ここから本文です

投稿コメント一覧 (41コメント)

  • 3月の株高・信用買いの投げ売りもそろそろ終わり、これからはカラ売り方の苦しみが始まると思います。地政学リスクで不安をあおり続けることも売り方の常套手段ですが、いつまでも続くはずがありません。まじめに良い製品造りを続け、業績も向上している企業の株価が、適正に評価されることを期待します。

  • 信用買いの投げ売りがもうすぐ終了する。(ご愁傷様) 買い方は、いましばらくの辛抱かなと思う。 今度は、信用売りが苦しくなるストーリーなのかな。・・・

  • 安く仕込みたい者の下落操作も終了し、いよいよ適正株価への上昇の機運顕在化してきた。 戻り売りの動きにまだ押されぎみの気配もあるが、ここは静かにKEEPだと思う。 想定為替レートも105円、1Qで6割の増益、同業トップ企業がいつまでも株価操作で低迷することは無いだろう。 魑魅魍魎が棲む相場の世界とはいえ、いつまでも不自然さは続かないと思っている。

  • 好決算を見て仕込みたいと思う者は、株価が下がったところを狙う。
    資金力のあるもの(外資や機関等)は売りを入れて、強引に株価を引き下げる。
    決算後の株価の不自然な値動きには、儲け(利益)をめぐる駆け引きが常にある。
    それが株取引なのだろうが、不自然な状態はいつまでも続くわけではない。
    ただ個人の場合、それに耐えれるかどうかだ。信用取引をしている人はつらい場面である。NSKの事業は絶好調なのだろうが・・・

  • >>167
    ご意見、参考にします。
    仕事柄、NSK,THKの製品はよく取り扱いますが、両社の製品は安心して使えます。株価についてはその時々のトレンドが大きく作用しますので、中期的な視点で投資したいと思います。8月1日の1Qは注目します。今日は予定の半分の額を仕込みたいと思います。
    ありがとうございました。

  • NSKは「18年3月期の連結業績は、売上高9,600億円(前期比1.1%増)、営業利益820億円(同25.5%増)を予想。前提となる為替レートは1ドル105円、1ユーロ115円としている。配当は、第2四半期19円(前期は記念配当10円を含む24円)、期末19円(前期実績14円)の合計38円(同38円)を計画する」為替の変動で株価が大きく変動しているが、現在1ドル112円、1ユーロ129.4円(7/19午前)であるから数値的には相当割安と見るが、いかがでしょうか。後場、追加で仕込みたいのですがご意見頂戴いたしたく・・・

  • 午前の下げは、ジャンプ前の屈曲ではないかと思います。板を見ていると上昇を押さえ込みたい処が動いていますが、流れに逆らうと火傷をするのではないかと思います。(電工ファン)

  • 677一部訂正します。「売りモード」が2.5ヶ月→1.5ヶ月でした。(失礼しました)

  • 5月15日を起点とする「売りモード」が2.5ヶ月続いたが、「上昇モード」へ転換したようですね。各方面から「割安で将来性あり」、「良好なファンダメンタルと安定性」の好評価を得ているにもかかわらず低迷を続けた理由は、機関の仕掛けだったからか?発表された野村のレーティングは通過点ではとも思える。6471と共に、少しずつ買い集めてきたが今後が楽しみです。

  • 先週(6/1)¥1,340で打買いをいれたが、6/2に急騰。まだ予算的に買い足りなかったが、本日¥1,400割れで追加の買いを入れた。過去のチャートパターンやNSKの先行き見通しを考えると、まだ等分「買い」と思う。あくまで自己判断である。

  • 昨日、取引終了時に大量の売りが出たことで潮目が変わったようだ。外資か機関か、信用の投げかは判らないが、他のベアリング銘柄にも同様の売りが出ていた。そろそろ適正な株価に戻りを開始するのではないか。為替対応力も強まったようだし、地政学リスクやトランプリスクに脅されるより、本来の企業の実力を買いたい。売り方の姿も減ったようだ。

  • ここ1ヶ月ウォッチしているが6月の株価反転上昇を予想する。ファンダメンタルは良好で他の機械関連銘柄同様、受注改善も顕著。売られすぎと思う。踏み上げ相場になるかも。

  • CKDは機械関連株の中でも将来性や受注見通しが明るく、ファンダメンタルも良好な銘柄だと思う。SMCは価格面で買いづらいが、CKDは1400円近辺になってきたので「買い」場になってきたと思う。仕事上、製品も承知しているので安心。応援したい企業でもある。

  • 3月3日の不自然な急落(カラウリ)は何処が仕掛けたかは知りませんが、長谷工自体のファンダや先行きには株価上昇を期待しています。今日は最終的には反転すると思いますが、個人投資家が現在の株価で手放さないことが大事です。もし手放せばそれこそカラウリ業者の思う壺です。(大林組も似たような動きですね)

  • 三菱UFJモルガンスタンレー証券は12/26付けで「オーバーウエート」継続、目標株価730円→940円に引き上げている。17年3月期の1株利益が86.2円、18年3月期が98.4円、19年3月期が99.3円と試算している。円安効果に加え、主力の昨日商品能力増強効果で業績拡大が加わるとのことである。私は4042の12月10日ごろから続いた株価の「ヨコヨコ停滞」はここ2日の急落調整で終わり、いよいよ再上昇モードに変わると予想する。(JPモルガンのレーティング発表は上昇号砲かも)

  • 会社公表によると「みずほ信託銀行が受託した株式給付信託による市場買い付けは、11/25から2/9の間、260百万円規模で実施」とあったが、たぶん実行されたと思う。この間、みずほ信託は職務として定額範囲でより多く(安く)買いつける腕が試されたのだろう。一般株主にとっては迷惑な話だが、来週からの株価の適正化は期待しても良いだろう。小生も本日僅かであるが 3,265で追加仕込みを実施しました。

  • 株価が思うように上がらないのは、充電中(仕込み)を行なっている筋がいるからだろう。明日9日が最終日(自社株買い)ではないかと思っている。大型株でなくファンダメンタルや先行きが明るい当社の場合、抑圧的な不自然な動きは仕込み以外ないと思います。 今はがまんの最終局面。 以上

  • ドイツ証券はドイツ銀行Grなので、何とか自己売買で利益をあげようとしているのではないか? 個人的にはドイツやドイツ人は好きだが残念なことだ。まあ日本法人の売買は日本人がやっているのだろうが・・・

  • ドイツ証券は、仕込むためのレーティングではないか?
    10円下げてHold継続とは?
    私の近所で2世帯住宅(住友林業)の家が建ったが、すこぶる評判が良い。
    まあ、この評価、結果が証明するでしょう。

  • やはり昨日は買い場だったようだ。トランプリスクはもう少し先のようであり、
    ファンダや需給も安心だ。25日移動平均に沿って、上昇パターンに入ったようである。(昨日仕込んで良かった)

本文はここまでです このページの先頭へ