ここから本文です

投稿コメント一覧 (79コメント)

  • ロシアサハダイヤモンドは、ここがダイヤモンドで事業を続ける限り一蓮托生の存在。
    2014年の22億円の債権放棄は仕方ないにしても、子会社関連の決算状況、金の出入りは、赤字である以上きちんと説明すべきである。

  • 10月開催ということは、10月10日過ぎには招集通知が来るのかな。

    1.商号変更
    2.重要な役員の選任
    3.株式併合(20万:1)

    3つ来たらすごいな。

  • スクイーズアウトを行うなら、20万株を1株に併合するぐらい大胆な施策を行い、発行株数を2000株ぐらいに減らして、一気に株主を整理する必要があるかもしれない。100株の株主にいちいち総会の案内を送るなど、今のサハダイヤが行うことではない。
    やるべきことを大胆かつ迅速に実施することを求める。

  • 臨時株主総会は、役員補充か、商号変更か、株式併合だろう。
    あるいは、もっとショボいネタか。
    いっそのこと5万株を1株に併合して発行済株式数を8000株ぐらいにすれば良い。スクイーズアウトで買い取る株式は、子会社のロシアサハダイヤが受け持てば良い。
    22億円も債務を放棄してやってるのだから。2億株を1円で買い取っても、たかだか2億円だ。

  • 他社ジュエリーメーカーへのダイヤモンドOEM生産を手掛けるクロスフォーの社長インタビュー
    h ttp://c-eye.co.jp/eq/ipo-eq/12693

  • 今年の7月20日にJASDAQスタンダードに上場した7810 クロスフォーは、独自技術で加工したダイヤモンドをOEM供給して利益を出している。

    サハダイヤは、ダイヤモンド原石を安く仕入れることができるのであるから、フロスフォーのビジネスモデルを参考に、他社ブランドのOEM品を製造し販売すれば相当に売り上げが伸びるはずである。

    例えば、サハが研磨・製造した上質なダイヤ製品を「スタージュエリー」の商品として売ればよいのだ。
    他にも実店舗を持つ有力な宝飾品販売会社は多々ある。

    中身はサハダイヤ製だが、製品は実店舗を持つスタージュエリーやTASAKIやシライシのものとして販売するのである。

    もう一点、7810 クロスフォーを見習って、再上場を果たせ。

  • 売上1億円未満となったことでマザーズ上場基準に抵触し昨年10月上場廃止となったメディビックだが、何やら再上場に向けて動き始めているなどとざわつき始めている。
    ここはどうだ?
    メディビックが再上場なら、ここも必ずできるはずだ。
    何せ、「株価10円未満」などという冗談のような基準で廃止になったのだから。

    JASDAQスタンダードは無理でも、JASDAQグロースなら今からでも再上場を目指せるはずだ!

    上場廃止になった今も、魔株は生き続けている。

    死に物狂いで取りに行け!

  • 今回の臨時株主総会は、商号変更かもしれないが、それなら大歓迎である。
    新たな社名で出直し、黒字化、配当、再上場をめざせ。

  • ゾンビだろ、復活して黒字化、配当、再上場を果たせ。

    ロシア極東開発で注目を集めるサハ共和国だが、その資産関係省が10%出資する現地サハダイヤモンド社(サハ共和国政府10%、ここ58.8%)の潜在的価値は十分にあるはずだ。

    やる気のないamazonネット販売で、1万円の商品たった1つだけを売っている場合ではない。

    ウラジオストックへの流通ルートを確立し、ここのダイヤモンド原石を世界に売り込め!

  • トップページからの各ネットショップへのリンクが消えたね。
    まー、リンクは無くても良いと思うけど、肝心なのはきちんと経営計画を立てることだ。
    インチキ中国人が居なくなった今、ダイヤ横流しによる売り上げは減ったが、まとまな流通ルートを確保し、生産を増大すればチャンスに変えることができる。
    今後の飛躍経営に期待する。

  • 今野氏が代表を務めるサハダやモンドトレーディングは、もう清算したんだろ?
    さっさとホームページから削除せんかい。
    重要な子会社から消えているのに清算してないなら、きちんと説明せんかい!

  • >>No. 3791

    amazonのサイト、10000円のプロポーズリング1商品だけポツリと表示されるようになったが、ここの経営陣は、こんな廃れた胡散臭いページから注文する奴などいないことがわからんのか?

    やっていることが全く無意味で、全くセンスがない。

    経営者がボンクラだから、詐欺経営者ジャンをはじめとする中国人に散々利用された挙句に、上場廃止にまでさせられるんだ。

    さっさと真っ黒なイメージの社名を変えて、新しいブランドを立ち上げ、ウラジオストックへの道をつくれ!

