ここから本文です

投稿コメント一覧 (4610コメント)

  • 下記はyahooニュースだが、

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181014-00000059-mai-int"
    <米国防総省アドバイザー>「体制変革まで米中対立続く」

    米国の圧力で中国共産党が崩壊するわけではなく、あくまで中国人が蜂起しなければ無理だ。が、それなら、トランプのやり方は間違っている。いずれにせよ、中国は自壊する。すでに自壊状態と私は思っているが、おとなしく国家が崩壊して複数の小国家に分裂するのが一番望ましい。

    やたらに共産党、実は解放軍を刺激すると暴発する可能性が高まるだけだろう。

    この記事の中に、発言者であるエドワード・ルトワック氏が

    「米中両国が核兵器保有国であることから「米中が軍事衝突する可能性はない」とも強調」

    と言ったことも留意する必要がある。核保有国でなければ、米国は軍事攻撃をするという表現の裏返しであり、かつて何度もそのようにしている。北朝鮮に対し軍事行動に出ないのは、核があるからだ。

    米中戦争は起きなくとも中国が日本を人質にする可能性が高まったと言うことだ。日本の核武装の必要性が明らかな一つの具体例ではないのか。

    ただし、上記発言はむろん、米国政府の正式な物ではないので、信憑性が100%などではないと言うことも当然であり、ただ、このような可能性が普通にあると言うことだ。

  • このトピの主題を外れるが、20年前、小渕恵三と金大中の間に、日韓共同パートナーシップ宣言が行われた。悪化する日韓関係を立て直そうとの目的だったが、韓国側は単に悪化した経済を日本の金で立て直すのが目的であり、日韓関係悪化の張本人(歴代韓国大統領はすべてそうだが)がそれを利用したに過ぎない。実際、2001年には韓国側がこの宣言の完全破棄を宣言している。

    この共同宣言に様々な問題点があるのは指摘されているが、日本の植民地支配を謝罪したなどもその後の韓国による反日政策の元を作っている。日本は韓国を植民地支配などしていない。あれは併合であり、当時の韓国人は日本国臣民として日本軍の軍人として多くが採用され、しかもその採用には大変な倍率の競争があった。だからこそ、靖国に多くの韓国人軍人が韓国名のまままつられている。連中の言う戦犯国とはまさしく自分たちも含まれている。

    植民地支配、収奪、奴隷使役、性奴隷、徴用工などなど、すべて上記のような一方的な日本の譲歩によるものであり未だにそれを学んでいないのが日本人だ。政府が甘いからだというのはその通りだが、その政府を作り上げているのが日本人と言うことだ。宮沢内閣の河野談話などもそうだろうし、今回の観艦式のおける旭日旗問題なども多くの一つに過ぎない。参加を取り消すだけでは無く、積極的な制裁をすべきだった。妥協で解決するのでは無く、殴りつけて黙らせなければない相手が居ることも理解すべきだ。結局その方が相手にとっても為になる。

    言うまでも無いが、個々の韓国人ではなく韓国の国のあり方、そのような国を作った韓国人の国民性、民族性の事を言っている。

    現在の安倍政権は、代わる得る政党が無いのだから支持するが、対韓国対応については、かってに比べては良いとしても、韓国に対しては距離を置くだけでは無く積極的な制裁を科すだけの姿勢はとるべきではないか。

    ただし、以前書いたが、完全に叩き潰せば膨大な数の反日韓国人が日本に流入してくる可能性がある。ゴミが大量に流れ着いてから処理するよりはゴミバケツを強化する方がましだとの理由で、不本意ながら潰さない程度に生かしておく方が良いとは思う。が、これも限度はあるだろう。日本が何をしようと、勝手に反日に狂って行く連中をここまでにしたのは、ある面日本の上記のような甘さ、認識不足があったことを十分に理解すべきだ。

