ここから本文です

投稿コメント一覧 (8990コメント)

  • >>No. 23529

    りょーちんもいよいよトレード再開な感じしてるね。
    環境認識するのにMT4は使いやすいチャートソフトだと思うよ。
    多くの人は日経平均にしても、その日その日の上下に目を奪われがちだけど、大切なのは中期以上で波がどちらに動いてるかの認識だと思うね。

  • >>No. 23524

    水平線はトレードする上での利食いの目標にすることは多いです。
    ただ水平線が効く場合というのは、そこに斜めのラインが調度来るようになってるからなんですよね。
    考え方としては騙しというのはチャートには無くて、勝手に思い込んだラインで見ているからそう見えるだけだと思います。勢いが強くて髭が伸びることはよくありますが、それは騙しというよりもエネルギーの吸収に使われたようなイメージです。

    かめはめ波を素手で受け止めようとしたら、足がズズズーッって下がるやつですね。

  • >>No. 23522

    うんうん。波の中には必ず解りやすい2波があります。
    ということは2波がどこかに来るわけですから、それを頭においてトレードすると目標値も解りやすいし、1波の途中でも2波を待てますからね。2波の攻略はトレンドラインをあてるのと、どこを抜いてきたかの戻り目の予測と、フィボナッチで探るしかないですね。
    しかしトレンドラインを当てれるということはエリオット波動で戻ってるので、大体終わりも解るかと思います。

  • >>No. 23520

    戻りをつけるにも、4時間レベルならトレンドつけますよね。
    そこにトレンドラインを引いて、細かなエリオット波動もみつつ、エントリーしていけばいいと思いますよ。30~100pips以上狙えるなら、全然ありと思います。
    ロットあげるなら尚更ですね。
    割と最近解ったのですが、トレンドラインを有効に使っていない人が多いですね。
    下がるにしても騰がるにしても、一つの大きな波が出来た時は4時間レベルのトレンドライン等はかなりトレードには有効なので試してみて下さい。

    今回の下落にも途中の戻りに対してもトレンドライン(切り上げライン等)は引けると思います。
    検証してみてください。

    FXしてく上で様々な外部からのノイズが入りますが、チャートの波を信じる方がよっぽどいいですよ。

  • >>No. 23517

    おはようございます。
    その画像の中の1波はその中に1~3波があってそれを大きく見て1波となってますよね。
    その波は前回の安値を切り下げておりますし、戻りはその抜いてきたところの1波の頭辺りまでを見てたと思います。
    次の下落の確信というよりは、高確率で108円までの下落の1~3波は大きな1波になると思ってましたよ。チャート見ると下げが中途半端ですよね。
    自分がどこでエントリーしたと書いたのか忘れましたが、エリオット波動終わりを狙ったトレードであったことは間違いないと思います。まあ逆張りですね。

  • >>No. 23508

    普通に元気かな。
    りょーちん去年帰ってくるといってこなかったから、どうしてんのかなぁなんて思ってた。
    人数戻ってきたら俺ももうちょい書き込みしてこー。
    りょーちんも得意の一発ギャグとか、またどんどんブチ込んでいってね。

  • >>No. 23506

    ショートとれたっぽいですね。
    おめでとうございます。

  • おっりょーちんだ。
    元気にしてたかな?

  • >>No. 23497

    親波の概念はチャート見る上でめちゃくちゃ大事になりますよ。
    まずはどこが2波なのかというのは見ておかないといけませんね。
    そこが心臓部ですから。

  • 月曜日以降の相場に不安な人も多いでしょうね。
    とりあえず今は短期的に下目線は継続でしょう。
    なのでチャート崩れる注意は必要ですが、久しぶりに月曜日からの監視銘柄の少しw

    アルコニックス (3036)
    テイクアンドギヴニーズ (4331)
    デクセリアルズ (4980)
    イソライト (5358)
    野村マイクロ・サイエンス (6254)
    保土谷化学 (4112)
    マーキュリアインベストメント (7190)


    マーキュリアはレンジの下限に注意しながら見ていきたいですね。
    場合によってはこの子は追加ですね。
    保土谷化学 は5000円付近に窓がありますね。
    この銘柄は5000円割れるようなら、様子見ながら拾っていきたい銘柄。

