ここから本文です

投稿コメント一覧 (300コメント)

  • ある時期、テレビ等でさかんにCMしているとある通販の日本文学読み聞かせなんちゃらというシリーズを購入したのだよ。
    当時入院していたおばぁちゃんのために。
    ところがよくよく聞いてみるとそれはダイジェスト版だった。
    まぁ、そうなるか。
    全文朗読となればすんごい時間かかるもんね。

    俳優さんが朗読しているのだからおもしろいっちゃーおもしろい
    けど、ダイジェスト版は飽きちゃうんだな(><;
    あらすじばかり何度聞いても・・・という感じで・・・

    第2弾の案内が届いたんだけど
    買わなかった。


    すすすすするとだにゃっ!


    市原悦子さん朗読のノーカット版のCDの案内が来た。
    ほぇーーー
    全作品ノーカット、全文朗読、しかも市原悦子さん!

    森鴎外「高瀬舟、最後の一句」
    芥川龍之介「羅生門、奉教人の死」
    宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ、猫の事務所」
    他、太宰治2作品、川端康成「伊豆の踊子」、伊藤幸男、夏目漱石「坊ちゃん」

    メッチャ面白そう☆

    買いたいぃぃぃ

    市原悦子さんといえば「日本昔話」?の語りが印象に残っているのだにゃっ。
    テレビ・アニメだったのかな。
    あの番組もたいそう面白かった記憶がある。
    買おうかな。
    だがしかし・・・物を増やすなと御小言を垂れていた家族の顔が目に浮かぶ。
    (><;
    ふにぃぃぃぃ

  • 夕方は大抵 読売テレビの NEWS.ten を見ている。
    今年は京都芸術花火の様子や神戸の布引の滝や綾部のバラ園の話題や何や和む画面が多かった。

    関西で天気予報というと蓬莱さんを思い浮かべる人が多いのだが
    吾輩も蓬莱さんの天気予報をいつも参考にしている。
    結構具体的に「今日は上着を」とか
    暑さ対策お忘れなくとか
    黄砂・花粉・PM2.5の多い日には外干しに関する注意とか
    日常生活に役立つひとことを言ってくれるのが助かっている。

    で、気になっているのが

    土、日、月
    日本の南海上にいるという台風の卵は今後どのような動きをするのだろう。
    大雨になるのは困るにゃ(><;

    特にどこかへ出かけるというわけでもないのだが。。。

    ふにっ

  • 京都競馬場の芸術花火は5月30日に開催されたとネットニュースで見た。
    30日も午前中は相当雨が降っていたんだけど
    夕方からの晴れ間を縫って花火は打ち上げられたらしい。
    夜間にはまた雨が降り出したのだから、本当に、花火の打ち上げられた時間だけ天気に恵まれたということになるのだろうか。
    Youtubeで見ることができるんだよね。
    季節的には暑くもなくイイ感じで鑑賞できたのだろうなぁ。

    本日は晴天☆

  • 雨が降っている。
    京都競馬場で大花火大会があるという広告を電車中で見た覚えがあるのだがこの雨では中止かな。
    (確か5月30日か31日かどちらかだったと記憶)

    薔薇の季節も終わりを迎えようとしている。
    今年も薔薇園へは行けなかった。

    6月はラベンダー
    ラベンダーは見に行けるだろうか。

    猫は満足そうに寝ている。
    ずっと外で生活してきたのだから、たまには外を駆け回りたいのではないか?
    そんなふうに思うのは杞憂に過ぎないか。
    飛び出て行かぬよう気を遣いつつベランダの窓を開ける。
    猫も隣にやってきて風のにおいをクンクン嗅ぐ。
    ふたりで窓の外をしばらく眺める。

    飛び出していかないのは何故だろう。
    窓の内にいて
    あたりまえのように
    部屋の中から外の風景を見ている。
    五月の風の心地よさ。

  • ローラアシュレイの商品を取り扱っていたローラアシュレイジャパンがその事業から撤退するらしい。
    ゆえに殆どの店舗が閉鎖となる。
    大阪梅田店も6月には閉店するとHPに載っていた。
    残念過ぎる~(><;

    とは言うものの

    花柄が売りなのにローラさんがお亡くなりになられてから
    なんとなく方向性が変わってしまい
    かくいう吾輩ももう随分前から足が遠ざかっていた。
    一時期は大阪梅田店のインテリアコーナー、よく通ったものなのに。

