    ダシ昆布みたいに固かったり、切り方が雑であったり、味が良く無いのも有るんです。

    今、一番気に入っているのは、薬の量販店ウェルシアで買った商品で、形の整った短冊切り、味も
    良く、口中の溶け具合も良好、価格も此れが一番安く、22グラム入りが税込108円です(写真)。

    この期に及んで、何んで おしゃぶり昆布かと言いますと、小生は昨年11月頃から始めて今日ま
    で、此のおしゃぶり昆布を食べる様になってから、排便が頗る快調になったんです。
    小生は元々、便秘では無かったのですが、ハマさんの排便難儀を拝見して、ひょっとしてお役に立
    てないかと・・・?

    図らずも、プールで粗相をすると、掬い取るだけでは済みませんぞ~、周りの人達から顔をそむけ
    られ、水の入れ替え費用や迷惑料でも請求されたら、如何な大金持ちのハマさんと言えども、いた
    く体面に傷がつく。
    昆布のヌルヌル成分で、排便難が幾らかでも楽になりはしないかと願うばかりです。
    何時ものスナック菓子を止めて此方に切り替えられては?

                       トン

  • >>No. 15085

    ハマさん、やっと、足腰を鍛える気になられましたか。
    座して、寝たきりを待ってはいけません、生きてる限り這ってでも運動は欠かせません。
    這えなくなったら、カメがひっくり返った様な格好で、手足の伸縮だけでもやればいいのです。
    今が最後のチャンスかもしれません、寒いの、しんどいのと言って居たら、寝たきりは目の前で
    す、しぶとく頑張ってください。

    女房殿が朝から血圧急降下で体調不良を訴えていました。
    身体が引きずるように重く、目の前が真っ暗になったっそうです。
    降圧剤の効きすぎなのか、他に原因が有るのかは分かりません。
    在職当時も通勤途上、同じ症状に襲われ駅の階段から転がり落ちた事も有りました。
    取敢えず、暖かくして静かにしておく事と、下がった血圧を如何にして上げるか?咄嗟には判断
    がつきません。
    水分と塩分の補給?元々が高血圧症、塩分はアカン、コーヒーも良いが朝食時に既に飲んでいる、うぅ~ん・・・わからん~!
    暫くして、プリンでも食べると言うので、良いか悪いかは分からんが、兎に角、本人のしたいよ
    うにさせる。
    昼食抜きで安静にしている内に少しは楽になった様です。

    その後、三婆の内の一人がやって来て、話している内に昼食抜きの反動か、カステラと生姜湯を
    出してあげると、「接待が上手くなったね。」何んて生意気言うようになり、気分も幾分回復気味。

    ハマさん曰く、此の婆さんたちも、元は「大和撫子?」、だとすると、きっと、七変化でもしたの
    かなぁ~。

    女房殿が動けなくなると、ホント、慌てるよなぁ~!(/_;)

                        トン

  • >>No. 15083

    はい、ひざ下から足首まで、ひざ上からスネまでのものも有ります。
    腿から足首までの間で、色んな長さが有るのです。
    メジロは残念ながら食べられません。
    焼き鳥にした人も聞いたことが有りません。
    みやびより食い気、あなかしこ、どころか小生同様、雅度ゼロです。
    ハマ殿、許してたもれ。

                  トン

  • >>No. 15080

    はなさん、レッグウォーマーと、パッチやスパッツは別物なんです。
    レッグウォーマーは腰の部分が無く、太ももから脚首迄で、パッチやスパッツは腰から足首までの
    ものです。
    パッチは男性のインナーですが、たまに祭りなどでアウターとして用いられることも有ります、
    つまり、股引ですね。
    スパッツはストレッチの利いた素材の女性用アウターで、レギンスとも呼ばれ、分かり易く言えば
    タイツの足首から先(靴下部分)をちょん切ったものですね。
    仰るように、スーパーでも しまむらでも、多種多様なものを大手を振って?売っています。

