ここから本文です

投稿コメント一覧 (146コメント)

  • 韓国ウリスト教団のお仲間たち





         有り得ない!





     いいですか?





     韓国は儒教を重んじる国なんですよ!





    ★侵略戦争の事実を隠して
     日本の未来は見えますか~
     神戸女学院大学石川ゼミ韓国旅行 
     同行記
     2007年10月21日


    9月11日水曜日、秋空のソウル・鐘路(チョンロ)区
    にある日本大使館前。
    「侵略戦争の事実を隠して日本の未来は見えますか。
     事実と向き合うことが平和への第1歩」
    と訴える横断幕を掲げおそろいのTシャツを着た
    若い女性たちの姿。

    神戸女学院大学石川ゼミナール(石川康宏教授)の
    3年生たちである。
    石川ゼミでは3年前から日本軍「慰安婦」問題を学習し、
    毎年ゼミ旅行で元慰安婦の共同生活施設「ナヌムの家」
    と併設の日本軍「慰安婦」歴史館を訪問、
    さらに翌日の「水曜集会」に参加してきた。

    神戸松蔭女子学院大学は、
    植村隆氏の力を借りて、
    「日本は謝罪して・賠償せよ」と叫ぶ
    ”市民”を育てて欲しいという訳か・・・

    何不自由なく恵まれた環境で育った女子大生は
    東海大学の金慶珠准教授のように


    かつてTVタックルの慰安婦問題で、故三宅氏が
    「当時の朝鮮では、日本もだけど
     あまりの貧困から娘を売る親がいたんだよ」
    と仰ると・・・目をまん丸くして驚愕の表情を浮かべ

    「韓国が?
     親が娘を売るですって?
     有り得ない!
     いいですか?
     韓国は儒教を重んじる国なんですよ!
     その韓国で、
     親が娘を売るなんて、
     絶対に有り得ないんです!
     絶対に!」
    などと堂々と言ってしまう歴史音痴のように

    神戸松蔭女子学院大学の学生たちも
    「本当の歴史」も知らずに洗脳されていくのだろうね。
    キリスト教系の大学ですから、
    韓国ウリスト教団のお仲間たちとの連携でしょうか?

    歴史音痴の東海大学の金慶珠准教授 ↓

  • 北朝鮮の侵攻を受けた韓国が混乱し、半島南端の釜山にまで追いつめられるほどの醜態をさらしたのは、李承晩個人の資質によるところが大きいのです。負け戦の時は誰よりも早く逃げ出し、勝ち戦の時は誰よりも目立とうとして、先頭に立ったり。

    首都ソウルが北朝鮮に侵攻されつつあるときは、避難民で大混乱状態の漢江の橋をかまわず爆破させ、一方で自分は安全な場所に急ぐために米軍基地に逃げ込んでいたのです。


    故吉田茂首相はかって、「世界で最も嫌いな人物が3人いる。スカルノ(インドネシア大統領)、河野一郎(ライバルの党人派政治家)、李承晩だ」と近くにいた人物に述べたとされてます。河野一郎とは、鳩山一郎の懐刀で、河野洋平の父、河野太郎のお爺さんです。

    小説吉田学校の映画で、梅宮辰雄が演じましたが、かなり高圧的な態度で接する与太者風というか、やくざっぽい感じのする人間だったそうです。李承晩も、吉田茂には、与太者風に見えたのでしょう。

    李承晩ラインは韓国が海洋資源の独占、領土拡張を目的とし、廃止が目前であったマッカーサー・ラインの代わりに独断で公海上に突如設定した排他的経済水域であります。

    この海域内での漁業は、韓国籍漁船以外では行えず、これに違反したとされた漁船(主として日本国籍、ほか中国国籍)は韓国側によって臨検、拿捕、接収、銃撃を受けるなどしました。銃撃により乗組員が殺害される事件も起こっています(第一大邦丸事件など)。


    李承晩ラインの問題を解決するにあたり、日本政府は韓国政府の要求に応じて、日本人抑留者の返還と引き換えに、常習的犯罪者あるいは重大犯罪者として収監されていた在日韓国・朝鮮人472人を放免し、在留特別許可を与えました。

    一方、韓国政府は日本人抑留者の返還には同意しましたが、日本政府が摘発した韓国人密入国者(当時不法入国者・密入国者は40万人近くいました。朝日新聞)、重大犯罪者、政治犯等の強制送還は拒絶し、日本国内に自由に解放するよう要求したのです。

    摘発された不法入国者・密入国者を収容する長崎県の大村収容所の風景

  • ○関東軍特種演習での慰安婦徴集証言のねつ造
    関東軍特種演習(関特演)において慰安婦が強制的に集められたと、千田は原善四郎元少佐の証言を紹介した。
    また、原への対面インタビューが掲載されており、著者である千田の「70万人の兵隊に2万人の慰安婦が必要とはじき出した根拠というか基準は何だったのですか」という質問に対して、原がはっきり覚えていないけど、それまでの訓練つまりシナ事変(日中戦争)の経験から算出した。と。

    この原証言に関する記載について1993年に加藤正夫が調査したところによれば、関特演の予算担当者だった加登川幸太郎少佐や、関東軍参謀の今岡豊中佐らは、関特演での慰安婦動員は聞いた事がないと証言した。また、当時の満州には慰安所ではなく、民間の朝鮮人売春婦宿は多数営業していた。

