ここから本文です

投稿コメント一覧 (1805コメント)

  • >>No. 101

    > またTATERUが売られた連れ安ですね、
    > 不動産全体的に売られてて、ここはまだマシみたいです。

    TATERUやスルガの株価大暴落が、特殊な一部の企業だけだと考え、
    今見えている不動産動向を前提とした、延長戦でしか物事を捉えて
    いないとすると、大怪我をすると思います。
    雇用でも短期間に大卒を大量採用した事を、後悔する時期が来る
    可能性は誰も否定出来ないと思います。個人的な感想ですが・・・

  • >>No. 101

    > またTATERUが売られた連れ安ですね、
    > 不動産全体的に売られてて、ここはまだマシみたいです。

    オープンハウスさんは、
    定点観測用のウォッチ銘柄です。
    また、雇用の観点からも面白そうな銘柄で、
    近年、大学新卒を大量に採用されているので、
    今後の景気変動にどう耐えるのか?
    採用動向的にもウォッチ企業です。

  • >>No. 227

    > 燦HDを軽く調べたら一回500万以上の高単価の葬儀の受注が非常に好調らしく売上が伸びており更に外注費を削減する等のコスト削減も上手くいっているようです。
    >
    > 多分、通常の葬儀の価格は100万未満だと思うので好景気に伴う富裕層向けの高単価の企画が好調なので一般向けの低価格競争とは距離を置いているのかもしれません。


    逆に調査いただき、ありがとうございます。
    燦HDは、昔から「社葬」が得意なので、高単価なのかもしれません。
    しかしながら、景気変動により今後どうなるか分かりません。

    私はサンライフの方がバランスシート経営をされており、長期経営には
    優れていると考えているので、保有比率も燦HDより高いです。

  • >>No. 93


    > 問題は来期です。
    > そこを考えて私は空売りしてます。

    goodアイデアだと思います。

  • ティアの様な成長企業よりもサンライフや(9628)燦HDの様な、退屈で地味なバリュー株が好きです。(爆)
    調査していないので知らないけれど、燦HDは最近業績が良いので不思議です。
    サンライフも業績向上しないかな。。。

  • 都内の新築マンションが下げれば、必ず比例して、都内の戸建ても下がるのでは?

  • >>No. 678

    > 札幌本社なのに、地震の影響に関するお知らせの一つも出さないなんて。どうなってるんだ?

    確かに、何かプレスリリース欲しいですね。

  • 私が個人的にかねがね懸念していることがあります。
    オープンハウスさんとは全く関係ない話で恐縮ですが、
    自民党は、本当に本気で来年秋に消費税を引き上げるのでしょうか?
    これから(日本経済は)凄い事態になるのに、傷に塩を塗り込むような
    ものです。
    止めた方が絶対に良いと思います、個人的な意見ですけど。

  • > 住宅ローンが厳格化されていないことを知っているのは、職業柄そのことを現に知っているから
    > これからも厳格化されようがないと思うのは、現状の住宅ローンに問題はなく、そもそも長年黒田以前から住宅ローン融資姿勢に変わりはなく、社会的にも問題は生じていないからです
    > マンションの下落が始まるとの考えですが、それも眉唾ですね
    > マンション用地の不足と人件費等建設費の高騰はこれからも悪化の一途で隠しようがなく、新築マンションは下落することなく高止まりし贅沢品と化するのが大方の予想でしょう
    > 新築マンションの在庫も供給が激減しているせいで大したことないです

    ご職業柄何でもお見通しな訳ですね。
    分かりました。

    遅くとも今年の11月までには、
    マーケットが判断しおりますので、
    11月頃に、ここで再会しましょう(笑)



    11月まで待たなくても、結果はご覧の通り。
    これからもっともっと凄まじい事態が今後起こると考えているので、
    この程度の下げで終わるとはとても思えません。

  • >>No. 165

    > ここも日本エ○コンみたいに、どこかかってくれないかな?

