ここから本文です

投稿コメント一覧 (1802コメント)

  • >>No. 190

    > 一部の人達に嫌われてるからかな?w
    > Twitterも一度凍結された。
    > 世の中闇が深いみたいよ。

    世の中の闇 怖いですねぇ〜
    きっとZEUSさんへのやっかみですね‥‥
    ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

  • >>No. 188

    > アカウント凍結。
    > また1コメからスタートw

    何故アカウント凍結されるのですか❓

  • >>No. 186

    > KDDIグループでvppやブロックチェーンの実証実験中で
    > KDDIグループで唯一の電力管理企業と言えば・・・( ^ω^)どこでしょうかね


    ( ,,`・ ω´・)ンンン❓
    難しい問題ですねぇ〜❓

    (^∇^)ニャハハハハ❗️

  • 海底ケーブルと言えば‥‥
    ( ̄ー ̄)ノ" ゜ ポイッ


    洋上風力、促進区域5カ所 青森・秋田・長崎が有力

    経済
    2018/2/23 18:00

     政府は洋上風力発電の普及に向け、2030年までに全国5カ所に「促進区域」を設ける。今国会に提出する新法案の成立後に選定に入るが、強い風が吹き適地の青森、秋田、長崎3県の沖合が有力だ。最長30年間にわたって認定業者が事業を続けられる環境を整え、再生エネルギーの柱として市場を育成する。

     洋上風力は、海底に固定した基礎の上に建てたり、海上に浮かせたりした風車で発電し、海底ケーブルで電力を届ける仕組みだ。

     欧州ではすでに3千基以上の洋上風力が稼働する一方、日本での稼働は17年3月時点でわずか6基。いずれも国の実証試験段階だ。民間による計画はあるものの環境アセスメント(影響評価)の途中が多く、本格稼働に至っていない。

     港湾内での発電に関しては、自治体が事業者を公募する手順を定めている。一方で沖合など一般海域を利用する場合の統一ルールはなく、都道府県が条例で独自に定めていた。

    促進区域では認定業者が最長30年間にわたり事業を行えるようにする=新エネルギー・産業技術総合開発機構提供
     政府は一般海域の中に洋上風力の促進区域を設けて国が統一ルールを定める新法案を今国会に出し、早期成立をめざす。同区域は経済産業相と国土交通相が他省庁などと調整した上で指定。参入を希望する事業者は発電計画や終了時の撤去方法などを盛り込んだ計画を提出する。

     認定されれば30年間事業を続けることができる。いまは管轄する自治体によって3~10年と幅があり、更新できるものの、事業者からは長期的な事業計画をつくりにくく、銀行の融資を受けづらいといった不満が強い。

     青森や秋田、長崎沖は強い風が安定的に吹き、いずれも風力発電計画が相次ぐ地域だ。青森と秋田は比較的遠浅で、海底に風車を建てやすい利点があるという。

     再生エネの普及には発電設備の拡充に加え、送電網に十分な受け入れ容量を確保することも欠かせない。

     経産省や電力各社は送電網の増強に努める一方、従来の保守的な運用を改めて「空き」を生み出す「日本版コネクト&マネージ」と呼ばれる手法の導入を検討中だ。18年度から順次始める。

     政府は風力発電の規模を16年の約3倍の1千万キロワットに拡大する目標を掲げる。陸地よりも制約の少ない洋上での建設を促進し、太陽光発電に比べて遅れ気味の風力の普及拡大につなげたい考えだ。

  • >>No. 172

    > ブーメランが突き刺さってるよ。
    > 負けっぱなしパパ笑


    ブーメラン❓

    ってか、坊やの方のアカウントからの返信かよ、面白く無いなぁ〜❗️
    ('ω'乂)<NO

  • >>No. 166

    > 頑張るパパはただの馬鹿じゃなくて大馬鹿だから頑張って欲しい。


    オイbor今日は金曜日だぞ、人の文句ばかり言って無いで飲みにでも行ったらどうだ❗️
    ( ,,`・ ω´・)ンンン❓
    あっ ゴメンゴメン友達の居ないボッチ君だったっけ、銀座まで出て来るかぁ〜今日は気分が良いから奢ってやるぞぉ〜❗️

    あっ友達にはならんけどな❗️
    (^∇^)ニャハハハハ❗️

  • >>No. 145

    君凄いね❗️
    何故650円を協調してるの❓
    650円で空売りを又仕掛けるのかい❓
    (^∇^)ニャハハハハ❗️

  • >>No. 140

    > 負けてるパパの負け惜しみ笑

    坊やお前は何と勝負してるんだ❓
    負け惜しみ❓今、エナリス株は含み損だが悔しさなど微塵も無いのだが、それに株取引で誰とも勝負などして無いわ❗️

    坊やは自分の物差ししか持って無いのだろう❗️
    それを井の中の蛙と言う❗️
    🐸

  • >>No. 124

    > お前の材料では上がらん。
    > 結果が全て。
    > 持ってるだけで幸せ。
    > 単なるアホの株下手
    > 以上

    前にも同じ事言って来た奴が居たけど坊やの複垢かぁ、只の記事の貼り付けで株価が上がるんだったらもっと記事を探して貼り付けるわ。坊やはここの掲示板で株価が上がるとでも思ってるのか❓

