ここから本文です

投稿コメント一覧 (740コメント)

  • >>No. 4441

    メンデルさんおはようございます。宣誓までしての百条委員会ですから、もっと権威のある場なのかと思いましたが。あれで終わり。?っていう感じですね。今のところ。都民団体か個人か判りませんが、どなたかが告訴
    するとか。どうなんでしょう。権威のない、大したことのない場という印象しかありませんでしたよ。

    ロッキード事件の小佐野さんでしたか、手が震えてサインができなかったり、偽メール事件では自殺なさいましたね。

    今は喚問された方達は堂々として、質問者に文句を言う立場、質問者がとても気を使って優しい。真実なんて出てきそうもないですね。

  • 安倍総理夫人が森友学園の校長をお引き受けにならなければ、こんな大騒動にならずに済んだ事だと思います。
    それと籠池御夫妻はお二人ともに大変厚かましい方です。お嬢様育ちの昭恵さんを担ぎ上げ利用されたんですよ。
    100万円の件は籠池氏側の捏造に違いないと推測。後は忖度で物事が進んでいったのでしょう。
    ここは、小池百合子。東京都知事のお部屋です。ごめんなさい。

    世の中何があろうと、7月は都議選。市場は2者択一で決まるようPTができたそうですから。
    籠池事件が決着がつく頃には形を変えているかもしれません。

  • >>No. 4434

    今晩は。自民都議連も本当に頭の痛い都議選。思いあぐねた結果の迷案なんでしょうけっれど、迷惑な
    お招きです。

  • 自民都連、決起大会に小池都知事を招待(人集めに利用ですね。話題になりますし。参加するわけにはいきません。)

    TBS系(JNN) 3/24(金) 20:41配信
     自民党東京都連の下村会長は、来月行われる都議選に向けた決起大会に自民党都連と対決姿勢を見せる小池都知事を招待する考えを明らかにしました。

     「事実上、都議会議員選挙に向けた決起大会で5000人ぐらい例年集まってもらっている会合があるんですけど、そこに小池都知事を招待するというふうに決めました」(自民党 下村博文東京都連会長)

     下村氏は、招待の理由として、東京オリンピックの成功に向けて、東京都と協力する必要があるとし、「全てが敵対関係ではない」と強調しました。7月の都議選で小池知事を中心とする都民ファーストの会と自民党都連は直接対決することになりますが、小池氏を招待したことについて、東京都選出のある国会議員は、「反小池路線を打ち出しすぎて批判を受けたからでは」と述べています。

     Q.自民党都連が小池知事に決起集会の招待状を出しますが、出られますか?
     「・・・・・・」(小池百合子知事)

     一方、招待を受けた小池知事は、記者の問いかけに無言で立ち去りました。(24日18:14).

  • 東京都議連下村さん考えました。来月の都議自民決起大会に小池都知事をお招きすることに決めました。
    ”別に取って食おうってわけじゃないから、肝っ玉太い小池知事お出まし遊ばしそう。

  • 築地市場の現在の数値だそうです。それ以外にも安心と安全の件もまた違った観点から記述
    さてますよ。


    現在、築地市場の水産物の取扱量は1日1500トン程度と見られ、豊洲の目標値はそれに比べて50%以上も多いことになる。すなわち、豊洲市場は、開業後、計画通り年間100億円程度の赤字で収まるかどうかさえ甚だ疑わしく、しかもその赤字幅が年々拡大してもおかしくない。もちろん、豊洲市場は築地市場と比べて十分な駐車スペースの確保がなされているなど、優位な点もあるだろうが、それだけで一気に取扱量が50%も増えるとは考えにくい。

     ちなみに、現在の築地市場は年間6億円の黒字、減価償却費を入れないキャッシュベースの収支は年間18億円の黒字である。

  • 豊洲移転を急げ。という無責任発言をする方達はこの方の様な試算を果たしてされているのでしょうか。豊洲移転の条件。
    その1)生鮮食品を扱う上で適切な場所か。
    その2)事業継続可能か。