  • まあ、12月末日までと言うことなのでちょっと方針を変えて書き込みをしてみる。

    韓国が異常な未開国である理由は、政府のあり方が異常なことでも分かる。むろんまともな良識派とされる韓国人もいるし、例えばバンダービルト氏、シンシアリー氏、オソンファ氏のような人も居る。また、韓国政府としては表だって反日をしているわけでは無いが、結果として国民感情におもねて旭日旗を掲揚するなと言ってみたり慰安婦合意を反故にする(政府自体は正式に反故にするとは言っていない)。

    今韓国は経済的に絶望的な状況に陥り、またかつて日本を超えたと大騒ぎしていた産業が急速に落ち込んでいる。結局反日の結果日本が韓国から離れたことが最大の原因であり、韓国政府はツートラックとやらで日本にすり寄っている。が、所詮韓国政府が自らの失政を反日にすり替えたことが、思考能力の無い韓国国民をこのようにして、結果として国民感情に反すれば政府が成り立たない状況にまでなってしまっている。結局、政府をまともに運営する能力が韓国という国、国民、民族には無いと言うことだ。それは中国も同じであり、今米国に締め付けられている中国は露骨に日本にすり寄っている。

    国民に阿なければ政府が成り立たない状況をポピュリズムというが、日本で言えばかつての民主党政権がそうであった。そしてすぐに政権から引きずり下ろされたのは、それでも日本国民の賢明さがあったと言える。翻って、西欧はもともと階級社会であり多数を占める庶民階級の支持が必要な政府は必然的にポピュリズムが基本だった。ただ、以前は西欧自体が豊かであり、庶民階級に富を配分できたが今はそれがままならず、庶民に阿る政権が軒並み誕生しているのは論を待たない。西欧が階級社会その故のポピュリズムから脱することはほぼ不可能だ。

    富の格差が異常に進み是正できない米国も同様と言って良い。まして、国民に反日教育を施し実際は大きな援助を受けた日本に対する反感を植え付けた中国韓国の行く末は見えている。現実に中国はすでに崩壊状態であり、韓国は消滅寸前だろう。こんな国は力を見せつける以外無害化は出来ない。その象徴が核と言うこと。

    ポピュリズムで成立している政府は、かつては他国から奪うしかそれを成り立たせる手段が無かったが、その原理は今も変わらない。日本がその様な世界で自立して行くには何が必要かを訴えるのはそのためだ。

  • textreamが事実上廃止されるとのこと。Yahooが別に公明正大な社会の木鐸というわけでなし、広告手段の一つとして掲示板を作ったのは企業の損得勘定の故だと言うことは論を待たない。故に、そのメリットよりもYahooにとってデメリットが増えたと判断し、停止するのもこれは同社の判断であって、彼らに社会奉仕を強制する理由など無い。textreamの維持は彼らの義務ではない。

    近年、情報発信や交換の手段としてはYoutubeやブログなどがあり、ここを利用している人々も自分で手段を探し意見発信交換をするべきだろう。いずれにせよ、この場の発信も最終的にはYahooの判断基準でどうにでもされるのだから。

    確かにおそらく10年以上各所のtextream(以前は掲示板)に書き込みをしていたが、学んだ物も多いしある面感謝はしている。廃止は残念だが、奉仕団体では無く利益追求を目的とした企業なのだから、同社の方針で廃止するならやむを得ないだろう。

    textreamの性格や限界を知った上で利用していたので、かなり前から意見発信や交換はYoutubeやブログに移行しているし、それ故にこことは連動していない。

    廃止を嘆くのも分からないでは無いが、自らその手段を探し利用する事も考えるべきと思う。

    尚、online bulletin board と検索してみると海外にも同様の掲示板が多数あるが、結構Yahoo textreamよりも偏っているところが多い。

    中国などでは掲示板は完全に政府の意のままでしか運営されていないし、韓国の掲示板などは反日であることが絶対条件のように見える(実際はそうでは無いが、たまに日本に同意、理解する意見があればそのたたかれようで反日感情が目立つように出来ている)

  • >>No. 4563

    > 書いている、人柄が全然違いますよ。

    そうです。文章からそれを読み取れない人にその内容を理解する能力を期待は出来ません。明らかなタブハンと思われる書き込みもありますが、ちょっと読んでみれば見当はつきます。だからそのように対応しますが、べつにタブハンだと決めつける必要も無いですし。