    最近では言葉も上品になり、パッチや股引とは言わず、ズボン下と言う人が多くなりました。
    パッチの出番が無くなったのかと思えば、今は「修正プログラム」や「アップデート」の事をパッ
    チと言うようになり、コンピューター用語に取って代わられた様です。

    寒くなり、雪に覆われ、餌が少なくなったのでしょうか、メジロが ツガイでやって来ました。
    餌を入れた篭は早くから吊るして今か今かと待っていたのですが、時々下見には来るものの、落ち
    着いて餌を啄むまでには至りませんでした。
    やっと、メジロシーズンが到来した様で、暫くは楽しめそうです。

                        トン

  • >>No. 15077

    やっぱり、はなさんもチャンネルを変えましたか、我が女房殿も何じゃこりゃ~で、即座にチャン
    ネル切り替え、暫くして戻すと、まだ同じ歌をやってる、こりゃダメだ~!
    此れなら、念仏か、ご詠歌の方が、節が有るだけ、まだマシだぁ~。

    ハマさん、ついぞ、みやびに触れた事の無い輩は、精々こんな調子ですよ~、あの間延びはイヤミ
    にしか聞こえないのです。^^;
    恐れ多くも、もったいなくも、国賊呼ばわりされても、下々の民には返す言葉が無いのです。
    みやびとは、忍耐の要るものなのですねぇ~。^^;

    >トン様の御歌の方が素晴らしいです
    あはは・・・、やっぱり はなさんも下々のた・・・じゃ無かった、もとい~! 下々の気持ちが
    分かる高貴なお方だったのですねぇ~。^^

    ハマさん、憎っくき碁敵に日頃の恨みを晴らせたのですね、少しは気が済みましたか?
    今度は、上等の和菓子は止めて、お茶無しで、カリントウでも出しておきましょう、和菓子よりは
    安上がりです。
    水物はトイレの回数が増えるから駄目ですよ。
    爺さん、お腹の下に隠れたサナギを探しあぐねている内に、遂々、水漏れを起こし、ズボンを伝っ
    て便器や床を汚してしまうんです、困ったものです。
    ちょっと早目に立って、しっかり 引っ張り出し、ちゃんと狙いをつけろ~と、でも心の中で叫ん
    でおきましょうかねぇ~。

    足首から先がなく太ももの奥まで・・・あれは、ロングのレッグウォーマーですね。
    色んな長さや素材のものが有るようですが、ズボンの下に毛糸のものを履き込んでおくと、随分暖
    かいですね、小生も、夜出かける時(通夜ぐらいしか有りませんが)には、必ず着用する事にして
    います。

    はなさん、南天は此方です。
    昨日は「ピラカンサス」、花言葉は「美しさはあなたの魅力」、はなさんにピッタリ~!うふふ・・・

                        トン

  • 先ほどの投稿で、冒頭部分が欠落しました。
    以下が、書き出しです。

                  トン

    今朝は昨日より多目に雪が積もりました、マイナス3℃で、歩きも重装備です。
    彼方此方で氷が張り、雪が色んな物をきれいに見せてくれます。
    家に帰れば暖をとる事が出来るので、こんな気楽な事を言ってられるのでしょう、列車に長時間閉
    じ込められた多くの人達が居られると言うのに・・・。

  • >>No. 15073

    歌会始の披講で、単調な長音での歌詠みは、しきたりとは言え実につまらない。
    一首たったの31文字が中々終わらない、歌に相応しい情緒が感じられるでも無く、美しい旋律が
    楽しめる訳でも無い、かと言って皇室文化の荘厳さが伝わってくる事も無い、唯々、間延び有るの
    み、此れで、列席されている多くのお歴々は眠気を感じないのでしょうか?
    兎角、固定観念に囚われたセレモニーは堅苦しくていかん、出席者は感慨にふけって居られるのか
    も知れないが、観る者、聞く者にも、もっと歌を楽しめる様な催しにはならないものでしょうか?