    小池知事が慎重にならざるを得ない事情は大きい。

    全部で4Pございますが、4p目をコピー致します。小池知事応援されている方は是非
    全てをお目通し下さいませ。

    4P
    豊洲市場は大赤字!金融の視点で見える事業面での大問題

    ダイヤモンド・オンライン 3/23(木) 6:00配信

    金融業界では、事業収支の実力値や事業の継続可能性を測る際には、補助金や一時的な損益や、減価償却費など「非現金項目」を除き、逆に、設備の修繕費など、損益に関係なくてもキャッシュフローに影響する項目を算入する。それと全く同様の手法に従うまでだ。

     (1)事業の実力を示す営業利益段階では、豊洲開業後は毎年73億円~171億円の赤字であり、その赤字は毎年拡大を続ける
     (2)営業損失から減価償却費を除いた「償却前営業利益」は毎年22~29億円程度の赤字と、一見小さく見えるが、建設改良費と呼ばれる設備投資が毎年50億円かかるため、キャッシュフローは毎年79~117億円もの赤字となっている
     (3)経常利益には、一般会計からの毎年20億円もの補助金が入っているほか、築地の土地を売却したと仮定した場合の一時的な利息収入が11~44億円含まれており、これらを控除した実力値で見ると、営業利益と変わらない大きな赤字を計上し続ける
     (4)都の主張では、「償却前経常利益」は「毎年22億円の赤字~15億円の黒字で推移するので、市場会計は持続可能である」とされているが、実際には、これら補助金や一時的な利息収入を除いた「実力償却前経常利益」は、毎年19~69億円の赤字であるほか、これに設備改良費を入れると、キャッシュフローは毎年68億円~126億円の赤字になる
    .

     筆者は銀行勤務時代にはプロジェクトファイナンスを手掛けてきたが、その経験からすると、この事業は大幅なキャッシュフロー赤字であり、しかも、プロジェクションの前提となる市場取扱量の仮定が甘すぎて、単独では到底持続可能とは思われない。毎年のキャッシュフロー赤字は、誰かが埋めなければ市場は持続できない。誰が埋めるかと言えば、それは東京都民の税金ということになる。

    ● 大きなキャッシュフロー赤字を 税金で賄うことが許容できるのか

     以上のように、豊洲市場が持続可能かどうかは、ひとえに都民が毎年の大きなキャッシュフロー赤字を税金で賄うことが許容できるかどうかにかかっている。しかも市場は、一度稼働を始めてしまうと、次の50年、100年固定化してしまう恐れが高い。東京都の人口もそう遠からず減少に転じ、税収も減っていくと予想されている。そんな中、東京都が毎年巨額の赤字を補填し続けることが本当に可能なのかどうか、都民ないし都民の代表たる都議会で慎重に審議すべきは当然である。

     仮に、都民が、豊洲市場では土壌の環境基準を満たさなくても良く、かつ、毎年巨額の税金を支払って赤字補填してもいいと言うのであれば、選択肢はクリアである。それで農水省の認可が下りるのであれば、晴れて豊洲に移転すればよい。

     しかし、仮に都民が、環境ないし税金投入のいずれかを許容できない場合はどうするか。現在実際に使用されている築地市場を改修するのか、それとも「第三の道」を模索するのか、その場合、豊洲の土地の再利用、それに関わる都市計画はどうするのか。また、築地の改修は可能なのか。

     小池知事が豊洲移転を一旦ストップしたことが、豊洲市場に係る環境面や持続可能性面の問題点を都民に開示するきっかけとなった。透明性を重視する小池知事らしい判断だ。仮に結果的に予定通り豊洲に移転することになったとしても、そういう問題点があることを都民が十分理解した上で実行されることがとても重要だと筆者は考える。今後、都庁及び都議会において、ファクトを踏まえた実り多い議論がなされることに期待したい。

     (ニューホライズン キャピタル 取締役会長兼社長 安東泰志)

