ここから本文です

投稿コメント一覧 (1760コメント)

  • 気温6度と高く風もなくて暖かく感じる木曜日の朝。散歩途中で汗をかきそうになったのでネックウォーマーを外しキルティングの上衣の胸を開いて歩きました。

    昨日の朝早く玄関のチャイムが鳴りました。まだ宅急便や郵便の時間には早すぎると思いながら玄関に出ると雨の中に女性が大声で呼びかけていました。「ゴミ袋をカラスが突ついて散らばっているよ」とのことでした。

    我が家は生ゴミは全部コンポストに捨てていますのでついついネットをかけずに玄関に出したのです。ところが運悪く昨日はみかんの皮が入ったポリ袋を出したので食べ物と間違えてカラスが突ついたのです。

    あわててゴミを拾ってポリ袋に入れ直すと共に周りを掃除しました。生ゴミがなくてもカラスは突つくことがありますから必ずネットをかけなければなりません。

    親切な女性は目の前のマンションの住人でした。いつも目の前の我が家を見てくれているのです。こんな人が複数いるのですから泥棒も入りにくいのではないでしょうか。感謝・感謝の思いでいっぱいです。

    庭のないマンションの人達は結構我が家の玄関やガレージに飾ってある花を喜んでくれているようです。時々褒めてくれる人がいると家内は喜んでいます。我々も努力のしがいがあるというものです。

    私の実家は昔々ですが火災にあいました。商売をしていたので費用をケチったのでしょう。火災保険に入っていませんでした。おかげで立ち直るのに大変苦労したと言います。それで我が家を持ったときから火災保険には入っていました。止めたことはありません。

    ただずっと保険会社の保険でしたが最近県の共済組合の保険に代えました。この方が安くていいという友達の意見でした。いずれにせよまだお世話になったことがないのは有り難いことです。未来永劫お世話になりたくありません。

    また自動車保険もまだ一度もお世話になったことはありません。というより一度は使ってもよかったのに気がつかなかったのです。軽い他損事故でしたから自分で払ってしまったのです。保険慣れしていませんでした。これはいずれお世話になるかもしれません。ならないように気をつけましょう。

    写真は今年初めての水仙の花です。散歩途中に見つけました。一昨日には確かに咲いていませんでした。まさに「♪♪♪小さなハール見いつけた♪♪♪」という気分です。まだまだ冷え込む日も続くと思いますがとにかく春は近づいています。

    往馬山人。

  • 気温8度と高くて暖かいが結構な雨が降っている水曜日の朝。一日雨になりそうな予報です。散歩はとても無理です。

    はんめいさんがお年玉付年賀状で二枚の切手シートが当たったと言うことですが何と私にも切手シート一枚が当たりました。たった23枚のなかの一枚ですから確率はとても高かったのです。往馬大社の大吉の御神籤は当たっているようです。

    私は一昨年でしたかパンクの経験があります。自分の手でやろうとしましたが途中で諦めてJAFを呼びました。毎年会費を払って無駄だと思っていたのですがすぐにやって来てくれたのには驚きました。故障で来てもらったのは初めてでしたがやはり安心のためには入っていた方がいいようです。

    しかし最近では保険会社のサービスも厚くなっていると聞きます。すぐに修理にもやってくるというテレビコマーシャルをよく見ますが本当でしょうか。

    奈良~新宮間のバスの旅は若いころ一度経験があります。新宮への出張で電車賃が出るのですが安く上げようとした訳です。長時間のバス旅行でしたがなかなか面白いものでした。しかし同じような山の中の風景でしたので大半の時間は居眠りしていたようです。

    先日ラティスにペンキを塗って長持ちするようにしたのですがその後余りにも寒いので放っておきました。今日は大変に暖かかったのでやっとガレージまで持ってきました。

    古くてガタガタになった二枚のラティスから花の植わっているプランターを外しました。そして取り外したラティスを塀に固定する金具を取り外して新しいものに付け替えました。これで塀から外れることはありません。

    駄目になったベゴニアなどのプランターを寒さに強いパンジーの植え込んだプランターと取り替えて吊り下げました。(写真の右側二枚)なんとか見栄えのするようになりました。

    しかしたったこれだけの作業をするのに腰や脚が痛むのです。ヨッコラショッという声がどうしても必要です。本当に体が弱ってしまいました。なんとか脚だけでも丈夫でいたいものです。

    阪神淡路大震災から23年目の記念イベントがテレビで放送されています。しかしあまり思いだしたくありません。自身発生後一週間は現場を歩き回りました。ひどいもんでした。

    往馬山人。

  • 気温0度の雲はあるが晴れていて風もなく穏やかな火曜日の朝。そろそろ医療費の領収書を整理し始めなければなりません。リハビリは週に三日は通っていますが治療代は110円なので年間を通すと分厚い束になります。こんなものを受け取ってくれるのでしょうか。

    我が家の自家用車の車検の時期が近づきました。購入して17年になるのですが走行距離がなんとまだ五万キロに達していません。ボデーは傷だらけですがエンジンはまだまだバリバリだと車屋さんはおっしゃいます。

    ふーみんさんと違って車を乗りまわす生活ではありません。日常はホームセンターやスーパーに通っているだけです。以前は娘や孫たちを乗せて夏には白浜まで往復していましたがそれも今はありません。

    墓参りなどに北陸まで走ったりしたのですが今はちょっと考えてしまいます。軽自動車にしたらどうだという話もありましたがやはり大きくていざというときに遠乗りが出来るほうがいいのです。

    車検は基本八万円ぐらいで後は痛んでいるところがあれば修理代と部品代がかかります。考えてみれば贅沢なことです。スーパーまで歩いて行けますからなくてもいいようなものですがあった方がいいのです。

    海外旅行も行かなくなりましたから奈良県内の温泉巡りでも始めようかと思っています。出来たら村や町がやっている公立の温泉施設なんかいいんじゃないでしょうか。安くて料理が美味しくて親切な温泉をご存じないでしょうか?