    個人の特定などどうでも良いこと、あくまでそのハンドルネームで発言内容を分類しているだけですから。

  • >>No. 4560

    丁寧にご説明しますよ。普通はそんな必要なんか無いんですがね。

    私が誰かとのタブハンと思っているものが居るそうですが、勝手にそう思っていれば良いんじゃないの、と言うことで、別に私が証明する必要など無いんですよ。ま、ハンドルを変えることはありますが、同時に複数のハンドルを使い分けるなどはしませんし、まして馬鹿犬を演ずるほど暇でも興味もありませんしね。

    はい、私が安倍総理でも志位和夫でもないことは厳格に言えば証明不可能なのであり、しかしその証明をする必要など無いと言うのと同じです。


    ブログを公開しないのは、私の場合テクストリームとブログが主張は同じだけれど対象が全く違うし、そもそもその必要が無いから。ただし、テクストリームを軽視しているわけじゃ無く、用途が違うと言うことです。

    犬が吠えようがパヨクがわめこうが、Yahoo!の削除基準に引っかからなければ削除しませんね。犬の吠えるのを好きな人やパヨク大賛成の人も居るだろうから、人の好き嫌いで削除はしないと言うことです。ま、連中の基準がどこにあるのかを私が知っているわけじゃなので、今までのあり方からの判断ですけどね。

    ま、誰かの指摘にあったように、周回遅れのコメントと言われないようたかだか4000あまりのコメント、その中にも犬の吠え声も入っているので、犬を無視すれば趣旨を読み返すのにもそんなに時間もかからないだろうし。

    犬が吠えなくともイスラエルとインドや北朝鮮など他国との違いもかなり初期に私が書いてますよ。

    あ、犬と言えば、私が毎日見ているというのに対し、毎日コメントがあるわけじゃ無い犬が吠えるわけじゃ無いなどと全く因果関係の無いことを吠えてますね。犬だからしょうが無いけど、犬は無視した方が良いでしょう。犬好きの人も居るようですし、あなたもそうならとやかくは言いませんがね。

    さて、またブログに専念します。ここはすでに言いたいことも言ったし反応も見たし、当分はまたROMですね。何か大きなネタでもあればコメントしますが。例えば米中核戦争が始まって互いに核で消滅したとか、黒電話が統一朝鮮大統領になったとかね。

  • >>No. 4530

    ご無沙汰してます。

    まあ、やめた訳じゃ無く、ほとんど毎日見てますよ。相変わらず馬鹿犬のワンキャンばかりですけどね、実際にはいまもう数年来やっているブログに集中しているのと、(前にも書きましたがねこことは連動していません)と、最近はヨウツベと連動することも始めてましてね。とはいえ、ヨウツベは今のところ試験段階ですけどね。

    ついでだから書くと、実際の世界の動向を見ると日本の核武装も現実味を帯びてきているようです。どうも、以前ほど核アレルギー一辺倒では無いような風潮ですし。

    これで、韓国がもう少し馬鹿なことに精を出してくれると助かるんですけどね。

  • >>No. 4048

    >世界の趨勢である地球の生き残りには核廃絶が唯一の方途であることが理解出来ず、
    その仲間に加わらない事の愚かさを理解できないだろう。

    典型的な非核論者の脳内理論である。核廃絶自体は反対しないし、推進すべきと思うことは以前も書いているが、それが出来るならという条件付きだ。

    理想と現実は違う。

    核廃絶だけが唯一の選択肢だそうだが、どうすればそれが出来るのか、その見込みがあることをどう証明するのかなど、核廃絶を主張する連中は一度も説明したことがない。

    朝鮮売春婦は性奴隷ニダ、謝罪するニダ金よこすニダと繰り返す隣の乞食泥棒がどうしてあの売春婦が強制連行された性奴隷だと証明できるのかを一度たりとも説明したことがないのと同じだ。20万人も女性が強制連行されながら、家族も同胞も何の抵抗をした記録がない。朝鮮の警官は朝鮮人がほとんどであり、朝鮮人も日本軍のかなりの高官に存在していたが彼らは何も抵抗していない。