  • >>No. 23494

    ユロルのチャートの展望なんですが、一端の天井の可能性がありますね。
    親波みてもキリがいいし、フィボナッチ当ててもまあここが妥当なところでしょうか。
    月足からの切り下げラインとなると上髭か実体かでも大きく角度が変わってきます。
    実体にあてると今のところですね。

  • 我ながらややこしいなと思いながら書いてるので、理解に苦しむかと思いますが、
    こんな感じで見てますよw
    あと他にもラインを交えるともう少し解りやすくもなるのですがね。

  • 今度はやや大きめに見た場合のエリオット波動で黒のところは無視してます。
    さっきのと比べても、この上昇波の2波は変わりませんが、ニャンコ先生の言うようにしっかりと目標に到達してますね。
    ただしフィボナッチの数値が76.4きっちりで止まっていないのがスッキリしない。

    さっきの画像とこちらの画像との違いは、前者は176,4のところで意識されていたので
    手堅くスッキリととりたいなら前者のチャートの解釈がおススメです。
    残りの上昇分は5波と解釈してほっときますw

  • 続いて4時間足に落としますが、時間を落としていくとよりエリオット波動の解釈がややこしくなりますね。時間軸を落とせば落とすほど無数に増えてくるから。
    どこを1波の起点とするか、1波がどこで終わっているのかというのは解釈が人それぞれ変わってくるポイントでもあります。

    自分の場合は短めに解釈することで目標地点から逆算して見て、納得するようにしてるのと
    短めにとることで目標まで確実に到達するように設定してます。

    なのでこの波動は一番したの黒でなぞったところは完全に無視しております。
    一度揉んで波が終わってますからね。

    ただしにゃんこ先生が画像で貼ってくれた矢印のところも間違った解釈ではないですね。
    それをこの次に説明しますね。

  • んで次は日足、日足ではエリオット波動を解剖してみました。
    戻り高値の重要性と2波について解るように画像で記しておきました。

    次の画像でニャンコ先生の質問している1波の起点についての話を4時間足に落として見てみます。

  • >>No. 23488

    オージードルの週足を見て解る事は、白トレンドラインから外れてきて、この下げの支配が一度終わったということ。新たな波が出るのを待ってる状態という解釈も出来ますね。
    上に抜けていくにはまず直近黒〇で囲んだ高値は抜いていく必要があります。

    直近黒丸はどこかの2波になりそうと考えると、黒丸と黒丸の間の白MA辺りから123波が始まってそうです。基本的に重要な戻り高値を制覇出来たら、その次の戻り高値と目線を移す。
    週足で見ると今は右肩上がりのフラッグにも見えるし、白トレンドラインから抜けてノートレンド状態ともいえる。

  • ちょっとなんて説明したらいいのか難しいですねww
    自分は我流なので本に書いてある内容とはおそらく別物の解釈になってると思います。
    それらを前置きした上でまずは週足から見ていきましょうか。

    その際には親波の重要な戻り高値を〇で囲んで見やすくしておきますね。

  • >>No. 23485

    この画像だけを見るとどれを1波にするのかの基準が難しいです。
    このチャートの4時間足でみるなら、もう少しチャートの左の状況が欲しいですね。
    つまり親波の状況が知りたい。

    〇で囲んでるところが2波になってるという解釈は正しいと思います。
    波を見る時には後から誰が見てもそこが2波だなというところ。
    この波の心臓部分のようなポイント。

    んじゃちょっと画像用意してきますので後ほど。

  • こんちは!
    今のところユロルもドル円も以前書いた(?)予測通りの展開ですかね。
    中期的にはまだ主要通貨は目標まで到達しておりませんね。
    2月も3月からも通貨は割と動くのでやり易いんじゃないでしょうか。

  • >>No. 23480

    これは週足ですね。
    日足レベルでは1波から23.6戻しで上昇して、176.4で到達。
    そこから上は5波ということになりますから、波が完結してますね。
    上も水平線でパンパンになってましたし、トレンドラインも割った来てるので色々揃ってましたね。

    ちなみに逆相関のユーロオージですが、ウォルフになっていたのでそういうところも見てたら、また確信に変わっていたかもしれませんね。
    ただウォルフターゲットに到達してるので、オジドルもユーロオージもここからの動きに注視したいですね。

本文はここまでです このページの先頭へ