    近くには信貴山に温泉があります。冬の間はふぐ料理がでるそうです。奈良の山の中でふぐ料理とは場違いのようですが要するに食べられればいいのです。大阪難波まで行って食べるよりも一泊出来るのですから楽しめそうです。

    十津川温泉郷というのを調べましたがこれは奈良県の南端です。本当の山の中ですがなにかいいところのようです。奈良県で一番遠いところから始めましょうか。今の時期は雪の心配がありそうですが客は少ないのでこれまた楽しめそうです。

    平群には簡保の宿があります。宴会に一度利用しましたが結構なお客が集まっていました。温泉が立派で評判のようです。一度利用してみたいものです。

    奈良県内で皆さんのお勧めの温泉があったら教えてください。

    写真は往馬大社の神前で舞われる巫女さんの踊りです。薙刀や刀を振り回す仕草もあります。悪魔や病を追い払っているのでしょう。私に福をもたらしていただけますように。

    往馬山人。

  • 早朝の気温は計り忘れましたが今はもう9度を指している月曜日の朝。今日は暖かくなりそうです。

    先日の夕焼けはふーみんさんも車の中からご覧になっていたようです。いつも車の中からですから写真をとるのも大変でしょう。

    談山神社の十三重の塔は紅葉の時期に訪れたことがあります。雪をかぶった塔はちょっと見られない珍しい風景ではないでしょうか。見せていただいて有り難うございます。しかし下手したら道路が冠雪していて立ち往生していたかもしれません。今の時期は山の中へ車で行くのは注意しましょう。

    はんめいさんは年賀はがきの抽選で切手シートが二枚とは春から縁起がいいようです。昨年200枚程度来ましたがそれでも切手シートが二枚でした。今年は喪中でしたから来た枚数も大変に少ないのでとてもダメでしょう。

    これから病院通いですのでこれで失礼します。

    寒いチビタイと言っている内に我が家の梅の枝も芽が膨らんできました。五ミリぐらいの小さなものですが赤くて可愛いものです。今年はきれいに咲いて実になってくれるかな?

    往馬山人。

  • 気温マイナス2度だったが今は何とマイナス3度と下がっている日曜日の朝。空は晴れていますし風もありません。庭のパンジーもぐったりしています。ただ風がなければ大して寒くはありません。

    はんめいさんにお料理の腕を褒めていただいて有り難うございます。実際には家に帰って自分で作るなんてことは今まで一度あっただけです。そのほか切り身で買って来た魚を刺身にしたりサバを捌いたりするぐらいです。

    ただ台所で包丁やまな板の前に立つことにこだわりは全くなくなりました。ある程度は自分でやれる自信は出てきました。しかし家内の仕事を奪うつもりはまったくありません。もっとも奪ってくれという要求は常にありますが。

    皆さんも腰や型の痛みに苦しんでおられるようです。寧楽亭さんは以前脊柱管狭窄症を患ったと言われたことを覚えています。もうその点は一旦解決されたと思っていましたが未だに痛みが出てくるようです。

    はんめいさんも腰の骨の関節が痛んだりゆがんだりしてそこに神経がさわったりして痛んでいるのでしたら痛み止めの薬がよく効くはずです。あとはその骨を正常の位置に戻すリハビリをすることが必要ではないでしょうか。

    私も腰の骨が一部ずれていてその部分が神経に障って痛くなったようです。ひどくなったら手術で神経をずらすこともできるようですが大事です。また失敗する可能性もあるのでそのときはえらいことになるそうです。

    それで薬で抑えると同時にリハビリで骨の位置を正常に戻すことのようです。これは私の経験ですので間違っているかもしれませんが今のところ間違ってはいないようです。

    私の場合は痛みが消えたのでもう薬は要らないのかなと思いましたが医師は勝手にやめてはいけないといいました。しかし少しの間止めてみましたらやはりあちこちに痛みが発生しました。やはり痛み止めの薬は効いているようです。

    昨日は注連縄と門松をしまいました。注連縄に下がっていた稲穂は雀がやって来て米粒を全部食べてしまいました。玄関が稲殻が散らばっていました。雀のいいご馳走になったのでしょう。

    昨日の夕方は生駒山の上に小規模ながら夕焼けが見られました。(写真) テレビ塔がきれいにシルエットになって雲が真っ赤になりました。ふーみんさんもどこかで見られたかな????

    往馬山人。

  • 気温マイナス1度で快晴の土曜日の朝。散歩に出るときはまだ真っ暗なのですが帰り着くころにやっと明るくなります。それでもちゃんと散歩を続けている人が結構います。ブクブクに着太っているので見分けるのが大変です。

    はんめいさんは奈良医大病院での診察が無事終わったようです。結果は良好だったことを願っています。会計で一時間も待たされるのはちょっと困ります。先日の市立奈良病院は会計が機械化して大変早くなっています。これは助かります。

    なるほど大きな病院では整形外科も中にあるでしょうからそこに行くように指導されるでしょう。しかし遠いとリハビリには無理です。大体週に三日は来るように言われます。

    近くに知った医院があるのならそっちの方が便利でしょう。神経による痛みなら薬が劇的に効くようです。私にはとても効きました。首や腰を伸ばすのも効いているようです。なんといっても76年間も押し縮められていた骨が初めて伸ばされるのですから喜んでいるのではないでしょうか。

    電柱をなくして地下に電力配線するなんて今の日本では大変なことです。物凄い費用と手間がかかります。小池都知事はええ“格好”しただけでしょう。手がつけられればいい方です。


    昨日の料理教室は全体に美味しい出来上りでした。(写真) 左上は○えびきりたんぽ鍋で右上は○牛乳入り抹茶羊羹です。中央の大皿には左から反時計回りに○いかコロッケ○竹輪の肉詰め焼き○青菜のフレーク和えです。

    私はいかコロッケに挑戦していました。生のいかをばらして胴体も脚も皮をむいて細かく刻むのです。いかの皮むきなんてもちろん初めてです。主婦の皆さんもやったことがないようでした。今の主婦たちですから魚を捌いたりまではしていないようです。

