ここから本文です

投稿コメント一覧 (5コメント)

  • >>No. 206

    フランチャイジーのメリットは、その時代にあった勝ち組を選べることですよね!
    利益が薄いのがデメリットですが。

    従業員にとってはいろいろ業態が変わるのはしんどいです。
    経営破たんするよりずっといいですけどね。

  • 7年落ちの楽ナビを使っていて半年ほど前から「買い替え(他社含む)か地図更新か」で迷っていました。
    オートバックスで物色していたが、どのメーカーをみても到底買い替えに値する商品でないと感じましたよ。
    地図更新も2万5千円とかでしょう。高すぎますよ、新名神のためだけに・・・

    androidタブレット&車載ホルダー&ナビアプリで必要十分、地図の更新と渋滞情報の精度で言えば
    はるかに上回っています。
    GPSの性能は重要なので安すぎるタブレットはダメですが。

    スピーカーにしてもbluetoothスピーカーをダッシュボードに置いた方がはっきり聴こえます。
    高級車&高級オーディオ&高級スピーカーの組み合わせでなければお金をかける意味はありません。

  • チャイナ市場は、トヨタレベルの規模でなければ到底割に合わない費用対効果&リスク。
    撤退するのは極めて当然の対応だが、他メーカーでは絶対できない経営判断。

    さすがスズキさんです!

  • >>No. 475

    高配当を続けていれば、毎年関東で大雪が降らない限り遅かれ早かれ剰余金が底をつきます。
    高配当をやめれば株価が暴落し資金調達の負担が重くなり、遅かれ早かれ剰余金が底をつきます。

    つまり、打つ手なし!ということですね。
    企業単体というよりかは業界としてお先真っ暗です。
    ドラレコ特需なんて、一筋の光明にすらなりません。もう食いつぶしました。

  • ここは「首都圏で雪が降り交通マヒするかどうか」だけがポイント。

    でもね、昨シーズンはそうなったから、今シーズンに同様の雪が降っても特需は極めて限定的。
    スタッドレスもチェーンも持ってるから。

    ドラレコ特需も終了、ETC2.0は特需さえなし、インダッシュナビなんて全く売れない、つまり電装系はもう無理。

    アルミや足回りなどの自称ドレスアップも今の若い子は興味なし。

    もう何を売るんだって感じですよ。

本文はここまでです このページの先頭へ