ここから本文です

投稿コメント一覧 (729コメント)

  • ●免職が覆されれば、その間の給与は満額支払われる

    裁判において免職が覆された場合、その免職処分自体がなかったことになり、その間勤務につけなかったのはその職員の責任ではないということになります。このことにより、免職になった日から、復職の日まで、その職員が勤務していれば支払われたであろう給与が、満額支払われることになります。

    単純な数字の計算になりますが、仮に、年収が総支給で500万円の職員が2年間裁判を続け復職した場合、公金から支払われる金額は1000万円です。これらは、1日も勤務実績がないにもかかわらず、満額支給されることになるのです。こういったことからも、自治体側は、安易な分限免職はできず、分限免職に二の足を踏みがちになります。

  • ●勤務実績不良を理由にした分限免職をめぐり、訴訟に
    実際に「勤務実績不良」を理由にして免職となり、裁判に発展したケースが、東京都武蔵村山市にあります。当該職員は分限免職を不服として最高裁まで争い、勝訴(東京地裁平成 24 年9月 26 日判決)。復職を果たしました。
    裁判にて明らかにされた内容から当該職員は、「自己の業務の失念」、「シュレッダーを使用するが周辺を片付けない」、「注意されている途中で帰宅する」など、職務を十分に遂行出来ていない様子がうかがわれ、再三の注意・指導に対しても改善が見られなかったことが読み取れます。
    また、免職になる以前に問題行動を起こし、懲戒処分も受けています。
    当該職員が免職になった理由として、武蔵村山市は「適格性欠如」と「勤務実績不良」をあげており、実際に当該職員の勤務実績は、判決の中でも「著しく低調である」と認められています。

  • 扶養手当142万円を不正受給し懲戒免職 高田駐屯地の53歳男性陸曹長

    陸上自衛隊高田駐屯地は2018年4月20日、第2普通科連隊の男性陸曹長(53)が約6年にわたって扶養手当を不正受給していたなどとして懲戒免職処分にした。
    発表によると、男性陸曹長は2012年3月から2018年1月までの期間、離婚の事実を部隊に報告せず、約142万円の扶養手当を不正受給した上、防衛省共済組合が発行する組合員証を元配偶者に使用させた。

  • 全裸でごみ出し疑いで市職員逮捕 高知市、「服を着るのが面倒」

     高知署は16日、全裸で路上を歩いたとして、公然わいせつの疑いで、高知市財産政策課係長(49)=同市旭町=を現行犯逮捕した。ごみ出しのためだったといい「服を着るのが面倒だった」と容疑を認めている。
     逮捕容疑は16日午前6時20分ごろ、自宅のマンションからごみ出し場に向かう近隣の路上を全裸で歩いた疑い。
     同署によると、「午前6時ごろによく全裸で歩いている人がいる」との目撃情報が数カ月前から寄せられており、張り込んでいた警察官が直接確認した。
     市は容疑者の普段の勤務について「非常に真面目で、問題はなかった」としている。

  • ● 年功序列が引き起こす新たな問題

     民間企業から自治体への転職者が増加傾向にあるが、年功序列の給与制度が優秀な人材獲得に支障をきたしている。

     優秀な民間企業の若手人材が自治体に転職しようとしても、自治体では勤続年数によって基本給が決まるため、彼らは低い報酬に甘んじるしかない。民間企業での経験が10年未満のケースなどでは、筆記などを含めた公務員試験に合格しなければいけないうえに、民間企業時代の勤続年数を50%から80%程度しか換算されないことが通例である。民間企業で活躍した実績があっても、公務員として働く場合は勤続年数という画一的な枠に押し込められ、民間時代の経験が割り引かれるのだ。

     この状況では、民間企業の第一線で活躍している優秀な人材が、わざわざ公務員試験の勉強を行い、給与を下げて転職する可能性は低い。現在の給与制度は、優秀な民間人材の獲得を自ら遠ざけていると言わざるを得ない。

  • ・2018年4月12日、財務省の事務方トップ・福田淳一事務次官が30代女性記者に対してセクハラ発言を連発していたことを週刊新潮が報じた。

    ・報道によると、複数の女性記者からセクハラを受けたとの報告が相次いでおり、福田事務次官は日常的に「抱きしめていい?」「キスしていい?」「おっぱい触っていい?」などの発言を繰り返していたという。

  • 県職員が万引きの疑いで現行犯逮捕

     奈良県の男性職員がコンビニエンスストアで万引きした疑いで現行犯逮捕されました。
     窃盗の疑いで現行犯逮捕されたのは、県地域福祉課の主任主査・蓮川剛士容疑者(45)です。警察の調べによりますと、蓮川容疑者はきのう午後9時過ぎ、斑鳩町にあるコンビニエンスストアで、139円のカフェオレを盗んだ疑いです。
    店で同じような被害が相次いでおり、張り込んでいた警察官が商品をカバンに入れて店の外に出た蓮川容疑者を現行犯逮捕しました。警察の調べに対して、蓮川容疑者は「お金を払うのがもったいなかった」と容疑を認めているということです。警察は、余罪もあるとみて調べを進める方針です。