    大根や人参のように固いものなら簡単なのですがぬるぬるするいかを細かく刻むのは苦労しました。コロッケに刻み込むのですから大きくては噛み切れなくなります。

    じゃがいも・にんじんをすりおろして水分をとりいかと卵を混ぜてこねます。そして一口大にちぎってパン粉をまぶして油で揚げるのです。いかも十分に水気をとらなかったのでフライパンの中ではじけて困りました。

    塩コショウしただけでしたがいい味付けになっていました。いかはもっと細かく刻んだ方がよかったのですが私には無理でした。

    そのほか竹輪の肉詰め焼きもフライパンでの焼き方に専念しました。豚ミンチにねぎ・生姜をくわえたものを縦半分に切った竹輪に塗り込んで焼き上げるのです。これも美味しく出来あがりました。

    今回は見栄えもよく美味しく出来あがりました。新年早々皆さんも元気に集まっていました。今年もあと二月・三月だけですが楽しくやりたいものです。

    往馬山人。

  • 気温マイナス1度と予報のマイナス3度よりはかなり高いが風も強くて寒い快晴の金曜日の朝。小川の川底も凍っているのが見えました。今日は今年初めての料理教室があります。みんな元気かな?

    はんめいさんの奈良医大付属病院での診察はいかがだったでしょうか。腰痛の相談もなされたのではないでしょうか。総合病院ですから中にも整形外科はあるでしょうが通うにはちょっと遠すぎます。自宅近くの医院を紹介してもらったら助かるでしょう。

    昨日の市立奈良病院の帰りにいつもはまっすぐ帰ります。朝九時半の診察が大体早く終わるので昼食もとりませんでした。これでは奈良までいって勿体ないので奈良市立写真美術館を訪問しました。(写真) 通りすがりの犬を連れたお年寄りが撮影してくれました。

    いままで二、三度訪れています。入江泰吉さんの写真を保存して展示するのが主要の美術館ですがその他の写真展も開かれています。同じカメラマンでもその名前の美術館を建ててくれるなんて私とは大違いです。

    入江さんの写真は内容を変えて展示されていますから何時いっても新しい写真を見ることができます。今はもう見られない古い奈良の風景が残されています。入江氏の関係の映画の上映もあって楽しめます。

    今は沢山のプロやアマチュアのカメラマンが奈良を撮りつくしていますので珍しくない写真ばかりですが風格があります。みんな入江さんの古い写真を撮り直しているだけとも言えます。それはそれで意味があることです。

    別の部屋では現在のカメラマンの写真展が開かれています。ずいぶん広い部屋に沢山の写真が展示されていました。私の知らない名前の女性のカメラマンの作品です。外国の街の風景を撮影したものです。

    心象風景のようなものですが私にはどうも馴染めません。苦労してまた苦心して撮影したという感じがしないのです。なんとなく町を通りすぎるついでにシャッターを押しただけという写真です。これだけのスペースを使ってみる意味があるのでしょうか。

    美術館は喫茶室があって現代的な水と芝生の庭を眺めながらコーヒーを飲むことができます。美味しいケーキも食べました。今の時期は観光客も少ないのでゆっくりと静かな雰囲気を楽しむことができました。

    写真展示室に入るには500円の入場料が要りますが喫茶室には玄関から無料で入れます。このあたりは近くに志賀直哉旧邸や新薬師寺があって大変奈良らしいところです。ゆっくり散策してもいいんじゃないでしょうか。

    往馬山人。

  • 気温0度の風がある冷たい木曜日の朝。マイナスの温度ではありませんでしたが道路上が一部凍結していました。(写真) 今冬初めてです。この場所は小川沿いの道路で風が強い場所です。他の場所でも二、三箇所氷が見られました。
    早朝から市立奈良病院まで往復しましたので今頃アップします。

    はんめいさんは腰が痛い状態で定期検診に行かれたのですからそのときに近くの整形外科医を紹介して貰ったのではないでしょうか。腰や首が痛いのは筋肉ではなくて神経であるならば貼り薬や塗り薬は無駄でしょう。

    神経をコントロールする薬は大変よく効きました。相談してみる必要はあると思います。散歩に変わるぐらいの距離で可愛い看護士さんが世話してくれる整形外科医が良いでしょう。リハビリも楽しくなりますよ。

    中小書店はもちろん大型書店もなくなりつつあるのでしょう。我が家の近所にあった大きな書店も今はレンタル店に変わりました。一部雑誌などは置いてありますが大部分はゲームやDVDが並んでいます。

    本を買う人は少なくなってレンタルを利用する人は増えたようです。早朝の散歩に出かけるときに返却に来る人がよく見られます。DVDによる映画鑑賞もよく利用されているのでしょう。

    たしかに本を買うことは少なくなりました。私の場合は毎月の文藝春秋購入しか利用していません。DVDも新しいテレビのHDDに録画したものを見るようになりました。従ってDVDとテープの再生装置はまだ置いてあるのですがコードを繋いでいません。

    正月にやって来た孫息子が近くのレンタル店で借りてきて我が家の大型テレビで見ようとしたのですが再生できないといいました。繋いでいないのですから当然です。こちらも酔っぱらっていましたからそんな作業は到底できません。可哀想に見ずに返してしまいました。

    韓国の文在寅大統領は「日本が真実を認定し、被害者に心を尽くした謝罪をし、これを教訓に再び起きないよう国際社会と共に努力するとき、元慰安婦も日本を許すことができ、完全な解決となる」と述べたそうです。

    少女像撤去やその他の約束を全く実行せずにさらなる謝罪の要求をしたわけです。十億円は棚上げするとのたまいました。一体どれだけ面の皮が厚いのでしょう。

    自分の約束は全く履行しないで要求ばかりするという馬鹿馬鹿しい国民性を恥ずかしいと思わないのです。北朝鮮に対してはたったオリンピックに参加してもいいぞと言われただけで感謝感激なのです。 