    加藤が千田夏光本人に問い詰めたところ、千田は原証言については島田俊彦の著書『関東軍』(中公新書 1965年)に載っていた話を引用したものであると答え、実際に行ったインタビューではなく、創作インタビューであったことを認めた。その島田の著作も出典はなく、根拠を示していないものだった。

    ○麻生徹男軍医に関する虚偽記載と謝罪
    医師の天児都は2001年に出版した自著で、夏光の『従軍慰安婦』に裏付けのない記述や矛盾が多いと指摘した。千田は1996年4月、軍医だった天児の父、麻生徹男が自身の論文で娼楼でない軍用娯楽所(音楽、活動写真、図書等)の設立を希望したのに、娼婦が不可欠のものと主張していると誤解し、父親を慰安婦制度を考案した責任者のようにほのめかしたことを娘の天児に謝罪したと言うが、その後も出版元の三一書房と講談社はその部分を改訂しなかった。

    天児は、千田の『従軍慰安婦』について、1973出版の「正篇」には63ヶ所、「続篇」には23ヶ所の問題のある記述があるとし、考察に当たる部分に事実の裏づけがなく矛盾が多くあり、このような著書を何ら検証せずに孫引きして事実として扱われた著書が多く出版され、それが海外へ流出して日本叩きの材料となっており、国連人権委員会のクマラスワミ報告では千田の著書を孫引きしたジョージ・ヒックスの『慰安婦』が国連人権委員会でクマラスワミ報告で事実関係の供述にまで使用されたと語っている。
    下の写真は、稀代の詐話師(サオ師ではなく、サワ師))千田 夏光

  • ○関東軍特種演習での慰安婦徴集証言のねつ造
    関東軍特種演習(関特演)において慰安婦が強制的に集められたと、千田は原善四郎元少佐の証言を紹介した。
    また、原への対面インタビューが掲載されており、著者である千田の「70万人の兵隊に2万人の慰安婦が必要とはじき出した根拠というか基準は何だったのですか」という質問に対して、原がはっきり覚えていないけど、それまでの訓練つまりシナ事変(日中戦争)の経験から算出した。と。

    この原証言に関する記載について1993年に加藤正夫が調査したところによれば、関特演の予算担当者だった加登川幸太郎少佐や、関東軍参謀の今岡豊中佐らは、関特演での慰安婦動員は聞いた事がないと証言した。また、当時の満州には慰安所ではなく、民間の朝鮮人売春婦宿は多数営業していた。

    加藤が千田夏光本人に問い詰めたところ、千田は原証言については島田俊彦の著書『関東軍』(中公新書 1965年)に載っていた話を引用したものであると答え、実際に行ったインタビューではなく、創作インタビューであったことを認めた。その島田の著作も出典はなく、根拠を示していないものだった。

    ○麻生徹男軍医に関する虚偽記載と謝罪
    医師の天児都は2001年に出版した自著で、夏光の『従軍慰安婦』に裏付けのない記述や矛盾が多いと指摘した。千田は1996年4月、軍医だった天児の父、麻生徹男が自身の論文で娼楼でない軍用娯楽所(音楽、活動写真、図書等)の設立を希望したのに、娼婦が不可欠のものと主張していると誤解し、父親を慰安婦制度を考案した責任者のようにほのめかしたことを娘の天児に謝罪したと言うが、その後も出版元の三一書房と講談社はその部分を改訂しなかった。

    天児は、千田の『従軍慰安婦』について、1973出版の「正篇」には63ヶ所、「続篇」には23ヶ所の問題のある記述があるとし、考察に当たる部分に事実の裏づけがなく矛盾が多くあり、このような著書を何ら検証せずに孫引きして事実として扱われた著書が多く出版され、それが海外へ流出して日本叩きの材料となっており、国連人権委員会のクマラスワミ報告では千田の著書を孫引きしたジョージ・ヒックスの『慰安婦』が国連人権委員会でクマラスワミ報告で事実関係の供述にまで使用されたと語っている。
    下の写真は、稀代の詐話師(サオ師ではなく、サワ師))千田 夏光

  • 北朝鮮の侵攻を受けた韓国が混乱し、半島南端の釜山にまで追いつめられるほどの醜態をさらしたのは、李承晩個人の資質によるところが大きいのです。負け戦の時は誰よりも早く逃げ出し、勝ち戦の時は誰よりも目立とうとして、先頭に立ったり。

    首都ソウルが北朝鮮に侵攻されつつあるときは、避難民で大混乱状態の漢江の橋をかまわず爆破させ、一方で自分は安全な場所に急ぐために米軍基地に逃げ込んでいたのです。


    故吉田茂首相はかって、「世界で最も嫌いな人物が3人いる。スカルノ(インドネシア大統領)、河野一郎(ライバルの党人派政治家)、李承晩だ」と近くにいた人物に述べたとされてます。河野一郎とは、鳩山一郎の懐刀で、河野洋平の父、河野太郎のお爺さんです。

    小説吉田学校の映画で、梅宮辰雄が演じましたが、かなり高圧的な態度で接する与太者風というか、やくざっぽい感じのする人間だったそうです。李承晩も、吉田茂には、与太者風に見えたのでしょう。

    李承晩ラインは韓国が海洋資源の独占、領土拡張を目的とし、廃止が目前であったマッカーサー・ラインの代わりに独断で公海上に突如設定した排他的経済水域であります。

    この海域内での漁業は、韓国籍漁船以外では行えず、これに違反したとされた漁船(主として日本国籍、ほか中国国籍)は韓国側によって臨検、拿捕、接収、銃撃を受けるなどしました。銃撃により乗組員が殺害される事件も起こっています(第一大邦丸事件など)。