    今年の御製
    語りつつあしたの苑を歩み行けば林の中にきんらんの咲く

    ちょっと字余りで語呂が良くない気がしないでも無いのですが・・・
    小生は毎年の御製に詩吟の符を付けて朗詠しているのですが、恐れ多いかなぁ~?

    ダウンコート、ジャケットも含めて流行りましたねぇ~、猫も杓子もダウン、ダウンもどきの中綿
    入りもね~。
    あれは軽さと防寒が売りで、ファッション的には今一ですね。
    一部、上品なものも有るのですが、いかんせん、値段が可也高い、それと、好みに合うかどうかで
    しょうね。
    特に、黒のロングは頭に長い触角を付ければ大きな蟻んこ、ベージュやグレーの軽量ジャケットは
    屈むとダンゴ虫、その辺のブディックで売っているのは大概この類でしょうか。
    フードも豪雪地帯では必需品でも、此方では吹雪の中を出歩くことは滅多に無いものね~。

    それにしても、期待の商品が見付かって良かったですね~、しかも、4割引きとはラッキー、今年
    の運勢を象徴するが如きの幸運、まだまだ良い事が待ち受けて居そうですね。(^_-)-☆
    コートに限らず、こんなのが有れば良いのになぁ~と、思うようなのが中々出て来ない、どれもこ
    れも帯に短し襷に長しばかり、かと言って、自分でプロデュースするほどの力は無し、困ったもの
    です。

    ハマさん、又、体調不良ですか、図らずも、はなさんの憂いが的中した様ですが、寒さに弱いので
    すねぇ~。
    この歳で、渡り鳥になったり、南方の温暖地に引っ越す訳にも行かず、床暖に腹這い、ダウンに包
    って我慢するしか無さそうですね。
    そうだ~、ハマさん、ダウンのインナーで軽量ベストってのが有るんですが、此れを一枚着込むと、
    軽いうえに、余り着膨れせず、とても暖かいのです。
    昔、子供の頃、物資が無かった時代に、母が真綿を薄く伸ばして背中に張り付けてくれたのと同じ
    寒さ対策です。
    一度、お試しになってはいかが?

                        トン

  • 訂正です。
    上から4行目~5行目、
    「スカンツ」は誤りで、正しくは「スカンチョ」でした。<m(__)m>

                  トン

  • >>No. 15070

    はなさん、早速のご教示ありがとう、正しくは、ガウチョパンツって言うらしいのですが、通販な
    どでは堂々とガチョウパンツと表示している所も有り、知ってか知らずか、此れで通っている向き
    も有ることから、ガチョウパンツの方が覚え易くって、これで良いのかも知れませんねぇ~。

    ちなみに、ガウチョパンツには、膝丈から7分丈のものを「スカンツ」、くるぶしまでの9分丈を「スカンツ」又は「スカーチョ」と区別することもあるのだそうです。

    確かに、確かに~! 外出先のトイレでは間違いなく床掃除をしてしまいそうです。
    膝上までたくし上げれば、なんてことは無いのですが、外出先では慌ててトイレに飛び込むことが
    予想され、充分な準備態勢が整わない儘、シャー・・・って事も、嗚呼~!><;

    4時半、窓を開けると頻りに雪が降って居ます。
    身なりを整えて、一歩玄関を出るとうっすらと雪が、道路は積もるまでには至って無いのですが、
    所々凍結していたようです。
    傘を差し、滑らぬ様に用心しながらの歩きは、意外に脚や膝に負担がかかるものです。
    平坦地は普段の歩きが出来るのですが、重い雨靴のせいも有り9千歩余り歩くと、何時もより少し
    余分に疲れました。
     
                         トン

  • >>No. 15065

    セイコウさん、赤い血潮が漲ってますね。
    山茶花にポインセチア、共に冬の花、彼岸花から一足飛びで季節感が戻りましたね。
    後は、星野さんみたいにならぬ様、体内時計も正常に戻しましょう、狂ったままでは長生きに支障
    を来たすかも知れませんよ。^^;

