ここから本文です

投稿コメント一覧 (2060コメント)

  • 8000円を天井にした下降トレンド途中の小反発の様な感じがしますけどね。

  • テックビューロの技術をフィスコに取られて、オウケイの2枚看板が怪しくなってきました。
    2枚看板↓
    ①ブロックチェーン
    ②仮想通貨ビジネス

  • オウケイとテックビューロの提携関係は次の様になります。

    ①テックビューロと事業提携し、ブロックチェーン技術による知財販売の決済やユーザー認証、サポートキューを共同開発
    ②テックビューロ株式会社との資本・業務提携に関するお知らせ
    ③仮想通貨取引所運営、ブロックチェーン製品開発、ICO ソリューション提供のテックビューロへの追加出資のお知らせ

    以上の提携内容により、以下のようになると思います。
    ・テックビューロのブロックチェーン技術「mijin」をプラットホームにして利用しているオウケイのブロックチェーンは信頼性を著しく損なわれるので商品価値が低下することが考えられる。

    ・オウケイの仮想通貨取引所関する登録認可は、かなり難しくなるのではないだろうか。

  • テックビューロの社長や経営陣は責任を取って退任を発表。かわりにフィスコが全面支援を発表してフィスコ株は大幅高。
    テックビューロと資本業務提携をしているオウケイは微妙になるが、どうなりますか。

    テックビューロに関するオウケイの適時開示情報は次のとおり。 ↓
    ①テックビューロと事業提携し、ブロックチェーン技術による知財販売の決済やユーザー認証、サポートキューを共同開発
    ②テックビューロ株式会社との資本・業務提携に関するお知らせ
    ③仮想通貨取引所運営、ブロックチェーン製品開発、ICO ソリューション提供のテックビューロへの追加出資のお知らせ

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
    2018/09/20 10:24
    <NQN>◇<JQ>フィスコが大幅高 テックビューロに支援検討で合意
    (10時20分、コード3807)フィスコが大幅に上昇している。一時前日比49円(20.4%)高の289円と約1カ月半ぶりの高値を付けた。仮想通貨交換会社のテックビューロ(大阪市)が20日、外部からの不正アクセスにより仮想通貨「ビットコイン」などが流出したと発表。これを受け、フィスコはグループ会社を通じた50億円分の金融支援やテックビューロ株式の過半数取得などを検討することで基本合意したと発表した。テックビューロを傘下に収めれば業界内でのシェア拡大につながるとの思惑から買いが先行した。

     フィスコのグループ会社はテックビューロに対し、過半数の取締役や監査役1人の派遣も検討する。市場では「ブロックチェーン技術に強みがあるテックビューロをいずれ子会社化する内容とみられ、事業拡大期待が高まっている」(財産ネットの藤本誠之氏)との声が聞かれた。
     フィスコ本体は2016年、テックビューロが発行する優先株の一部を引き受け、業務提携を結んでいた。
     テックビューロは20日、システム開発のカイカ(2315)ともセキュリティー向上のための技術提供を受ける基本契約を結んだと発表した。カイカ株は前日比9%程度上昇する場面があった。

  • テックビューロの社長や経営陣は経営責任を取って辞任する方針だとか。
    オウケイは無難で済むだろうか。

    テックビューロの朝山貴生社長ら現経営陣は、今回のハッキング被害への対応や、フィスコグループの経営陣への引き継ぎなどの後に経営責任を取って辞任する方針を示している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000023-reut-bus_all

  • テックビューロに関する適時開示情報(オウケイ) ↓
    ①テックビューロと事業提携し、ブロックチェーン技術による知財販売の決済やユーザー認証、サポートキューを共同開発