  • だいたい、ここのamazon店は、サハダイヤのトップページからリンクを辿っても、商品が一つも表示されないではないか。

    ここのボンクラ経営陣は、いったい何をやっているのか?

    まともに仕事をせんかい!

  • もはや信用が失墜しているここのダイヤモンドなど、日本での売上高などしれいている。
    実際に、2016年3月期の数値を見ても、
    日本  0.59億
    アジア 26.69億
    欧州  6.64億

    国内で頑張ったところで雀の涙。シェアを奪うだけのブランド力などどこにもない。

    ウラジオストック・ダイヤモンド取引所へのルートを開拓した方が、よほど売り上げは伸びるに決まっている


    国内でやるなら、黒い連中とは一切手を切って、実店舗を持つブランド力のある同業他社と手を組んで、共同ブランドを立ち上げる。「サハダイヤモンド」のブランドを捨てて、Newブランドを立ち上げるしかない。

    子会社の債権22億円を放棄したジャンは、結局なに一つ説明責任を果たさずに逃げて行った。

    臨時株主総会は、おそらく新役員の承認ということだろうが、ロシアとつながりのある重用人物が中に入って、ウラジオストックへの道筋を早急に作る必要がある。

    上場廃止は今更どうにもならないが、売上を伸ばし、さっさと配当を出せ。

  • 2016年3月期までは、34億の売上高があったわけだ。

    2017年3月期は、詐欺経営者ジャンの背任により売上が14億まで減少してしまったが、流通ルートを開拓し、子会社を稼働させれば、再び30億、40億の売り上げを回復できるはずだ。

    ウラジオストックへの流通ルートを開拓し、早急に再起を図れ。

    再上場は先々のことだとしても、まずは黒字化を実現し、1円配当を実施せよ。

  • 生き残ったサハダイヤモンド

    日出づる国と極東ロシアが結ばれる日、天照大神(あまてらすおおみかみ)が極東を照らす日は近い

    h ttps://jp.sputniknews.com/opinion/201708224010154/

    h ttp://siberiantimes.com/business/investment/news/russia-offers-a-bridge-across-history-to-connect-tokyo-to-the-trans-siberian-railway/

  • 臨時株主総会ね

    社長が小松氏に変わったが、HPは宮崎氏のまま変わってない。

    さっさと、詐欺経営者 姜 杰を告訴して、損害賠償請求せよ。

    社名変更して、JQグロースに再上場せよ。

    市場を開拓し、売上高を伸ばしたうえで、1円以上の配当を出せ。

    JQグロースがだめなら、かつてのシャープのように台湾証券取引所にでも上場したらいい。

    台湾ならインチキ中国人と違って、日本企業を応援してくれる人材も多いだろう。

  • 1.信用が失墜した社名をとっとと変更しなさい。(Pure Carat、Clarity Diamond、Be Clarity、With 4C、Diamond With)
    (ロンドンには「Purely Diamond」という企業がある)
    2.ロシア子会社サハダイヤモンドをフル稼働に導く為、ロシア子会社の役員を入れ替え、ウラジオストックへの流通ルートを開拓せよ。
    3.一日も早く大株主とコンタクトを取り、ロックアップ制限を取りまとめて再上場を目指せ。(上場の前に、どうにもならなくなった一般株主の株を1円で買い取る施策もやってみろ。)
    4.国内では同業他社び実店舗を利用させてもらい、Pure DiamondをOEM供給して販売せよ。
    5.周大福(香港)がラオックスと組んだが、香港系の大株主を介して周大福に増資してもらえ。(周大福はアルロサとも親密な関係)
    6.「Purely DIAMOND」を売り文句に、ホテルや百貨店の一角にゴージャスなダイヤを置かせてもらって宣伝せよ。

    出来ることは何でもやれ!

  • 昨年の段階では、公開型株式会社サハダイヤモンドの取締役として、
    ここの取締役から5名が兼務していた
    1.姜 杰
    2.井上 喜明
    3.宮崎 富司
    4.清水 えいか
    5.ベルナルド ヴァン プル

    このうち、乗っ取り中国人系と井上の4名は消えたはずである。

    今野氏は、子会社の取締役でそちらは退任していなかったはずだが、3月の時点で重要な兼務となっていないので
    1.宮崎 富司 社長

    1名が子会社の取締役を兼務している可能性が高い。

    早急に、ロシア人脈豊富な今野氏と、大株主として経営の中枢にいる小松氏を子会社の取締役に加え、現地ヤクーチアの重要人物を取締役に加え、ウラジオストックへの足掛かりをつけることを望む。

    子会社の決議においては、今野氏と天照の議決権を合わせれば63%あるので本社にとって有利な形で話を進めることができるはずだ。

  • ↓下の非表示対象のコメントも私のものですので、みんな読んでね。なんで非表示対象になるのか、誰か教えてください。

本文はここまでです このページの先頭へ