  • 市場の選択と都議選とは絡めて考えてられませんね。一つ一つクリアすべきものをクリアして、手順を
    踏んでいるだけ.だとおっしゃってます。

    小池都知事、豊洲か築地かは「現時点での二者択一」

    日刊スポーツ 3/22(水) 14:15配信


    小池都知事、豊洲か築地かは「現時点での二者択一」

    「この30年で、物流も大革命で変わった。安全、安心と同時に、これからの経営も考えなければならない」と強調した。

     移転時期について、7月の都議選前か後か、司会者に激しく突っ込まれたが、「今後、環境アセスの審議がある。どういう政策でも、手順をふむのは決まっている。その流れのままだ」とかわし、「都議選前の判断もあるのか」と質問されると、「さあ、どうでしょう。私は順番の手続きを踏んでいるだけ」と、言質を取らせなかった。

     20日に、都議会の百条委員会で証人喚問された石原慎太郎元都知事については、「(豊洲市場の土壌汚染対策について)安心のために厳しい基準をもうけたとお話になり、(安全基準の)ハードルが高すぎたとおっしゃった。だけど、もういいんだよというような話をしたときは、ビックリした」と言及。「石原さんがハードルを高く上げたことを、私はむしろ進めてきただけだ」と述べた。

     その上で、当初の移転が昨年11月7日に設定されていたことに関し、「移転しても、どのみちこの(高濃度の汚染物質の)数字は出てきた。移転はしたが問題点が出てきた。築地がもし解体されてしまった場合、業者は困ったと思う。そう考えると、いったん立ち止まって、クリアにしているのはよかった。むしろ(移転していた場合の)その補償の方が高い」と述べ、自身の判断の正しさを強調


  • 「小池知事のイエスマンばかり集めたら、都政が失墜する」と、都議自連に小池知事「ノーマンもいない」

    日刊スポーツ 3/22(水) 14:15配信

    小池知事「ノーマンもいない」声上げない都連に皮肉

    東京都の小池百合子知事は22日、都内で開かれた「篠原文也の直撃!ニッポン塾」で講演し、自民党の下村博文都連会長が21日、「小池知事のイエスマンばかり集めたら、都政が失墜する」と発言したことを念頭に、「自民党都連には、イエスマンどころかノーマンもいない」と、痛烈に皮肉った。

    「みんな声を上げない。声を上げたら、次から会議に来るなというのが都連だ」と指摘した。

     その上で「私は、イエスマンをつくりたいと思っているのではなく、ちゃんと私の目指す方向性、プラスのスパイラルに共鳴できるかどうかだ。もちろんチェック機能もある。これまで都議会に、どれだけチェック機能があったのか」とも指摘した。

     安倍政権や自民党本部とは「今も協力している」としながらも、「選挙は別か」と質問されると「それは別でしょう」と明言。今も自民党籍を残していることについては、「とっくに進退伺を出している。あちらで判断することで、反党行為だと思ったら首を切るのではないか」と述べた。

     「小池新党」の国政進出をけん制するため、安倍晋三首相が、都議選前の今春、衆院解散・総選挙に踏み切るとの見方が、一部でくすぶっていることについては「私は、(都議選のある)7月においしい酒を飲みたいと思っている。私は目標を決めたら願掛けをして、達成したらバンザイをする」とはぐらかした。

  • 驚きましたね。百条委員会に提出した石原慎太郎氏の診断書、産婦人科医が書いた<高血圧>だそうです。

    日刊ゲンダイDIGITAL 3/22(水) 9:26配信

    字を忘れ小説執筆できる? 石原氏“衝撃告白”に素朴な疑問


    百条委の証人喚問に出席した石原元知事(C)日刊ゲンダイ


    「残念ながら、全ての字を忘れました。平仮名さえも忘れました」――新事実はこの発言だけだった。20日、豊洲移転問題を検証する都議会百条委に出頭した石原慎太郎元都知事(84)。衝撃の告白が飛び出したのは証人喚問の宣誓直後だった。

