ここから本文です

投稿コメント一覧 (1215コメント)

  • 昨年の3戦連続ホームランでサヨナラ負けの再来か。野村の終盤の息切れが発端とはいえ、一岡君は今日のことはきれいさっぱり忘れてほしい。横浜の打者は、特に終盤になると一発狙いの大振りに徹するため、リードするキャッチャーがそこを意識していれば良いだけ。ただ、なぜ現在5位にいるのかは謎だが、カープの最大の敵は、昨年の日本S進出に立ちはだかった横浜だ。個人的には、どうも横浜戦と聞いただけで、いくらリードしていても、終盤に逆転されるだろうとビクビクしながら応援しているが、今日もやっぱりか。特に、今年は投手陣が弱点なので、中継ぎがピリッとせず、抑えも盤石とは言いがたい以上、こういう負け試合が、必ず何試合も出てくる。お盆から現在は負けが先行して不調のカープだが、横浜3連敗だけは阻止すべく、明日は大瀬良が奇跡的に完封してくれると信じて、しっかり応援しよう。残り五分五分で勝てばリーグ優勝できる。明日こそ横浜粉砕だ、がんばれカープ。

  • 今日は、メッセンジャーの勝ちを消した粘りを誉めたい。最後は地力に勝る阪神が競り勝ったが、カープもこういう流れの試合を勝ちきらないと王者にはなれないね。今季のカープはただでさえ投手力が弱く、最近活躍するフランスアも完璧ではないし、先発はもちろん、どのように終盤の中継ぎ、抑えを盤石なピッチャーで固められるかは今季の最大の課題。結論は、1点差を逃げ切れる投手力ではないので、5点差以上で打ち勝つしか勝機はない感じだ。今季の優勝はどうなるか、最後までヒヤヒヤもんだね。次は、なぜか最近急に弱くなった感じの横浜戦。カープには相性良い強いチームだが、こここそ何とか勝ち越したいね。さあ、今日の試合のことは忘れて切り替えだ。

  • 4点差で中崎とは。しかし、絶不調の中崎で抑えられるとは思えないが。あの巨人戦を思い出すが、何と逆転サヨナラの危機だな。

  • 福井の先発である程度、負けは覚悟だったが、磯村ゲッツーで代打無しの福井続投になっての5回の大量失点が、野球の難しさを感じる。ただ、飯田のピッチャー今村への押し出し四球だけは許せなかったね。飯田はやはり敗戦処理か、むしろ二軍落ちになるだろう。今季は投手力が弱点だけに、アドゥワ、フランスアの台頭はうれしいが、もう少し先発が揃ってくれればと思う。巨人は、昨日の負け試合を土壇場で引き分けに持ち込んだ勢いが出た感じだ。また若い今村が大成長で、次期エース候補かな?さあ、切り替えて明後日から、また勝ち続けてほしいね。

  • 大瀬良君は、アップアップになってきたね。終盤の一発を怖れて外角一辺倒になっているのを読まれたかな。もう少し頑張ってほしいが、そろそろ限界か?

  • これまで2連覇してきても、横浜が相手だと、昨年のCSの印象もあり、どうしても勝てる気がしないのだが。全試合固定的な、ロペス、筒香、宮崎は、セ・リーグ最強のクリーンアップと思う。カープの選手ももっともっと強くならないと。横浜戦にはエースをつぎこんで、残り全試合勝つつもりで、とにかく苦手意識を払拭したいね。

  • もともと横浜だけは、昨年のCSで敵地に来ながらカープを撃破して日本シリーズに出ており、めっぽうカープに自信を持っているか、カープの選手が苦手意識が強いように思う。今日の東といい、毎年毎年、左のエースピッチャーばかり指名して、かつ1年目から大活躍するのが憎い。横浜のスカウト陣は、かなり優秀だと思う。今日のような逆転負けは後に引くが、セリーグ随一の強打を誇る横浜だけに、今季のカープの弱体投手陣ではやはり打ち勝つしかない。菊池の不振が気になるが、膝の痛みと疲労マックスの中を相当無理して出場している点は、誠也と同じで、少し休ませた方がよいかもね。

  • チャンスでしっかりとヒットが打てるかどうかが勝負の分かれ道だった。横浜がホームの試合で同点延長は、昨年から勝てる気がしないが、やはりダメだったね。最近の一岡では、まず1点は取られる感じだったので、ピッチャーの駒不足が最後に響いた。がんばった挙げ句の敗戦で、この猛暑の中、選手の肉体的のみならず精神的疲労も相当だと思うが、切り替えて明日こそ勝とう。

  • ようやく試合観戦だが、やはり岡田が先発で大量失点。今季の岡田の調子では、予想通りではあるが、予想を裏切る意外な良いピッチングを期待していただけに残念。しかし、薮田といい、飯田といい、2線級のピッチャーではヤクルトの強打線は抑えきれない。ヤクルトも交流戦首位で、強打線のチームだけに、ピッチャーさえ揃えば、優勝は十分可能。カープにとっては、巨人、横浜と並んで強敵であることは間違いない。今日は仕方が無いが、次の対戦こそやり返そう。

