ここから本文です

投稿コメント一覧 (16245コメント)

  • >>No. 285


    >キヤノンの決算 
    >上方修正、増配、自社株買いと行きますか? ^^。

    まあ、間違いないなあ、
    やるね🎵。("⌒∇⌒")

  • しげきじい様よ🎵。("⌒∇⌒")
    25日引け後は、売り方は
    驚くだろう。("⌒∇⌒")

  • 皆さん、おはようございます、日頃のお勤めご苦労お様です。
    昨日はブラックマンデイから31年目の記念すべき日でした。
    1987年にブラックマンデイがあって、その二年後の1989年には
    38915円のバブル相場に発展しています。
    2000年ITバブル崩壊の後にも、1年半後には直後の高値を更新してます。
    バーナンキショックも、半年内でした、イエレンロスしかり
    我々が学生時代のニクソンショックも半年以内です。
    共通して言えることは、全てアメリカ発のドル不安ショックでした。
    アメリカ発の暴落は立ち直りが早いが、鉄則です。意外と早く
    25000円から26000円の数字が出てくるでしょう。

    15年のチャイナショックを連想している人がいますが、これは間違いだ。
    15年のチャイナショックは、5000ポイントから2500ポイント迄さげた
    急落だったが、今回は3000ポイントから2500ポイント割れだ。
    落差が比較にならない。
    来週からが、日本企業の決算発表が始まる、日経平均の先物は買えるだけ買う場面だ。
    月内が買い場で、中間選挙後は日本の決算発表に目が移るだろう。
    決算発表が終わる10月15日迄日経平均は強いはずだ。

    個別銘柄では、勿論配当の高いそして自社株買い有力のキヤノン
    そして、高値から30%下げた資生堂、OLCなどのインバウンド関連株が
    相場をリードするだろう。
    キヤノン、資生堂、OLCで乾杯といこう!

    人生いろいろ

  • 訂正版

    皆さん、おはようございます、日頃のお勤めご苦労お様です。
    昨日はブラックマンデイから31年目の記念すべき日でした。
    1987年にブラックマンデイがあって、その二年後の1989年には
    38915円のバブル相場に発展しています。
    2000年ITバブルの後にも、1年半後には直後の高値を更新してます。
    バーナンキショックも、半年内でした、イエレンロスしかり
    我々が学生時代のニクソンショックも半年以内です。
    共通して言えることは、全てアメリカ発のドル不安ショックでした。
    アメリカ発の暴落は立ち直りが早いが、鉄則です。意外と早く
    25000円から26000円の数字が出てくるでしょう。

    15年のチャイナショックを連想している人がいますが、これは間違いだ。
    15年のチャイナショックは、5000ポイントから2500ポイント迄さげた
    急落だったが、今回は3000ポイントから2500ポイント割れだ。
    落差が比較にならない。
    来週からが、日本企業の決算発表が始まる、日経平均の先物は買えるだけ買う場面だ。
    月内が買い場で、中間選挙後は日本の決算発表に目が移るだろう。
    決算発表が終わる10月15日迄日経平均は強いはずだ。

    個別銘柄では、勿論配当の高いそして自社株買い有力のキヤノン
    そして、高値から30%下げた資生堂、OLCなどのインバウンド関連株が
    相場をリードするだろう。
    キヤノン、資生堂、OLCで乾杯といこう!

    人生いろいろ

  • >>No. 278

    > >>15年のチャイナショックは、5000ポイントから25000ポイント迄さげた
    > >>急落だったが、今回は3000ポイントから25000ポイント割れだ。
    >
    > 数字の桁を よく見なおしてほしい。
    > 言葉の勢いだけでは、人には伝わらない。

    ご指摘ありがとう。
    訂正 5000ポイントから2500ポイントまで下げた
    訂正 3000ポイントから2500ポイント割れだ。

  • しげき爺様よ!
    かっこ10年間の日経平均の動きは、8月末から12月末を比較して、
    上がった年は8回、下がった年は2回だ。
    勿論上昇した年は、増益だった。下がった年は減益決算だった。
    今期は、10%の増益見込みだ。
    12月の日経平均25500円近辺が見えてくる。

  • しげきじい様よ🎵。("⌒∇⌒")
    自社株買いの発表あるね。

  • しげきじい様よ
    そろそろいいだろう。🎵。("⌒∇⌒")
    成りで5000カイだ

  • >>No. 232

    > 爺さん、著名人なん?
    > それとも、壊れた?

