ここから本文です

投稿コメント一覧 (76コメント)

  • >>No. 551

    てか、従業員が寄居配属に相当反対してるって話だけどな

    ご存知のように、狭山工場は、レジェンドやクラリティを筆頭に、
    ホンダ車の中でも高額で高性能な電動化車両を作ってるマザー工場

    狭山市や近隣の川越市周辺には、 ホンダの優秀な人材がたくさん住んでる
    アメリカのNSX専用工場に、狭山工場の生産技術のエンジニアが派遣され現地指導してるのは有名な話
    生活基盤が狭山市周辺で出来上がってるから、 同じ埼玉県内とはいえ、
    ほぼほぼ群馬で遠い寄居工場への異動は嫌なんだろう

  • >>No. 899

    どこが?

    田舎の三流メーカーマツダ株の上昇率、自動車セクター最下位ですけど、マジで

    トヨタや三菱自動車にいたっては、上昇率3%超え!て、ホントの意味で爆上げ中ですけど

  • そりゃ利益率も最下位じゃ、株価も上がらんわな
    田舎の三流メーカーマツダの今期の利益率、たったの3%!

    田舎の三流メーカーマツダの新車3台売ってはじめてスズキやスバルの新車1台分の利益とトントンなんて (笑)

    https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180515-10309805-carview/?mode=full


    18年3月期で営業利益率が最も高いのはスバルで11.1%だったが、前年(12.2%)よりも落ち込んだ。スバルに次いで2番目に高いのはスズキで前年に比べて1.2%高い10.2%となり、初めて二ケタ台に乗せた。それ以下はトヨタの8.2%、ホンダの5.4%、三菱自動車の5.0%、日産自動車の4.8%、マツダの4.2%と続く。

    19年3月期の営業利益率の見通しでは、為替が円高に振れるとの想定や原材料価格の上昇などの懸念材料も多く、利益率は三菱自動車を除く6社が低下すると予測。スバルとスズキの利益率は共に9.2%を見込んいるほか、トヨタは7.9%、ホンダと日産は4.5%、マツダは3.0%を予測している。

  • ヤバくね?
    ひどい、ひどすぎる、売れないにもほどがある
    http://www.jada.or.jp/contents/data/ranking.html

    24位  デミオ    2,774台

    26位  CX-8  2,743台

    31位  CX-5  1,949台

    37位  アクセラ  1,064台

  • 今日もド派手に落っこちてますな、田舎の三流メーカーマツダ株は

    毎度おなじみ、自動車セクター安定の下落率ワースト1位 (笑)

    下げる時は、自動車セクターの先頭を切ってのド派手な落ちっぷりがお見事です

  • トヨタ、余裕の増配&3000億円規模の自社株買いで急騰!!!

    田舎の三流メーカーマツダとは正反対の絶好調な本決算でした (笑)

    トヨタ、余裕の増配&3000億円規模の自社株買いで急騰!!!

  • マツダ、「200万台メーカー」への険しい道のり
    //toyokeizai.net/articles/-/219859


    記事中、2017年に同じメーカーの車に買い換えた人の割合が、
    業界平均で55%なのに、マツダは41%しかなかったことがサラッと書かれている。

    つまり「次もマツダ車を買おう」と、消費者から思われていない。

    「もうマツダ車はいいや、次はない」これこそが大問題じゃん!

    この状況で200万台目指すのかよ? 
    規模を追って倒産しかけた過去の苦い経験を繰り返すのか?
    ダメじゃん、田舎の三流メーカーマツダ!!

  • そのマツダのディーゼルも、アメリカの規制は、今のままではクリア出来ないんだけどね (笑)

    事実、世界一規制のきびしいアメリカ向けディーゼルの場合、
    マツダでも現状のスカイDではクリア出来ないので、後処理装置を付けて販売するって話だったが、
    マツダもディーゼルのアメリカ販売自体あきらめちゃったのか、その後、音沙汰なし (笑)

    欧州も、次の規制で世界一きびしいアメリカ並みか、それ以上にきびしい規制になるのは確実

    より一層きびしくなる次の規制をクリアするにはコストがかかりすぎて大幅に値上げしないと採算がとれないからと、
    各社とも、このタイミングでディーゼル撤退を決めている

    マツダでも、次の規制は今のままではクリア出来ないので、後処理装置のコストをかけて、
    販売価格を値上げしてでもディーゼルを商品化するか、それとも他社と同じくディーゼルから撤退するか、
    そろそろ決断を迫られる

    ハッキリ言って、ディーゼル車って今でも十分高いのに、ここからさらに値上げされたディーゼル車を買う人なんて、
    世界中どこ探してもほぼほぼいないと思うが。。。。。

  • あのなあ

    冷静になって見れば、今期マイナス28%!の減益予想出してる会社の株が上がるわけないじゃん (笑)

    もちろんマツダが一転、上方修正すれば話はべつだが、
    メインの欧州市場では、ディーゼルの新車販売失速が足を引っ張っちゃってるし、まあそれも望み薄だな

  • 地味に衝撃的なニュースw

    決算の悪材料出尽くしで今日は上げると思ったが、
    二日連続の大きな下げは↓このネタのせいか?


    好調スズキ、スバルとマツダを抜き4位へ浮上…新車登録台数 4月
    //headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000028-rps-bus_all


    軽自動車が本業のスズキが作る普通車より売れなかった普通車専業メーカーマツダってか (笑)

    田舎の三流メーカーマツダは、日本国内でクルマ売るのもうやめちまえ!