    李承晩ラインの問題を解決するにあたり、日本政府は韓国政府の要求に応じて、日本人抑留者の返還と引き換えに、常習的犯罪者あるいは重大犯罪者として収監されていた在日韓国・朝鮮人472人を放免し、在留特別許可を与えました。

    一方、韓国政府は日本人抑留者の返還には同意しましたが、日本政府が摘発した韓国人密入国者(当時不法入国者・密入国者は40万人近くいました。朝日新聞)、重大犯罪者、政治犯等の強制送還は拒絶し、日本国内に自由に解放するよう要求したのです。

    摘発された不法入国者・密入国者を収容する長崎県の大村収容所の風景

  • 韓国ウリスト教団のお仲間たち





         有り得ない!





     いいですか?





     韓国は儒教を重んじる国なんですよ!





    ★侵略戦争の事実を隠して
     日本の未来は見えますか~
     神戸女学院大学石川ゼミ韓国旅行 
     同行記
     2007年10月21日
     http://blog.goo.ne.jp/kikanshi-hon/e/91063f90e9fef483323d61b8eb67b2ab

    9月11日水曜日、秋空のソウル・鐘路(チョンロ)区
    にある日本大使館前。
    「侵略戦争の事実を隠して日本の未来は見えますか。
     事実と向き合うことが平和への第1歩」
    と訴える横断幕を掲げおそろいのTシャツを着た
    若い女性たちの姿。

    神戸女学院大学石川ゼミナール(石川康宏教授)の
    3年生たちである。
    石川ゼミでは3年前から日本軍「慰安婦」問題を学習し、
    毎年ゼミ旅行で元慰安婦の共同生活施設「ナヌムの家」
    と併設の日本軍「慰安婦」歴史館を訪問、
    さらに翌日の「水曜集会」に参加してきた。

    神戸松蔭女子学院大学は、
    植村隆氏の力を借りて、
    「日本は謝罪して・賠償せよ」と叫ぶ
    ”市民”を育てて欲しいという訳か・・・

    何不自由なく恵まれた環境で育った女子大生は
    東海大学の金慶珠准教授のように
     kimo0631034511574377452s_20140203034859a34.png

    かつてTVタックルの慰安婦問題で、故三宅氏が
    「当時の朝鮮では、日本もだけど
     あまりの貧困から娘を売る親がいたんだよ」
    と仰ると・・・目をまん丸くして驚愕の表情を浮かべ

    「韓国が?
     親が娘を売るですって?
     有り得ない!
     いいですか?
     韓国は儒教を重んじる国なんですよ!
     その韓国で、
     親が娘を売るなんて、
     絶対に有り得ないんです!
     絶対に!」
    などと堂々と言ってしまう歴史音痴のように

    神戸松蔭女子学院大学の学生たちも
    「本当の歴史」も知らずに洗脳されていくのだろうね。
    キリスト教系の大学ですから、
    韓国ウリスト教団のお仲間たちとの連携でしょうか?

    歴史音痴の東海大学の金慶珠准教授 ↓

  • 教科書採択と反対運動
    現場の教員、PTA、教育委員、歴史学者、市民団体、左翼団体などの一部が
    「歴史修正主義の教科書だ」、「戦前の軍国日本の肯定」などとして反対運動をしており、
    採択の可能性のある学校の周囲にて反対のビラを撒いたり、採択会場に乱入したり、
    「採択すると市民を殺す」等の脅迫電話を役所にかけたり、時には暴力的行為等を行っている。

    つくる会ではこうした脅迫めいた反対運動が採択が進まない一つの原因であるとしている。


    また過激派の共産主義者同盟戦旗派や共産主義者同盟 (全国委員会)が主導する
    「アジア共同行動日本連絡会議」が、採択に反対する内外の労組、在日韓国人団体などと共闘して全国各地の教育委員会や地方議会に対し、不採択とするよう積極的活動をしていたことが明かされている。

    栃木県下都賀地区の場合、一度採択が決定したが、中核派主導の「百万人署名運動」が
    教科書採択協議会に抗議電話を殺到させており、 結果的に栃木県下都賀地区は採択を撤回するに至っており、またJRCL(旧第四インター)や統一共産同盟の活動家が加わった団体が採択を検討していた和歌山県教育委員会に集中的に抗議ハガキや質問状を送り付けていたことも伝えられている。

    2002年には、革命的労働者協会(解放派)がつくる会事務所に時限発火装置で放火するテロ事件まで発生している。

    中核派は2005年の杉並区で採択が検討された際にも教職員組合などと共闘して抗議運動をしていたことが伝えられており、インターネットで集まった賛成する市民に北島邦彦(都政を革新する会)が暴力をふるって逮捕される事件も起こった 。

    韓国の報道機関のなかには「つくる会」を『日本の教科書わい曲団体「つくる会」』といった表現をしており、また在日韓国人組織である「在日本大韓民国民団」が、つくる会の運動を、超党派議員で構成された「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」がバックアップしており、そこでの活動が「韓日関係の熱気を凍らせるもの」などとして採択反対運動を行う主張をしている。

    杉並区での採択の際にも全国の民団員が次々と殺到して傍聴席に陣取り、 杉並区議会で教科書採択の質問が出ると、禁止されている野次を続け、注意をされても止めず、
    さらに区長室の前にも多数で押し掛け、シュプレヒコールを繰り返している。

  • 人は死んでも歴史は生き続ける・・・





        歴史を直視せず反省もしない国はやがて亡びる・・・





    これがあなたの人間性をゆがめてしまう・・・


        あなたは見てはいけないものを見ましたネ・・・



            虐殺のバラードが聞こえてきます・・・



        韓国史上最大の恥部!!