    まあ、そんなところだよなぁ?

  • >>No. 223

    > えっ サイン会? どなたの?^^
    > キヤノン 今日はこれからの上昇基調を感じられる展開でしたね!
    > そんな株主をどう思います? 御手洗さん

    この爺様のサイン会だよ。( ´艸`)
    ギャルが沢山集まって、この爺様はモテているんだ。
    あっははははははは
    だから特別攻撃株は、キヤノン、OLC、資生堂なんじゃよ。
    キーワードは、ギャルが好む、ミラーレス、TDL、化粧品だ。
    あーーーーつははっははは

  • しげきじい様よ🎵。("⌒∇⌒")
    サイン会があって、いそがしい。
    株式ブームなんだろう❗
    明日もキヤノン株の出番だろう。("⌒∇⌒")


  • >7000割れ
    >恥ずかしい

    じい様は、資生堂を
    成りで5000カイ🎵。("⌒∇⌒")

  • しげき爺様よ!
    キヤノン株は、今日から一本立らしいねぇ・・・
    日経平均が下げてもあがる、上げてもあがる相場になってきた。
    キヤノン株で乾杯だ!

  • 本日の乾杯銘柄は資生堂からだ、12000円相場へ!
    安倍政権は、訪日客を18年度に3000万人、20年に4000万人、30年には6000万人に
    すると公言している。安倍政権発足の12年には1000万人だった。
    国策に売り無しだ!
    そして、その背景には我々団塊世代の消滅にある、団塊の世代の消費は年間150万円だ
    訪日客の消費の平均は15万ほど使う。だから一人の老人がいなくなることを想定すれば
    8人の訪日客を増やさなければ、消費が落ちることになる。
    今はまだ、日本の世界の観光客の順位は17位だが、3000万になるとタイを抜く
    そして、4000万人になると、トルコも抜き去る、6000万になると、中国を抜いて
    1位がフランス、2位アメリカ、3位に日本が入る勢いなのだ。
    資生堂、OLC、キヤノンを買う理由が、ここにある。
    観光国、日本に乾杯だ!

  • >>No. 110

    > 爺さん、海外旅行は行くのか
    > どんなホテルに泊まるんだ
    > 民泊なんてどう思う?

    民泊なぁ、考えたこともない。
    プラザホテルしか泊まらんからねぇ( ^ω^)・・・
    金髪がいいぞ

  • >>No. 106

    > 観光庁は16日、9月の訪日外国人旅行者数が前年同月比5.3%減
    >
    > OLC明日も落ちるよ

    フナッシーよ!
    自然災害を気にしていたら、相場は張れない。
    今や関空は一時間に100機飛び立つ、洪水に前より便利になった。
    北海道も、原爆が落ちても灯は消えない準備ができた。
    いつでも、OKだ!

  • しげき爺様よ!
    アゲアゲ相場であるには間違いはないが、毎日どんどん上がる相場もない。
    もう一回下げ場面が今月中にもあるだろう。
    一回は、月末までにもう一回22300円を割る相場がありそうだ。
    だが、11月6日の中間選挙後は、完全な上昇相場に入るだろう。
    日本の中間決算発表が11月15日に終わるが、業績は良いのだ。
    この辺で、24000円に向かう動きがはっきりしてくるはずだ。
    そのまま、年末までには25500円近辺があるだろう。
    勿論、キヤノン、資生堂、OLCの特別3銘柄で行く。

    人生いろいろ

  • 資生堂はインバウンド銘柄だ!
    安倍政権は、訪日客を18年度に3000万人、20年に4000万人、30年には6000万人に
    すると公言している。安倍政権発足の12年には1000万人だった。
    国策に売り無しだ!
    そして、その背景には我々団塊世代の消滅にある、団塊の世代の消費は年間150万円だ
    訪日客の消費の平均は15万ほど使う。だから一人の老人がいなくなることを想定すれば
    8人の訪日客を増やさなければ、消費が落ちることになる。
    今はまだ、日本の世界の観光客の順位は17位だが、3000万になるとタイを抜く
    そして、4000万人になると、トルコも抜き去る、6000万になると、中国を抜いて
    1位がフランス、2位アメリカ、3位に日本が入る勢いなのだ。
    資生堂、OLC、キヤノンを買う理由が、ここにある。
    観光国、日本に乾杯だ!

本文はここまでです このページの先頭へ