ここから本文です

投稿コメント一覧 (84コメント)

  • >>No. 136

    >
    > しかしクレアHDは仕手株で今後暴騰も有り得るのではとの
    > 根強い意向もあるようですが 如何お考えでしょうか?
    >
    > この件についての お考えをお聞かせ願います。


    発行済株式数が1億株を超えている大型銘柄の仕手株なんてあり得ません。
    玉集めをしても売り抜けが出来ないから仕手筋は絶対に手を出さないでしょう。

    以前仕手化したときは600万~800万株の総発行済株式数だったような
    おぼろげな記憶があります。

  • >>No. 100

    大口株主が株価を上手に釣り上げて見事に売り抜けをしている。
    これが現在の本当の姿ではないでしょうか?

  • > 大量売りの大量買い・・よくここまで買う人がいるものだと思わないか?
    > 何か操作的な、作為的に感じるが・・・


    大量売りは大口でしょうが、買う人は根拠もなく
    安いとか、底値だとか 信じている 個人投資家でしょう。
    何しろ人数が多いですからね・・・

  • > 【55円で】売るつもり


    クレアで 55円になるまで ネバるより
    他の銘柄に乗り換えた方が ハヤい んじゃない?

  • > 今回の暴落は これが 本当の原因 では ?


    株価が激安になったと 個人投資家は 喜んで 大量買い したんでしょうね。
    でも まだ引き返せるでしょう。  致命傷を負わないことを祈ってます。




  • ■大量保有株報告書 速報

    2016年10月19日(水) 提出分

    1757 クレアホールディングス 保有割合
     提出者:吉岡利博 5.40% (-1.63%)


    従来の 大口保有者 は 着実に 減量 しているようですね。


  • ■大量株保有報告書
    2016年10月18日(火)提出分

    1757 クレアホールディングス 保有割合
     提出者:ゴッドリーフ 3.57%(-10.65%)


    完全に コストゼロ の株を まだ約350万株所有しているということですね。
    これをどう解釈するかは各自におまかせします。


  • 一応手持ち株はカラッポにしておくのが正解かな!

  • 誰でも知っていることだが
    株価が2,000円台になると値幅制限の金額が変わってくる。

    その後、最高に旨くいけば2営業日で株価は3,000円台に突入する。
    そうなると、又、値幅制限の金額が変わってくる。

    誰でも知っていることだが、現在はとても大事な時期だ。
    利確と称して慌てて安売りをするようなバカは止めよう!!


    この銘柄は第2の「ガンホー」・「ミクシィー」になる!!
    チャートを検討しても上値を抑える障壁は全くない。

    誰でも知っていることだが、現在はとても大事な時期だ。
    大事に~大事に~育てましょう!!!


  • 逆日歩が発生しましたね!
    ワコム (6727)
    信用取引データ
    信用買残    4,762,700
    信用売残    4,509,000
    貸借倍率       1.06

    逆日歩発生  2/6   0.05

  • >>No. 44385

    > 1,452円で手に入れた200万株をすべて処分するまで株価は上がらないし、
    > 大きな材料が発表されても結局マッコリだけが儲かるんだろうね
    > ここの株を買う事はマッコリに寄付するようなもんだから止めた方が良い

    わたしは今日・明日でマッコーリーの新株取得は終了し
    その後は株価をカチ上げてくると考えています。

    下げっ放しではマッコーリーは儲からないでしょう。
    近々暴騰を開始する可能性は高いんじゃないでしょうか。
    マッコーリーはそんなに安くは売らないですよ。

  • 2015年2月4日(水)提出
    大量保有報告速報

    2372 アイロムホールディングス 保有割合
     提出者:マッコーリー バンク リミテッド 17.47%


  • 間違いなく仕手筋の買いが入ってますね。
    しかし上手にアタマを押さえて実に見事な手腕ですね。

    時系列で出来高を ご自分の目で ご確認ください。

  • >>No. 25912

    > 仕手株ということになれば業績やチャートは関係ないですね。
    > 500~1,000円に跳ね上がる可能性もありますね。
    > 今後の株価は仕手筋の思うがままでしょう。

