ここから本文です

投稿コメント一覧 (12コメント)

  • 「大林組 見積額の95%を提示」って、別にほぼ100%でもいいんじゃないの?
    記事を読んでも、一体特捜はなにをほじくり返そうとしているのか全く不明。
    ましてや、技術提案型ならば金額がすべてじゃないんだから。

  • 大林組に特捜が入ったが、これまでの報道では大林の何が悪いのかさっぱりわからん。
    この記事でも「非常口に固執・・」って、次のシールド工事に直結するなら、どうしても入手したいと考えるのは
    当然。NHKニュースでも、JR東海から設計変更に係る情報を得て、入手の参考にした?というような報道であった。
    それもこれも、全くなにが問題なのか・・現状では何が不正なのか、もっとわかるように報道してくれと思う。

  • >>No. 1906

    [隠密変更工事着手時期]とか言われてますが、工事は当初から設計どうりやってます。建物の下は盛土はないし、建物の下は皆さんの言う「空洞」になっています。隠密でもなければ、変更工事でもありません。写真はそのとうりのものがあるだけです。

  • >>No. 1098

    実際、おっしゃるとりの設備になっています。しかも排水する場合、汚染水であれば環境基準値以下に処理してから放流されます。都はやり過ぎくらいのことをやっています。

  • 盛土、盛土と盛土命!と思っていては本質を見失います。いくら盛土しようが、そこまで汚染された地下水が上昇してくるようなことであれば意味はありません。さて、豊洲地区は大地震の津波等の対策として、当初から盛土による地盤のかさ上げをやっていました。それが今も汚染対策とマッチして行われたのです(建物の下部は除く)。当初より約2.5mかさ上げしたので、建物もそこに合わせるので、1階部の床も当初より2.5m上にあがってAP+4.5mになりました。ざっくり言うと地下水よりも4.5mも高い位置に床(スラブ)があるのです。こうなれば、雨水や潮の満ち引きでの地下水の上昇分は恐くありません。もし汚染された地下水があっても床までかぶらないのです。ましてやスラブは約40cmも厚さのあるコンクリートです。揮発性のベンゼンがあっても遮断するでしょう。従って、スラブ上の生鮮食料は安全です。そんなスラブの下に盛土が何の役に立つでしょう。への突っ張りくらいです。役所の立場で考えると、建物の下まで盛土すれば盛った分と施工時にまた掘削しなければならない分、往復ビンタでお金がかかるのです。それこそが、都民の税金をどぶに捨てることになると考えることこそ正しいのです。そんなことで設計時から空洞になっていたのに、単に説明不足ってことなんじゃないですか。

  • >>No. 593

    > 汚染の為削除した危険な汚染泥は何処に捨てられたのか?
    > まさか海の中に捨てられたのか?何処かの秘密基地か?
    ホームページに書いてあります。6街区(清水建設JV)に処理プラントを設置し、汚染土を環境基準値以下に処理し、それを埋め戻し土として再利用しています。だから金がかかるのです。もっともこんな大量の汚染土を引き受ける最終処分場もありません。

  • ニュースでの地下部の写真を見る限り、コンクリート構造のピットですよ。そこに盛土があるわけないじゃないですか。要は、「建物の下はピットなのでそこには盛土はされていません」という説明が十分されていなかった。というだけのはなしでしょ。食が汚染されるだの、ドンだの癒着だの、手抜き工事だの、盛土の金はだれがポケットに入れたんだだの・・・と、妄想のし過ぎです。マスコミは都の技術担当者や設計コンサルやゼネコンへの取材がいつもしないでわけもわからずに報道するから、こういう誤解が生じるんです。多分、都知事も都の担当者から十分聞いてないか聞こうとしてないかじゃないの?あの記者会見だけではほんとに劇場型のためにするパフォーマンスとしか思えないわ。普通は担当者が説明するんじゃないの。マスコミもあおるだけじゃなく、取材して理解してなにが真実なのか・・そこを報道すべきと思う。

  • 小池パフォーマンスに喜々とされている方が多いようですが、①築地がダメだから移転するのです。②豊洲は地盤改良工事を第三者機関で十分すぎるほど検査してOKなのです。最後の水質検査は安全に本質的な問題ではありません③延期すればするほど税金のムダが生じます。へたすると環2も間に合いません。後になって間にあわせようとすると突貫工事で余計税金がかかりますし、工事の安全・品質にも影響します。④自民都連が悪いとか工事費が何倍も高くておかしいじゃないかと言っていますが、それは後にゆっくりやればいいので移転を遅らせる理由になりません。

  • 韓国が「スワップを検討しよう」とか「スワップをお願いします」でもなんでもいいけど、そう言ってきたら、日本政府は「日本国民がそれは許してくれない」と言って断ればいい。

  • 「たった2つの計画案しかないのか!」とJSCを批判する人もいるが、あのエンブレムの応募と一緒にされたんじゃ
    ゼネコンも浮かばれないわ。

  • ようやく三井住友建設が会見したが、ここまで元請が出てこなくて済んだのはマスコミ報道にも問題がある。
    二次下請けの旭化成建材ももちろん悪いが、元請責任を野放しにしてきたんだから、元請にしてみれば
    「下請けに裏切られた」と言い逃れできる状況をおぜん立てしてもらったようなもの。
    基礎杭は設計なくして語ることのできない重要工種であり、すべての指示と確認は元請が責任を持たなければ
    ならない。対外的には決して下請けのせいなんかできる性質のものではない。
    すべての工事の責任は元請であり、真っ先にでてこなければならないのは三井住友建設である。

本文はここまでです このページの先頭へ