    自分たちがそういうからそうだというだけ。核廃絶が唯一の手段だからそうすべきだというなら、それこそ、 3902で書いた

    「核以上の兵器を持ったら、核はいらない。

    核融合発電が実用化したら原発はいらない。

    病気が根絶できたら医者はいらない。

    犯罪がなくなったら警察はいらない。

    誰も死ななくなったら葬儀屋はいらない。

    戦争がなくなったら軍事力はいらない。」

    となんら変わらない。核廃絶ができたら核兵器などいらない。当たり前のことだ。できないから、使わせない手段を講ずる。犯罪はなくならないから犯罪を犯させない抑止力をもつ、病気はなくならないから予防する、誰もが死ぬからその用意をする、戦争がなくならないから戦争を仕掛けられないようにする。

    核抑止を願うのは当然であり、賛同するがその見通しを誰も根拠を示さない。示せない。それなら核を使わせない手段を講ずるしかない。日本のために米国は自国を犠牲にしてまで核抑止力を使わない、それなら日本が核抑止力を持つ以外の選択肢はない。

    核廃絶が唯一の手段というなら、どうすればそれが出来るのか、確実な方法と見通しを言うべきだろう。それなしで核廃絶をいくら言っても核保有国の手先になっているだけのことだ。脳味噌があれば、誰のために主張しているか理解できるだろうけどね、無理だろうな。

  • >>No. 3946

    これにつき、今日アマゾンで原書を見つけた。Herbert Hoover : "Freedom Betrayed" by the 31st U.S. Presidentであり、さっそくキンドル版を買った。ダウンロードすればすぐに読めるのが良い。もしかしたらハードカバーも買いたくなるかもしれないが、それはともかく、さっき買ったばかりで、読み始めたばかりだから内容がどうだとはまだ言えないが、ただ、あのWW2が、人種差別主義者のルーズベルトによる画策だったとはさまざまな資料が示している。

    そして、ルーズベルトを使って日本を戦争に引きずり込んだのが先に書いたように中ソだったことも明らかだ。

    が、歴史は勝者によってつづられる。また当時の日本が、確かにあまりにナィーブであり、西欧の、また米国の芯からの人種差別を理解していなかった甘さがあったとは思うが、かりにそれを理解していても結局は戦争に踏み切らざるをえなかったろう。

    負けはしたが、あの時点で戦争に踏み切らなければおそらく今の世界はいまだに植民地時代だろうし、西欧と非西欧の格差がさらに拡大していたと思う。その意味では、日本は意図はしていなかったろうが、結果として非西欧諸国を救ったのだと言えるのではないか。

    ただ、力により存在を示している国家は、その地位が危うくなるとまた力によりその存在を示す、これはいまだに過去と同じなのであり、米国はそのために世界中で戦争を引き起こしてきた。中国も同様であり、いま孤立化が深刻になり、国家自体の存続がぐらついていると見られ始めている米国が過去と同じことをする可能性はむしろ高まってきているといえる。むろん、中国は言うまでもない。

    何度も繰り返すが、米中はきわめてよく似た国なのだ。そして、日本は過去の過ち、すなわち米国の本質を見誤るという過ちを絶対に繰り返してはならず、これはそのまま対中国に対しても当てはまる、対ロにも当てはまることを心底理解しなければならないという訳だ。

  • >>No. 3954

    > 1970年ごろ
    >
    >  Louis Cyphre 氏 20歳の青春

    こうした写真が残っているのが何よりの証拠で事実ニダ。

  • >>No. 3942

    あんた、ウーマン村本君だろ?

     脳味噌の天気はどうだい?