    隣の国が原水爆を製造しているのに何の手も打てないのです。あれは韓国相手ではなくてアメリカに対するものだと言われたことを本当に信じているのでしょうか。アメリカだけに使える原爆なんてあるもんか。いくらでも韓国に落とすことができますよ。

    往馬山人。

  • 気温2度の快晴だがまだ散歩途中には日の出がない水曜日の朝。一月も10日になりました。私の愛読書である文藝春秋の発売日です。リハビリの帰りに買って来ましょう。

    はんめいさんの自転車転倒の写真はアップで見ましたがピントもしっかりしてよく写っていますよ。スマホのズーミングをして写したものがこんなによく写るなんて驚きです。コンデジ(コンパクトデジカメ)なんて要らなくなって来たようです。

    本当に昨日の朝の強風は台風並みでした。ちょうどリハビリに行く途中でしたが背中から押されてタジタジとしたぐらいです。何の被害が無かったのは幸いでした。

    腰が痛いようですが整形外科医には通っておられるのでしょうか? 外科的な痛みは薬で抑えてくれます。たいていは骨や筋肉が痛むのではなくて神経が何かに触って痛いのです。私の場合は大変良く効きました。

    リハビリも首と腰を引っ張る機械にかかっています。効果があるのかどうかはよく分りませんがその後首と腰の痛みは軽くなりました。20分程度で終わります。一日110円の治療費ですから負担にはなりません。医院まで通うと散歩にもなりますよ。

    これが19695回目の投稿になります。あと305回で20000回めになります。大変切りがいい数字です。盛大にお祝いでもしたいものです。

    naraさんや鷹兵衛さんはどうしているのでしょう? これを機会に復活してほしいものです。

    我が家の門松がなかなかのものだと自慢していました。しかし昨日リハビリの帰りにぐんと豪華な門松を見つけました。(写真) お屋敷というほどではない普通の民家ですが二つの門松がしゃんとならんで来客を待っているのです。

    どうみても我が家のような手作りではなくプロの仕事です。なるほど本物の門松はこんなものかと側によってじっくり観察しました。大体の基本は同じなのですがしっかり立ち上がっているのです。

    面白いのは中心の三本の竹の並び方が違うのです。私が習ったのは三本が三角形を作っていて顔のような表情をつくっています。しかしこれは斜め上下に並んでいるのです。これはこれでなかなかシャープな感じでいいもんです。

    しかし我が家の2000円の材料費で作ったものとは違います。きっと数万円はしたでしょう。なかなか贅沢なお正月を迎えられたようです。

    往馬山人。

  • 気温10度と急に高くなったが空は真っ黒で雲行きがあやしく今にも降りそうなので散歩はやめました。

    家内はいろんな広告を見てサプリメントを買おうかなと言い出します。新聞やテレビに魅力的な広告がゾクゾクと出てくるのです。今までにも何度か購入をしました。たいてい高額の商品を毎月飲み続けなければならないというのです。

    結果はすぐには出ませんと言うのですがいつまでも出ませんと言っているようなものです。気休めに使うには高価すぎます。余裕のある老人を狙っているのでしょう。どんなに高価でも飲んでみたいと言う人が多いのでしょう。我が家の家内もその並びです。

    メーカーはたいていお酒やお菓子や食品のメーカーです。完全な医療薬品ではなくてサプリメントです。効果があるかどうかの試験があるとは聴いていません。もちろん薬ではなくて食品扱いですから当然でしょう。

    心療内科の先生によると物忘れなどを回復する薬はないが進行を遅くする薬はあるといって出してくれます。しかし進行を停めてくれるわけではありません。遅くなるだけです。

    心療内科専門の先生が出してくれる薬を飲むしかありません。家内は物忘れが怖くてその他の一般薬品を探します。知り合いの薬局に相談したら大変高価なものですよと言われたと言います。一割負担の処方箋で買える薬を出してくれているのにもっと欲しがります。困ったもんです。

    雨の成人式は例年のように馬鹿騒ぎの報道はありませんでした。しかしなんと晴れ着の貸衣装や着付けをする会社が夜逃げをしてしまったという事件がありました。何十万円という予約金を払っていた女性たちがだまされたのです。

    私が気づいたのはあの華麗な着物姿はほとんどが貸衣装だったということです。たしか二十数年前に我が家の娘たちは振り袖姿でしたが貸衣装ではなかったなあと家内に確認しました。我が家にまだあるので孫娘たちが着てくれるかどうか心配しています。

    家内は京都の着物関係の家で育ったのでそういう点で繋がりがあるのです。沢山ある着物も今は着る機会がありません。何度着る機会があったのかも記憶がありません。売っても二束三文でしょう。孫娘たちが喜んでくれたら嬉しいのですが。

    今朝は暖かいのですが0度以下に気温が下がると草花がぐったりしてしまいます。ベゴニアなんかは悲惨な状態です。我が家のパンジーも霜が降りてぐったりしてしまいました。(写真) それでも寒さに強いですから暖かくなったらまた元気になってくれると信じています。

    往馬山人。

  • 気温3度の雨が降っていてまだ空も暗い成人式の日の月曜日の朝。いつもなら散歩している時間です。成人式の若者たち特に振り袖姿の女性たちには可哀想な空模様です。一生に何度も着られない着物姿ですからいいお天気のときに着てほしいものです。

    私は学生でしたから東京の下宿でこの日を迎えました。ですから成人式には参加していません。この式のためにだけに帰郷するなんて贅沢なことはできませんでした。若者にとって楽しい成人式になるよう願っています。

    はんめいさんの結露ワイパーはあまり使い心地がよくなかったようです。108円で面白いグッズを使ってみるなんて楽しいではありませんか。まだまだ好奇心一杯の元気なところがよく分ります。

    サプリメントなど腰や肩や背中やあるいは物忘れに効くという薬が大きな広告で新聞を賑わせています。特に老人向けに売り出しているのですがなかなか魅力的です。

    同じようなものを医者に処方してもらえば九割引で買えるのに大きな広告を見ると高い金額でも買いたくなります。値段の分だけ効いてくれればいいのですがそうとは限りません。