    英国家具はデカすぎて日本の定型なマンションライフには不向きなんだよね。
    家具買ったは良いけど下手したら玄関から入らないなんてぇ事態もあり得る。
    ショールームで見ると実に好ましいのだが。

    もお、最近は使い心地、座り心地重視。
    となるとやはり飛騨産業の家具ということになるのか。

    ブルージュという日本の家屋向けに開発した英国家具のメーカーも何となく良さげ。

    足腰に不安が出てくればウォーキングポールだのに目が行く。
    スワニーがさぁ案外良いのよ。
    片側に体重かけて歩けるんだけど、メッチャ楽なのさ。
    荷物はうんとこさ入るしスイスイ動いてくれるし支えになってくれるし簡易椅子にもなるし言うことない。
    スワニーって歩行の最強補助具だにゃっ!

    靴もねぇ。
    最近はいろいろ試しているんだが、一昔前にカタログハウスでよく見かけたアルコペディコ?のエリオさんのサンダル。めっちゃ軽くて歩きやすい。夏は素足で涼しい。
    ただ、残念なのは履きにくい(><;
    履いてて重厚な感じゼロ。
    でも軽くて足にフィットしてゴロゴロ石が出てるアスファルトでも坂道でも階段でもめちゃくちゃ歩きやすい。
    車の運転もしやすいかもなぁ・・・なんて。

    ついでに余計な話題だが、コルセット?知り合いがそれを身に着けると何処でもスイスイ歩けると言っていたのを思い出し興味本位でワコールのカタログを見てみた。今年の夏のカタログ。ワコールって京都なんだね(><;知らなかった。で、見たら感じイイのがたくさん出てるのだにゃっ。紳士用も婦人用も。人間工学に基づいてとか何とかいうの。いかにも歩きやすくなりそうな。付け心地もよさそうな。価格も相応で。ワコールだし素材の品質は悪くはないだろうと予想して買ってみる?なんて考えていりゅんですが。
    どうでしょう。
    ハテ。

  • 骨折後、リハビリ最中のおばぁちゃんのための椅子を探しているとき、ふと、思い出した。

    カンブリア宮殿で紹介されていた飛騨産業の椅子。

    長時間座っていても腰痛にならないとか
    腰痛持ちの人に愛用されているとか
    そうでなくとも購入後のケアをきちんとしてくれるので一生モノの椅子だとか

    司会の村上龍氏や小池栄子さんが実際に座ってみて

    ずっと座り続けていたい
    立ち上がりたくない

    なーーーんて感想を述べておられた飛騨産業の椅子。

    HPを見てみると
    その番組を見た当初からさらに進化しており
    腰痛及び骨盤を安定させるチェアの開発が進んでいるではないの!
    今、特許出願中の椅子はどれも魅力的である。

    大阪は堂島にショールームがあるんだよね。
    行ってみたいものでごわす。

  • 親戚の介護の交代要員で週何回か出かけているのだが
    少し無理をしたかな?と思った日の帰宅後、猛烈に足が痛くなり
    歩くのにも困難を覚えるほどの激痛となった。

    リビングのマットにだらりと足を投げ出して座ると
    猫が大急ぎで駆け寄ってきた。
    ごめん、今、足が痛くて君のお相手はできそうもないよ(><;

    猫は全く気にすることなくスリスリと足にすり寄り
    並んで香箱座り
    ゴロゴロゴロゴロ喉を鳴らしている。
    しばらく猫の隣でころりと寝ころんでいた・・・ら・・・
    あら不思議☆
    足の痛みがいつの間にか消えているではないか!?

    その不思議が先日観た所さんのテレビ番組(NHK)で解明された。
    猫のゴロゴロ音の周波数が人間の骨の骨密度を上げたり、骨を再生させる周波数と一致するのだそうな。
    それで足の骨の痛みが消えたのだ(納得)

    そういえば頭痛の時も何故だか猫がそばにやってきて
    「今日は頭が痛いんだよ」
    なんつって一緒に寝ていたら目覚めるころには元気になった。
    やはり癒し力があるのかな。猫には。

    その時はゴロゴロ音も無く
    ただ隣に並んで横になっているだけだったのだが・・・
    猫が癒してくれたような気がするんだよね~(^^)

  • 北海道の富田ファームが新発売したラベンダーオイルディフューザーが素晴らしすぎる。

    以前にもディフューザーはあったのだが他の香りが混じっていた。

    新発売のラベンダーオイルディフューザーは
    純粋なラベンダーオイルそのものの香りなんだ☆

    ものすごく癒されるよ、純粋なラベンダーの香り

    吾輩は玄関に置いているのだが
    寝室にも置きたくなっちゃった!