    > みなさんも 是非 ご検証ください。


    時系列で調べると2006年2月には 1,230円というのがありますね。
    500円以上というのは 普通にあるではないですか。
    段々楽しくなりました。
    仕手筋に思い切り暴れてもらって 5,000円くらい目指して
    もらいたいですね。


  • 大量保有報告 本日公表分 1月22日(木)

    インベスコ、ワコムを 1.05%保有増(→ 9.99%)
             2015年1月21日(水)提出分
    6727 ワコム 保有割合
     提出者:インベスコ・アセット・マネジメント 9.99%(+1.05%)

  • >>No. 44225


    > 新株予約権設定について
    詳しくはアイロムのHPのIR情報でご確認ください。

    この掲示板はpdfをリンクさせるのが難しいですね。
    すぐに削除されることが多いです。
    今回は3度目でやっと成功かな!
    決して悪い情報ではありませんよ。

  • 本新株予約権設定について
    ご精読ください。

     なお、本新株予約権は、平成27年1月30日以降、当社の株価(終値)が
    一度でも4,500円を超過した場合に行使することができますが 仮に当社の
    株価(終値)が1,500円を下回った場合は 本新株予約権の権利行使ができ
    ない内容となっています。

    本新株予約権の行使条件として設定した4,500円は 当社として目指すべき
    先端医療事業を営む企業としての時価総額であり本新株予約権の権利行使
    不能となる株価として設定した1,500円は当社が上場企業として維持すべき
    価値を勘案した時価総額となっております。

    このように当社の株価が一度でも4,500円を超えるこという条件を盛り込む
    ことにより 当社代表取締役及び当社顧問(使用人)に対して当社が目指す
    べき企業価値による株価の上昇を達成させることを目的して 有償にて新株
    予約権を発行するものであります。

    また株価条件については、現在の株価水準を勘案し直近の株価水準を上回る
    株価水準を行使の基準とするべきという判断に基づいて株価条件を決定して
    おります。

    本新株予約権の目的とする式数合計は、400,0000株であり、
    本新株予約権1個当たりの発行価額は、5,905円 とする。

         ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
    http://www.irom-hd.co.jp/up_pdf/20150114175001_f.pdf

    http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20150119-00000125-stkms-market

  • ガンホー株ホルダーのみなさんへ

    この銘柄( ガンホー)は、既に
    空売り筋の本格的な買戻しがスタートしています。
    この価格で新規の空売りはもうないでしょう。
    上値を抑えて安く上手に買戻しをしているのです。

    空売り筋は毎日貸株料を負担しています。
    それに まもなく貸株の期限も到来します。

    ホルダーの方は少し強気になって高値で売りませんか!

    相手はどんなに高くても買い戻しをせざるを得ない状況です。
    売却するのに弱気になって安売りをする必要はないのです。
    売却したい人はストップ高の株価で指値をしましょう。

    買戻し筋は少しでも安く買い戻すために安値で自己売買
    するでしょうが無視しましょう。

    ホルダーが協調して何日間か頑張ってみましょうよ!!


  • 現状は買戻し相場ですよ・・・

    この銘柄(ワコム)は、既に
    空売り筋の本格的な買戻しがスタートしています。
    上値を抑えて安く上手に買戻しをしています。

    換金したい人はS高の価格で指値をしましょう。

    空売り筋は毎日貸株料を負担しています。
    まもなく貸株の期限も到来します。

    どんなに高くても買い戻しをせざるを得ないのです。
    弱気になって安売りをする必要はないのです。

    売り方は少し強気になってみませんか!

    筋は株価を抑えようと安値で自己売買するでしょうが
    無視しましょう。
    何日間か頑張ってみましょうよ!!

  • > 今日の出来高は400万株と急激に増えてきた。

    株価を急騰させずにこれだけの出来高の急増とは
    仕手筋の介入・玉集めかもしれませんね。
    個人投資家の買いならもっと株価は騰がるでしょう。

本文はここまでです このページの先頭へ