ここから本文です

投稿コメント一覧 (164コメント)

  • >>No. 687

    暇な人は、いいですね。
    他にやることないのかなって、ちょっと心配しています。
    能力?を勘違いしてませんか。
    あなたのこと、一度も凄いなと思ったことないけど
    良く飽きもせずやってるなと、いつも思ってます。
    あなたの歪んだ尺度で私を判断されても困ります。

  • >>No. 669

    言い訳がましく必死な思いで徹夜で資料作りをされたのでしょうか。
    ご苦労様です。
    でも往生際が悪い人ですね、
    あなたから有価証券報告書に株数が載ってないということなので、あえて指摘させていただきました。
    そしたら今度は大株主ではないと反論ですか?
    ならば言います、片岡一則氏と岡野光夫氏はIPO目論見書に大株主として掲載されていたんですよ。
    肝心なところが欠けてませんか。
    ちなみに日本化薬の表記も気になるところですが
    不完全な資料にこれ以上口をに挟むのは止めますね。

  • >>No. 656

    有価証券報告書を隅から隅まで見てますか?
    岡野光夫氏は取締役に連ねています。
    そこを確認されたらたら間違いに気づくと思いますが。

  • >>No. 633

    参考までに2009/03/31の時点でも、岡野光夫氏は1,441株を保有していました。

  • >>No. 604

    掲載するなら数字は正確にお願いしますね。
    特に、岡野光夫氏や片岡一則氏には失礼のないように。

  • 株価を見てて手持無沙汰、暇ですね。
    ぼんやりナノキャリアのIPO目論見書を眺めていました。
    平成18年、日本化薬株式会社が第三者割当増資に
    単価120,000円で833株、9,9960,000円で応じています。
    日本化薬株式会社の2016年3月期の有価証券報告書に
    取引関係の維持・強化を保有目的に特定投資株式としてナノキャリア株を
    増減なく83300株保有として貸借対照表に計上してますから
    マザーズ上場前からの833株(×100)を売却せずに今もって保持しているということですね。
    ただ今にして思えば割安だった1万円の割当増資にも一切応じてないようですから何となく疎遠ということも理解できる気がします。
    上場時の気になるところは
    岡野光夫 3400株
    片岡一則 3400株も記載されていました。

    ちなみに先日、片岡氏らのグループによる研究成果の発表があり株価も少し反応しましたが
    iCONMでナノキャリアが行っている研究は、国立がんセンターとの研究であり、別のテーマだそうです。
    抗tissue factor抗体結合抗がん剤内包ミセル(Anti-TF-NC-6300)製剤の前臨床研究は、どうなってるの?

  • Nature Communications
    h ttp://www.nature.com/articles/s41467-017-00952-3

  • 株価低迷の毎日に掲示板を覗く機会もめっきり減ってしまいました。
    ストレスためたくないですからね。

    HPには
    2011年3月期(第15期)株主通信から載ってますが
    手元にある資料の
    第13期 株主通信を改めて眺めていたら
    中冨社長の挨拶の中で
    「平成23年3月期の黒字化に向け、主要パイプラインの売上向上を図りながら、新規開発パイプラインの推進」の言葉が虚しく響いています。
    今、何年よ!
    そろそろ狼少年から脱皮して欲しいね。

  • いつか研究者たちにスポットライトが当たる日を願っています。

    ナノキャリア株式会社
    長田篤史
    「新規ミセル製剤のオンコロジー領域における臨床開発」

    h ttps://www.jstage.jst.go.jp/article/dds/32/2/32_143/_pdf

  • 2017年07月27日
    都内には世界的に市場規模の拡大が見込まれているバイオ、ヘルスケアや医療、介護などライフサイエンス産業分野のベンチャー企業等が集積しており、さまざまな高付加価値シーズ(※)が生み出されるなど、産業成長の牽引役として期待されています。
    都ではこれら企業のさらなる成長を後押しするため、アジア最大級のバイオビジネスイベントであるBioJapanへの出展及び商談コーディネート支援を行っています。
    この度、応募企業の審査を行った結果、支援対象10者を決定しましたので、お知らせします。

    その中の一社に気になる会社がありました。

    アキュルナ株式会社
    出展商品
    各種核酸医薬品に対応するドラッグデリバリーシステム(DDS)
    説明
    核酸医薬品の課題である、投与後の血中安定性、標的への送達困難性及び免疫反応の惹起等を解決するDDSを開発しています。生体適合性の高い高分子の使用、製剤の簡便さといった特徴から、性能面だけでなく製造・薬事面においても優位性を有しています