    特に物忘れに効くなんていう薬がありますがそんなものがあったら成績の悪い子供に飲ませているはずです。昔のことわざに「薬九層倍」なんていう言葉があったことを思いだします。

    ただ私のリハビリに使っている医療器具に腰と首を伸ばす物があります。これを利用していたらとにかく首と腰の痛みは減っています。しかしこの器具を子供の頃に使っていたら私も背がもっと伸びていたかもしれません。ちびの子供たちを見ると私の子供時代のことを思いだして悲しくなります。これを使って背を高くして上げたいものです。

    二日ほど酒を(焼酎)飲まないでいたら肝臓が落ちついたようです。体調がよくなってきました。禁酒でよくなるぐらいの病気なら軽いものです。一生酒を止めればもっともっと元気になるのでしょうか。それもと発散できなくて鬱病になるかもしれません。こっちのほうがもっともっと厄介な病気のようです。

    あれこれ理屈をつけてまた飲み始めるでしょう。これが私の人生ですから仕方ないなことです。親父が79歳まで生きて兄貴は88歳でまだ生きています。私も生き続けましょう。

    写真はまた往馬大社に初詣したときのものです。書き初めをして奉納するようになっています。300円を払って二枚の紙を貰い自分の好きな言葉を筆で書くのです。子供の書き初めを親が目を細めて眺めています。

    私の時代には習字の授業がありましたしお習字教室も盛んでしたが今はどうなんでしょう。その割には子供たちが上手に書いていました。ただ今はスマホにその言葉を検索して出してお手本にしている我が孫娘みたいな子供もいます。やはりお手本があると上手に書けるものです。

    往馬山人。

  • 気温マイナス1度とこのところ寒い日が続いている日曜日の朝。昨日はお休みして失礼しました。お正月に少々呑み過ぎて体調を崩していますがなんとか元気になりました。

    寧楽亭さんの写真は散歩に出かけたときのものなら元気な証拠です。しかし紅葉ですからもしかしたらどこかから拝借したのかもしれません。それにしてもきれいな風景有り難うございます。

    はんめいさんの結露ワイパーはよくできています。これで108円とは安いものです。私の充電式のガラス拭き機はこれを大きくしてモーターで洗浄液を吸いとるものです。これもまた便利なものですがたしか3000円ぐらいしました。

    今日で松の内が終わりますので寒中御見舞を出しました。喪中の葉書を出したのですがそれでも年賀状をくれた人達に感謝です。喪中とはいえ他人の年賀状は嬉しいものです。私は喪中ですが他の人達は平和なんですから。

    また年賀状をくれなかった人でも寒中見舞いを出してくれた人がいるかもしれません。なかなかそこまで丁寧な人は少ないのですがどのくらいいるでしょうか。

    昔の石油ストーブはつけっぱなしは危険でしたが今のファンヒーターは三時間程度で自動的に消えるようになっていますし倒れても火を噴くようなことはなくなりました。暖房器具も進歩してきました。

    内科医は私にも水分を十分にとるように言いますが泌尿器科の医師はとりすぎないように言います。立場によって違うことを言いますから医師もいいかげんなものです。たしかに取りすぎは後が困ります。

    今日はいいお天気ですが明日の成人式は雨の予報です。晴れ着姿のお嬢さんたちには可哀想なことになりそうです。また例年のように騒ぎ立てる若者たちが出てこないことを願っています。

    韓国に対してビクとも動かなかった金正恩がソロソロと動き出したようです。世界中の包囲網が効いてきたのでしょう。オリンピックに参加してもいいぞと言い始めたようです。

    またそれに飛びつく文在寅韓国大統領も情けないありさまです。大統領としての誇りはないのでしょうか。日米をないがしろにして北にすがってなんのいいことがあるのでしょう。

    ただ日本政府の立場として慰安婦問題については一ミリたりとも譲歩しないと宣言していることは当然ですが立派なことです。ここでまた引っ込んだりしたら日本の誇りがまたまた傷つきます。ビクとも動いてほしくありません。

    写真は往馬大社でひいたおみくじです。なんと夫婦二人とも大吉でした。今年は春から縁起がええゾーーーッ!!!

    往馬山人。

  • 気温0度の散歩に出かけるときにはまだ夜で真ん中へんでやっと空が明るくなってきた金曜日の朝。今日からまたリハビリが始まります。

    はんめいさんの松尾山の石段の写真は恐ろしい感じがよく出ています。これを登り切るのは大変でしょう。二度三度休み休みでないと私には上れないようです。登り切れたということはまだまだお元気だということです。めでたいめでたい!!!

    ふーみんさんは主婦のお仕事ご苦労さまです。お正月といえども手を抜くことは出来ないのでしょう。そのうえ奈良から松尾寺・法隆寺と駆け巡っているのですから驚きです。一体年間何万歩歩いているのでしょう? 私の記録なんか狛犬に笑われてしまいます。

    寧楽亭さんの正月早々のお話笑ってしまいました。本人には笑うどころではない事件でしょうからどうもすみません。折角の酎ハイが口に届くまでに次々と事件が起こってしまったようです。しかし二日で清酒二升を開けたというのはいいお正月だったのでしょう。

    眼鏡や歯ブラシなどは私にも日常茶飯事です。本当に物忘れがひどくなってきました。家内と二人でまた忘れたといって笑いあっています。まあ笑いあえる程度の物忘れでした。

    財布を外でなくしたというのは大事件です。財布のお札だけならまだしもカード類は厄介です。免許証や診察券まで再発行とはおおごとです。さぞや手続も面倒だったでしょう。悪事に使われる恐れも十分あったわけです。

    それがいつもの場所に置き忘れていたとはやはり笑ってしまいます。結局ハッピーエンドになったわけですからこれは正月から縁起がええゾーーー!!!

