ここから本文です

投稿コメント一覧 (275コメント)

  • 最近、転職サイトにLTTバイオファーマが出てくるようになったよーな。
    DODA,VORKERSなど。
    ちょっと景気いいですなぁ。

  • まだかなまだかなー。

    以下はすべて妄想なんだけど、
    発生から半年くらい引き伸ばしてその後は優待増加してごめんなさい頑張りますを連呼して
    3年経って時効を迎えたら全力で安値MBOしてくる未来が個人的に見えてます。
    もしたくさん買われた方がいる場合、その方は社長に代表訴訟提起しないと
    大損する可能性を秘めていたりなんかしたりして。
    個人的にはこんな理由で200株しか買えませんでした。

  • https://web.archive.org/web/20170812123127/http://bln.sakura.ne.jp/bin_vornin/light.cgi
    今は懐かしい、鯨通信さんのアーカイブです。
    すごい人でしたね、総会とかビシバシ圧倒。
    なんで消えちゃったんだろう。

  • アクセス株はたしかに79900円(上場廃止価格)
    買取額13万→13万→13万→55万→153万(NCSと合併による実質再上場価格)でした。
    上場廃止決定日から5年と1日後に実質再上場が発表されたわけでして、
    上場廃止の時に支援した投資家は再上場で実質19倍になっていたりします。
    とんでもない価格での買取(スルガ、プリヴェの10円スクイズアウト)もある中、
    LTTは利己的にならず、欲におぼれず。
    当然のことを当然に出来ないこの世の中にあって
    愛(心を受ける)がある会社です。
    その気になれば少数株主は赤子の手をひねるようなものですので。。。

    過去のその時の判断、決断、決定が正しいものでありますように。
    本当にありがたく感じます。

  • 総会の出席票が手書きとか常識が覆されました。
    かなり合理的ではある。
    これからに期待して良いのかと思わせてくれるものがある。
    見た目を気にしていない節があり、ちょっと心配ではある。
    来年は最高益なんだろうか。

  • 一般株主を抱えたまま上場廃止となり再上場した会社ってありましたでしょうか。
    アクセスが日本コンピューターと合併し再上場を果たした(上場廃止から約18倍)なんてのはありました。ちなみに上場廃止決定から5年と1日後発表と言う。もう一社どこかあったはず。
    単独は狭き門で、セラーテムがかたち上目指していたと考えられますが、残念です。
    LTTはやってくれると信じてます。

  • >>No. 33101

    2年ほど前は薬が完成したら再上場すると話してました。
    ないわけではないのでしょうがかなりの時間がかかりそうです。

  • 事務局に電話してみました。
    今日届いた議決権行使書をそのまま入れて送って欲しいとのことです。
    本人確認書類でもいいみたいですが。

    優待なくしたら都合が悪くなったのでまた再開したり、(少数株主を増やすと経営に参加しない利点がある)
    新株を発行したり、(これは現在の経営陣に利するものである=今日の争いに発展することを知っていた可能性)
    株主の将来のためでなく経営者の占有を強化するためであり、利己心の強さがわかります。
    基本的にその会社への愛がなくなったのならば株を売って逃げるだけなので、
    戦いを挑む人は極めてまれなんです。

    事務局からは株主に対して電話をする予定であるので、数日間に変な番号から電話があれば
    おそらく事務局からであろうと思われます。
    あと、株主名簿閲覧謄写請求権は実は1単元からでもできてしまうので、
    住所はわかります。(株主としての権利を行使する場合にしか開示されない)
    電話番号はどうでしょうか、そこまで請求したことないのでわかりませんが。。。

    株主を舐めてる会社であると私は認識しました。

  • 2009年の上場廃止から8年、やっと株主優待が始まりましたね。
    赤坂見附の店舗での餃子無料券とは気が利く。

  • >>No. 181246

    再上場の見通しは?との質問に対し、
    数年以内の再上場は難しいと返答なされていたと思います。

    配当について、2年前は業績もよくてお金を持ってこれないのは中国から動かせないせいだと
    話していたにも関わらず、総会で『今年はともかく2年前に遡って配当を払え。詐欺師ですか。』
    との回答に『2年前は中国のこと以外にも理由はありました。』との返事だったかと。

    一気にチャイナボーチー臭くなってきました。

  • 15人ぐらい出席。

    今後の自社株買いは可能性はある、とのご返事。

    2年前に中国からお金を持って来れないから無配と言っていたのが
    今年は成長のために株主の皆様に利益になると考えて無配としましたと理由変更。
    では、どのような条件なら配当は出るのかお答えいただきたい、、、以降、
    出す・・・・・・!出すが・・・・・・今回 まだその時と場所の指定まではしていない そのことをどうか諸君らも思い出していただきたい つまり・・・・我々がその気になれば金の受け渡しは10年20年後ということも可能だろう・・・・・・・・・・ククク・・・・!
    ↑のようなことを言われても困りますとの質問に対して、わからない、みたいな回答。