    ラベンダーの癒し力
    ラベンダーの魔法

    楽しめますにゃっ☆

  • ユーミンの「春よ、来い」を聴いていると

    「それはそれは空を超えて」
    「やがてやがて迎えに来る」

    という箇所がある。
    これはスピリチュアル用語で言うなら別次元に住む完璧な自分ということになるのだろうか。
    仏教的には守護霊さん?
    キリスト教的にはイエス様?

    「愛をくれし君の懐かしき声」

    魂の故郷からUFOに乗って大勢の仲間が迎えに来てくれる。
    いまわのときに。
    そんなふうにも受け取れる。

  • 世の中はゴールデンウィーク真っ只中。
    我が家の家族は皆仕事をしている。
    吾輩も必然ずっと家で仕事。
    家で仕事をしていてイチバン困るのは「暇人」と思われることだ。
    家にいる=時間が自由に使える=遊んでいる

    にゃーーーんてとんでもなくて

    実は家にいるほうが時間に制約がありーの
    いろいろな雑用が山のようにありーの
    で、結構忙しい。
    外で働いているほうが自由に時間を遣えるような気がする。
    働いている感満載で周囲もそれを認めてくれるし(><;

    あぅぅぅ愚痴はやめよう。

    まっ、家にいると録画してあったテレビ番組を隙間時間に早送りで観ることはできるにゃっ!

    嵐の隠れファンだから言うのじゃないけど「嵐にしやがれ」はホント面白いよ。
    大野君の釣りが高じて船舶の免許取っちゃったり
    櫻井君の変装お忍び旅とか
    相葉君のお料理とか
    二宮君のBARとか
    松本君のカッコイイMJシリーズとか
    なごむーーー(≧▽≦)

    それで思い出したんだけど何年か前、JR大阪駅で見かけた人はやはり櫻井君に相違ない。
    環状線の乗り場へ続く階段を櫻井君らしき人は軽々上っていた。
    (関空行きの快速も同じ場所から出発する)
    記憶は定かではなくなっているのだが赤いキャップに黄色いジャケット・・・
    リュックサックを背負い
    靴はカラフルなスニーカーだったような気がする。
    サングラスかけてたよねぇ。
    マスクもしてたかなぁ。

    後ろを歩いていた吾輩。
    あれは阪急百貨店で英国フェアをしていた時期だから秋だったんだ。
    10月の初週ぐらい。

    後ろから声をかければ振り向いてくれたかな?
    握手とサインをお願いするのは何だか申し訳ない気がするから
    もし声をかけて振り向いてくれたとしても
    「ご旅行ですか?応援してます!」ぐらいしか言えなかっただろうなぁ。
    大人ファンらしく手を振って静かに微笑み☆☆☆
    なんつって(^.^)/~~~
    実際は英国フェアで大量買いした紅茶やお菓子の入った袋を両手いっぱいに持っていたからやはり声をかけるのは無理だったのかもしれない。大人ファンはそっと見守り静かに微笑み心の中でつぶやくのだ「良い時間を過ごせますように☆」と。



    にゃっ☆彡


    猫がこちらを見て
    「ほかに考えることないんかいっ」
    ・・・と静かな突っ込みを入れてるような気がすりゅ。

    静かな午後。

  • うちの猫は、よく言えばクールビューティー
    なのだが
    保護されて家に来た当初は物凄く怖い顔をしていた。
    そうでなければ野生に近い状態で野良生活を8年以上?も生き抜くことはできなかったろう。

    用心深さは今でも変わりない。

    ただ表情は以前と違って柔らかくなった。
    時々、目を細めて微笑むような顔でこちらを見ていることがある。
    確かに。
    応えてくれている。


    抱っこされるのにも慣れて
    ひょいと持ち上げても怒らなくなった。
    抱っこされるのは好きみたい。
    問題は

    まだ猫が抱っこされていたいのに下ろした時の反応だ。


    ぐわっと牙をむき出してこちらを振り返り
    えもいわれぬ速度で猫パンチを繰り出す。

    猫語を翻訳するならこーゆー感じ・・・

    「もっと抱っこしとかんかい!
    なんで下ろすんじゃワレ!
    勝手に下ろすなヴォケ!」



    (@@;


