ここから本文です

投稿コメント一覧 (108コメント)

  • >>No. 141

    ちなみに、5個で5000円(QUOカード)ですよ。
    参考までに。

  • どなたか知っていれば教えてください。
    札幌証券取引所の空売りについて買い戻し数などの情報は開示されているのでしょうか?

    この質問の意図は下記の検討の一助としたいためです。
     ①空売り者の意図
      ⇒売残が大きければ、大きく株式価値が下がると見る情報を持っている可能性がある
     ②買戻し圧力の大きさ
      ⇒売残の大小で買戻し圧力事体も変化する
     ③一般投資家の売買意欲・購買力
      ⇒買戻しも含めての出来高なので、それを除外することで投資家の流入量や損益状況が見える

    空売り数だけを見て、不安や怒り、逆に買い戻し期待などの
    感情が先行してしまっているのは正しい投資判断を行える状況と思えないので、
    状況を正しく整理する必要があるのではないでしょうか?

  • >>No. 104

    いろいろな方から漏れ聞こえますが、RIZAPの株主総会の懇親会はとてもすごいですね。

    距離的な制約(今年は職業変更的な制約も含む)が大きく、中々顔を出せませんが、
    経営陣と株主が1対1で話す機会なんて滅多にないですよね。

  • >>No. 101

    おちゃのこさん

    森社長に直接伺ったのですか?
    すごい行動力ですね。株主総会などでしょうか?

    月次が出るとより企業の成長過程がよりわかり易くなって良いですが、
    毎月報告するとなるとやはり中々に手間なのでしょうね(^^;)

    経理の方々が毎月ピリピリするか、3ヶ月に1回ピリピリするかは大きな違いですね(笑)
    というより、経費が嵩みそうなのが問題なのでしょうね。

  • >>No. 99

    akiさん

    損益計算書を見る限りだと、
    2017/6月期の1Qに比べ、2018/6月期の1Qの法人税が27百万円大きく、
    3Qまでのトータルの法人税の差が19百万円と差は小さくなっていることから、
    4月のシカタの買収とは関係なさそうです。

    2017/6月期の1Qは赤字で、法人税が計上されていないことが理由と思われます。

  • >>No. 96

    qさん

    私もおちゃのこさんと同様に投資回収のサイクルが理由だと思っていましたが、
    少し気になったのでまじめに財務諸表(損益計算書)を読んだところ、
    どうも売上原価も販管費も1Q~4Qの各四半期毎にほぼ変わりありませんでした。

    じゃあ何が違うかというと、売上が4Qで大きく増加する傾向にあるようです。
    イデアの売上は2Qと4Qで増加する傾向にあり、その増加分に対して販管費の増加が小さいので2Qと4Qで利益が増加しています。

    2Qはクリスマス商戦があり、4Qは新生活スタート商戦+新製品投入などのイベントがあるからと考えられます。



    なお、決算に影響する項目として、
    2Qに営業外費用として株主関連費用(多分優待費用)が発生して経常利益の伸びが抑えられるが、
    それ以外では営業外費用の発生は限られているので、
    4Qの決算でも営業利益の増加分と経常利益の増加分はほぼ一致する傾向にあるようです。

  • >>No. 90

    qさん

    2017/6月期(前期)の3Qから通期までの積み上げの関係とほぼ同じなので、
    通期予想の達成は問題ないと思われますよ?

    参考までに2017/6月期の3Qおよび通期の決算値と、2018/6月期(今期)の3Q実績および通期予測を並べておきますね。

    <2017/6月期実績(3Q実績⇒通期実績)>
    営業利益:163百万⇒401百万 (3Q+238百万)
    経常利益:104百万⇒334百万 (3Q+230百万)
    純利益:64百万⇒295百万 (3Q+231百万)

    <2018/6月期(3Q実績⇒通期予想)>
    営業利益:240百万⇒500百万 (3Q+260百万)
    経常利益:131百万⇒376百万 (3Q+245百万)
    純利益:63百万⇒301百万 (3Q+238百万)


    売り上げ、営業利益ともに順調で何よりです。
    純利益は、税金を経常利益の半分取られているので仕方がないですね(^^;)

  • >>tai*****さん
    決算日は3/31です。
    ・・・が、お知りになりたいことは多分決算発表日のことだと思いますので、
    決算発表予定日も追記しておきます。