    モテモテ ハマさんは今年も健在ですね~、体調全快なら、婆さん未満のご婦人にもモテる筈です。
    其の為にも、溜まった請求書は早く清算し、完全復調を目指して下さい。
    しかし、眠いのは異常では有りません、精神状態が安定しているからこそ眠くなるのです。
    ギラギラしないで、安心して居眠って下さい。

    昨年の暮れにアベイル&しまむらのコラボビルが開店しました。
    一度行って見ようと言いながら、延び延びになっていたのですが、今日は家内の定期受診日で採血
    が有り、朝食が摂れず ひもじかったのでしょう、何時もは少食なのに、カツカレーとシーサラダ
    をオーダーしたのです。
    最初は美味しそうに食べていたのですが、此れが、中々のボリューム、案の定、ヒレカツ 二切れ
    が小生のお皿に平行移動、お腹がパンパンになったそうです。
    二人とも満腹、腹ごなしに少し歩かなくては・・・そうだ、しまむらへ行こうとなったんです。

    今迄は、奈良県葛城市(御所市の隣)のしまむらには良く行っていたのですが、店舗が狭く、おっ
    ちゃん、おばちゃん向きのものが所狭しと並べられ、雑貨屋に毛の生えた程度でダサイのです。

    行ってみれば案外近い、お互い、田舎の爺婆を棚に上げ、「もう、奈良の野暮ったい しまむらは
    止め、今度からは昨日の二婆も連れて こっちへ来ようなぁ~。」

    1Fがアベイル、2Fがしまむらになっていて、新しいお店だけに広々として綺麗、洒落た商品も
    有り、品ぞろえも豊富。
    最初は同一店舗で紳士用、婦人用の売り場が各階に振り分けられているのかと思ったのですが違い
    ました。
    アベイルは別会社ながら、しまむらの系列会社だそうです、ユニクロとGU(共にファストリテイ
    リングの傘下)の様な存在でしょうか、お互いの相乗効果を狙ったのでしょう、中々の人気店舗に
    なりそうです。

    80歳前後にもなった爺婆がこんなお店で買い物が出来る幸せなど、母親の時代には考えられなか
    った事です。
    買い物は女性のストレス発散の場、今の流行でしょうか幅の広い、パンツともスカートともつかぬ、
    かと言って、パンタロンでもキュロットでも無さそう、何んってのかなぁ~?
    そんなのを何点かと、小生の毛糸の帽子などを買って大満足、今の年寄りは幸せだなぁ~!

                        トン

  • >>No. 15060

    一昔前までは、ウォーキングなんて言葉もあまり使われて無かったし、勿論、ウォーキングシュー
    ズも無かった、多目的に、運動靴が色んな野外運動を統べていましたね。
    歩いてる人を見ると、あいつアホか、歩いてる暇が有ったら仕事せよ~!みたいな目で見られまし
    たね。
    ですから、小生は未だに散歩途中で他人に遭うのが嫌なんです。

    そりゃ~ぁ、この歳になると温度センサーも、平衡感覚も、思考能力も運動能力も言語能力も、全
    ての感覚が鈍りますよ~、ヨレヨレになるってことですなぁ~。
    この現実を受け入れ、いかに生き長らえるかが高齢者の課題です。
    目と足腰さえしっかりしていれば何とかなると言うのが小生の持論です。

    セイコウさん、星野さんも真屋さんも馴染みが深いだけに惜しいお別れですね、星野野球も「欣ど
    こ」もよく見ましたよ。
    最近、この絵の様に穏やかなご老人は余り見かけなくなりましたね、なぁ~んかトゲトゲして・・・
    せめて、私達だけでも、こう有りたいものですね~。^^