    その猫の様子に吾輩はおろおろするばかり・・・
    えっ・・・下ろしちゃダメだったの?
    それにしても抱っこしてもらってありがとうはないのかな・・・
    もっとさぁ
    可愛い飼い猫みたくスリスリおねだりするとか


    (;'∀')


    なにもいきなり猫パンチしなくても


    ( ;∀;)


    ふにぃぃぃ。。。



    といった日常を過ごしている今日この頃なのですな。
    ふむ。


    飼い猫みたく

  • ユーミンさんの声はユニークで
    誰がカバーしてもユーミンさん独特の曲想が生かされない。

    そう思っていた。

    であるからしてカバーはあまり意味がないのでは?
    なんつーふうにも感じていた。
    唯一例外があるとすれば薬師丸ひろ子さんと原田知世さん?
    そっか、何か純粋な少女のような高音域の声の持ち主以外はしっくりこないんだ。

    ある日、家族の部屋からユーミンさんの歌声が・・・
    CDはリビングにあるはずだが・・・と行ってみると
    Youtube(><;
    それも一般の人のカバーなのニャ?
    え、なにこれ、何このきれいな歌声?
    するとウチの家族のAちゃんがのたまう。

    「ユーミンのカバーはアオイさんがイチバンだよねぇ」

    アオイサンテダレ!?
    Aoi.ch のアオイさんという人でした。
    いやぁ~、ユーミンの曲、ユーミン以外の人が歌ってるの聴いてステキと思ったの
    ホント、この人が初めてかもしれない☆
    なんか涙が出てくるのは何故だろうハテ
    https://www.youtube.com/watch?v=v-oX-iq3l0c

  • ダージリンティーを入れてホッと一息。
    この少し前に書いた文章が「あと-169文字」とかって出てしまい編集中に消えてしまった。
    そっか1000文字までしか投稿できないんだ。
    今気が付いた(><;

    ユーミンさんのニューアルバム宣伝効果を感じたのは「嵐にしやがれ」がイチバン☆
    で、マツコ・デラックスさんのが次に面白かった。
    最下位はバカリズム氏の絵で特に「瞳を閉じて」は曲想への個人のイメージを崩壊させるほど酷かったということを言いたかったのだよ要するに。
    リアリズムでも何でもない。
    島といえどもキリスト教が古くから根付いた地であるのだからビードロ風なあるいは洋風な小瓶はいくらでもあったと思われる(島への偏見は取り去るべきである)

    あぁ。。。それにしても。。。

    「雨の街を」

    すんごく良い曲なのにゃっ?
    毎日聴いてる。
    うちの猫も好きみたいだにゃん。
    https://www.youtube.com/watch?v=iD8B0kMd1vE

  • テレビ番組「嵐にしやがれ」をいつも見てるんだけど
    このまえYOSHIKIとユーミンが出てたのだよ(^^)
    最近、YOSHIKIさん、よくテレビ出てはるよねぇ 全部見ちゃったにゃっ

    ユーミンさんのコーナーも面白かった☆
    企画が良いね(^^)
    清水ミチコさんのユーミン・モノマネがすごくて
    ご本人も隣で笑ってるという図がなんともヨカッタ。
    「雨の街を」
    この曲、知らなかったんだよね(><;
    メジャーな曲しか知らなかったので
    こんなイイ曲があったんだ!


    早速、番組中で紹介していたユーミンさんの新発売のCDを買いましたがな。
    「ユーミンからの恋の歌」
    昨日発売だったのでまだ初回限定版買えました(うれぴー♬
    知らない曲ばかりだったけど
    これもあれもこれも全部ステキな曲ばかりで
    これは良い買い物をしたと喜んだ☆
    で、ついでに
    「日本の恋とユーミンと」CDも買っちゃった!
    だって新発売のCDと一緒に並んでたんだもん店頭に。
    新星堂のアイディア勝ちだにゃん。
    で、こちらは知ってるメジャーな曲ばかり集めたもの♬
    すんごく良いね、やっぱり☆
    この二つのCD聴き比べで幸せな気持ちになれるしくみ。