     2年前に患った脳梗塞の後遺症として、「利き腕の左腕が使えませんし、字も書けません」と説明。さらに「患部が右側頭頂部だったため、その近くにある『海馬』、記憶を埋蔵している箱の部分が、うまく開きません」と続け、冒頭の告白に至ったのだ。

     この日の人定質問で役職を問われ、あえて「元都知事」ではなく、「作家です」と答えた慎太郎氏。昨年も政敵だった田中角栄元首相の一生をモノローグ形式で描いた「天才」がベストセラーとなり、今年も文芸誌に短編小説を寄稿している。

     ここで素朴な疑問。平仮名さえも忘れた老大家に、果たして小説が書けるのか。本人は「物書きですから、ワードプロセッサーを使って書いてますけど」とも証言したが、利き腕が使えず全ての字を忘れた状態で、まともにキーボードを打てるとは思えない。

    「仮に全ての字を忘れるほど脳の『海馬』がダメージを受け、言語機能がマヒしていれば、口述筆記どころか、日常会話に支障が生じます。証人喚問の受け答えを見る限り、むしろ84歳の高齢者としては、脳の反応はしっかりしている方だと思います」(神経内科が専門の医学博士・米山公啓氏)

    「作家です」という発言さえ偽証、新たな“ゴーストライター騒動”を招きかねないイイ加減な答弁は慎むべきではないのか。

    ■なぜか「産婦人科医」に書かせた診断書

    「当初は3時間程度を予定していた質疑時間の短縮を求めた石原氏サイドの『診断書』も、いわく付きのシロモノです。脳梗塞を患ったとは聞いていたので、その後遺症が理由かと思ったら、病名は単なる『高血圧』。診断したのも脳の専門医じゃなく、渋谷区のクリニック院長で、本業は産婦人科医です。これにはズッコケましたよ」(百条委メンバーの都議)

     これ以上、晩節を汚さない方がいい。

  • <自民都連、対小池色強める。>どう足掻いても”自分達ファースト”でドンを頭に長期政権を仕切ってきた都政。
    のり弁、ブラックボックス、で都民に取って不透明極まりない悪政を続けてきたことを、忘れたような言い草。

    <「小池知事がイエスマンばかりを集め、私兵のような人たちが都議会の過半数を確保したら、都政は失墜する>

    どこを向いてこんなことが言えるのでしょう。呆れますね。

  • >>No. 4311

    今晩は。終戦まで神でいらした天皇が敗戦で人間としてご降臨された昭和天皇ですから、計り知れないご心痛
    がおありだったのでしょう。私の両親も脳梗塞で亡くなりました。私もその系統。老いては子に従うつもりです。

    石原さんも、もうごゆっくりされることがよろしいのでは、と思います。

  • >>No. 4305

    今晩は。自民都議は百条委員会の権威を下げましたね。まるでお客様をもてなしてるような扱いの百条委員会
    でしたもの。
    開き直っている都議自民は、当分都議会で小池知事には邪魔な存在です。

  • >>No. 4299

    今晩は。何の権威も感じられないませんね。百条委員会って。

  • 日本は法治国家ですよね。籠池氏の一歩間違えれば、国政を揺るがすような、国会喚問事件。
    百条委員会も証人は宣誓していますから、嘘は罰せられる筈です。ということは大矢市場局長の証言と石原氏
    の証言の食い違いはどうなりますか。高齢者とはいえ、昨年1月田中角栄の<天才>が60万部のベストセラー
    になっています。2年前脳梗塞とのお話ですが、<天才>発売後随分TVにご出演されてます。
    悪評の百条委員会証人喚問の今回の件はどういう結論がでるのでしょう。

  • 9回目のモニタリングより悪い数値が出たところで、何故急いで決断する必要がありますか。現状で業者が
    何軒移転出来るのか、果たしてビジネスとして成り立つのか。都民ファーストの知事です。都民の意に沿いたいでしょうね。業者の先は都民、国民です。

  • 石原氏はもう先祖返りと言いましょうか、子供に帰ってますね。ご自分に聞かれたことは<知らぬ存ぜぬ>
    都合の悪いことは、それがどうした。と開き直り、頭から離れない小池都知事の豊洲へ移転しないことを、
    不作為の責任で訴えるべきと、煽っている。それなら<何故13年も放っておいたの>と言われてますよ。