            あなたにだけは知ってほしくなかった・・・



    1951年、朝鮮戦争勃発の翌年、おぞましい事件が起きた!!



            保導連盟事件!!


        30万人近くが虐殺された・・・


           共産主義者への協力者と見なされ・・・


             下手人は、韓国建国の父と言われる李承晩です!!


         これにより、おびただしい数の韓国人が日本へ密入国してきました。


       その人たちを、日本人は決して迫害しませんでした・・・


    1951年 保導連盟事件で処刑される直前の韓国の人たち ↓

  • 在日韓国人社会から「韓国批判」が出ないわけを知っていますか?

    日本の子どもたちまで犯罪者扱いした韓国人は絶対に許さないから!


    米軍性奴隷の存在を認めない韓国政府に韓国人からも異議あり!

    韓国のウソは取り返しのつかないことに!

    「在日韓国人は100%ダメだ」とは思っているのですが、こと半島
    韓国人に関しては「この人は韓国人にしておくには惜しい人だな」と
    思う人物がわずかですが存在していると思っています。 

    残念ながら韓国における「反日教育」は小学校から始まり、またその
    教え手である教員も、日本の日教組や全教以上に左翼であり、北朝鮮
    シンパの反日ですから、韓国の青少年の「反日意識」は増幅され強化
    されており、もう手の施しようがないのが現実です。

    韓国・ソウルでは全ての中高等学校に「親日人名辞典」が配布され、
    日韓併合時の朝鮮人を「売国奴」認定し、反日をあおっています。
    もう韓国は完全に終わってますね! 韓国は「日本憎悪国家」なんで
    すよ。

     韓国人です @zittaikokuhaku · 1時間 1時間前


     韓国政府は米軍慰安婦被害者たちに謝罪と賠償し、韓国政府による米軍慰安婦

    制度という残酷な女性人権侵害の歴史的事実を教科書に載せて韓国の未来の子供

    たちにちゃんと教育させるべきです。これは朝鮮人慰安婦問題で今まで韓国が日

    本に要求したことですね。



    韓国が日本を侮辱するのならば、私たちは反撃すべきです。韓国人

    は大きな過ちを犯しました。それは「日本の子どもたちを犯罪者扱

    いした」ことです。このことを許す日本人はいません。



    韓国人と在日韓国人は「取り返しのつかない過ち」を犯しました。

     もうおしまいです。

  • 「韓国中央日報」からの記事です。



    在日同胞の姜尚中教授、日本の聖学院大学学長



     韓国国籍の在日同胞2世である姜尚中(カン・サンジュン)教授(63)が、日本の聖学院大学学長(韓国の総長)に選任された。キリスト教系総合大学で埼玉県上尾市に位置する聖学院大が30日にホームページで明らかにした。任期は2014年4月から5年間。1950年日本の熊本県で生まれた姜教授は15年間東京大学教授に在職した。政治学および政治思想史の専攻で『オリエンタリズムの彼方へ』『東北アジア共同の家を目指して』などの著書がある。  
     
     姜尚中(カンショウチュウ)については「二面性」があることで有名です。日本国内では、「評論家モドキ」の顔をしてますが、韓国にもどれば、「素の韓国人」に戻り、反日演説をやりまくっています。  
     


     姜尚中の両親は、パチンコ・マルハン会長のような戦後の密入国組ではなく、戦前から日本に来ていましたが、戦後も韓国には帰らず、「永野」という通名を使って、日本人に成りすまして暮らしていました。それは、韓国より日本のほうがはるかに文明国であり、安全で暮らしやすかったからですね。     

      
     姜尚中の「竹島問題」に関しての発言


     「日本から独島問題をめぐる妄言が出てきても、韓国は実効的支配をしているため感情的に対応する必要はない」(2010年(平成22年)3月10日、韓国『中央日報』の取材で) 
      

     姜尚中の「北朝鮮による拉致被害者」に関する発言

     「北朝鮮核問題や拉致問題を取り上げて北朝鮮を批判する日本の世論を変えねばならない。在日同胞たちが過去に日本に連れて来られたことに対しては何も言わず、冷戦時代の拉致ばかり話すというのは矛盾したことだ。私は横に横田夫妻がいても、これを言うことができる」 (2006年(平成18年)11月25日の世界海外韓人貿易協会での講演)

     聖学院大学の学生の皆様、ベンツに乗ったミーハー「在日韓国人・姜尚中」が皆様のキャンパスに現れるかもしれません。そのときにはぜひ「おい、ながのてつお、竹島はどこの国の領土だ?」、「てつおちゃん、日本人拉致被害者のことはどう思ってんの?」と質問してみてください。

    こいつが大の反日家の在日韓国人大学教授・姜尚中 ↓

  • 北朝鮮が仕掛けた「20万人性奴隷」 




    「親北」公言する韓国の反日団体



     中国・瀋陽で今年3月29日、韓国の反日団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会」(挺対協)や北朝鮮の朝鮮民主女性同盟など約20団体が一堂に会した。討論会の主題は慰安婦問題だった。

     「南北の団体が政治的困難を乗り越えて再会し、連帯できたことに大きな意味がある」
     挺対協常任代表の尹美香(ユン・ミヒャン)(49)が討論会の意義を強調すると、北朝鮮代表も応じた。