    まんまと だましやがったな♪

    さて、米国元大統領、フーバーの回想録が話題になっているようだ。

    例えば

    HTTP://www.worldforecast.jp/lp/fukota/adw.html

    等があるが、結局ルーズベルトは中ソに踊らされ、比較的友好関係にあった日本を戦争に引きずり込んだという話であり、マッカーサーなども同様に考えていたとのこと。

    むろん、これが真実かどうかは立場の違いにより変わるが、しかし当時の状況、推移などを考えてみると、偏狭なルーズベルトがすべての元凶であったと考えることで、一番矛盾が少ない。

    韓国の嘘が現実の歴史、状況、物理学などなどを突き合わせてみても何一つ整合性がないのと同様だろう。が、ここの屑犬やお花畑にかぎらず、状況を突き合わせ自分でその整合性を探るなどの知力の無い者にとってその判断を他から操られるなど当たり前にある。

    そして、歴史の真実など結局誰かが望むように書き綴られてゆく。

    本に書いてあるから証拠だなどというたわごとが、慰安婦が言うから事実ニダ同様拡散されてゆくわけだ。

    そうだろ、村本君。

    あ、遅ればせながら、あけましておめでとう。

  • >>No. 3927

    >追い詰められれば何のために核をぶっ放すのだろうか?

    何の為?それを判断できるくらいなら、追い詰められたとは言わない。

    例えば韓国は既に追いつめられているが、その状況を理解していない。

    追い詰められるとは、普通に理解できることができない状況になったことを言う。

  • これは軍事アナリストの言葉。

    http://www.sankei.com/premium/news/171230/prm1712300010-n1.html
    北朝鮮が日本にミサイルを発射したらどうなるのか 軍事アナリストが教える有事の対処法

    軍事アナリストはこれが商売だから言っていることがそのまま事実というわけではないが、この説は、軍事アナリストの商売を離れても極めて常識的な話であろう。

    第一に、北は追い詰められれば自国の存続なども無視して核をぶっ放す可能性がある。韓国だって、今日本から突き放されれば経済的にも国際的地位としても大変なものを失うだろうに、慰安婦合意を破棄するつもりでいるようだ。つまり、こいつらに理性などない。

    理性を失えば自滅すら念頭になくなるのは世界史上何度でも起きている。中国も、ロシアも失うものが大きすぎるから理性は保てるだろうなどと考えられる保証など無い。

    ゆえに、相手が核を持てばそれが使われる可能性は決してゼロではないと考えておく必要があるという事。

    第二に、核ミサイルは防ぐことができないということ。パック3などは、気休めでしかないし、いかなる迎撃システムも効率がどれだけ高いかというだけのこと、完全に100%迎撃できるわけではない。

    したがって、撃たせないことを第一と考えなければならず、これには核抑止しかない。ただし、核を持つやつが理性を失ったら核抑止力も役立たないが、危険性は大幅に減らせる。

  • 今日の報道だが

    http://www.sankei.com/world/news/171229/wor1712290047-n1.html
    「日韓は核武装の検討急げ」米保守派重鎮ブキャナン氏インタビュー「北と交渉余地ある」

    この発言をしたブキャナンは、トランプの大統領当選に相当な影響を与えた人物であり、慎重な保守派と言われる人物。彼のような立場の人間がこのように発言するとは、米国内での日本を核武装させるべきだとの意見がそれなりに拡大し指示されつつあると見てよいだろう。

    本音は、北を出しに中露の牽制を日韓に肩代わりさせ米国への直接の脅威を減らす、つまり日本を盾にするつもりだろうが、いずれにせよ日本にとっても米国の核の傘が最終的にはあてにならないことは明白であることから核武装の検討を積極的に推進すべきと思う。

    これにより、日本が核武装をしても世界から制裁を受けるなどという馬鹿な妄想は持つべきではないし、(形ばかりはあるだろうが)、積極的に国内で核武装推進の機運を作るべきだう。

    むろん、韓国は日本をけん制するためにも核を持とうとする可能性はかなり高いし、現実に過去には核開発を試みていた。その核の使用目的と反日教が結びつくことは確実であり、そしてそれがまた日本の核武装を推進させることもありうる。