  • 今日は先制して、大瀬良だけに勝てるかと期待したが、あっさりと逆転負け。京山の気合い十分の魂のピッチングの前に、誠也はもちろん、歯が立たなかった。横浜は本当に毎年、生きの良い若手ピッチャーがよく育っている。昨年のCSの苦い思い出が蘇るだけに、横浜だけは叩いておきたいところ。明日こそ勝てるよう、選手には頑張ってほしいね。

  • 今日の野村は、お世辞にも好調とはいいがたい。何とか追加点を取って、ウィーランドを打ち崩したいね。さあ、これからだ。

  • あまりにもドラマティックだった。絶体絶命の場面で、下水流をただ誉めるしかない。カープを応援している豪雨災害で被害を受けた多くの方々にも、最後の最後まで諦めなければ道が開けることを示してくれる試合だった。ジャイアンツの選手の執念も凄かったが、本当に勇気を与えてくれたカープの選手たちにありがとうと言いたい。

  • 6時で仕事から解放され、即ネットで確認したらば、今年良くある逆転負け。岡田は球数も多く、相変わらずの四球で、絶不調だったようだね。西川のエラーもあっての大量失点。岡田がもう少し安定したピッチャーになれば、安心してローテーション入りできるが、素質がありながら、一人立ちできないのがもどかしいね。期待のエース候補なんだろうが、今村にカープ打線もしっかり抑えられたし仕方なしだ。今のジャイアンツは強い。三連敗しなかったのが救い。連敗しないよう明日から気持ちを切り替えよう。

  • 大瀬良君、今日は、貫禄のピッチングだった。素晴らしいの一語に尽きる。エラー後のたった一本のホームランが、唯一の失投だった。菅野も完璧だっただけに、あのホームランだけが悔やまれる。でも、やはりカープのエースだな。次こそ完封勝ちが見たい。

  • さすがに菅野。ノーアウト2塁程度では点は取れないね。松山で進塁打さえ打てない時点で覚悟はしたが。完封を狙っているのは、良く伝わってくる。大瀬良に何とか踏ん張ってほしいところ。根負けしないように。

  • ピッチャーが替わると簡単に凡退。本当に野球は流れだな。ただ5点差など、カープにとっては全く安全圏でもなんでもない。横浜はワンチャンスで簡単にひっくり返せる。岡田は昨年9点差でも試合をひっくり返された当事者でもあるし、今季は中継ぎと抑えが弱いカープなので、今日の勝敗も全く不明だろう。岡田が5回までもつかどうか。今日も5,6点は取られるので、カープ打線も打ち負けないことだ。気合いを入れろ。

  • 岡田も不調と思ったが、それをはるかに上回る絶不調のピッチャーがいたとは。連続四球のワースト記録かどうか分からないが、流れとはこわい。カープはこの回、もっと点を取って優位に試合を進めたいね。菊池の打席がとても大事だ。

  • 筒香の一発で突然に動揺しまくりのピッチング。おあつらえの高さのど真ん中では、さすがにどのバッターも打てる。岡田はメンタルが弱く、特に単打中心のバッターでは球数をじっくり見られると、我慢できずに四球を出すことも多い。ここが岡田の弱点でもあるが、だからこそ、早めに追い込まないと苦しい。ただ、岡田は制球力さえ上がれば、それなりの生きのよいストレートがあり、エースになりうる素質は持っている。今はもったいない。横浜は三連勝を目論んで勢いがあるが、今日は何とか大量得点くらいの意気で相手を崩して欲しい。最後まで緊張感を持って、気を抜かずに戦ってほしいね。

  • >>No. 9010

    確かに山本浩二や衣笠、北別府、大野あたりのヒーローインタビューではあり得ない内容ですな。上本はああいう立ち位置として、野間と誠也は、尊敬される球界のレジェンドには程遠い。まだ子どもなので。ただ、初勝利の昂也君のご両親や親族の皆さんが記念すべき試合の録画を残していたら、あの通訳もどきの野間のシーンはカットするかも。緊張し過ぎの昂也を和らげるためか、チーム内でどういう経過があってのことかは分からないが、ふざけ過ぎだったとは思うな。

  • 仕事が終わり結果を確認したら、やはり連敗。エース野村が四番に一発だけで、横浜のドラ1を攻略できないあたり、今の横浜の強さを実感する。昨日のショッキングな敗戦が相当にチームに響いている。昨年を見ても、横浜はカープに相当な自信を持っている。ヤクルト、中日も苦手だが、横浜には全力でぶつからないと、リーグ優勝は持っていかれるかな。このカード三連敗も覚悟だが、これから苦手なチームが続くだけに、オールスター前に首位陥落の大型連敗だけは避けたいね。相当厳しいが、明日、セリーグ二連覇チームの意地を少しは見せて欲しい。

本文はここまでです このページの先頭へ