     尹は討論会参加について「韓国統一省が承認した。今後も積極的に(北朝鮮団体を)支援するつもりだ」と断言。慰安婦募集の強制性を認めた平成5(1993)年の官房長官、河野洋平の談話を盾に「日本政府は法的責任を認め、賠償すべきだ」と語った。



     挺対協の働きかけで元慰安婦らが東京地裁に提訴し、2004年1月に朝日新聞が「慰安所 軍関与示す資料」と大々的に報道すると、直後に北朝鮮国営の朝鮮中央通信はタイミングを計ったようにこう伝えた。


     「日本の犯罪を総決算するために戦おう」
     討論会では、日本への抗議集会や署名活動を共同で進める決議文を採択した。署名の最終目標は「世界の10億人に慰安婦の真相を知らせる」ことだという。

     慰安婦問題で南北団体が顔を合わせたのは7年ぶり。韓国政府は北朝鮮側との接触を厳しく制限してきた。なかでも挺対協は「北朝鮮工作機関と連携し、北朝鮮の利益を代弁する親北団体」として、韓国治安当局が監視してきた。

     尹は今月20日、ソウルで産経新聞など日本人記者団の取材に対し、「人道主義的な『親北』だと思ってもらえばいい」と北朝鮮との“共闘”を隠そうともしなかった。

    韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)とは: 1990年11月、37の女性団体が集まって結成した。92年からソウルの日本大使館前で水曜日ごとにデモを続けている。日本政府に法的賠償と公式謝罪を求める強硬姿勢で知られる。2011年に同大使館前に慰安婦像を違法に設置した。12年には、ソウルに「戦争と女性の人権博物館」を開設。北朝鮮の金正日総書記死去の際は幹部が弔電を送った。

    ソウルでの水曜日デモに公費(国民の税金)を使って参加していた前民主党参議院議員岡崎トミ子。しかも日本大使館の館員に送迎までさせていた。 ↓

  • 君も、征くのだ!!!





    (朝鮮日報日本語版) 韓国軍:国外永住権者の入隊が10倍に、そのワケは



    20代後半と遅咲きの訓練兵は、赤いキムチが乗ったトレーの前で悩んでいた。韓国軍の軍服に袖を通したものの、米国で生まれ育った彼は「キムチが食べられない男」だったのだ。

    訓練所に入ってから数日が過ぎたが、キムチには一切手を付けなかった。しかし、その日はそうも言っていられなかった。本格的な訓練が始まると腹が減り、あれこれ選んでいる場合ではなかったのだ。彼はキムチだけではなく、一度も食べたことのないおかずまで全て平らげた。

    ■国外永住権者など志願入隊兵、10年で10倍に

    国外の市民権者や永住権者などが韓国軍入りを志願し入隊する、いわゆる「永住権兵士」が年々増えている。兵務庁によると、志願し入隊した国外の永住権者は2004年には38人にすぎなかった。しかし、2007年に127人、10年に191人と増え続け、13年には328人となった。10年間で10倍近く増えたのだ。兵務庁は今年初めにこれら兵士の軍隊生活での日常を盛り込んだ手記集『大韓人が大韓に、2014』を発刊した。

    ■韓国の経済的レベル向上も影響

    在外同胞財団のチョ・ギュヒョン理事長は、外国の永住権を保持した兵士が増える理由について「ここ10年間で急激に高まった韓国の経済的、文化的レベルが国外の永住権者などに祖国に対する誇りやプライドを感じさせるようになったため」と分析する。「今では軍隊での服務が時間の無駄ではなく、『人気のある国』韓国について学ぶ貴重な機会になった」というのだ。

    また、政府の努力も一役買っている。兵務庁は、国外永住権者などの入隊を奨励するために、2004年から「永住権者などの入隊希望者出願制度」を運営している。入隊を希望する場合は、徴兵検査の日程や場所、入隊日を本人が直接選択できるようにしている。

    ■軍生活で得たもの

    国外永住権者らが軍隊生活で得たものは大きかった。イ・ハンジン兵長は、学んだものは「忍耐力」と答えた。イ兵長は「訓練所時代に化学兵器訓練などは本当に大変で、やりたくない訓練が多かった。学校に通っていた時は、したくなければしなくてもいいことが多かったが、軍隊では自分勝手に諦めることができなかった」と話した。

    君も、いくのだ!!!
    韓国での兵役訓練中。 ↓

  • これは自由貿易の対象になりますか???




         TPP交渉で大もめになりませんか??




           ●春婦の輸入には関税がかからないのですか???





    ★「韓国では借金を返せない・・・」
      遠征売春を斡旋した
     ヤミ金業者を起訴
     NEWS1(韓国語)2014-02-18
     http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=421&aid=0000691505
    ■ 前払金の支払いをして、日本遠征売春斡旋

    ソウル・江南(カンナム)一帯で
    ヤミ金業をしながら、金銭を借りに来た女性を
    日本に遠征売春に送った40代のヤミ金業者が
    裁判に渡された。

    ソウル中央地検刑事7部
    (部長検事=ソン・ギュジョン)は18日、
    自身に金銭を借りに来た女性たちに
    日本遠征売春をさせた疑い
    (売春斡旋などの行為の処罰に関する
     法律違反など)で、
    ヤミ金業者のピョ某容疑者(47歳)を不拘束起訴した
    と明らかにした。

