ここから本文です

投稿コメント一覧 (912コメント)

  • > 株価対策も、それ以上に大事なこ

    株価対策は不要。喫緊の課題は人材流出対策だ。

  • ゴラァ~ タカ~シ

    単身で大手町に乗り込んで、下々にソリューション・ビジネスの手本を見せてこ~い

    クライアント様は、「水銀を使わないバックアップ用の温湿度計277本」がご入用だ。「手前どもには、リアルタイムでアメダスデータの品質管理ができるツールをご用意しております。300本なら、お勉強させていただきます!」てな感じだ。


    > 気象庁は、全国の気象台などにある水銀を含む温度計の使用を今後3年以内にすべて取りやめることを決めました。WMO=世界気象機関は先月、水銀を使った製品の取り引きなどを国際的に規制する「水俣条約」の発効を受けて世界各地で使用を中止するよう求める方針をまとめていて、気象庁は各国に先駆けることで、この方針を後押ししたい考えです。

    気象庁によりますと、気象台やアメダスなど全国の観測点では、現在、電圧の変化によって気温を測る電気式の温度計が設置されていますが、こうした機器が故障した場合のバックアップや点検のために、水銀を含む温度計が今も使われていて、その数は全国に合わせて277個あります・・・。

    NHK: https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171218/k10011262201000.html


  • 訂正

    中小河川 5,800カ所に低価格水位計を設置(100億円?)

  • > 動くような材料はありますでしょうか?
    あれば、教えてくださいまし。


    ご参考


    22日 補正予算・来年度予算が閣議決定

        中小河川 5,800カ所に低価格水位計を設置(200億円?)


    23日 H-IIAロケット37号機の打ち上げ。

        メインの気候変動観測衛星「しきさい」はどうでもいいが、サブの超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)には、巨匠T本氏の渾身の作である小型高分解能光学センサ(SHIROP) が搭載されている。


    28日 ミニロケット「SS―520」5号機の打ち上げ


    1月17日 小型ロケット「イプシロン」3号機



    どれも、収益インパクトは来期以降だ

  • > それなら他の人の方が君より詳しい人が要るから

    コーヒー飲み終わったから、続きをどうぞ

    全ての投稿に「そう思う」が速攻で 100 個くらい付く y***** さんだと書かれても噴かないから。このマイナー株の過疎スレで、あの評価は確かに素晴らしい(棒)

  • > それなら他の人の方が君より詳しい人が要るから

    この会社はマニアックすぎて、社員ですら全貌を把握していない。歴代社長さんも、前社長が使ったコンサルもww

    強いてあげるとすれば、プロパーで企画部長を長く勤められてきたタイガーマスクこと伊達〇〇氏か、全ての請求書に小言を言っていた(だろうと想像する)ケチケチ元常務氏ぐらいだろう。

  • 上方修正を期待して、尚且つ、今期配当を期待されるとは、年も明けていませんが、おめでとうございます。また、小学5年生になってもサンタを信じている子がいるくらいですから、アポロもきっと本当だったんでしょう(棒)。株式投資する人のなかにも、純真な大人がいるもんだと、とても感心しました。

    下方修正を予想される方がいらっしゃいますが、結局は、親子間取引のあり方にメスを入れないと不透明感は払しょくできません。親会社系から「ヤレ!」と言われれば、リスク度外視で取り掛かるしかないのが実情でしょうから、せめて「実費+標準利益率」で事後精算するシステムを導入していただかねば、死んでいったアホルダ達も浮かばれません。

    ビール瓶を振り上げられても動じなかった力士は大したものですが、プロパー役員や、独立役員に、そんな勇気を求めても無駄ですので、ホルダがしっかりと監視しなければなりません。jaxaの旧来の発注形態なら発生しなかったのに、子会社化されたとたんに不当な費用付け回しが横行しているのではないかと疑心暗鬼になります。相撲部屋など及びもつかない閉鎖社会のことですから中小企業庁も出番なしですので、本来なら発注側の宇宙機関が緊急点検費とかの名目で、遡って面倒を見てくれるのが理想なんですが。

    IAが電気・通信系において、納期・仕様ともムチャぶり可能なドラえもんポケット工房を得たのは大きな国益ですので、こき使われる中小企業には十分な配慮があってもいいはず。ミニとeは年越えになりましたが、材料は一度に出てこない方が、逆に都合がいいのかも

  • > これは明星電気のドップラーレーダーでしょう可?

    こんなところで聞かずに、会社 ir に電話されたらどうか。丁寧に教えてくれると思うが。明星電気はドップラーレーダは作っていない。さらに残念なのは、その鉄道会社さんが研究に使っていた地上気象計も他社製品だと思う。

  • 匿名掲示板の書き込みに、いちいちコメントするのも大人げないが、不適切会計で決算発表を延期したような会社を見習え、の次は、中国に食い込め、とアドバイスされる高田社長に同情申し上げる。

    (1) YAHOO掲示板に「中国に食い込め」と投稿がある   ←今ココ
    (2) 真に受けた社長が、事業部長に市場開拓を命じる
    (3) 営業マンが、地震計/気象計のサンプルをもって入国
    (4) プレゼンの前日に、ホテルで機器動作をチェック
    (5) 外国人による無許可気象観測で、スパイ容疑で拘束
    (6) 株価が…