    写真は昨年度の万歩計の集計です。一日8000歩の目標でしたがなんと年間でちょうど100%に達しました。今まで達したことが無かったので驚きです。一週間ぐらいは万歩計の電池切れを知らずにいたので0歩になっていました。また持ち歩くのを忘れたりしましたから本当はもっと歩いているはずです。

    ふーみんさんの一日に数万歩も歩く人から見るとつまらない記録ですが私にとっては大事な目標です。たぶんリハビリに歩いていく距離が増えたのでその歩数が大きいのではないでしょうか。

    ただ歩いている間上を向いて朗らかな時間は減って何かくよくよ考えている時間が増えた気がします。やはり明るく歩かないと健康にはよくないのではないでしょうか。これからも元気に歩けることを願っています。

    往馬山人。

  • 気温マイナス2度とまた冷え込んだ木曜日の朝。そろそろお正月気分が飛んでしまいます。なにか疲れたのか昨日は一日ゴロゴロウトウトしていました。

    はんめいさんはお酒の飲み過ぎのようです。しかし孫娘の旦那さんと一緒に飲めるなんて幸せでしょう。それにもうすぐ曾孫が抱けるかもしれません。まだまだ長生きしなければ!!! 私の孫娘に旦那さんができるまで私は生きていられるでしょうか? 

    我が家は服喪の葉書を出していたですがそれでも年賀状が来ています。松の内が過ぎたら寒中見舞いの返事を出しましょう。何枚ぐらいになるでしょうか。しかしやはり年賀状が沢山来ないのは寂しいものです。みんなどうしているのかな?

    娘も孫たちもいなくなってしまった我が家はいつもの生活に戻りました。しかしまだいつもの調子には戻りません。一度狂うとなかなか元に戻れないようです。朝の習慣だった朝食作りもテンポがずれてしまいました。

    お雑煮にしたお餅がザラザラして美味しくなかったのです。我が家で昔餅つき機でお餅をついたことを娘たちと思いだしました。みんなで丸くこねたことが楽しかったのです。あの頃のお餅は今から考えると大変美味しいものでした。

    つきたてのお餅を大根おろしで食べた話で盛り上がりました。あの餅つき機はどこへ行ってしまったのでしょう。もう一度つきたての餅を食べてみたいものです。ああ奈良の三条通りにある餅屋は毎日ショーとして目の前でついています。あそこへ行けばいいんだな。

    新聞に週刊誌の広告が掲載されていました。大した事件がないのでしょうか細々した記事の見出しが並んでいます。大相撲の話題も冷え込んでしまいました。平和なお正月でした。

    金正恩が韓国との電話連絡を始めたようです。オリンピックへの参加を餌に韓国を釣り上げようとしているのでしょう。そんな餌に飛びつく文在寅韓国大統領も情けないことです。

    日本に対しては居丈高に慰安婦問題を再交渉すると言い張っています。それでも安倍首相にオリンピック開会式に来いと言っています。いったいどこまで日本をなめているんでしょうか。

    写真は今朝の山茶花です。先日はんめいさんに大変お褒めいただいたのでまたまた再撮影しました。今朝の方が霜もしっかりしているようです。

    往馬山人。

  • 気温2度で雨模様だがお正月三日目の水曜日の朝。散歩に出ようとしたらパラパラ降っているので中止しました。しかし今は晴れてこようとしているようです。しかしああもう降っています。

    寧楽亭さんはお正月からパソコンに夢中のようです。私もKCNに相談すると向こうは私のパソコン画面を見ながらいろいろと指示を出してくれます。大変分かりやすくて有り難いのです。

    しかし私のパソコンを完全に把握しているわけですから悪く考えれば大変に危険とも言えます。その立場の人が悪事を働こうとしたらどうして防ぐことが出来るのでしょう? 寧楽亭さんの思惑も間違いないところでしょう。

    昨日は娘のご亭主が一人帰ったので8人で往馬大社へ初詣に行きました。いつものように賑わっていました。賽銭箱を覗いたらさすが万円札は見当たりませんでした。千円札はチラホラでした。景気も生駒には来ていないようです。私は100円玉でしたので偉そうなことは言えません。

    ほんとうにいいお天気で大ぜいの人で混雑していました。孫娘二人はいつもの書き初めに挑戦していました。二人とも書きたい文句を勉強してきたようでしっかりと筆を奮いました。

    午後には孫息子の一人がやって来て孫の全員集合となりました。仲間との集まりがあったので正月一日には来られなかったのです。お年玉の魅力でやっとやって来ました。

    孫の初めての大学生です。これまでは野球生活一色でしたからずっと坊主頭でした。それがなんと茶髪でマッシュルームカットでその上ピアスまでしているのです。中学高校時代にやってみたかったスタイルのようです。

    今は深夜までカラオケボックスでアルバイトをしているようです。親に言わせると大学生活を満喫しているというわけです。ちゃんと大学生をやっているのだからまあいいやというところでしょう。ただ女子学生には縁のない生活のようです。

    今日からはまた二人だけの生活に戻りました。来ないと寂しいが来たら疲れるというのが本当です。それでも今までと違ったちゃんと蒲団の始末をしてくれました。台所も娘たちがちゃんと助けてくれました。我々の年老いたことを判ってくれたようです。

    それでもこんな楽しい賑やかなお正月をこれから何度続けられるでしょうか。お年玉の魅力もいつまで続くでしょうか。それでも来てくれるでしょうか。先の心配をしてしまっています。

    写真は生駒大社のお守り売り場の巫女さんたちです。大変な賑わいで巫女さんたちも大童でした。私の孫も列に並んでいました。何のお守りを買ったのでしょう。

    往馬山人。

  • 気温3度の日の出の時間が遅い正月二日の火曜日の朝。復活した散歩も暗い内に出発したら帰りには空が明るくなってきました。

    昨日は長女と孫たち三人がやってきて次女たち二人と一緒に郡山イオンに出かけました。イオンは大変な人出だったそうです。今どき子供たちが羽根つき凧上げをするはずがありません。その代わりモールへ行って買い物やゲームをするのです。