  • 52歳航空自衛官 飲酒"ふらつき走行"パトカーに衝突 基準値4倍アルコール 北海道

    4月12日未明、北海道千歳市で軽乗用車を誤ってバックさせてパトカーにぶつけた休職中の自衛官の男が、酒気帯び運転の現行犯で逮捕されました。
     酒気帯び運転の現行犯で逮捕されたのは、航空自衛隊第2航空団所属で、休職中の自衛官、錦織(にしこおり)明容疑者(52)です。

     錦織容疑者は、12日午前2時30分すぎ、千歳市みどり台南の自宅近くで、酒に酔った状態で、後方確認せずに軽乗用車を誤ってバックさせ、停車中のパトカーにぶつけました。

  • 裸画像送らせ、市職員逮捕=児童ポルノ容疑―大分県警

     女子高校生に裸の画像を送信させたとして、大分県警宇佐署は9日、大分市上下水道局主査の渡辺清隆容疑者(42)=同市原新町=を児童買春・ポルノ禁止法違反(単純製造)の疑いで逮捕した。「18歳未満と知らなかった」と容疑を一部否認している。

     逮捕容疑は2月26日〜3月1日、18歳未満と知りながら女子高校生(16)に携帯電話で胸や下半身の写真を撮影させ、送信させた疑い。

  • 国民の財産・生命より安倍おろしの森友問題ばかりの野党
    そんな国会議員はいらない

  • 大阪の警部補シャンプー万引疑い 「お金もったいない」

     大阪府警は25日、ホームセンターでシャンプーを万引したとして、窃盗容疑で高槻署地域課の警部補上平和彦容疑者(56)を現行犯逮捕した。監察室によると「お金を払うのがもったいなかった」と容疑を認めている。

     逮捕容疑は25日正午ごろ、大阪府寝屋川市日新町のホームセンターで、陳列されていた詰め替え用のシャンプー3個(計約2200円)を盗んだ疑い。
     上平容疑者が入店してすぐにシャンプーを取り、レジを通らずに店外へ出たため、男性店員が取り押さえた。同容疑者は当時、財布に数万円を持っていた。25日は休みで、1人で訪れていた。

  • <広島県>公文書改ざん 開示請求者を中傷部分削除

     広島県は20日、行政処分への不服審査を巡る行政文書の開示請求を県内の男性から受けた際、農林水産局の職員が文書を改ざんした上で男性側に開示していたと発表した。元の文書には職員らの打ち合わせで男性の性格を評した表現などが含まれ、幹部職員の課長を含む職員らが「適切ではない」と削除していたという。

     県によると、男性は県への許可申請が一部拒否されたことを不服とし、2011年1月に国に不服審査を請求したが、国は12年1月に却下した。
     審査請求を巡り、県の担当職員2人が同月に東京の農林水産省を訪れて協議し、打ち合わせ内容の報告書(復命書)を作成。報告書には、男性の性格を中傷するような表現、審査の結果を伝える段取りなども記載されていた。
     その後、県と国の協議を知った男性が報告書の開示を請求する意向を示したため、職員が報告書の本文から中傷部分などを削除し、別添の「メモ」に移すなど改ざん。課長が決裁印を押して新たな報告書を仕立て直し、県は同年2月、開示請求に対して「メモ」を除く文書を開示した。

     今年1月、改ざんを指摘する匿名の文書が県に郵送されるなどして問題が発覚。県の調査に課長と部下の職員2人が改ざんの事実を認め、県は3月に男性に謝罪した。

  • 総務省の「電波利用ホームページ」によると、電波利用料の負担額(平成28年度)は、「携帯電話、BWA、PHS事業者」で、NTTドコモが約208億5400万円、KDDIが約136億5100万円、ソフトバンクが約167億8100万円と、大手3社だけで512億円以上を負担している。

     一方、「地上テレビジョン放送事業者」を見ると、日本放送協会(NHK)が約22億2100万円、日本テレビ放送網が約5億1400万円、TBSテレビが約4億9200万円、フジテレビジョンが約4億6900万円、テレビ朝日が約4億8600万円、テレビ東京が約4億7000万円となっており、NHKおよび民放5局の合計は46億円強だ。前述した大手携帯キャリア3社の約11分の1の水準である。

     それぞれ一番負担額が大きいNHKとドコモをくらべても、NHKの負担額はドコモの約9分の1だ。放送事業者のほうが通信事業者よりも負担料が安いのは、放送の公共性が認められているためだが、そのわりには放送法に抵触するような偏向報道や宣伝まがいの情報紹介なども見受けられるのが実態である。

     また、NHKの電波利用料は民放各局と比べて1ケタ違うため、一見すると巨額な負担をしているように見える。しかし、これは衛星放送などチャンネル数が多く、全国を網羅しているためであり、特段に負担割合が大きいわけではない。

     現在、電波の割り当ては一種の随意契約になっているが、入札制度にすることで利用料の適正化を図るとともに新規参入を促進するというのが、電波オークションの導入意義だ。

     困るのは、既得権益を失うことになるテレビ局だ。そのため、電波オークションの導入をめぐっては、テレビ局を中心としたメディアが大反発することが予想される。

  • 生コンと辻元氏の関係は?
    日本赤軍との関係は?
    日本赤軍最高幹部の重信房子が潜伏していて逮捕されたのが高槻市であった事は偶然?