  • マツダ-野村が「Reduce」へ引き下げ 米国に加えて欧州でも悪材料        11時21分配信 時事通信
    https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180501-00000117-jijf-stocks.vip

     マツダ<7261>が続落。野村証券では、米国に加えて欧州でも悪材料とコメント。レーティングを「Neutral」→「Reduce」、目標株価は1300円→1250円と引き下げた。
     次世代ガソリンエンジンSkyActivXを開発するなど、内燃機関の高い技術力は評価できる。しかし、(1)今回発表の19.3期からの4年間で約2500億円(年平均725億円)と、従来比で設備投資を積み増す計画に伴う負担増や、(2)欧州でCO2排出量の少ないディーゼル車販売が急減し、EUのCO2規制が満たせなくなることが19.3期に100億円の費用増となるといった新たな悪材料を野村予想に反映した結果、株価に割高感が出てきたとした。



    (2)欧州でCO2排出量の少ないディーゼル車販売が急減し、EUのCO2規制が満たせなくなることが19.3期に100億円の費用増となるといった新たな悪材料を野村予想に反映した結果、株価に割高感が出てきたとした。
    (2)欧州でCO2排出量の少ないディーゼル車販売が急減し、EUのCO2規制が満たせなくなることが19.3期に100億円の費用増となるといった新たな悪材料を野村予想に反映した結果、株価に割高感が出てきたとした。
    (2)欧州でCO2排出量の少ないディーゼル車販売が急減し、EUのCO2規制が満たせなくなることが19.3期に100億円の費用増となるといった新たな悪材料を野村予想に反映した結果、株価に割高感が出てきたとした。


    マツダのクリーンディーゼルも本場欧州で売れないんじゃ、いよいよ終わりだな

  • 日本車は完全に周回遅れ! 中国の圧倒的な電動化技術に危機を感じない日本の危うさ
    //www.webcartop.jp/2018/04/230722


    中国は内燃機関をパスして電気に進む!

     中国は電線使う”普通の電話”が普及する過程を経ず、携帯電話の時代になった。そればかりか、
    今やスマートフォンの主要生産国は中国である。中国ブランドの携帯電話が世界を席巻しつつあるほど。
    日本なんかお話になっていない状況。キャッシュレス社会の進行度も中国が世界を引っ張ってます。

     今回の北京モーターショーを見て「自動車もマズい状況になるかもしれない!」と強く思った。
    なにしろ電動化技術テンコ盛りである! 
    ワールドプレミアとなった新型車のウチ、80%以上が電動化車両だったことを見ても解っていただけるだろう。
    中国は内燃機関をパスして電気に進みそうです。


    なにより電池のニーズが日本より圧倒的に多い! 当然ながら性能の向上やコストダウンだってドンドン進んでいく。
    なにより電池のニーズが日本より圧倒的に多い! 当然ながら性能の向上やコストダウンだってドンドン進んでいく。
    モーターや制御技術は開発の規模からして圧倒的な差だ。現時点で優位な日本の技術も、数年で逆転することだろう。
    モーターや制御技術は開発の規模からして圧倒的な差だ。現時点で優位な日本の技術も、数年で逆転することだろう。
    とにかく投資される資金や人材がハンパないです。
    とにかく投資される資金や人材がハンパないです。


     少なくとも電動化技術は完全に1ラップ遅れましたね、と思う。なのに日本勢を見てると気づいてないようなのだ。
    いや、電動化を進めているメーカーも「やむを得ず取り組んでいる」といったイメージ。象徴的なのがマツダだ。
    おそらく中国駐在のスタッフは、最新の状況を本社に送っているハズ。

     広島は「電気なんか熱効率悪くてダメじゃあ! 内燃機関は絶対無くならん!」とばかり、
    電車やジェット機の時代に蒸気機関車やプロペラエンジンで勝負しようとしている。
    技術のTOP、滑稽なほどアタマ硬いです! 携帯電話では負けたメーカーが多数出た。
    柔軟性を持ってないと戦えないかもしれない。

  • 自動車株はみんな同じ動きしてますね
    大口が機械的にセクターで買ってるのでしょうか?

  • 中国が輸入車の関税引き下げるってさ
    このニュースが伝わって、すべての自動車メーカー株一気に全面高

  • 日経平均も大した影響もなくしっかり
    なぜかクルマ全般もほとんど下げませんでした

    明日ドカンと来そうで、かえって不気味ですね

  • マイ転かよ。。。。。。

    マツダ株は225銘柄の落ちこぼれだから、日経平均に連動しないのは前からだが、
    とうとう円安にさえ反応しなくなったか。。。。。。

    これはもうダメかもわからんね

  • ルノー日産の合併報道を受けて三菱自動車が暴騰してる
    合併で一番得するのは三菱自動車と読んでるらしい

  • 自動車セクターで、ここマツダだけ戻りが弱いですね

    これが今のマツダの実力なんでしょうが、闇は深いですね

  • 1300円台突入は、本決算での業績下方修正を織り込んだ動きか?
    為替がこのままだと、本決算前にもう一段の下げも覚悟しないと

  • e-power搭載車が月販1位と売れまくってる日産が前場プラス引け、この地合いでもさすがに強いね

    マツダもせめて月販トップ10に、1台だけでもランクインしてれば、ここまで下落することもないだろうにね

本文はここまでです このページの先頭へ