    検察によればピョ容疑者は2010年7月、
    ピョ容疑者自身に金銭を借りに来たAさんに対し、
    「韓国では借金を返すことができない」とし、
    前払い金を支給して日本遠征売春を勧めるなど、
    合計12人の女性に売春を斡旋した疑いを受けている。

    ピョ容疑者はこれらに対して『前払い金』の名目で
    金銭を与え、年利率73%に達する利子を払い
    受けた疑い(貸付業の登録および金融利用者保護に
    関する法律違反)も受けている。

    検察の調査の結果、
    日本で出張売春業を運営する
    イ某容疑者(43歳・女)は、
    ピョ容疑者の紹介で日本に来た女性たちに
    売春をさせていた事が分かった。

    日本で
    写真館やインターネットのホームページ管理会社を
    運営するイ容疑者の夫パク某容疑者(46歳)は、
    売春女性たちのプロフィール写真を撮影して、
    これをインターネットに載せて
    広告していた事が判明した。

    検察は、イ容疑者とパク容疑者も一緒に裁判に渡した。

    2004年韓国での売春禁止法に激しく抗議する韓国売春婦総連合 ↓

  • 教科書採択と反対運動
    現場の教員、PTA、教育委員、歴史学者、市民団体、左翼団体などの一部が
    「歴史修正主義の教科書だ」、「戦前の軍国日本の肯定」などとして反対運動をしており、
    採択の可能性のある学校の周囲にて反対のビラを撒いたり、採択会場に乱入したり、
    「採択すると市民を殺す」等の脅迫電話を役所にかけたり、時には暴力的行為等を行っている。

    つくる会ではこうした脅迫めいた反対運動が採択が進まない一つの原因であるとしている。


    また過激派の共産主義者同盟戦旗派や共産主義者同盟 (全国委員会)が主導する
    「アジア共同行動日本連絡会議」が、採択に反対する内外の労組、在日韓国人団体などと共闘して全国各地の教育委員会や地方議会に対し、不採択とするよう積極的活動をしていたことが明かされている。

    栃木県下都賀地区の場合、一度採択が決定したが、中核派主導の「百万人署名運動」が
    教科書採択協議会に抗議電話を殺到させており、 結果的に栃木県下都賀地区は採択を撤回するに至っており、またJRCL(旧第四インター)や統一共産同盟の活動家が加わった団体が採択を検討していた和歌山県教育委員会に集中的に抗議ハガキや質問状を送り付けていたことも伝えられている。

    2002年には、革命的労働者協会(解放派)がつくる会事務所に時限発火装置で放火するテロ事件まで発生している。

    中核派は2005年の杉並区で採択が検討された際にも教職員組合などと共闘して抗議運動をしていたことが伝えられており、インターネットで集まった賛成する市民に北島邦彦(都政を革新する会)が暴力をふるって逮捕される事件も起こった 。

    韓国の報道機関のなかには「つくる会」を『日本の教科書わい曲団体「つくる会」』といった表現をしており、また在日韓国人組織である「在日本大韓民国民団」が、つくる会の運動を、超党派議員で構成された「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」がバックアップしており、そこでの活動が「韓日関係の熱気を凍らせるもの」などとして採択反対運動を行う主張をしている。

    杉並区での採択の際にも全国の民団員が次々と殺到して傍聴席に陣取り、 杉並区議会で教科書採択の質問が出ると、禁止されている野次を続け、注意をされても止めず、
    さらに区長室の前にも多数で押し掛け、シュプレヒコールを繰り返している。

  • 韓国ウリスト教団のお仲間たち





         有り得ない!





     いいですか?





     韓国は儒教を重んじる国なんですよ!





    ★侵略戦争の事実を隠して
     日本の未来は見えますか~
     神戸女学院大学石川ゼミ韓国旅行 
     同行記
     2007年10月21日
     http://blog.goo.ne.jp/kikanshi-hon/e/91063f90e9fef483323d61b8eb67b2ab

    9月11日水曜日、秋空のソウル・鐘路(チョンロ)区
    にある日本大使館前。
    「侵略戦争の事実を隠して日本の未来は見えますか。
     事実と向き合うことが平和への第1歩」
    と訴える横断幕を掲げおそろいのTシャツを着た
    若い女性たちの姿。

    神戸女学院大学石川ゼミナール(石川康宏教授)の
    3年生たちである。
    石川ゼミでは3年前から日本軍「慰安婦」問題を学習し、
    毎年ゼミ旅行で元慰安婦の共同生活施設「ナヌムの家」
    と併設の日本軍「慰安婦」歴史館を訪問、
    さらに翌日の「水曜集会」に参加してきた。

    神戸松蔭女子学院大学は、
    植村隆氏の力を借りて、
    「日本は謝罪して・賠償せよ」と叫ぶ
    ”市民”を育てて欲しいという訳か・・・

    何不自由なく恵まれた環境で育った女子大生は
    東海大学の金慶珠准教授のように
     kimo0631034511574377452s_20140203034859a34.png

    かつてTVタックルの慰安婦問題で、故三宅氏が
    「当時の朝鮮では、日本もだけど
     あまりの貧困から娘を売る親がいたんだよ」
    と仰ると・・・目をまん丸くして驚愕の表情を浮かべ

    「韓国が?
     親が娘を売るですって?
     有り得ない!
     いいですか?
     韓国は儒教を重んじる国なんですよ!
     その韓国で、
     親が娘を売るなんて、
     絶対に有り得ないんです!
     絶対に!」
    などと堂々と言ってしまう歴史音痴のように

    神戸松蔭女子学院大学の学生たちも
    「本当の歴史」も知らずに洗脳されていくのだろうね。
    キリスト教系の大学ですから、
    韓国ウリスト教団のお仲間たちとの連携でしょうか?