    決算発表予定日は下記資料によれば5/15(火)です。
    h ttp://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1572142
    (引用:「決算説明会開催のお知らせ」の3行目)

  • ごんごんさん

    決算発表の3週間前からで合っています。
    下のRIZAPグループのディスクロージャーポリシー「IR活動の自粛期間について」の欄をご確認ください。
    h ttps://www.rizapgroup.com/ir/disclosure-policy/

    決算発表予定日が5/15(火)なので、その3週前だと4/24(火)になりますね。
    (引用:決算説明会開催のお知らせ、3行目の文言)
    h ttp://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1572142

  • 結衣さん

    あなたが考える自己投資産業の概念から外れたからRIZAPへの投資を辞めた、というのは分かりました。
    基本的な投資理念は筋が通っていると考えます。掲示板への煽り書き込みではこれまで見られませんでしたが。


    ところで、私は実はあなたが自己投資産業ではないと考えているもののほとんどは自己投資産業になりうると考えています。

    例えばボウリングやゲーム。
    これは広く見ればスポーツであり、プロを目指す人も一定数以上います。
    娯楽と考えれば自己投資とはかけ離れますが、真剣に取り組む一定のアマや、プロ志望の方から見ればその技術的なレッスンは自己投資となります。

    映画や音楽もそうです。
    一般的に娯楽と捉えてしまうこともできますが、内容によっては教養になり、感性の向上につながります。これはまさに自己投資でしょう。

    書籍やDVDはそもそもが自己投資産業において最も古くからあるものでしょう。
    人から直接学ぶことに時間効率は及ばないことが多いですが、学習用のテキストは書籍や映像であることがほとんどです。

    あなたが売却した時価総額7500億円は私も通過しており、その当時からは含み益は大幅に減っているため、
    あなたから見ればチンパンジーの一員なのかも知れませんが、
    現状ではRIZAPの経営理念から大きく外れているものではないと考えておりますので売却にはいたっていません。

    株価が現状では安くはないと考えている点は一致していますけどね。
    コミット2020達成時は配当性向30%になるとのことなので、現在の株価より高いと試算していますけど。

  • RIZAPのデザインかっこいいですからね。
    私も好きです。

    ただ、見た目だけかっこよくしても、店員の質が伴わないとがっかりしちゃいますよ?(^^;)
    お洒落なbarに行って、バーテンダーから「へい、らっしゃい」って大きな声で言われたら、私ならそっと帰りますよ(^^)ノシ

  • 「自己投資産業で世界No.1」とのシナジーですが、「自己投資産業で世界No.1」の定義の問題かもしれません。

    私の考える「自己投資産業で世界No.1」の定義(順不同)
    ①自己投資産業において、世界で最も認知度が高い
    ②自己投資産業において、世界で最も売り上げが高い
    ③自己投資産業において、世界で最もトータルコーディネートが可能
    ④自己投資産業において、世界で最も成功率が高い

    なので、フリーペーパーを利用してターゲットを広げることは上記の①、②へのシナジーを期待できるのではないでしょうか?

    ちなみに私の中で最もシナジーがしっくり来なかったM&Aはタツミプランニングです。
    これは、まぁ、シナジーというより作りたい箱をイメージどおり作るために手の内化しただけだと考えることで自分の中で落としどころとしましたけど。

  • 新川さん

    申し訳ありません。
    ワンダーコーポとのシナジーですが、私は現状では腹落ちしていないのが正直な意見です。

    それこそ、結衣さんが言っている「箱」の利用くらいでしょうが、
    個人的には「箱」を作ってもその中に「ブランド」を浸透させなければ下手をすれば「イメージ」の低下につながる可能性があり、
    ブランドを浸透するための人やモノの投資コストが大きいので一気に拡大は出来ないはずです。

    だから、コミット2020までに大きなシナジー効果を求めるのはどうなのかな?と感じています。

  • 結衣さんのお友達はお金持ちさんなのでしょう?
    それは、フリーペーパーのターゲットと違って当然だと思いますよ(^^)

    ただ、私自身が現在は中間所得層で、友人が比較的低所得~中間所得層と低めだからか、
    フリーペーパー(特にクーポン系)を見ているのは確認していますよ。
    後は、ヘアスタジオでカット中に読む雑誌の中にいくつか入っていますね。

    私は男性ですが、女性の美意識、自身を良い状態にしたいとする考えは非常に高く、
    周知させれば低所得(後半)~中間所得層に対して顧客層を広げることは可能だと考えます。

    まあ、大幅に株価が上がるほどの内容ではないと思いますが。

    あと、フリーペーパーだけではなく、Webサイト版もあるみたいですよ?