    ②テックビューロ株式会社との資本・業務提携に関するお知らせ

    ③仮想通貨取引所運営、ブロックチェーン製品開発、ICO ソリューション提供のテックビューロへの追加出資のお知らせ

  • 「オウケイはブロックチェーンの開発会社であるテックビューロ社と資本業務提携しています」→オウケイのブロックチェーン開発はテックビューロの技術に依存か。

    そのテックビューロが運営している仮想通貨交換所は今日で3回目の事故を起こしています。→オウケイの仮想通貨交換所の登録認可に大きな影響があるでしょう。

  • 「オウケイはブロックチェーンの開発会社であるテックビューロ社と資本業務提携しています」→オウケイのブロックチェーン開発はテックビューロの技術に依存か。

    そのテックビューロが運営している仮想通貨交換所は今日で3回目の事故を起こしています。→オウケイの仮想通貨交換所の登録認可に大きな影響があるでしょう。

  • 「オウケイはブロックチェーンの開発会社であるテックビューロ社と資本業務提携しています」→オウケイのブロックチェーン開発はテックビューロの技術に依存か。

    オウケイはテックビューロ社(非上場)と資本業務提携を締結して、資本を投入しています。このテックビューロ社は、ブロックチェーンの技術開発会社です。この提携によりオウケイのQ&Aシステムやコールセンターのシステムに、テックビューロが有するプライベート・ブロックチェーン技術「mijin」を応用することが考えられます。
    それと同社は現在仮想通貨交換業の登録が認可されてZAIFを運営中です。
    オウケイの資本業務提携の目的はテックビューロのブロックチェーン技術のプラットホーム(mjin)の活用と仮想通貨交換所にかかわるシステムソフトの活用だと十分に推測されます。
    即ち、オウケイのブロックチェーンと仮想通貨システムはテックビューロ社の技術を活用することだと考えられます、
    ただテックビューロには大きな問題が発生しています。テックビューロの仮想通貨交換所(ZAIF)は今年に入って金融庁が2回業務改善命令を出しています。1回目は不正流失があったことと、2回目はサーバーの不具合があり仮想通貨の売買に支障をきたしたことです。
    また9月20日にも流失事故を起こしています。(3回目の事故です)
    オウケイがテックビューロのソフトをプラットホームとして活用する計画であれば、金融庁からシステムリスクを指摘される可能性も無いとも言えません。金融庁が慎重になっている時に、このことが認可のネックになるかもわかりません(ここのところは金融庁の担当者ではないのでわかりません。私見です)

    ブロックチェーン相場は今に始まったものではありません。
    雑談になりますが2年くらい前にテックビューロに出資しているインフォテリアやさくらインターネットでブロックチェーン関連がブレイクして大儲けしました。

    関連する適時開示情報 ↓
    ①テックビューロと事業提携し、ブロックチェーン技術による知財販売の決済やユーザー認証、サポートキューを共同開発

    ②テックビューロ株式会社との資本・業務提携に関するお知らせ

    ③仮想通貨取引所運営、ブロックチェーン製品開発、ICO ソリューション提供のテックビューロへの追加出資のお知らせ

  • 今日は仕手屋さんが食い散らかした残飯あさりに終始する1日でした。
    日経、新興ともに好調な日に下げが大きすぎた。
    この調子ですと、下げトレンドが加速して2500割れも早いのかもわかりません。

  • 今日は日経も暴騰、新興も軒並み暴騰です。株価的には日本晴れです。
    こんな日に大きく急落とは、下げトレンドが加速するかもわかりません。

  • 四季報良し、地合い良し、でも急落。
    下げトレンド確定ですね。

  • ①松田マジックのネタバレ②出来高激減③仕手屋の食い散らかした残飯
    以上の結果により、幕がおりたところで、今日から通常どおりの下げトレンドが再開です。

  • ①松田マジックのネタバレ②出来高激減③仕手屋の食い散らかした残飯
    以上の結果により、明日から通常どおりの下げトレンドが再開します。

  • >ADWAYS、第1四半期営業利益2.5倍―「UNICORN」主要事業に成熟
    急成長なのに株価は静かに上げている。まだ、初動の前段階のようですね。

  • オウケイは実態が無いと言うか実態が見えないですね。
    実態があるのはQ&Aサイトだけのようです。
    仮想通貨もブロックチェーンも大きく出遅れていますから、トップ集団に食い込むのは無理でしょう。
    松田マジックで株価が反応しているだけのように見えます。
    したがって、最近のチョコット上げはプチバブルだと言うことを念頭において、行動した方が良いでしょう。

  • オウケイは実態が無いと言うか実態が見えないですね。
    実態があるのはQ&Aサイトだけのようです。
    松田マジックで株価が反応しているだけのように見えます。
    したがって、今のチョコット上げはプチバブルだと言うことを念頭において、行動した方が良いでしょう。

  • オウケイは実態が無いと言うか実態が見えないですね。
    実態があるのはQ&Aサイトだけのようです。
    松田マジックで株価が反応しているだけのように見えますが。

  • 松田氏のアジア地域組織のブロックチェーンアドバイザーに就任ニュースの件です。
    これは自薦、他薦を含めて会費を納入すれば様々なポストが用意されているのではないか、その会費は選挙資金なるのではないか、などと自分勝手に想像力を逞しくしています。

    さて株価は8000円を天井にして、反発、反落を繰り返しながら下降トレンドは継続中だろうと感じます。

  • >>No. 510

    >第1四半期にすでに通期純利益計画クリア
    サプライズです。

本文はここまでです このページの先頭へ