    今日は、新年初めて三婆を伴って昼食に出かけました、内、一人は脳梗塞の後遺症が残っているので、後の二人がそれを支えるのですが、生憎の荒れ模様のお天気で、断続的な突風に、支える者、
    支えられる者が共に よたよた~~~、これじゃアカン~、せめて食事だけはしっかり摂り、力を
    着けなくっちゃ~、話題も尿漏れ、物忘れの自慢?ばかり。
    なんで、こうなるの~? 年寄りだからぁ~、はい、ご尤もです。

    食事が済んで、コーヒー行こうとなったのですが、直ぐはアカンでしょう~、ちょっと間隔を開け
    る意味で、しまむらをぶらぶら、「ここ、尿漏れパンツ売って無いは~。」又や、又やぁ~。
    少しは運動になり、いつもの喫茶店へ、家内とAさんはコーヒー、僕とYさんはぜんざい、塩昆布
    と抹茶が嬉しい。
    年寄りは孤独で籠って終ってはいけない、時々気を開かなくっちゃね。

                       トン

  • >>No. 15056

    おおとんども公害扱いされては堪ったものでは有りません、それに、消防署にも届けなければなら
    ない様ですね。
    僕らの子供時代は上級生の主動で、大とんどは勿論のこと、毎日登校前には神社の森から枯れた杉
    葉や薪を拾って来て焚火をして暖を取って居ました。
    時々、大人も立ち寄り手あぶりをして行きましたが、一度も叱られた事は有りませんでした。
    当時は国道も土道で、車など見たくても走ってはいませんでしたし、後始末は残り火も含めて際の
    側溝に蹴り落とせば其れで良かったんです。
    今なら、とんでもないガキどもだったのでしょうね。

    ハマさんの体調悪化は殆ど身体の冷えでは有りませんか?
    床暖の機能は大丈夫ですか?
    小生にとって腹巻は真夏の必需品で、冬には用無しです。
    ビンゴゲームは趣味の会のイベントで良くやりました。
    大抵、小生の司会でしたが、どさくさに紛れて、愚にもつかないビンゴの歌が始まりでした。
    さぁ~、みな皆さん、ご一緒に~
    ♪~~ビンゴ可愛いや~、かわいやビンゴ~、恒例のビンゴゲームを始めましょう~~~!
    皆んな乗りが良くって、ズッコケてくれる人も居て大いに盛り上がったものです。
    今にして思えば、酒の勢い無くしてはやれ無い醜態でした。><;

    セイコウさん、まだ体内時計が正常では無いようですね~。^^;
    小生も、就寝前にみかんを幾つも食べると、2~3度は必ずトイレに立ちますが、その後は決まっ
    た時刻までは眠る事にしています。
    体内時計を正常に戻すには、早起きして適当な運動をすれば、必然的に、快適な眠りに就く事が出
    来ます。
    小生は4時過ぎ(夏場はもっと早い)に起床、運動と言えばウォーキングだけですが、22時前後
    には、嫌でも疲れと眠気でフラフラになります。

    トリミングの成功で、無駄の無いスッキリした、とてもきれいな仕上がりになりましたね。

    今朝は終始傘をさしての散歩でしたが、風が無く暖かい日だったので、歩きには、そんなに抵抗は
    有りませんでした。
    風の無い分、雨も真っ直ぐに落ちて来て靴やズボンの裾の濡れも少なくて済みました。

    折角の成人式も雨で台無しです。
    特にお嬢さん方の振り袖姿も、降り袖になって終いました。
    一生一度の晴れ姿、大金をかけて準備した振り袖、可哀そうと言う外ありません。
    又、大勢で苦労して準備された藤井寺市での大とんども、生憎の雨で お気の毒でした。

    毎年の様に放映される成人式での大荒れを見ると、あれが成人になったばかりの若者のやる事かと、
    日本の行く末に暗澹たるものが有ります。
    酒はラッパ飲み、奇抜な衣装で、髪は雉か錦鶏か分からん頭で暴れ放題、車で暴走し、他人を傷つ
    ける悪質な者まで居ます。

    こんな輩は男女を問わず、容赦無くひっ捕らえて、おでこに、洗っても1年間は絶対消えない「成
    人不適格者」のシールでも貼るとか、「成人心得の研修」を強制的に受けさせ、合格するまで市民
    権を停止するなどの処罰を与えれば良いのです。
    我が子、我が孫にこんな不届き者が出ては世間に顔向けが出来ないとばかりに、家族ぐるみで真剣
    に子弟の躾に励むと思うのですが、アカンかなぁ~?