    無配の理由に、アメリカから配当のためにお金を移動させると10%の税金がかかると
    答えていたが、ある株主が中国から移動させると何%ですかと質問すると、
    『頭の中に入っていません』などと、なかなかにおふざけが過ぎる回答をされていた。

    年間売上が40億円規模なのに在庫は60億円規模。
    なおこれの増加に今年もいろんなツッコミが入ってました。(略)

    現預金の30億円程度のうちの預金は99.9%と答えたが、
    中国の政策金利4.35%に対して受取利息は400万円ほど。
    (1億円もらってないとおかしいので、期末だけ預金として戻ってきているのだと考えられます。)
    なお、預け先はコウツウ銀行とエイギョウ銀行。

    熱心ないつもの株主2名とあとは初めて総会に来て会社のあり方をアツく語られていた株主さん
    回答によっては次回の自社株買いには応じたいとの決意を持っての発言は立派でした。
    あとは冷静な株主さんの質問の後に採決。
    3名くらいだったと思いますが4人かもしれないくらいの右前方株主のみの拍手。
    与党様でしょうか。あれで可決はシュールでした。会場静まり返ってましたし。
    採決の後は、閉会すら誰も拍手してませんでした。
    毎年、なんだかんだで藤本社長は総会をやりきってるので拍手ぐらいはあるものなのですが、
    なんといいましょうか、私めがその場の空気を語ると、みんな悲しんでいたのだと思います。

    総会に出られた株主様、おられましたら、ご意見をお願いいたします。
    おそらく上記で5割ぐらいは報告になったのではないかと。
    (細かいところは覚えてませんが)

  • これだけ拍手の出なかった株主総会は初めてでした。
    前列の3~4人くらいでしょうか、普通に拍手していたのは。
    賛成多数で可決とかむなしく響いて茶番もいいところでした。

  • 鯨通信にエラーが出て見ることが出来ませんね。

  • >>No. 33084

    PC版で見るとかスマホにボタンが付いてませんか?
    そこから見れるし書き込みも出来ますよ。

  • >>No. 437

    株主構成もずいぶん変わりますね。
    社長が株を買うのは良い事です。

  • >>No. 33066

    三田証券に最低で1000万円持って行ってTOBを依頼。いくらで欲しいのか、発行済総数の何%買うかを指示して、資金を工面する。銀行の借り入れ予約でも可能。いくらで欲しいのかの裏付けに算定機関の算定書があるとなお良し。

    あるいは、相対取引を掲示板でお願いしましょう。三菱UFJ信託銀行株式会社に譲渡人と買受人が二人で印鑑証明持って出向くことが出来れば間違いないです。

  • エキサイティングでもなければ刺激的でもない普通の総会でした。
    説明責任を果たそうとする態度は立派でなにも言うことはありません。
    総会集中日を避けしかも14時に実施すると言うことがどういう意味か。
    みんなが空いてる時間でおそらくローコスト、かつ株主にも配慮している。
    経営者が株を持たずとも、事業愛に似たものを感じる。

  • そりゃ頑張っても給料増えませんもの。
    カスタマーでNO1を目指すとは言っていたが、誰でも言える寝言言われてもね。
    株主のためなんて間違いなく思ってない。
    新しいことを始めたらやっかまれるからやらない理由をつけてるだけで、
    もしそんなことを思いついたら自社でやる気がないと言うか、
    下手すれば他所に持っていかれても不思議でない回答でした。
    株持ってないから仕方ないけどね。
    利益8億円を目指すとか、お金じゃぶじゃぶ時代の数字を出されて
    たとえ達成したとしてもインフレありきの目標と捉えられるので業務を発展させる
    根拠や気概には程遠い。

  • 臨時株主総会後の会社説明会で自社を預金の代わりだと思ってくれとかのたまった次期社長、
    あらためて過去10年を調べたら大赤字含めて4期あるのだが、よく言えたものだと感心する。
    まあ、赤字が出たら黙って去るだけの人に期待しても無駄だが、
    時期社長はもちろん、預金のつもりで自社株を買うのだろう。
    一年あたり、給与とか報酬の3割ぐらいは回して欲しいですね。
    みんな、社長の自社株の推移を見て増えてなければきっちり
    今後の総会で突っ込んであげてね。(笑)

  • >>No. 32876


    LTTとの差は資産があるかないか、主たる大株主が存在するか否か、
    経営陣が信頼できる者かでメディビッグとは全く異なると思います。

    メディビックは社長が大株主でもありませんし、いいところロートが買いに来るか、
    悪いところでは資産が全くないので社長が0~1円で全部取得とか、
    あるかな、とも。
    第三層に行ってる薬か何かの信頼性もそんなに時間がかかっているとなると、
    先日あったアンジェスの第三層で薬できるできる~♪・・・と言っといて
    出来ませんでした。ってこともありましたし。
    上場維持するために売上高をごまかした点は多少評価したいものの、
    経営陣に美味しい部分が残っているか否か。残ってなければどうするか。
    他山の石ではありますが利己的な方向に走らなければ良いなと思います。

本文はここまでです このページの先頭へ