    ところで、同じコメントに記載していますワンダーの買収からの株価下落に関する私の見解に関しても、
    ご意見を伺いたいのですが、どのようにお考えでしょうか?

  • 結衣さんへ

    サンケイリビングの買収には、マルコ、エンジェリーベ、夢展望、イデアなど女性層をターゲットとしたビジネスとのシナジーが期待できると考えます。

    RIZAPブランドはTVCMなどもありかなり広い層に認知されていますが、
    その子会社となると認知度は高くありません。

    そこで、女性向け雑誌に強いサンケイリビングにより、ターゲット層に直接周知することが有効になります。

    正直、フリーペーパーNo.1にどれほど意味があるかは分かりませんが、書店を見て回るに未だに女性誌のゾーンには一定の集客があるように見えます。

    そもそも、自己投資産業においては男性よりも女性の方が意識が高いため、女性層への周知がRIZAPにおいて大きな課題であったと考えられます。


    次に、ワンダー買収とその後のRIZAP株価の下落についてですが、
    正直、直接の相関関係はないと考えます。

    ワンダーへのシナジーに疑念発生と書かれていますが、
    株主から見てワンダーとのシナジーにそれほど期待していたとは考えにくく、
    また、逆にワンダーとのシナジーに失敗したとしてもそれほど影響が大きいとは思えません。

    むしろ、堀田やジーンズメイトの下方修正などによる会社再生能力の疑念と、
    TOB開始による1部上場期待が裏切られたことによる失望、さらには優待権利落ちへの恐怖などが重なって
    大幅に下落したと考えるのが妥当と考えます。


    結衣さんは、RIZAPの会社や瀬戸さんは気に入っている旨の書き込みをされていたはずです。
    少し落ち着いて、ご自身の信念を見直されては如何でしょうか?

  • こう言ってはなんですが・・・。

    長期の方が、短期の方の投資法をくだらないと蔑むのは、
    短期の方が、長期の方の投資を時間の無駄だと蔑むこととレベルが同じなので、
    やめた方が自分のためですよ。

    別に、それぞれのスタンスで投資なり、投機なりされれば良いです。

    私は情報がほしいので、どちらもウェルカムです。
    後は自分で判断します。

  • こちらこそ、失礼しました。

    この会社の成長を願うもの同士、一緒に情報を精査しながら見守って行きましょう。

    以前、個人株主向けのネット説明会などもありましたが、
    情報が整理されていればそこで確認も出来ますし、場合によっては今までRIZAP側が見逃していたことにも気づきを与えることが出来るかもしれません(^^)
    結局1人の情報や思考なんて限りがありますから。

  • 私は売りあおりじゃないですよ?

    過去の投稿みてもらえばわかりますが、ここのかぶは1年半持ってます。
    途中で保有株の一部を長期投資にとして保持し、短期投資分は売買をするスタンスに変えてますが、今でも株式投入元金の半分は長期としてここに入っています。

    私はここに短期の変動を期待してないので、今よりも、1、2年後に判断しなければいけない材料を集めているだけです。

    売りあおりと思われているならば、少し心外です。

  • おはようございます。

    瀬戸社長の頭の悪さとは違うと思いますが(^^;)
    このあたりは部下に裁量を持たせてると思いますし。

    逆に部下の成長が、会社の成長に追いついていない感はありますね。
    とは言え、ガチガチに教育するのも若い会社としてはもったいないですので、案配が難しそうです。

  • 英語力をコミットするのは、難しいですからね。

    三年英会話に通っても、平日忙しくて勉強しないと外国人慣れするだけになる可能性ありますから。
    私がソースです。

    今後、ある程度のお客をこなした上で、TOEICの正式な点を記載したお客の声が出ることを期待します。

本文はここまでです このページの先頭へ