    孫たちにはお年玉をはずんでやりました。近くに親戚がいるわけでもないので貰う相手がいないのです。我々が頑張りましょう。

    夜には二人の父親たちがやってきて9人になりました。なかなか賑やかなすき焼きパーティを楽しみました。孫たちも今まではよく喧嘩していましたが仲良く遊んでいました。

    いつも突っ張っていた子供もおどろくほど丸くなって協調性が育っていました。我々と違って子供は驚くほど早く成長しています。体も大きくなってしまいました。

    娘の亭主たちと酒を酌み交わしながらの食事でした。こちらの方は相変わらずしゃべりの苦手な男が黙って呑んでいました。それでもよくやって来てくれたと喜んでいます。

    今年のお正月はお天気に恵まれ大きな事件もなく平和に過ごせるようです。株式は高止まりで越年しているので景気もまあまあいい方に向かっているだろうと予測されています。

    こういうときには皇室のお話がテレビでぴったりです。陛下はもちろん若い人たちが活躍しているのも嬉しいことです。ただ韓国の文在寅大統領が日本と交わした条約を見直すと宣言しているのがきな臭い話です。

    前の政権時代に交わした約束は守らなくてもいいというのです。それならば今の政権との約束も次の政権になったら守られないということです。ということはそもそも韓国とはどんな約束も無駄だということです。

    そんな勝手なことを今までの日本は許してきました。何度も何度も慰安婦問題で謝罪しました。今回もきっと日本は許すだろうと高をくくっているのです。

    幸い今の日本の政権は大変に安定していますので強硬な態度に出ることも出来ます。韓国で行われる冬季オリンピックにも開会式に出席しないという態度です。来なくてもいいというのならこれまた簡単です。陛下の来韓を望んでいるなんてとんでもない話です。

    なんとか文在寅大統領も考え直して平和な日韓関係になってほしいものです。

    写真はすきやきパーティです。我々夫婦以外の顔は消してあります。

    往馬山人。

  • 気温1度の快晴の元旦の朝。生駒山の上空は雲一つない青空です。(写真) もちろん他には沢山の雲があるのです。お正月でもあり散歩はやめました。

    皆様 あけましておめでとうございます。本年もこの「70歳代のバソコン」をよろしくお願いします。楽しい話題で賑わいましょう。

    爺さんの新しいHN「寧楽亭」は「ならてい」と呼んでいいのでしょうか。新しい名前で心機一転面白い話を聞かせてください。イヒヒヒの笑いも楽しみにしています。

    ふーみんさんの吉野川の黄昏の写真は車の中からでしょうか。よく撮れてとてもきれいです。暮れの忙しくて寒い中を吉野山に登るなんてふーみんさんの昨年一年間の締めくくりとしては最高ではないでしょうか。

    体も心も健康という証拠ですから羨ましい話です。私も今日は別として散歩の習慣は出来るだけ守って行きたいと思っています。しかしもちろん無理はしません。休みたいときは休みます。

    我が家は次女と孫娘が泊まって行きました。夜は外食してきました。大晦日ですがそんなに混雑してはいませんでした。しかし予約は一杯でした。どうも予約すると別室をとってくれるのですが予約せずに行けばテーブル席に好きな時間に入れたようです。もちろん待たされる可能性もありますが。

    昨日はお昼に家内と次女と孫娘が一緒にお正月の買い物に出かけました。お節料理は昔は家内が手作りしていました。しかしもうとても出来ないというので出来合いのものを買いに行ったのです。

    それを以前百貨店でお節料理を買ったときの(一回だけです)立派な容器にきれいに詰めました。お節料理用に上手くできているので大変見栄えがするのです。しかし味はやはり家内の手作りのときにはかないません。仕方のないことです。

    今日は午後から長女と孫娘ともしかしたら孫息子がやってきます。みんなで郡山イオンに遊びに行くそうです。夜はみんなですき焼きをしようといっています。賑やかなお正月の夜になりそうです。

    昨夜は私も孫たちも結局紅白歌合戦は見ていませんでした。私は時々覗いていたのですが全く知らない若い人たちがほとんどでしたので聞いても一年の思い出にはなりません。

    ただ中途半端な外食でしたので夜中にお腹が減って目が覚めました。こうなるとなかなか寝つけません。熟睡できないまま朝を迎えてしまったので眠いような眠くないような変な気分のお雑煮となりました。

    特に去年の反省も今年の抱負もありません。無事に年を越せたことは幸いでした。なんとか平和な一年を過ごしたいと願っています。

    往馬山人。

  • 気温2度と曇って雨模様の日曜日の朝。風がなくて暗い大晦日です。午後には雨になるという予報です。

    はんめいさんの関東での「晦日」の言い方は大阪ではあまり言いません。そういえばしょっちゅう「ごとび」という言葉を聞きました。「ごと日」には町が混雑して車が混むのです。

    「ごとうび」という言い方をするところもあるようです。大阪では五日・十日など五と十の付く日に集金をするという習慣があったからだそうです。いまではもう銀行振込の時代ですから現金を集金して回ることはないでしょう。

    そういえば家内が孫たちのお年玉用の新札を郵便局で換えてきました。いくらぐらい上げればいいかはこちらの心づもり次第です。私の子供の頃は田舎で親類が沢山あったのであちこち回って集金したものでした。

    しかし私の孫たちには近くに親戚なんていません。我が家ぐらいですから少し多めに上げたいと思っています。とはいっても年金生活者ですからそんなに豪華には出来ません。孫たちが満足してくれるでしょうか。

    駅中の小さなスーパーは正月二日から営業してくれますので別に買いだめする必要はありません。しかしお正月のお節料理などの買い物は次女がやって来て家内と一緒に買い物してくれるそうです。ありがたいことです。

    以前はコツコツと家内がお節料理を作っていましたが孫たちもあまり食べません。私も見るだけでほとんど箸をつけないことが多いのです。もっとも長持ちするものばかりですのでしばらく食べ続けます。

    しかし全然お節料理がないとやはり寂しいものです。お正月気分にはお節料理がつきものだということです。これは私たちの年代ぐらいでしょう。子供たち孫たちにはもう要らないかもしれません。