  • >>No. 4240

    メンデルさん今晩は。あなたのご意見とはかけ離れますが。今回は9回目のモニタリングより数値が悪くなり、
    業者さんも納得いかない怒り方をしてますし、どんな対策をすればよいのか。慎重に見極める必要が
    あるのでは。?石原氏の<不作為の責任>。全然気になさってないと思いますよ。食の市場ですから、<安心、安全>が全てだと思います。御免なさい

  • 百条委員会ご覧になった小池知事のコメントの一部です。

     百条委員会が今後も調査を継続することや、専門家会議や市場問題プロジェクトチームの調査の推移が、都民の判断材料として重要だとの考えも示した。

     小池知事 石原元知事の百条委員会での発言があり、まだこれからも続くと議会の方ではおっしゃっているようでございますので、関係者の言葉をクロスチェックしながら、誰がいつどうやって決めたのか、明るみに出ることが、都民の都政への信頼、もしくは、なぜこうなったのかを理解するのにつながると思う。なぜ、あれほど高い土壌汚染対策費がかかったのか、なぜ建築費に、あれほどのお金がかけられたのか、そういったことも、まさしく総合的な話だと思う。安心の基準を数値で表すのは、なかなか難しい。そういったことも含め、都民の方も総合的に判断するからこそ、材料を提供しなければならないと思っているわけです。

     都民が都政を判断し、直接、民意を反映させる機会として、7月には都議選が予定されている。そこをも踏まえたととれる発言まで口にした小池知事は、涼しげな笑みを浮かべて都庁を後にした。【

  • 東京大改革の酒井氏もよい質問されてましたが、共産党の曽根氏がさすがと思いました。
    その質疑応答振りは、以下の通りです。

     次に都議会共産党の曽根肇都議が質疑に臨んだ。

     -土壌汚染対策費用を、都と東京ガスでどう分担したか? 16年、小池都知事から質問状が送られたと思うが、その中で土壌対策費として858億円が必要となったが、東京ガスの負担は78億円だったが適切か? と質問があった。アンフェアだと思うが判断を求められなかったと答えた。本当に判断を求められなかった?

     石原氏 向こうは売りたくない、こちらはどうしても買いたい。担当者に一任するしかなかった、詳細は把握していない。

     -岡田元市場長は証人に説明したと、偽証が許されない百条委員会で語った。資料も提出された。それが真実では?

     石原氏 そういった問題含め、審議会が是として、私はそれを受け是とするしかないのが行政手順。

     -知事の判断を待たなければならない問題です。最終的な土地売買契約の締結書が結ばれた際、証人は知事として事前に報告を受けていたか?

     石原氏 受けたか受けていないか覚えていない。ことは全て担当者に一任していました。

     -記憶にないというのは問題じゃないか。559億円の巨額な契約金です。新銀行への400億円の追加出資をした際、失敗したら知事を辞めると言っている。岡田元市場長も知事に説明したと言い資料もある

     石原氏 ですから、何だと言うんですか? 記憶にございません。私に何をしろと言うんですか?

     -覚えていないということ自体、信じられない。あなたは最近「豊洲は安全だ。早く移転すべき」と判断したが、環境基準100倍のベンゼン、シアンまで検出された。矛盾がありませんか?

     石原氏 私は地下水について厳しい基準を設けたのは間違いないがハードルが高すぎたかもしれない。小池知事は数字にとらわれず、移転して欲しい。地下水はポンプアウトして海に捨てればいいのでは? 床を掃除したり、魚を洗うわけじゃない。

     -都民の側から言えば、とんでもない話です。色の安全を考えれば別の選択もあったはず。ポンプアップしても、どんどん汚染水が出てくる。これが豊洲なんですよ。大きな政策の間違いと言わざるを得ない。再度、百条委員会として証人喚問を求めます。

本文はここまでです このページの先頭へ