    結果が全てだったら1銘柄だけでごちゃごちゃ言って来るんじゃねーよ。

    俺は年間収支がプラスだったら良いんだよ❗️

    何イラついてんだよ、バカか❗️

  • >>No. 122

    坊や、構って欲しいのかぁ❓
    めでたいおバカさんだなぁ。

  • ( ̄ー ̄)ノ" ゜ ポイッ


    パナソニック、HEMS拡販へ利便性向上PR/リフォーム時の導入促進
    ◆EV、スマートスピーカーと連携も

     パナソニックエコソリューションズ社はHEMS(家庭用エネルギー管理システム)の拡販に乗り出す。接続できる家電機器を拡充し、クラウドを利用した最適な制御も実施。音声操作の対応環境も整える。電力使用量の可視化や節電制御に加えて、HEMSの機能拡充で生活の利便性が高まることを前面に打ち出す。2016年度実績で約1万7千台の販売台数を20年度に2.4倍まで伸ばす方針。まずは18年度に3万台の販売目標を掲げた。

     同社は12年からHEMS事業を展開している。累計販売台数は12年度から16年度にかけて4倍に伸びた。同社の調べで新築戸建て住宅向けのHEMSはトップシェアを誇る。
     これで満足はしていない。同社エナジーシステム事業部の松本亮部長は「絶対数はまだまだ少ないのが課題」と指摘。現状のHEMS販売先は新築の顧客が大半を占めるため、リフォーム時の導入提案などにも力を入れる考えを示す。
     既存住宅の顧客を振り向かせるためにも、ライバル企業と手を携えて接続できる機器を拡充する。3月21日にHEMSの機能を拡充する際、三菱電機のエアコンやエコキュート(自然冷媒ヒートポンプ式給湯機)などとも接続可能となる。18年度中には接続できる機器がパナソニック製を含めて14社27機種まで増える予定だ。
     冷蔵庫やエアコン、テレビなどの家電を1社の製品で統一した住宅は多くない。複数社の家電をHEMSでつなぎたいニーズは根強いだろう。

     ◇他社と連携深化
     通信事業者が提供するHEMSで複数メーカーの家電に対応するものもあるので、この動向に追随する形だ。パナソニックエコソリューションズ社エナジーシステム事業部の井上真人課長は「家電メーカー各社の思惑もあるだろうが当社は他社との連携をさらに進めたい」と意気込みを示す。
     クラウドを利用した最適な制御もHEMSの普及に欠かせないと考えている。3月にエコキュートと太陽光発電の自動連携機能などを追加する方針だ。翌日の日照量を予測し、日照量が多ければ夜間の湯沸かし量を少なくする。翌日の太陽光発電で必要な湯量を賄う仕組みだ。
     将来はHEMSと電気自動車(EV)の連携も目指す。充電状況をスマートフォンで見られるようにしたり、電気料金の安い時間帯に充電するよう制御したりする構想がある。松本部長は「V2H(車から宅内への給電)の対応も視野に入れている」と話す。

     ◇対応環境を整備
     音声操作の対応環境も整えて利便性を高める。米グーグルのスマートスピーカー「グーグルホーム」とHEMSを組み合わせ、グーグルホームに話し掛けるだけで家電を操作できるようにする方針だ。現在は試験段階で18年度中にも対応環境を整える考え。井上課長は「HEMSにつながる家電機器を一括で操作できるのもメリット」と指摘する。例えば外出や就寝時にグーグルホームに一声掛ければ照明や空調などの電源をまとめて切ることができるので便利だ。
     競合他社には赤外線リモコンを用いるなどして、より安価にHEMSで家電操作や電力使用量を可視化できる機器を投入する動きもある。同社の廉野剛課長は、そうした機種よりパナソニックのHEMSが高機能なので「生活を豊かにする価値が提供しやすい」と自信をみせる。その一方で簡易機種を市場投入するなど様々なケースを視野に入れて柔軟に普及を進めていく考えも示す。今後どのようにHEMSの裾野を広げられるのか。“王者”の動向に注目が集まりそうだ。

    щ(゚ロ゚щ) カモ-ン

  • 小林社長、皆さんおはようございます。
    今日も一日頑張っていきましょう⤴️
    (•̀ᴗ•́)و ̑̑ぐっ

  • ( ̄ー ̄)ノ" ゜ ポイッ

    [ 環境・エネルギー ]電力小売り全面自由化
    電力自由化3年目 押し寄せる淘汰の波

    (2018/2/22 05:00)