    歴史音痴の東海大学の金慶珠准教授 ↓

  • 北朝鮮の侵攻を受けた韓国が混乱し、半島南端の釜山にまで追いつめられるほどの醜態をさらしたのは、李承晩個人の資質によるところが大きいのです。負け戦の時は誰よりも早く逃げ出し、勝ち戦の時は誰よりも目立とうとして、先頭に立ったり。

    首都ソウルが北朝鮮に侵攻されつつあるときは、避難民で大混乱状態の漢江の橋をかまわず爆破させ、一方で自分は安全な場所に急ぐために米軍基地に逃げ込んでいたのです。


    故吉田茂首相はかって、「世界で最も嫌いな人物が3人いる。スカルノ(インドネシア大統領)、河野一郎(ライバルの党人派政治家)、李承晩だ」と近くにいた人物に述べたとされてます。河野一郎とは、鳩山一郎の懐刀で、河野洋平の父、河野太郎のお爺さんです。

    小説吉田学校の映画で、梅宮辰雄が演じましたが、かなり高圧的な態度で接する与太者風というか、やくざっぽい感じのする人間だったそうです。李承晩も、吉田茂には、与太者風に見えたのでしょう。

    李承晩ラインは韓国が海洋資源の独占、領土拡張を目的とし、廃止が目前であったマッカーサー・ラインの代わりに独断で公海上に突如設定した排他的経済水域であります。

    この海域内での漁業は、韓国籍漁船以外では行えず、これに違反したとされた漁船(主として日本国籍、ほか中国国籍)は韓国側によって臨検、拿捕、接収、銃撃を受けるなどしました。銃撃により乗組員が殺害される事件も起こっています(第一大邦丸事件など)。


    李承晩ラインの問題を解決するにあたり、日本政府は韓国政府の要求に応じて、日本人抑留者の返還と引き換えに、常習的犯罪者あるいは重大犯罪者として収監されていた在日韓国・朝鮮人472人を放免し、在留特別許可を与えました。

    一方、韓国政府は日本人抑留者の返還には同意しましたが、日本政府が摘発した韓国人密入国者(当時不法入国者・密入国者は40万人近くいました。朝日新聞)、重大犯罪者、政治犯等の強制送還は拒絶し、日本国内に自由に解放するよう要求したのです。

    摘発された不法入国者・密入国者を収容する長崎県の大村収容所の風景

  • ○関東軍特種演習での慰安婦徴集証言のねつ造
    関東軍特種演習(関特演)において慰安婦が強制的に集められたと、千田は原善四郎元少佐の証言を紹介した。
    また、原への対面インタビューが掲載されており、著者である千田の「70万人の兵隊に2万人の慰安婦が必要とはじき出した根拠というか基準は何だったのですか」という質問に対して、原がはっきり覚えていないけど、それまでの訓練つまりシナ事変(日中戦争)の経験から算出した。と。

    この原証言に関する記載について1993年に加藤正夫が調査したところによれば、関特演の予算担当者だった加登川幸太郎少佐や、関東軍参謀の今岡豊中佐らは、関特演での慰安婦動員は聞いた事がないと証言した。また、当時の満州には慰安所ではなく、民間の朝鮮人売春婦宿は多数営業していた。

    加藤が千田夏光本人に問い詰めたところ、千田は原証言については島田俊彦の著書『関東軍』(中公新書 1965年)に載っていた話を引用したものであると答え、実際に行ったインタビューではなく、創作インタビューであったことを認めた。その島田の著作も出典はなく、根拠を示していないものだった。

    ○麻生徹男軍医に関する虚偽記載と謝罪
    医師の天児都は2001年に出版した自著で、夏光の『従軍慰安婦』に裏付けのない記述や矛盾が多いと指摘した。千田は1996年4月、軍医だった天児の父、麻生徹男が自身の論文で娼楼でない軍用娯楽所(音楽、活動写真、図書等)の設立を希望したのに、娼婦が不可欠のものと主張していると誤解し、父親を慰安婦制度を考案した責任者のようにほのめかしたことを娘の天児に謝罪したと言うが、その後も出版元の三一書房と講談社はその部分を改訂しなかった。

    天児は、千田の『従軍慰安婦』について、1973出版の「正篇」には63ヶ所、「続篇」には23ヶ所の問題のある記述があるとし、考察に当たる部分に事実の裏づけがなく矛盾が多くあり、このような著書を何ら検証せずに孫引きして事実として扱われた著書が多く出版され、それが海外へ流出して日本叩きの材料となっており、国連人権委員会のクマラスワミ報告では千田の著書を孫引きしたジョージ・ヒックスの『慰安婦』が国連人権委員会でクマラスワミ報告で事実関係の供述にまで使用されたと語っている。
    下の写真は、稀代の詐話師(サオ師ではなく、サワ師))千田 夏光

  • なぜ、捏造が必要なのか??






               なぜ、常軌を逸した愛国教育が必要なのか??






    これが韓国のねつ造した愛国教育の成り立ちである。!!