    ちなみに、小生は自宅を遠く離れて、紀州、田辺市で勤務して居りましたので、お式の案内が来た
    のか来なかったのかも記憶に無く、勿論、成人式には出席しませんでした。

                        トン

  • >>No. 15052

    はなさんお使いのユースキンsは2年近く前に発売され、今でもユースキンAを買うとオマケに付
    いて来て、頻りにキャンペーンを行っています。
    SはAに比べてサラッとして居て無色、はなさんには良いでしょうね、小生には使用目的が違う上、
    広範囲に使いますのでちと不向きですが、髭剃り後に丁度良く、スキンクリーム代わりに使って居
    ます。

    セイコウさん、季節感は兎も角として、彼岸花が赤白こんなに綺麗に咲き分けているのは初めて見
    ました。
    見事なコントラストで、一瞬寒さを忘れさせてくれます、ホントにきれいですね。

    やっと夜が明け始めた頃、毎年、此の日、此の時刻、この場所に集まって来る、或る集団が有ります。
    男ばかり、二十歳前後の若者から年配の方まで約20人ほどが、道路脇に車を止めて竹を切り出し
    ているのです。
    殆ど作業を終え、腰を下ろして休憩中、何をしているのか予想はついているのですが、知らん顔を
    して、リーダー格と思しき方にちょっと会釈し訊いてみました。
    「この竹、何しゃはるんですか?」「これで、とんど しますねん~。」「あぁ~、大とんどですか、此方でも昔はやっていたんですが、やらなくなって、もう随分になります、生の門松を立てる
    家が殆ど無くなりましたのでね。」「そうですか、私たちの所は、お飾りが沢山集まり、子供さん
    達が楽しみにして、書初めも沢山持って来てくれるんですよ。」「良い風習を残して下さってるの
    ですね、ところで、どちらのお方ですか?地元の方ですか?」「いいえ、藤井寺からです、竹藪の
    持ち主さんが知り合いなもので・・・。」「そうですか、どうぞ、盛大なとんどを成功させて下さい、ご苦労様です。」「はい、ありがとうございます。」

    ※おおとんど
    小正月(今は成人の日に)の朝から、門松、しめ飾り、その他のお飾り物を積み上げ、周囲に竹を
    立てかけて囲み、上部に書初めを差し入れ、炎に煽られ、高く舞い上がるのを見て、習字の上達を
    祈るのです。
    残り火でお灯明を頂き、仏壇や神棚にお供えします。

                        トン

  • 昨夜の就寝(21:50)から起床時刻(4:20)までに、三回もトイレに立ちました。
    其れもその筈、残り物のお出汁で作った雑炊をお椀に四杯も食べたからです。
    お出しが多く、ちょと、しゃぶしゃぶっぽかったので、これはチトやばいぞと思ったのですが、何
    分にも貧乏性丸出し、捨てるのがもったいなくて全部平らげたのです。
    1~2時間おきでは眠る間が無さそうですが、寝床に戻ると何の抵抗も無く直ぐに眠りに就けるの
    が小生の特技、只、心配なのは寒い廊下に出た途端、血管がプチン~、いくら、水分を充分に摂り
    なさいと言われても、命がけではチト辛い。

    突然息子の嫁からお呼びがかかりました。
    長女が孫(私からするとひ孫)を連れて返って来ると言い、会えなかった次女も急いで返って来る
    との事、皆勢揃いなので、ちょっと出かけて来ます。

                         トン

本文はここまでです このページの先頭へ