    なにしろ、日本という国は、一度風向きが変われば一斉にそちらになびき、前から自分はそう考えていたと本当に思い込む大半のお花畑、わからないことはスルーする馬鹿や屑犬が多すぎる。この板だけの現象ではない。ある時、一気に世論が180度変わるなど、以前から何度も起きていたことであり、核武装論が例外であると考えるほうが無理だろう。

  • 核以上の兵器を持ったら、核はいらない。

    核融合発電が実用化したら原発はいらない。

    病気が根絶できたら医者はいらない。

    犯罪がなくなったら警察はいらない。

    誰も死ななくなったら葬儀屋はいらない。

    戦争がなくなったら軍事力はいらない。

    な~んの苦労もない。

  • >>No. 3898


    >  つまりお互いに対立するふりをして、裏で通じているというわけだ

    二大屑犬も一大枯花も利用する価値もないよ。日本中にいる。
    >
    > そんなわけで、米国が北朝鮮を攻撃することはないし

    そう言い切れる自信はないね。トランプだからな。今の時期、わざわざ中東戦争の火種を作るような奴だ。米国は北を攻撃しないのではなく、できないのだ。
    >
    >  日本が核兵器を持つ必要もない 

    トランプを選び出す米国を頼りにするというのであれば、核よりも危険だが。
    >
    > いやそれどころか、自衛隊も段階的に縮小すべきであろう 🐈

    自衛隊は規模としては縮小するのは構わないが、戦力として強大化しての話。ま、核は必要不可欠だな。

  • >>No. 3878

    今ちょっと忙しくてほかのことで手がいっぱいだ。だから
    >
    >  そのことはもう言わないから、戻っておいで♪ 🐈

    別にこんなことで休止しているわけではない。いずれにせよ、屑犬などどうでもよい。

    それはさておき、米北軍事衝突かと言われ続けて久しいが、特にそのように加速しいる兆候もないし、また北は北で、あれでも自制している節がある。またティラーソンが、核放棄などを前提としないで無条件で北との対話をするとも言っている。ただし、この発言は後に撤回されているし、ティラーソン自身この発言で責任を問われ辞任するなどとの報もあったが、いまだに辞任はしていない。

    あくまで推測だが、水面下では無条件の話し合いが続いていて、その結果刈り上げ君は中国へ亡命、飼い殺し、後は中国の傀儡政権誕生あたりで話が進んでいる可能性はある。

    とはいえ、偶発や事故、自暴自棄での危険性が高いのは同じだけれどね。

    これにより、一番得をするのは中国であり、実際に南シナ海の関心が薄れたことで、南沙諸島の軍事目的を明確にしている、あるいは尖閣占領の具体的方針を決めたなどなどいろいろあるようだ。それなりに日本懐柔も図っているようだし、韓国大統領が冷や飯を食わされたなども関係しているのではないかと、これも推測。

    日本も最終的には漁父の利を得る可能性はあるけどね。

    さて、見てはいるが、以前ほど書き込みはする余裕がない。また書くわ。

  • 頭の中どころか全身がヘドロでできている屑犬や、自分がヘドロそのものが出てきているのはいつものことだが、次のような記事があった。

    桜井良子氏のコラムで

    HTTPS://yoshiko-sakurai.jp/2017/11/09/7118
    「 日本の悪夢、米中の大取り引きはあるか 」

    しかし、米国はいまだに世界唯一のスーパーパワーであることは間違いないとしても、相対的に衰えが見えてきているのは覆いようもない事実であり、米国もまた弱体化しているのは、今の米国を見れば明らかだろう。力の信奉者である米国が自らの衰えを自覚するとき、中国と正面から対立することを米国が恐れるようになってきた、とみることは別に不自然ではあるまい。

    そして、西欧は明らかに中国に媚を売り、米国との距離を取っているかに見える。

    そのような状況で、米国ファーストが当然ながらそれを政策としたトランプが大統領になるにはそれだけの理由があるという事だ。つまりオバマが米国は世界の警察官をやめると宣言したその通りのことを今の米国は実行しつつあると見ればすべて納得行くのではないか。対北朝鮮でも米国はもやは中国の意向を無視できない。