    2000年に渡る奴隷のごとき低い扱いは、彼ら朝鮮民族の『民族気質』に深刻な影響を与えることになる。

     朝鮮民族の民族気質を簡単に説明するには、朝鮮人の名前が「金(キム)」や「朴(パク)」などのようにワンパターンになった理由を説明するのがわかりやすい。

    1.朝鮮人は長い間中国の属国として低い身分にあったため、低い身分の者や貧困者、弱者、ひいては身障者などへの虐待を「下の者が下に見られるのは仕方のないこと、上の者が下の者を見下すのは当然のこと」と考える民族的傾向が定着していた。屈辱を「当然」と考えなければ精神的に乗り越え  られないほど、千年の隷属というのは長かった。

    2.朝鮮は虐げられる者の反動として、より低い者を虐げる「貴族社会」が長く続いた。そのため、家系が悪ければ努力はほとんど無意味だった。貴族が裕福なのも、奴隷が貧しいのも、生まれた家に決定された。

    3.やがて低い身分にある者が「自分の先祖は名門だった」と思いたくなり、 いつしか「偽の家系図を買う」または「家系図を書き換える」ことで底辺で虐げられる身分から一発逆転を果たすことが流行してしまった。

    4.その結果、皆が「限られた同じ名門(両班という)の名前」になり、形の上では皆が同じ名門の家系出身の者ということになった。

      逆に底辺(白丁という)の出身者は歴史の闇へと消えていった。 現在、どの韓国人に聞いても「私は由緒ある両班の出身だ!」と答える。今はもう白丁の子孫であってもその自覚すらなくなっている。

    そして『努力せずに嘘や小細工で勝ち組になれることに味をしめた民族』である。過去の歴史を書き換えることで名門になることができた国の人々なのである。

      つまり痛々しすぎて自分たちの過去を振り返るのが苦痛なのである。

     それゆえ、独立した後に“民族意識を高めるための愛国教育”と称して、 『我が国は半万年、5000年間一度も他国に支配されたことの無い独立国である』という“偽りの栄光の歴史”をあたかも真実のように国民に教え込むことにしたのである。

  • 中国が強制労働を廃止 



    人権侵害批判意識、



    拘束の約6万人近く釈放


    2013.12.29





     【北京=矢板明夫】中国国営新華社通信によると、
    中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務
    委員会は28日、司法手続きなしに矯正を名目に最長
    で4年間拘束し、農場や工場などで労働を強制する
    「労働教養」制度の廃止を正式に決めた。

    労働教養期間が残る人への執行は停止され、約6万人と
    される被拘束者は近く釈放される見通しだ。

     11月の共産党第18期中央委員会第3回総会(3中
    総会)で決まった方針を追認する形で、同制度の関連法
    の規定を廃止した。

     労働教養制度は毛沢東時代の1957年に本格導入さ
    れた。少額の窃盗や暴行事件の被疑者のほか、気功団体
    「法輪功」のメンバーや反体制活動家、陳情者などの拘
    束にも多く使われてきたため、人権侵害の象徴として国
    内外から長年、批判されてきた。

     習近平政権は同制度を廃止することにより、国際社会
    での中国のイメージ改善を図りたい思惑があるといわれ
    ている。

    しかし、習政権による人権活動家らの拘束は以
    前と比べて増加する傾向にあり、最近では労働教養では
    なく「公共秩序騒乱罪」などによって刑事事件として立
    件するようになってきている。

     また、地方政府が中央への陳情者を拘束するために設
    けたヤミ施設「黒監獄」も増加しており、中国の人権状
    況が本当に改善されるかどうかは不透明だ。

  • 得体の知れない熱病が次々に・・・蔓延していく・・・





    鳥インフルか???





     制御不能!!    




             
             
              パラノイアシンドロームに陥った民族主義の悲劇!!!






    日本語講師の中岡龍馬は、近年、韓国でエスノセントリズム・韓民族優越主義、(한민족 우월주의)が台頭しつつあると主張し、これを朝鮮語で「我が国」を表す「ウリナラ」から、俗に「ウリナライズム(またはウリナリズム)」と呼んでいる。この思想を持つ者は、「韓民族は歴史や文化や能力などで周辺諸民族よりも優れている」と主張している。


    さらに韓国社会では日本人を「文化的に劣等な『猿』」とみなすことが常態化しており、奇誠庸などの有名スポーツ選手や地方公共団体が公の場で日本人を「猿」として侮辱することがある。
    このような思想から、カリフォルニア州在住の在米韓国人たちが「韓国が日本に東アジア思想と文物を伝えた。」「韓国の陶工が日本に渡って日本の文化形成に寄与した。」「韓国は1980~90年代、大きな経済成長を成し遂げ、現在のインターネットおよび情報技術(IT)産業の主導的な役割をする国家である」などを歴史教科書に新たに記述させる法案を通過させるようにカリフォルニア州議会議員達に対してロビー活動を行っている。

    李承晩が失脚した3年後に大統領に就任した朴正煕は、朝鮮史における事大主義と属国性を自覚し、自著『国家・民族・私』で次のような言葉を遺している。

    • 「我が半万年の歴史は、一言で言って退嬰と粗雑と沈滞の連鎖史であった」
    • 「姑息、怠惰、安逸、日和見主義に示される小児病的な封建社会の一つの縮図に過ぎない」
    • 「わが民族史を考察してみると情けないというほかない」
    • 「われわれが真に一大民族の中興を期するなら、まずどんなことがあっても、この歴史を改新しなければならない。このあらゆる悪の倉庫のようなわが歴史は、むしろ燃やして然るべきである」

    朴クネ現韓国大統領は、果たして、自分の父親の著作を読んでいるのだろうか・・・

本文はここまでです このページの先頭へ