  • 何らかの事情でコンペに参加していないとしたら、その中立的立場を利用して、運営サイドに「低価格水位計を補完するポテカ」を提案してこられよ。


    type1 : 寄生型(パラサイト・ポテカ:以下 PPTK)

    PPTK は、コンポジット・センサと雨量計、通信部からなるコンパクトな設計。低価格水位計の、取り付け部を利用して併設し、電源も利用させていただく。(補助金枠いっぱいまで)機器コストの一部を水位計に付け、ポテカ利用料金を格安に設定する。


    type2: 補完型(バックアップ・ポテカ:以下BPTK)

    BPTKはPPTKに自前の電源部を備えたもので、現行ポテカに近い設計。分岐させた水位計データを、(別キャリアを利用した)ポテカ回線でも収集する。もし水位計電源が落ちた時には、ポテカ側の電力が利用できる仕組みであれば、なお安心。機器コストの一部は水位計に付ける。メンテコストも軽減される利点もある。



    自治体が管理される中小河川に水位計を設置するのは喫緊の課題であり、そのための低価格化は自然の流れではあるが、万一の時に稼働しないことがあっては絶対にダメ。2way電源、デュアル回線は防災担当者なら、だれでも必要だと感じているはず。上記のソリューション(特にBPTK)は、水位計のバックアップを図ると同時に、気象データも取得できる優れもの。補助金枠を無駄にすることなく、ランニングコストも極小化できる。

    全国 5000カ所の低価格水位計の2割にBPTKをご採用いただければ、ラッパ吹きシバ~タの「ポテカ 1000台やります!」も簡単に実現できる。

  • > 国土交通省は7月の九州北部豪雨を受け2020年までに全国の中小河川で緊急の洪水対策を行うと
    発表した。中小河川の点検結果を踏まえ約5800か所の水位計設置などを進める。


    コメント: 実は、国土交通省はクラウド型・メンテナンスフリーの低コスト水位計の実証実験を既に開始している。実証実験には、日立製作所や富士通、沖電気工業、NTTドコモ、NECネッツエスアイなど企業や研究機関21者が、計12チームを組んでいるが、その中には、明星電気の名前は無い。しかし、俺は不戦敗だとは思っていない。IHIエアロと取引のある某社のウラにいるのでは、と想像している

  • > 下期ポテカ、、ゾンデ大幅に伸びるだろう、

     期待するのは個人の自由だが、ゾンデってのはユニクロのセータとは違って、寒いからといって、客がふらっと店に入ってきて、お買い上げになるようなものではない。購入側の予算があるので、年度内の数字は、予定から上振れすることはないと思われる。

     ポテカも、年度内にあと100基いっていい方ではないか? 新規設置のものはフリーレント期間もあるかもしれないし、設置期間が短ければ売り上げ計上も小さくなる。

     3Dレーザレーダも。鉄道博に行ってihの説明員に聞けばいい、国内設置状況や、海外の応札案件、準備案件、目標数量まで教えてくれるかもだ。

  • > 会社に注文をつけるとしたら、
    発行株式が、売り上げ規模にしたら多すぎのようですね、    ← 〇
    自社株買いを発表とか、                   ← 配当原資がねぇ~んだよ
    従業員数も多すぎのようですね、               ← 失当
    その辺り総合的な株価対策が欲しいのですか?         ← 今ココ

  • 某社の粉飾額 375 億円てのは、明星電気の時価総額までも超えちゃうくらいだからな、見習うにもほどがある。

  • > 世界最大の年金資産を運用している日本の公的年金基金(GPIF)が、環境や社会問題の解決を目指す投資に本格的に乗り出す。

     この手の銘柄に指定されるには、一般的には、信託やコンサルが要求する膨大なペーパーに回答する必要がある。自己推薦文1枚に、会社案内を添付して、それで足りるってことはないと思う。収益に直ちには反映しない事務処理を、いったい誰がするのか、て問題だろう。

     仮に「会社訪問で投資対象を発掘します!」とうたっている独立系投信が、コンタクトを求めても、明星電気がそれに応じているのか不明。前社長は、そんなことに全く無関心だった。

  • > 火山噴火&明星株価噴火に警戒ですw

    火山といえば、赤字工事に警戒しろww

  • > 下期ポテカ、、ゾンデ大幅に伸びるだろう

    これは無いと思う。


    > 昨日のちょい上げは、月面有人探査のニュースの影響ですかね?

    タイミングからすれば、NHKが報じたWMO会合の方だが、それにしても ノバディ ケア だ。

  • ここって関係ある?


    〇 月面の有人探査
    〇 東京五輪、ゲリラ豪雨
    × 海底地震計のデータ


    ドミニカ案件も適時開示があれば、もっと話題になるのに(涙)

  • *** 会社設立80周年 ***

    明星電気の設立は昭和13年(1938)2月。当初の社名は「合名会社東洋無線電機製作所」。来年2月で80周年だ。が、当期の利益水準を考えると、記念配当どころか通常配当も期待できない。そこで、提案だが…

  • IHI子会社の明星電気(東証2部:6709)もご注目!
    http://www.meisei.co.jp/

本文はここまでです このページの先頭へ