  • 「連帯ユニオン 関西地区生コン支部」に和歌山県警のガサ入れが入った。日本のマスコミはタブーに触れてはいけないと一斉に報道を控えるものの、ネット上では大変な関心事となっている。
    森友学園問題が加速する中での今回の捜査。

    土地取引において何か不正があったのか、それとも何か別の狙いがあるのか。和歌山県警はマスコミ各社に事前告知を行ったものの、テレビ、新聞、ラジオ、雑誌、どこも取材に訪れなかったという。関西生コンという組織はそれだけ闇が深いのか。

    実はnetgeek編集部も関西生コンの正体については詳しくは把握していない。だからこそ以下ではこれまで明らかになった事実のみを記しておきたい。

    (1)貴重な関西生コン支部の内部写真。壁にハングルの横断幕が掲げられているのに注目。普通の組織ではないことは明白。

    ※こちらは去年のガサ入れのときの写真とされる

    (2)竹山おさみを応援している。

    (3)竹山おさみは辻元清美が応援していた。

    (4)大阪兵庫生コン経営者会から辻元清美に毎月、寄付が行われている。

    ※こんなのがネットにあったが・・・・ この議員は闇が深すぎる

  • なぜ、マスコミは生コン支部の内部告発文について報道をしないのか?
    毎日「TBS系」・朝日系列・フジテレビ・NHKは本当に反日なのか?

  • 辻元清美議員&福島瑞穂と関係が噂されている生コンにガサ入れ

    関西生コン 、生コン支部 などと呼ばれる。
    社民党や新社会党の支持団体。
    2017年新春旗びらきでは、
    打倒安倍政権として「選挙闘争」の
    重要性が確認され、民進党の辻元清美と
    社会民主党副党首の福島瑞穂が挨拶しているそうですが・・・

  • <大阪地裁>国循官製談合 元部長に有罪判決

    国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)の情報システム発注を巡り、入札情報を漏らしたとして官製談合防止法違反などの罪に問われた元情報統括部長、桑田成規(しげき)被告(50)に対し、大阪地裁は16日、懲役2年、執行猶予4年(求刑・懲役2年)の判決を言い渡した。桑田被告は無罪を主張したが、西野吾一裁判長は「競合他社を排除して受注業者に落札させるなどしており、入札の公正への信頼を損なった」と述べた。桑田被告は控訴する方針。
     一方、公契約関係競売入札妨害などの罪に問われたシステム開発会社「ダンテック」元代表、高橋徹被告(54)に対し、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑・懲役2年6月)の判決を言い渡した。
     判決によると、桑田被告は2012〜13年、情報システムの保守・運用業務の入札3件で、他社が提出した入札資料をメールで高橋被告に送るなどして入札を妨害した。ダンテックは3件のうち2件を落札した。
     桑田被告は「入札と関係のない前年度の資料と勘違いしていた」などと起訴内容を否認したが、判決は「入札資料と認識していた」と指摘した。

  • 会計検査院、文書「2種類」を検査中に把握

    森友学園への国有地売却について検査を行った会計検査院は12日、野党議員による聞き取り調査の場で、2種類の文書があることに検査中に気づいていたと明らかにした。

     検査院の説明によると、財務省と国土交通省からそれぞれ提出された同じ文書の内容が一部異なっており、検査院が財務省に指摘すると、「財務省が出したものが最終版」との説明を受けたという。検査院は、国交省提出分が書き換え前で、財務省提出分が書き換え後のものとの認識を示した。

    ※財務省と会計検査院が裏で手を握っていのか?????

  • 国交省技官がひき逃げの疑い 「酒飲んで居眠り」

     新潟県警新潟北署は8日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、国土交通省北陸地方整備局新潟港湾・空港整備事務所工務課の技官、五十嵐拓海容疑者(21)=新潟県新発田市西園町=を逮捕した。
     逮捕容疑は7日午後11時55分ごろ、新潟市北区笹山の国道7号で乗用車を運転中、前を走行していた同市の女性(23)の軽乗用車に追突し、女性と同乗の男性(22)の首にそれぞれ軽傷を負わせて逃走したとしている。
     同署によると「酒を飲んで居眠りをしてしまった」と容疑を認めている。被害者が覚えていた車の特徴や現場にあった車の破片などから五十嵐容疑者が浮かんだという。同署は飲酒運転の疑いでも調べている。

本文はここまでです このページの先頭へ