    2018年4月の電力小売り全面自由化3年目を目前にして業界に、二つの波が押し寄せている。商機を見込んで参入した新電力の淘汰(とうた)と、自由化開始時に2年契約を結んだ顧客の更新切れに伴う争奪戦だ。価格競争で体力勝負の様相も呈する中、各社は新たなビジネスモデルを確立できるかも問われてきそうだ。

    17年は電力自由化にビジネス拡大を夢見た事業者が現実を思い知らされた1年になった。大東エナジーが11月に電力市場価格の高騰から事実上の撤退を表明し、12月には福岡県みやま市が出資する「みやまスマートエネルギー」が債務超過の状態に陥っていることが明らかになった。

    電力各社の顧客獲得のための安売り合戦は激しさを増す。一方、電力の調達コストは高止まりしており、自前での発電設備を持たない企業は収益性が悪化している。400社以上が参入を宣言したものの、今後は事業撤退に伴うM&Aが活発になる可能性が高い。

    東京ガスの広瀬道明社長はM&Aを顧客拡大の手段の一つとして位置付ける。「(新電力は)首都圏以外で事業を展開している場合も多い。当社もかたくなに首都圏に事業を限定するわけでない」とM&Aを通じての商圏の拡大を示唆する。JXTGエネルギーの杉森務社長も電力小売りでのM&Aを否定しない。

    家庭向けの電力の切り替え件数は約640万件で、切り替え比率は1割を超えている。東ガスが電力使用量の少ない世帯向けのプランを設けるなど市場の裾野を広げる動きもあるが、急激な市場拡大は見込みにくい。

    そうした中、各社が注目するのが「2年契約の更新切れ」だ。16年4月の自由化開始時に、新電力を中心に一部の電力会社が割引率を高めに設定した2年契約を提供した。新電力幹部は「一度は電力契約を切り替えた顧客層だけに、価格に敏感。流出を防ぐのが課題になる」と語る。

    とはいえ、事業者は価格だけの訴求では早晩限界が訪れる。既存の大手電力も大半の電力会社の原発が稼働していない今、収益性を改善する「特効薬」はない。

    東京電力ホールディングスの小早川智明社長は「エネルギーだけで勝負する世界ではない。メーターの先にある(家庭内の)サービスを訴求していきたい」と語る。各社はガスなどとのセット売りや付帯サービスを拡充することで顧客を取り込むと同時に、収益率の向上につなげる方針だ。

  • >>No. 64

    ヾ(・ε・。)ネェネェ
    イロエンピツさん 何故 今日から表示名を変えたの 何でなのぉ〜❓

  • >>No. 55

    > エンペツさん改め
    > 売らない師匠〜


    売らない師匠 改め 売っちゃった師匠です❗️
    (๑•̀д•́๑)キリッ






    DDTさんハードル上げすぎですよ、
    今はオシメ待ちのノンホルさん何ですから❗️
    (^∇^)ニャハハハハ❗️

  • >>No. 52

    > 悲しいかな、エナリスは、完全に終わったのだった・・・エから4文字の運・・・改名要す!売らない師より

    寂しくなるね、その書き込みでエナリス板の最後の書き込みかぁ〜もう出て来なくても良いね❗️

    逆に屑が住み着いたよ❗️
    (^∇^)ニャハハハハ❗️

  • > がんばるパパ・・・
    > こどもしぬんや・・・

    お前腐ってんな❗️

  • ( ̄ー ̄)ノ" ゜ ポイッ


    石油需要30年代ピーク
    英社予測 EV普及・燃費改善で
    日本経済新聞 夕刊
    2018年2月21日 15:30

    【ロンドン=篠崎健太】英石油大手BPは20日発表したエネルギー市場見通しで、世界の石油需要が2030年代後半にピークを迎えるとの予測を示した。ガソリンが要らない電気自動車(EV)の普及や燃費性能の向上で、輸送向けの需要が減少に転じる。一方、太陽光発電や風力など再生可能エネルギーは拡大が続き、エネルギー構成が大きく変わりそうだ。

    BPの最新予測によると、石油需要は15年の日量約9500万バレルから、標準シナリオでは35年に約1億1030万バレルと16%増える。そこで頭打ちとなり、40年には約1億940万バレルとマイナスに傾く見通しだ。

    背景にはEVシフトやカーシェアなど、自動車業界で見込まれる構造変化がある。BPはEV台数(プラグインハイブリッド車を含む)が40年時点で3億2千万台に達し、乗用車全体の15%程度を占めると想定。カーシェアも普及を後押しし、走行距離ベースでは約3割がEVになるとみて燃料需要をはじいた。

    自動車の保有台数は伸びが続くものの、環境規制への対応が進み、燃費効率は年平均2~3%の向上が続くと試算した。

  • > みんなしぬんや・・・

    どう言う意味なんですか❓
    皆んなが信用取引してるって事❓

本文はここまでです このページの先頭へ