    昨日は一階の残りと二階の窓ガラス8枚を拭きました。ガラス拭きのクリーナーが無くなったのでバスクリーナーでやってみたところ強すぎてむらが出てきました。家具用のクリーナーでやってみたら上手く行きました。

    家内の一番掃きやすいという上等のウォークングシューズの靴底が減ってしまいました。靴屋へ行っても同じものはもう売っていないそうです。よく見ると上の部分はきれいなので靴底だけ修理すればいいのだと分かりました。

    ついでに家内のブーツと私の靴二足の靴底を先日買って来た補修ゴムで修復することにしました。チューブに入った固い液体を靴底に盛り上げて塗るのです。十分固めてから履くとずいぶん長持ちします。いつもの仕事ですが上手く行きました。

    門松を早くも飾りました。(写真) いろんな花も周りに添えました。これを見るとお正月だなと感じます。孫たちも喜んでくれるでしょうか。

    往馬山人。

  • 気温2度の風はなくて曇った土曜日の朝。散歩途中でやっと明るくなってきましたが朝日はまだまだ昇りません。

    はんめいさんの写真はテント張りの野菜売り場でしょうか。両手に大荷物のどこかのご主人が奥様を手伝っているようです。今は本当に野菜が高くなっていますのでこういう店があると助かるでしょう。

    次女と孫娘は夜の八時ごろにUSJから帰って来ました。寒い寒い!! だけど楽しかった・・・とのことでした。四時間待ちの乗り物などが二時間で乗れたのでラッキーだったなんて言っています。あの寒空によく我慢できるものです。

    長女と孫娘と一緒に腹一杯楽しんだようです。一年間の最後に嬉しい思い出になったでしょう。またもうすぐお年玉が待っています。子供たちにいい暮れとお正月になってほしいものです。

    孫息子たちはバラバラにやってくるようです。大学生になった孫は夜中のアルバイトがあるそうです。結構稼いでいるのかな? 以前のように元旦に全員揃ってお雑煮を食べるなんてことはもうなさそうです。

    家内はもうお節料理を作る元気がないとぼやいています。娘がやって来て暮れの買い物とお節を作る手伝いをしてくれるそうです。そうでもしてくれないともうぐったりしてしまいます。しかし孫たちはいつになっても自分の後始末をして帰りません。困ったものです。

    とはいうものの来ないとなったらそれはまた大変に寂しいものになるでしょう。それはそれで家内がぼやき始めるでしょう。今でも最近来ない来ないと言っていますから。

    そろそろ門松を飾ってもいいかな? 教室の先生は28日頃から飾ってもおかしくないといっていましたがちょっと早すぎでしょう。この正月は立派な門松が玄関に鎮座してくれます。

    昨日は私の仕事である窓拭き仕事で一階の大きなガラス戸八枚を八割がたやりました。今日は残りと二回の窓を仕上げましょう。スプレーで洗浄剤を吹きかけて電動機で拭き取るだけなのでずいぶん楽です。

    しかし脚立に上ったり座ったりしていると腰や脚が痛くなってきます。軽々とやった昔が懐かしいものです。考えてみればガラス拭きなんて暖かい秋の内にやっておけばいいのです。わざわざ寒い年の暮れにやらなくてもよかったのになあ。

    我が家の赤い山茶花が咲き始めました。(写真) もう珍しくはないのですが我が家のものは大変咲くのが遅いのです。やっとお正月に間にあったというわけです。

    往馬山人。

  • 気温2度の風のない曇って日の光が見えない金曜日の朝。リハビリは今日で最後です。

    灯油の缶が18リッターになっているのは人が運べる重さがこの位だからだそうです。若いころは両手に一缶ずつ下げて運びましたが今はもう一缶をヒイヒイいって運んでいます。

    一輪車でゴロゴロ運びたいところですが我が家は物置が地下にあって段になっていますから手で運ぶより仕方がないのです。ポリ缶に10リッター入れてくれといった人は老人でしたからそれぐらいしか運べなかったのかもしれません。

    たしかに昔は農協が灯油をタンク車で運んできてポリ缶に給油してくれました。我が家が止めたのはやはり高くついたのではなかったでしょうか。今でもやっているのでしたら少々高くても頼んだ方がいいのかもしれません。

    ただこの年になってくると暖房そのものを灯油から電気に換えた方がいいのかもしれません。台所のガスも家内が扱うのには危険になってくるのでこれも電気にした方がいいのかもしれません。

    しかし暖房の温かさもガスの熱もやはり電気にはない頼もしさがあります。寒い戸外から帰って来てつけるとぐんと暖かくなります。鍋物にはガスの強力な熱が必要です。さてどうしたもんでしょうか?

    次女と孫娘が昨日やって来て泊まって行きました。今日はもうすでにUSJへ出かけてしまいました。長女と孫たちと駅で待ち合わせているのです。冬休みに入った孫たちには幸せな一日になるでしょう。

    私も窓ガラスの掃除を請け負いましたので今日から頑張らないといけません。お天気がいいと結構気持ちがいいものですが今日のような天気ではやる気が出ません。晴れてくれないかな????

    一昨年の秋エアコンを買ったときに安くするからと言われて買った窓ガラスを拭く機械を引っ張りだしました。掃除機のようなT字型の吸入口を持っている電動機です。ガラスにクリーナーを吹きかけてこの機械で汚れをこすり落としながら吸いとって行くのです。

    昨年の暮れにも使用しましたがやはり手で拭き取るほどにはきれいにはなりませんでした。しかしごく簡単にまあまあきれいになります。もう子供たち以外にはやって来るお客さんもいませんからそれでいいかなと自分だけで納得しています。

    写真は何でしょう? これは越前蟹であることを証明するタグです。かにの脚につけてあるのです。かに料理といってもロシア産と越前産では天と地ほど値段が違います。採れたてと冷凍のものでは味も天と地ほど違うといいます。私には値段ほど味に違いがあるとは感じませんでしたが。

    往馬山人。

本文はここまでです このページの先頭へ