    そもそもオーナー企業だから、売らないでしょうね、多分。。。

  • >>No. 147

    > 先ほどしたのは、会社清算時の話なのです。
    > 50パーセント分の株式を市場に売却したときと、行わずに消却したときの、既存株主が最終的受け取れる期待ができる残余財産ですね。
    > 会社が50パーセント分株式を市場に売却すると、会社にはキャッシュが入ります。
    > 逆に消却すると、時価総額が下がります。
    > 利益を積み上げている企業であれば、最終株主が利益還元を受けるのには、消却していたほうが効率的なので、潜在的に株価が上がるのでは、という趣旨でした。
    > 売り圧が減少する、って意味でもありますが。
    > 理屈が間違っていたなら申し訳ありません。

    理屈間違っていませんよ。
    既存株主への株主還元策としては、配当増の次に良い施策では??

  • 成長志向の有る企業みたいで、面白そうですね。

  • >>No. 295

    >
    > 恐れていた静岡案件による増資。。。ただ、まさかこんな安値の時に
    > とはいえ、これで恐れるものはなくなったのも事実だが。。。
    > とはいえ、明日はストップ安かな。

    公募増資に関しては上場企業として、当然の権利?であり、個人的に不満は無いが、
    流石にこんな安値でやる意味を考えると、確かに既存株主に対する配慮に欠けた行為と
    捉えられても仕方ないかもしれない。

  • 面白そうな企業だな。

  • >>No. 406

    > またまた、業務提携に関する IR が出ましたよ。
    >
    > 投機家ではなく投資家ならば、一喜一憂せずじっくりいきましょう。

    今回の業務提携が将来どの程度、業績に寄与するのか未知数であるが、
    GOXD社と(株)見果てぬ夢、との融合を考えている様子。
    佐々木社長の企業買収や提携については、すべて成功している訳ではないが、
    打率は良い方で、普通の人が考えもつかないようなイマジネーションに優れて
    いるので、ご指摘の通り、一喜一憂せずじっくりと見守りましょう。

  • > マンション価格が下落に転じるらしいので戻したとこで逃げておきます、ありがとうございました。

    噴き上がった局面では、戻り売りで逃げておくのが良いアイデアだと私も思います。

  • 「住宅ローン」って、神聖化された商品なんですね。
    住宅ローンは、不動産業界にとってラスト・リゾート「頼みの綱」という位置付けなのか?
    賃貸住宅の空室(在庫)が増える中、いつまでも「住宅ローン」だけが頼みの綱で
    いられ続けられるのか?については超低金利政策をいつまで日銀が続けられるのかにもよると思います。

  • > 住宅ローンが厳格化されていないことを知っているのは、職業柄そのことを現に知っているから
    > これからも厳格化されようがないと思うのは、現状の住宅ローンに問題はなく、そもそも長年黒田以前から住宅ローン融資姿勢に変わりはなく、社会的にも問題は生じていないからです
    > マンションの下落が始まるとの考えですが、それも眉唾ですね
    > マンション用地の不足と人件費等建設費の高騰はこれからも悪化の一途で隠しようがなく、新築マンションは下落することなく高止まりし贅沢品と化するのが大方の予想でしょう
    > 新築マンションの在庫も供給が激減しているせいで大したことないです

    ご職業柄何でもお見通しな訳ですね。
    分かりました。

    遅くとも今年の11月までには、
    マーケットが判断しおりますので、
    11月頃に、ここで再会しましょう(笑)

  • > 金融機関の貸し出しが厳しくなっているのは事実だけど、それは投資用不動産向けに限る
    > オープンハウスの戸建やマンションを買う層の住宅ローンは何も変わっていないのだからあなたの書いていることは的外れ
    > むしろ首都圏の地価高騰で仕入れができなくなっているのではという方がしっくりくる

    「的外れ」と言い切るならば、逆に今後、住宅ローンの貸出だけが厳格化されない根拠は?
    新築・中古マンション在庫増え価格下落が始まり、相対的に割安と考えられた都内戸建価格も
    割安感が無くなれば、最後は値引き販売も考えられ、都内戸建てだけは無傷と考えるのは希望的観測かと?
    尚、不動産業への貸出態度D.Iに潮目が公表データで確認されておりますので、首都圏の地価高騰も
    当然タイムラグにより、いずれ沈静化されると考えられます。

本文はここまでです このページの先頭へ