    えー、
    新発売のCD(初回盤)にはアリーナツアーチケットの最速先行予約シリアルコードが封入されてるので勿論申し込みました。嵐もこれをしてほしいよね。CD買った人のみにコンサートチケット販売してほしい(←大人ファンのわがまま)CD買った人だけにチケット販売すればダフ屋の手には渡りにくくなるんではないだろうか。あと、本当に行きたい人たちがコンサートに行けるようになる確率が高くなる。
    (はうぅぅ・・・それほど嵐コンサートのチケットは手に入りにくいのニャ・・・


    とかなんとかで


    ユーミンのアリーナツアーのチケット当選すると良いなぁ(^^)
    CDは超絶ヨカッタ☆
    ノスタルジックな気分に浸れる
    ほんわか幸せな気持ちになれる曲ばかり♬
    初回盤には分厚いブックレットがついてて
    そこに書かれた文字はユーミンの手書きなのだにゃ?
    1曲ごとにコメントが入ってるから。
    時間のある時に曲聴きながらゆっくり読もうと思ってるんだけど。
    もぉホント
    CDかかってる間の時間の流れと自己意識のコミュニケートがすごいのだよ。
    パワーを感じるし元気になるし幸せになれるし言うことなし☆☆☆☆☆

  • 久々に紀伊国屋書店へ出かけたら本を大量買いしてしまった(><;
    持ち帰れるわけもなく・・・
    配送してもらうことに・・・

    昨日買って今日届くのだから便利。
    あ、アマゾンなら24時間以内に届くサービスもあったっけ。
    とか何とか言いつつ

    読むのが楽しみな本が2冊ほどある。

    「老人の取扱説明書」平松類:SB新書
    「頭に来てもアホとは戦うな!」田村耕太郎:朝日新聞出版

    「頭に来てもアホとは戦うな!」の帯のコピーが面白すぎる。

    “堀江貴文、感動!
    イライラが一瞬にして消えるスゴイ本
    どうしても許せない!
    そんな時に開いてみて下さい

    世の中アホばっかりで、
    25万部突破!!”
    現代版・孫子の兵法!

    書店で見かけて手に取り、パラパラ読んでみて思わず笑ってしまった。
    ここにホリエモン氏の名前を掲載することで恐らく売り上げは倍増しているのではないか?
    なーんてね(^^;
    なかでも吹き出してしまうほど笑ったのが
    P54「カッときたら幽体離脱」の章
    なるほどぉ・・・
    瞬間幽体離脱かぁ・・・
    良い考えかもしれない。


    にゃっ☆

  • 天は神の栄光をあらわし 大空は御手の業を示すその日
    その日。。。



    貴婦人のアールグレイ
    熱い紅茶に
    濃いミルク

    今朝の新聞を見ていると
    本の広告欄に興味深い本があった。

    *******
    あなたの守護天使と出会う方法

    越智啓子と古家ネネの
    天使とつながる生き方

    常に守護天使と会話をしている精神科医と、北極とシャスタで天使に会った「エンジェルカレンダー」の作者が、真実の神秘体験を語りつくした。見上げればそこに天使がいる!
    *******

    どんな内容なのだろう?と興味がわく。
    一時期、守護天使に関する本が書店の店頭に多く並んだ時期があったのだけれど
    それは多くの人々が体験した実話を集めたものだった。
    守護天使に限らず、
    仏教徒ならば守護霊さんとか観音様、阿弥陀如来etc
    神道なら氏神様等
    守られた体験、不思議な体験をしている人は多く存在する。

    スピリチュアルな人々はそれを超越した別次元に存在するもう一人の自分、と考えているようだ。

    そこで思い浮かぶのはこの曲なのだが・・・
    字幕にアラビア語?って凄いね(^^:
    「愛は勝つ」
    https://www.youtube.com/watch?v=Hjq5p839304

  • 「あなたの御言葉」と「神の国と神の義を」
    以前はYouTubeにupされてる数が物凄く少なかったのだが
    久しぶりに見て
    その数の多さに驚かされた。

    初音ミクさん

    最初の音が少し不気味ではあるが
    動画を見終わるころには号泣(;;)
    https://www.youtube.com/watch?v=xWz4gtqu3Ws
    初音ミク 神の国と神の義を


    困っている人が目の前にいて
    助けを必要としていて
    なおかつそれが親族ならば
    放っておけるわけがないのであった(><;

    こういう動画を待っていました。
    感謝☆
    Thy Word あなたの御言葉 (Cover by Toworship)
    https://www.youtube.com/watch?v=yyyF47mea_4