  • 千葉県がんセンター 消化器内科で募集中の治験より
    対象疾患「膵がん」で
    6月末まであった、ナノキャリア株式会社の依頼による局所進行性又は転移性膵癌患者を対象としたNC-6004の第III相試験(一時中断)が
    7月末現在の表示で、「一時中断」の文字が消えています。
    ようやく動き出したことが会社以外の資料で確認できました。
    これからですね。

  • OP Nano社の台湾製造工場の完成はまだなんでしょうか。
    先日退任された花田博幸氏が友杏生技醫藥股份有限公司で
    欧米などの企業における取締役に相当する董事(とうじ)に名を連ねてましたが
    今現在どうなっているのでしょうね。気になるところです。

  • 有価証券報告書を見ると
    アステラス製薬に前事業年度3000万円には届かないものの売上1000万円あったんですね。
    そして売掛金に
    武田薬品工業に1971万円が記載されていて、アルビオンより多くなっています。
    でも、主な相手先の販売実績に今回もまた武田薬品工業は載ってません。
    おかしくないですか。

  • 停滞というより逆走したのではないかというような印象を持つ一年でした。
    「株主総会および会社説明会開催のご案内」が朝一でありましたね。
    株価下落で社長の思いとは逆に株主数は大幅に増加しています。
    波乱や大荒れがあっても仕方のないこと。

    『小水常に流れて石を穿つが如し』
    絶え間ない努力 は必ず実ると思っています。
    それが明日なのか、来年なのかは誰にも分かりません。
    応援しようにも信じることしかできない現状ですが。

    三井ガーデンホテルとナノキャリアが一望です。

  • 取締役COO(最高執行責任者)の花田博幸氏、退任なんですね。
    お疲れさまでした。そしてご苦労様でした。
    何があったのでしょうか。
    CEO(最高経営責任者)との路線の違いの表面化?
    COO廃止ですからね。
    まさか、まさか売れない化粧品に軸足を移すことのないことを祈りたい。
    スタートが久光製薬だったことから安倍総理の言葉じゃないけど
    腹心の友?ばりに強いパイプで結ばれているのだと思っていました。
    抜け落ちる歯のごとく有能な人材の流出で
    日増しに社外取締役の比率が高まって、これで大丈夫なの?って疑問です。
    愛想をつかされたのでないならいいのですが。

    h ttps://www.jstage.jst.go.jp/article/dds/30/3/30_212/_pdf

  • ゴードン会議の件は
    株主総会直前あたりを狙ってIRが出されるのではないかと推測。
    内容を勝手に予想するときに
    こんなものが目に留まりました。

    ナノキャリア(株)事業開発部
    高橋和展
    「DDS製剤の研究開発
    ミセルとリポソームの開発経験から」

    ナノキャリアでは,ナノミセル化技術を用い,薬剤をリプロファイリングする研究開発を行っている.これまで,既存の抗がん剤に技術応用したパクリタキセル内包ミセル,エピルビシン内包ミセル,シスプラチン内包ミセルやダハプラチン内包ミセルを完成させ臨床開発に取り組んでいる.筆者は,以前には能動標的型リポソームの開発に携わっていた経験もあり,この場を借りてリポソームやミセルのDDS研究開発に関する話題を提供したい.

  • ここにも
    石井武彦氏の名が載っていますね。

    h ttp://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0168365917305503

  • こんな状況にあっても
    のんびりと
    優雅にゴールデンウィークを
    会社経営陣は過ごすのしょうか。
    危機感なさ過ぎでは。
    役員報酬返上するくらいも気概をもって欲しいですね。
    今度の株主総会で提案される議案事項、すべて否決で
    少数意見が届かないまでも
    怒りの意思表示をしたいなと思ってます。

    株を忘れて息抜きでもしてれば
    そのうち朗報に出会えると楽観しています。
    いい休日を!
    good luck

  • 今月、アキュルナ株式会社の代表取締役が
    渡邉温子氏から服部恵子氏になってます。
    日本ロッシュ株式会社にて医薬品前臨床開発を経験した実績、
    生かせるといいですね。
    そろそろ動き出してもらわねば。

  • 暇人やね。
    懲りずにまだ居座ってるん?
    過去にやり込められたことを腹癒せに
    ご苦労なこと。
    人のあら捜しでもするしかやることないのかな。
    ネチネチと女の腐った男のように見限った銘柄にしがみついては
    風説の流布まがいの悪意のある投稿を繰り返しては喜んでいる。
    まるで子供じゃん。
    何がしたいん?
    人に八つ当たりなんかしても成果なんて出ないよ。
    可哀想な奴、同情するよ。
    相手不足、汚い顔を洗って出直して来な!

本文はここまでです このページの先頭へ