    米国が中国と取引をする、それはある程度予測ができるが、本当に中国の思惑を米国が理解しているのかははなはだ疑わしい。中国さえおとなしければ世界は米国が今まで通り仕切ることができるのだから少々は中国に分け前をやっても米国のためになる、と思っているなら全く甘いが、米国は第三者の目で世界を見ることができない。常に支配者の目でしか世界を見ないから、中国に分け前をやれば中国はおとなしく米国のいう事を聞くとでも思っているのではないのか。

    上記コラムを桜井氏は「自力で国も国民も守れない日本はどうするのか。もう遅いかもしれないと思う。それでも、強調したい。一日も早く、独立不羈の精神を取り戻し、憲法改正を実現することだ。それが安倍晋三首相の使命である。」という言葉で締めくくっている。

    米国が力を持ち続けるためには、中国ではなく日本と手を結ぶほうが良い、と米国が考えているはずだと決めつける根拠など、ないという事だ。

  • >>No. 3645

    > >すでにその日は来ていますよ。とうの昔に
    >
    > 最新兵器が高性能だという時代は、終わったという事でしょうか?

    いえ、相互確証破壊の技術が存在する以上、それを超える破壊兵器は開発の意味がなくなったという事です。但し上述したように、局地戦、限定戦用の兵器開発は無論、今後も続くでしょうけれどね。

    > 確か、マッハ3を出せる人類最速の戦闘機は、真空管を使った、50年前の戦闘機ミグ25だと最近知り、ビックリしています。

    今でもそうでしょうが、人命が消耗品の国ではありがちですね。あと、真空管は電磁パルス攻撃に強いので、戦闘機などにはあえて使うという考え方もあったそうですが。

    > 私だけでは無いと、信じたいですが。。。右肩上がりで、発展する時は、意欲や希望が湧きますが、これ以上無理と分かると、何もがガックリ来てしまいます。。。。

    いえ、限界はどの分野にもありますね。例えば全ての病気が確実に治るようになり、それ以前に病気の予防が確実にできるようになれば、それが医学発展の限界でしょうけれど。そうなれば、また違う問題が出てきそうで、その為の発展が必要にはなるかもしれませんけどね。

    全てが再起不能になるまで確実に破壊できる技術が確立されれば、それ以上の発展は意味がなくなります。破壊力を目的とした軍事技術はすでに限界ですね。但し、問題はその能力が一部の国に独占されていることです。

    > 私だけでは無いと、信じたいですが。。。右肩上がりで、発展する時は、意欲や希望が湧きますが、これ以上無理と分かると、何もがガックリ来てしまいます。。。。

    そんな事はあり得ませんよ。人間が不満を持たなくなるなど考えられず、それを解消するための技術が必要になります。半導体素子が開発され、真空管はほぼすべての分野で必要がなくなりましたがね、でも人間は半導体素子では満足できずにオーディオなどでは真空管にしがみついています。でも、世代が変われば、真空管はまずなくなるでしょうね。それは今レコードが再ブームになったり、カセットテープがまた売れ出したりするようなのと同じかと思います。

    まあ、人間は不満がなくなれば人間でいられなくなります。どんな時も不満を持ち出し、技術を発展させるでしょうね。

  • >>No. 3643

    既に双方共当たり前にありますがね。それを理解出来ないお花畑が居るのは事実です。見るべき物が見えない屑犬は、自分の存在感を示すためには馬鹿吠えするしか有りませんし、お花畑は理解出来ない物はスルーしか有りませんし。
    >
    > 核兵器、戦闘機に限らず、軍事兵器の発展も、無制限ではなく、発展したくても、出来ない完成形が出来上がる日が、近づいているのではないか?そんな気がします。

    すでにその日は来ていますよ。とうの昔に。

    > 基本的な部分で、人類の化学発展が、将来も存在しない、そんな時期が来る気がします。

    人類の生物学的な寿命が無限ではない以上、当然でしょうね。

本文はここまでです このページの先頭へ