    とても声がきれい。
    歌詞が従来通りならもっと嬉しいのだが・・・
    Seek ye first/神の国とその義を -simple cover by Kenta and YUYU
    https://www.youtube.com/watch?v=yawV3ndmo3c

  • 羽生選手人気で京都の晴明神社のみならず、神戸の弓弦羽神社ともひとつ淡路島の同じ呼び名の神社が大盛況となっているらしい。
    選手ご本人が書かれた絵馬もあり
    なんとなく行ってみたいな・・・という雰囲気。

    随分前に、おばあちゃんが京都に足腰のお守りに無茶苦茶ご利益があるという神社の話をしていた。
    地元の人々の間では有名な神社。
    で、それって京都・護王神社
    京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385(京都御所蛤御門前)
    http://www.gooujinja.or.jp/

    京都御所の蛤門の道路を挟んで斜め向かいぐらいのとこ。
    京都駅から市バス51系統に乗って烏丸長者町で降りてすぐなんだけど。

    そこを訪れて祈願する羽生選手のファンの人々の数が半端なかったらしい。
    関西では、夕方のテレビニュースでも言われてたぐらい。
    ご利益はあったと言えるのだろうか。

    羽生選手の場合、ご本人の努力や強靭な意志の力に周囲のエネルギーが引き寄せられたと言っても過言ではないだろう。
    一生に何度目にすることが叶うかどうかわからないぐらい凄いものを見せてもらった。
    物理的にも精神的にも。


    で、護王神社なんだけど
    おばあちゃんが退院出来たら吾輩も付き添ってお参りしてくることになりそう。
    (><;
    もし、その後、おばあちゃんが歩けるようになったら
    ご利益はあったと言えるのかもしれない。

  • リア充というわけでもなく
    年明け早々におばあちゃんが転倒し骨折、入院。
    親戚家族共に何かと気ぜわしい日々を過ごしていた。
    なかでも気を遣ったのが「おばあちゃんの認知症予防対策」である。掛かり付けの医師が「高齢者は骨折後、1か月も入院してたらボケて帰ってくるだけだ」などともし斯様な事を公の場で発言すればヤバイんちゃう?みたいなコト言うもんだから何とか元気になって早く帰ってきてほしいと皆が知恵を絞り頻繁に病院を訪れたのだった。
    だが、根本原因はどうやら病院での緩慢な日常にあるのではなく、病院で使用されている有機リン酸系の殺虫剤にあるのだとwontonさんのブログを拝見していて思い至った。
    ならば、必要なのは清浄な水と食料とデットックス効果のあるおやつ。
    そう、ココナツオイルもね。
    あとマスクとマスクの中に入れるガーゼ、アロマティックな香りもかな。

    そんな中でも

    何故か男子フィギュアの放送時にはテレビの前に座っていた不思議。
    オリンピックには全く興味ないんだが(す、すみません(><;
    気づくとテレビの前で手をかざして応援してるのだよ、ファンでもないのに・・・
    あれは本当に不思議な瞬間であったと思った人は多かったことだろう。
    日本の神々が応援したとしか思えないような・・・?
    テレビ画面を通してもキチョウ様の姿(式神?)がいっぱい見えた。
    (↑妄想ですが)
    安倍晴明は自分の死後1000年以上後に甦り呪を成すと予言して亡くなったらしいのだが、正確に千年ではないにしろ安倍晴明の息子たちの名が「安倍吉昌と安倍吉平」吉を取り除くと「平昌」になるのは如何にも不思議な巡り会わせである。
    羽生選手の姿に陰陽師・安倍晴明が重なって見えた人も多かったのではないかと思う。
    降りてきたというべきか(><;
    それほど羽生選手の演技が素晴らしかったということですにゃっ☆

  • こんにちは。
    上げてくださってありがとうございます。
    以前使っていたパソコンがバッテリー交換とかブラウザが古すぎて投稿できないとかいろいろと不具合なことが続出してモバイルも使用期限が切れたり(><;
    生来の機械音痴ということもあって(><;
    新しいパソコンを購入してから随分日が過ぎてしまいました。
    数日前にようやく使えるようになり・・・
    (↑なななにやっとんねんーーーっ)
    もはや落ちているやもしれぬと思いつつ(><;
    久しぶりにここを訪問したのが今でござんす。

    なので又書きたいと思っています。
    トピが残っていて嬉しかったです(^^)
    ありがとうございました☆

本文はここまでです このページの先頭へ